儲かるビジネスおすすめ16選!タイプ別のランキングも紹介

儲かるビジネスおすすめ16選!タイプ別のランキングも紹介

「せっかくなら儲かるビジネスで起業したい」
「現在の経営がうまくいかず、もっと稼げるビジネスはないかと模索している」

そのような方に向けて、ここでは儲かるビジネスについて徹底解説。

たくさん稼げるビジネスの共通点を踏まえながら、特におすすめしたい「儲かるビジネスランキング」をタイプ別にご紹介していきます。

また、最後には逆に儲からないビジネスについても言及します。

ぜひ最後までチェックして、あなたにぴったりな稼げるビジネスを見つけましょう。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「儲かるビジネスのおすすめ」を見る

もくじ

儲かるビジネスを選ぶ4つのポイント

儲かるビジネスを選ぶ4つのポイント

まずは、儲かるビジネスに共通する4つのポイントを押さえておきましょう。

(ポイントその1)利益率が高いビジネスを選ぶ

儲かるビジネスの特徴として挙げられるのが、利益率が高いことです。

そもそも利益とは「売り上げから経費(売り上げを上げるためにかかった費用)を引いたもの」で、その利益を売り上げで割ったものが利益率となります。

利益率は売り上げから、どのくらいの割合の利益が出たのかを示す数値で、数字が高ければ高いほど「利益率が高い」ことを表しています。

  • 利益=売り上げ-経費
  • 利益率=利益÷売り上げ×100

つまり、たとえば個人で独立する場合、利益率が高いとあなたに入ってくる収入が多くなります。

逆に利益率が低いとあなたに入ってくる収入が少なくなり、事業はなんとか回せても生活に支障が出てくるでしょう。

このように、利益率が高いほどビジネスがやりやすくなることはもちろん、私生活も潤います。

儲かるビジネスをとお考えなら、まずは利益率の高さに注目して参入するジャンルを選ぶことが大切です。

(ポイントその2)ランニングコストが低いビジネスを選ぶ

ランニングコストが低い、もしくはかからないビジネスのほうが、儲けやすい傾向があります。

ちなみにランニングコストとは固定費のことで、ビジネスを運営するうえで日々必ず必要となる経費のことを指します。

一般的には設備や装置などの維持費、運転させるための経費、さらには光熱費や消耗品費などです。

このランニングコストが毎日かかるようなビジネスは、売り上げが上がっても経費として削られる分が大きくなります。

つまり、ランニングコストが高ければ高いほど利益が少なくなるので、なかなか儲けられないといえるでしょう。

そこで、新しくビジネスを始める際には、ランニングコストが極力発生しないビジネスを探すことがポイントです。

そのほうが独立当初からしっかりと儲けを出すことが期待できます。

(ポイントその3)レバレッジがかかるビジネスを選ぶ

レバレッジがかかるビジネスほど、儲けが大きく出やすいといわれています。

このレバレッジというのは「梃子(てこ)」を意味する言葉で、金融業界では「少ない投資金額によって大きな取引を行う」という意味で使われています。

つまり、レバレッジがかかるビジネスというのは、1の労働力で1,000、10,000と結果を生み出せるビジネスモデルです。

たとえば、魅力的なセールス動画をネットに1本アップしたとしましょう。

売り上げはその動画の閲覧数によって決まるので、仮に数万人に閲覧されれば1の労力で数万倍もの売り上げにつながることになります。

しかし、もしも同じ内容を対面式でセールスしていたら、それだけ時間も労力もかかってレバレッジはかかりにくくなるでしょう。

どれだけレバレッジをかけられるかということが、少ない労力で儲ける最大のポイントといえます。

(ポイントその4)個人でも稼げるビジネスを選ぶ

複数の人がいないと成り立たないビジネスではなく、個人だけでも稼げるビジネスを選ぶことも大切なポイントです。

その理由は、大きく分けると2つあります。

1つめは、固定費の問題です。従業員やアルバイトなどを雇う場合には人件費がかかるので、人を多く雇えば雇うほどそれだけ多くの固定費が重くのしかかってきます

また、2つめに人材確保の難しさも挙げられます。

人手不足の世の中なので、ただでさえ人材を集めることは困難ですし、求人サイトなどに求人情報を掲載するためにはお金もかかります。

しかし、個人で稼げるビジネスの場合はそういったデメリットはありません。

経費を最小限に抑えたうえで、入ってくる利益すべてを自分のものにできます。

もちろん、ビジネスが軌道に乗ってある程度余裕ができてきたら、人材を雇用して事業の幅を広げてもよいでしょう。

初めのうちは、リスクが少ない個人でも稼げるビジネスを選ぶことをおすすめします。

(タイプ別)儲かるビジネスランキング

では、ここからは儲かるビジネスをご紹介していきます。

とはいえ業種やタイプなどビジネスによって方向性が異なるため、以下のようにタイプ別のおすすめランキングを作成しました。

  • 技術や知識を活かせるビジネス
  • 資格を活かせるビジネス
  • 不労所得関連ビジネス
  • インターネット関連ビジネス

それぞれのビジネスの特徴をチェックし、そのなかからぜひご自身に合うビジネスを探してみてください。

技術や知識を活かせるビジネスのおすすめランキングTOP4

技術や知識を活かせるビジネスのおすすめランキングTOP3

専門的な技術や知識を活かせるビジネスは、基本的に儲かりやすい傾向にあります。限られた人にしかできない仕事には、企業は高いお金を支払ってくれるためです。

では、具体的にどのようなビジネスが儲かるのか、早速ランキングをチェックしていきましょう。

(第1位)システム開発ビジネス

プログラミングと呼ばれるスキルを用いたシステム開発関連のビジネスは、需要が大きいためぜひ注目したいビジネスのひとつです。

具体的には、Webサイトやアプリ、Webシステムなどを制作・開発する事業のことをいいます。

パソコンさえあれば個人で始められるため、固定費はほとんどかかりません。

未経験の場合は、プログラミングスクールにて専門的な知識や技術を習得されるとよいでしょう。

システム開発ビジネスのメリット
  • 需要が大きく、年々増加傾向にある成長市場である
  • パソコンがあれば個人で事業を始められ、固定費がかからない

もしプログラミング関係のスキルを習得したいという方は、以下の記事も参考になります。

サッとでも目を通しておきましょう。

【独立や副業にも役立つ】プログラミングスクールおすすめ16選を比較【独立や副業にも役立つ】プログラミングスクールおすすめ16選を比較

(第2位)経営コンサルタントビジネス

経営コンサルタントビジネスとは、企業が抱えている課題を分析して解決策を提案するビジネスです。

人材育成やM&Aなど多角的にアプローチすることが求められるため、非常に難易度が高い事業といえるでしょう。

その分、良い仕事ができれば非常に高い報酬を得ることができ、さらには各界とのコネクションも作れてビジネスに有利な環境を築けます。

問題解決を得意とする方や、人と経営に深く向き合うことが好きな方におすすめです。

経営コンサルタントビジネスのメリット
  • 難易度が高い仕事である分高い報酬を得られる
  • 経営者を救う仕事なのでやりがいが大きい

(第3位)結婚相談所

今は出会いを求めるニーズも高くなっており、結婚相談所の需要も比例して高くなっています。

結婚相談所と聞くと一見難しいイメージもありますが、初期費用がそう高くはなく、粗利率も割と高くとれるため、人によっては大きく稼ぐことが可能です。

とはいえ、全くの素人がゼロからすぐ稼げるようになるのは、さすがに難しいでしょう。

結婚相談所では、高いお金が動く分、信用力も大切な要素となります。

もし結婚相談所で稼ぎたいというのであれば、フランチャイズを検討しましょう。

そうすれば、既に知名度のある会社名を借りることができ、経営ノウハウについてもサポートしてもらえます。

また開業費を抑える手助けにもなるでしょう。

結婚相談所のフランチャイズについては、以下の記事も参考にしてみると良いかもしれません。

結婚相談所で起業・開業するには?具体的な方法やフランチャイズでのやり方も結婚相談所で起業・開業するには?具体的な方法やフランチャイズでのやり方も
結婚相談所ビジネスのメリット
  • 初期費用が安い割に粗利率が高い
  • 特別な知識がいらない

(第4位)ライティングビジネス

ライターは、文章を書くスキルに加えて専門的な知識を活かせる仕事です。

たとえば金融業界に強いライターであれば、専門家としてWebメディアや雑誌などで金融関連の記事を執筆できます。

近年ではメディアに掲載する記事を外部に業務委託するケースが一般的なので、ライティングスキルと専門知識は非常に大きな武器になるでしょう。

フリーランスとして個人事業を始めることもできますが、クラウドソーシングを利用して副業としてライター事業を行うことも可能です。

ライティングビジネスのメリット
  • 専門知識やライティングスキルを活かせる
  • パソコンがあれば個人で事業を始められ、副業にも最適

資格を活かせるビジネスのおすすめランキングTOP4

資格を活かせるビジネスのおすすめランキングTOP3

続いては、資格を活かせるビジネス3選をご紹介します。

すでに資格を持っている方は、その資格を活かしたビジネス経営を、持っていない場合はこれからの時代に需要が大きい資格の取得に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

(第1位)弁護士事務所

難易度の高い仕事に挑戦してたくさん稼ぎたい方は、弁護士事務所の開業を目指してみましょう。

弁護士になるためには難関な司法試験に合格する必要がありますが、突破すれば年収1,000万円以上の高報酬が期待できます。

初めは弁護士事務所に就職し、知識と実務経験を磨くことが大切です。

実績を積んで個人事務所を開き、高額な案件を担当できれば、年収数千万円稼ぐことも夢ではないでしょう。

弁護士事務所のメリット
  • 非常に専門性が高い資格で競合が少ない
  • 基本的に高報酬が期待でき、年収数千万円、数億円を稼げる可能性もある

(第2位)公認会計士事務所

公認会計士も、難関な国家試験を突破することが求められる専門性の高いビジネスです。

企業に対して監査や税務などのコンサルティングを行うことが主な事業で、平均年収は1,000万円以上を見込めます。

資格取得後は、実務経験を積んだうえで独立開業をされるとよいでしょう。

受験資格に年齢制限がないため、経理や税務の経験がある方や興味がある方はぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

公認会計士事務所のメリット
  • 平均年収は1,000万円以上と高報酬
  • 資格に年齢制限がなくチャレンジしやすい

(第3位)税理士事務所

税理士も、弁護士や公認会計士と同様に非常に需要が大きい専門職です。

具体的には企業などに対して税務書類を作成したり、税務の代理や税務相談に乗ったりなどの業務をメインで行います。

金は企業や個人のすべてにかかわることでありながらも、複雑で専門的な知識を必要とするため、今後も需要が大きいビジネスといえるでしょう。

税理士事務所に就職できれば40代で年収1,000万円程度、独立開業すれば年収数千万円を目指せます。

税理士事務所のメリット
  • 非常に需要が大きく、活躍の場が多い事業
  • 40代で年収1,000万円程度、独立開業すれば年収数千万円を目指せる

(第4位)一級建築士

一級建築士は、建物の設計はもちろん、その管理などを行う国家資格となっています。

二級建築士の場合、設計できる建物などに制限はありますが、一級建築士の場合はこの制限がありません

平均年収は600万円程度となりますが、1,000万円を超える方ももちろんいます。

一級建築士の資格があれば、大手ゼネコンに勤めらることはもちろん、自身で設計事務所を経営しても良いでしょう。

建築に興味がある方は、ぜひ目指したい資格のひとつとなります。

一級建築士のメリット
  • 後世に残る建築物を設計できる
  • デザイン力も生かせる

これら以外にも稼げる資格に興味のある方は、以下の記事も参考になるはずです。

自身に合っている資格はなにか、その糸口を探すのにお役立てください。

稼げる資格おすすめランキング15選!今からでも取得は可能か?稼げる資格おすすめランキング15選!今からでも取得は可能か?

不労所得関連ビジネスのおすすめランキングTOP4

不労所得関連ビジネスのおすすめランキングTOP3

次にご紹介するのは、不労所得関連ビジネスです。

不労所得とは労働をしないで得られる所得のことで、上手くいけば本業よりも大きく稼げます。

(第1位)アフィリエイト事業

アフィリエイトとは、自分のホームページやブログなどに商品やサービスの広告を掲載し、その広告経由で商品が売れた場合に成果報酬を得られるというものです。

パソコンがあれば個人で始められ、かかる固定費がほとんどなく「発生した売り上げ=利益」になりやすいビジネスです。

アフィリエイト事業を成功させるポイントは、とにかくアクセス数を稼げる魅力的なサイトを作ること。

そうすると、検索エンジンの検索結果で上位表示させられて広告収入増が期待でき、なかには月間100万円以上を稼ぐアフィリエイターもいます。

アフィリエイト事業のメリット
  • 固定費がほとんどなく発生した売り上げを利益として得られる
  • がんばればがんばった分だけ成果として表れやすい

(第2位)FX・株式投資

FXや株式投資は、本業の合間や主婦の方のすきま時間などにおすすめしたい不労所得です。

通貨の売買を通じて利益を得る方法をFX、株の売買を通じて利益を得る方法を株式投資といいます。

どちらもリスクがあり負けたときの損失が大きくなる恐れがあるため、事前にしっかりと勉強をしたうえで臨むことをおすすめします。

上手くいけば大きな儲けが出る場合もあり、空いた時間を有効活用した資産運用法として年々人気が高まっています。

FX・株式投資のメリット
  • すきま時間の資産運用に最適
  • 上手くいけば大きな儲けが出る可能性がある

(第3位)駐車場・不動産経営

駐車場や不動産経営といった不労所得も、おすすめしたい方法です。

もしも余っていて使わない土地があれば駐車場にすることで、コンスタントに収入が得られます。

また、購入したマンションを人に貸して家賃収入を得るというのも安定した不労所得を見込めます。

ただし、駐車場もマンションも管理をきちんとしなければならないため、そういった管理面がきちんと行える方に適したビジネスです。

駐車場・不動産経営のメリット
  • コンスタントな収入を見込める
  • 管理をきちんとすれば成果がしっかりと付いてく

(第4位)電子書籍出版

もしあなたが、文章能力やなんらかの知見があるのなら、電子書籍を出版するのもいい方法かもしれません。

というのも、電子書籍は従来の紙媒体出版とは異なり、製作費も安く作業もそう難しくないため。

なによりも、大量の本を刷らなくてもいいため、在庫を抱えてしまう心配もありません。

ただ従来の本の場合では、間に編集者の存在があり、その方のサポートを受けよりいい本に仕上がるもの。

電子書籍では、基本的に自分で作業をすることが大半のため、読みやすくするコツやユーモアさも必要になるでしょう。

また誤字などが多ければ、信用問題にもなるため、チェックは必須です。

それらを突破すれば、大きく稼ぐこともできますので、気になる方は挑戦してみると良いでしょう。

電子書籍出版のメリット
  • 人気書籍になれば大きく稼げる
  • 初期費用も安い

インターネット関連ビジネスのおすすめランキングTOP4

インターネット関連ビジネスのおすすめランキングTOP3

最後にご紹介するのは、インターネット関連のビジネスです。

インターネットを活かして大きく稼ぎたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

(第1位)YouTuber事業

動画サイト「YouTube」に動画を投稿し、その動画再生時に流れる広告収益で稼ぐという手法です。

動画再生回数が多ければ多いほど収入が入ってくるしくみで、誰もが見たいと思うような魅力的な動画を作れるかどうかが事業成功のカギを握ります。

個人で活躍しているYouTuberは多く、初めに撮影機材を購入すればその後経費はほとんどかかりません

動画の編集は自分自身で行うことが理想ですが、稼げるようになってきたら外部委託をして企画の考案や演出をメインに行ってもよいでしょう。

YouTuber事業のメリット
  • 趣味や特技を事業につなげられる
  • 初期費用以外は経費がほとんどかからない

(第2位)レンタルシェアビジネス

レンタルシェアとは、個人間でモノや場所を貸し借りするサービスのことです。

カーシェアや民泊、駐車場シェアなどさまざまなサービスがあるので、所有しているけれど普段あまり使っていないものがある場合はぜひレンタルシェアにチャレンジしてみるとよいでしょう。

もともとあるものを貸すだけなので、新たに固定費がかかることはありません。

もともと固定費がかかっていても、それ以上になるケースはないため、利益率が高いビジネスといえます。

レンタルシェアビジネスのメリット
  • もともと持っているものが収入源になる
  • 新たに固定費がかかることはない

(第3位)ライブ配信アプリ

若い女性が稼ぎやすいインターネット活用のビジネスといえば、ライブ配信アプリも逃すことはできません。

ライブ配信アプリでは、YouTubeとは異なり、リアルタイムで視聴者と繋がりを持つことが最大の特長。

その配信中に投げ銭といって、視聴者に課金アイテムを投入してもらうことで、その価格の数十パーセントを貰うことができるアプリもあります。

ただし、稼げる人と稼げない人の差もYoutuberと同じく激しいので、人を楽しませるユーモアなどは必要かもしれません。

ライブ配信アプリのメリット
  • 視聴者と強いつながりを持てる
  • 固定費は安定したネット環境だけ

ライブ配信アプリについて気になるという方は、以下の記事が参考になるかもしれません。

サッとでも参考にしてみると良いでしょう。

ライブ配信アプリおすすめ16選を比較!稼ぐコツも徹底解説ライブ配信アプリおすすめ16選を比較!稼ぐコツも徹底解説

(第4位)ネットショップ経営

趣味や好きなことなどでお店を持ちたいとお考えの場合は、ネットショップがおすすめです。

店舗を構える場合は高額な初期費用や経費がかかりますが、ネットショップの場合はサイトを維持するためのサーバー代程度で済みます。

なかにはネットショップを作れるサイトもあるので、ご自身でWebサイトを作ることに自信がない場合は、そういったツールを有効活用しましょう。

本業としてだけでなく、副業として空いた時間に始められる点が大きなメリットといえます。

ネットショップ経営のメリット
  • 初期費用や経費がほとんどかからずに自分のお店を持てる
  • 空き時間を利用して気軽に始められる

逆に稼ぎにくいビジネスとは?

逆に稼ぎにくいビジネスとは?

ここまでは儲かるビジネスランキングをご紹介しましたが、逆に稼ぎにくいビジネスもチェックしておきましょう。

稼ぎにくいビジネスの特徴

稼ぎにくいビジネスの特徴は、稼げるビジネスの特徴の逆となっているものとなります。

稼げるビジネスの特徴
  • 「①利益率が高い」
  • 「②ランニングコストが低い」
  • 「③レバレッジがかかる」

これに加え、差別化しづらいもの、ビジネスの寿命が短いものは、より苦しいビジネスとなってしまうかもしれません。

差別化しづらいビジネスの最大の弱点は、参入者が増えれば増えるほど、利益が縮小していってしまうこと。

またトレンドを追ったようなビジネスでは、その終焉を迎えるのも早いため、長期的な安定を得ることもむずかしくなります。

もちろん、今後継続しうるビジネスであれば、問題はないでしょう。

稼ぎにくいビジネスの特徴に当てはまるものは、意識的にさけることで、稼げるビジネスを絞っていくと良いかもしれません。

稼ぎにくいビジネスの代表例

それはズバリ、飲食店経営です。

飲食店経営は、初めにご紹介した儲かるビジネスに共通する3つの要素である

  • 「①利益率が高い」
  • 「②ランニングコストが低い」
  • 「③レバレッジがかかる」

すべて満たしていません

つまり、軌道に乗らない限りは高リスクで稼ぎにくいビジネスなのです。

まず①の「利益率」や②の「ランニングコスト」についてですが、飲食店経営にはとにかくコストがかかります

具体的には店舗の家賃代や人件費代、仕入れ代、光熱費などで、せっかく利益が出ても経費として出る分が大きいため、利益率は悪いといえます。

また、③の「レバレッジ」ですが、飲食店経営においてレバレッジは皆無です。

「お客様から注文が入る→料理を作る→提供する」のプロセスを繰り返していくため、1つの労働に対するレバレッジはまったくかかりません。

以上のことから、飲食店経営は非常に稼ぎにくいビジネスといえます。

成功する人はほんの一握りなので、飲食店経営をお考えの方は慎重に検討されることをおすすめします。

儲かるビジネスを成功させるためにやるべきこと

儲かるビジネスを成功させるためにやるべきこと

儲かるビジネスを紹介してきましたが、ここでは儲かるビジネスを成功させるためにやるべきことについて、3つほど紹介していきます。

成功率を上げるために、こちらにも目を通しておきましょう。

毎日のルーティンを決める

1つ目のやるべきことは、「毎日のルーティンを決める」ということです。

この記事を読んでいる方は、副業を探している方や本業として、何か儲かるビジネスを探している方でしょう。

双方で共通していることが、自分自身でビジネスを始めるということです。

自分自身で始める場合、

「何から始めたらいいのかわからない」

という点で、つまづく方は少なくありません。

そのため、どんなビジネスをするのかが決まったら、毎日のルーティンを決めることをおすすめします。

そうすることで、着実に前に進むことができ、成果が積みあがっていくものです。

要はとにかく行動し、改善は後からしていくということですね。

もちろん、前提として向かうべき目標は決めなくてはいけません。

勤勉になること

2つ目のやるべきことは、「勤勉になること」ということです。

どんなビジネスをやるにしても、日々勉強を怠ってはいけません。

学ぶことを辞めてしまったら、いつまでも同じことをして変化をせず、時代の流れに置いて行かれてしまいます。

たとえ、ビジネスを始めた当初は上手くいっていたとしても、いずれ失敗の道を辿ってしまうでしょう。

また、新しい情報をキャッチすることも忘れてはいけません。

常に新しい情報をキャッチすることで、より儲かるビジネスを成功させる確率を上げていくことになるでしょう。

数字を管理する

3つ目にやるべきことは、「数字を管理する」ということです。

数字を管理せずに、ただ業務を行ってしまうと儲かるビジネスもうまくいくはずがありません。

もし、売上を出せていたとしても、経費がそれを上回っていたら赤字になってしまいます。

あるいは、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるでしょう。

数字が苦手な方にとっては避けたいことではありますが、これを避けていては成功の道はありません。

どうしても、「これだけはできない」というのであれば、経理が得意な方や専門家を雇うことを考慮してみましょう。

あるいは、カンタンに管理をすることのできるツールに頼ってみてもいいかもしれません。

Tips

会計周りについては、無料から利用できるツールも今では多くある者です。

以下の記事では、そんな会計ソフトについて厳選したものを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

会計ソフトを無料から利用できるおすすめ13選を紹介!賢く利用するコツも会計ソフトを無料から利用できるおすすめ13選を紹介!賢く利用するコツも

利益率に注目して儲かるビジネスを選ぼう

儲かるビジネスには共通点があるので、それらを満たすビジネスに参入することが賢く稼ぐポイントです。

特に利益率が高いビジネスを選ぶことで、リスクを気にせずにしっかりと収入を得ることができるでしょう。

本業として始めることが不安な場合は、副業でもできるビジネスにチャレンジしてみるのもひとつの方法です。

ぜひここでご紹介したタイプ別のランキングを参考に、あなたの知識や特技を活かした稼げるビジネスを始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)