稼げる内職とは?どれくらい稼げるのか?

自宅でできる仕事には、内職と在宅ワーク(もしくはアルバイト)があります。

それぞれの特色の違い、またそれぞれの代表的な仕事をご紹介していきます。

自宅で少しでも稼ぎたいと考えている方はこの記事を参考にしてください。

 内職とは?在宅ワーク・アルバイトとの違いは

 

内職と在宅ワーク、また在宅でできるアルバイトとはどのように違うのでしょうか。

在宅ワークや在宅でできるアルバイトに関しては、雇用先と雇用関係が結ばれています。

そのため就業時間や給料などが決まっています。

しかし 内職の場合は仕事内容は決められており、決められた納期までに納品する形式であることがほとんどです。

 

そのため内職の場合はもし自分が出来る範囲であれば、いくらでも仕事を重ねことができます。

またスキルアップをすることでより高い仕事を見つけることもできるでしょう。

しかし在宅ワークやアルバイトの場合は会社で決められた範囲でしか仕事ができないのがほとんどです。

 

代表的な内職の仕事

 

内職と聞いてまず思いつくのは、以下のようなシール貼りや宛名書きなど簡単にできるけど高額な収入を得られる仕事はほとんどないというイメージではないでしょうか。

実際にこれらの仕事は現在でもあり、高額の修理でなくていいから簡単な仕事をしたいといった人に向いています。

 

シール貼り

 

まずシール貼りの仕事ですが、決められた場所にシールを貼っていくだけの極めてシンプルな仕事です。

そのため難しいことは嫌だけど、コツコツしたことが得意な人に向いています。

単価はさまざまなですが、決して高いことはありません。

 

梱包作業

 

梱包作業ですが、箱詰めなど簡単にできる作業であることが多いです。

工場の流れ作業であるような業務内容を自宅に持って帰ってきたと思えばよいでしょう。

こちらもシール貼りと同じでシンプルで、誰でもできる作業になります。

 

あて名書き

 

あて名書きは他の作業と比べて、字のきれいさが求められます。

そのため普段から字がきれいな人、また多くの字を書いても苦にならない人に向いています。

お客様向けに出す商品などの発送のお手伝いをするイメージとなります。

しかし個人情報をもらうことになるので、管理に注意が必要になります。

 

値札付け

 

値札付けもシール貼りや梱包作業などと大差がありません。

決められた値札タグなどを商品に着けていく必要があります。

シンプルではありますが、値段が見やすいうような位置に着けるなど気を付ける面もあります。

 

袋詰め

 

商品を袋詰めしていく仕事です。

こちらも単純作業なのですが、詰め方や封の仕方などそれぞれの会社によって規定があることが多く貴重面な人に向いています。

 

 カプセル詰め

 

カプセル詰めは袋詰めと同じで、商品をカプセルに詰めていきます。

最初はコツが必要な場合もありますが、慣れてくればさほど難しい作業ではありません。

単純作業が得意な方におすすめです。

 

紙製品の加工

 

紙を決まった手順で断裁したり、ロール紙スリット加工などしていきます。

全ての紙を同じようように加工していく必要があるため、ある程度手の器用さが求められます。

 

内職でどのくらい稼げる?

 

ここまで説明した内職は簡単だけだけど、単価が安いものばかりです。

1つ作業が終わって数円単位であることがほとんどではないでしょうか。

しかし次に稼げる内職を説明していきます。

 

稼げる内職

 

内職の中にはスキルが必要だけど稼げる仕事もあります。

しかし誰でもだんだんと勉強して、スキルを上げやすい仕事が多いです。

 

データー入力

 

住所禄の作成など、必要なデータを入力していく作業になります。

タイミングが得意な人であれば、数をこなすことができ稼げるでしょう。

 

ライター

 

WEBサイトやブログ、広告などさまざまなところで文章が必要になります。

そこで相手に読みやすく文章を書くことができれば、報酬が上がるケースがあります。

SEO対策などのスキルがあれば、さらに高い報酬が期待できます。

 

チャットレディー

 

女性の方は男性とチャットなどのコミュニケーションをとる仕事です。

好きな時に好きなだけ仕事をできることが多く、また顔や名前を相手に公表することがない場合がほとんどなので安全に働き方ができます。

テレアポ

 

電話で営業のアポイントを獲る仕事です。

賭けた本数以外に、アポイントが獲れるとさらに報酬が増えるケースが多いです。

 

内職で稼ぐメリットとデメリット

 

内職は簡単な仕事から、スキルの高い仕事まで自分にあった仕事を自分にあった量をこなすことができます。

しかし安定して仕事をもらうことは難しいのがデメリットです。

スキルが必要な仕事から簡単に始められる在宅ワークについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

おすすめの在宅ワーク登録サイトも紹介していますので一度読んでみてください。

 

まとめ

 

 この記事では内職と在宅ワークに違いを説明していきました。

在宅ワークは仕事を家でするだけで、雇用主と雇用契約を結んでいます。

しかし内職は仕事の量や内容など、案件ごとに契約をする方法になります。

 

内職といってもシール貼りや梱包作業などのあまり稼げない仕事だけでなく、ライターやチャットレディーといった仕事の仕方によっては稼ぐことができる仕事もあります。

自宅で少しでも稼ぎたいといった方はぜひこの記事を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)