起業の種類おすすめランキング16選!自分に向いている起業スタイルを知ろう

起業の種類おすすめランキング16選!自分に向いている起業スタイルを知ろう

起業したいけど、どうやって起業すれば良いのか・・・

と悩んでいる人は少なくないでしょう。

また、起業方法や種類などが多様化しているので、起業のハードルが低くはなりました。

しかし選択肢の幅が広がると、自分に向いている起業方法は何かと、さらに悩みを抱きます。

ここでは、そういった方へ向けて、以下のような悩みを解決していきます。

  • 起業するのにどういった知識を身につけておくべき?
  • 在宅でもできる起業ビジネスはあるの?
  • 本格派の起業ビジネスも知りたい!

後半では厳選した起業方法と、その方法がどのような方に向いているのかも解説していくので、併せて確認していってくださいね!

では早速、この記事から今後のヒントを得ていきましょう!

起業・独立するなら最初に知っておきたい!必要な知識と準備方法とは?

起業・独立するなら最初に知っておきたい!必要な知識と準備方法とは?

起業して独立するならまず、知っておかなければならない内容があります。

その内容を次に8つ挙げて、解説していきます。

少し多いですが、どれも必要な内容ですので、焦らずじっくりとみていきましょう!

個人事業主と法人

ビジネスを自身で行うには、「個人事業主」と「法人」の2種類の形態があります。

開業後の利益が数百万円程度と少ないのなら個人事業主、株式会社または合同会社などを設立して事業を行うなら法人、となるのが基本です。

個人事業主でも、事業が拡大しているなら人を雇っても問題ありませんし、家族を雇用しても問題はありません。

最初から法人を設立しても良いのですが、法人設立を希望するなら、個人事業主から始めたほうが無難といえます。

なぜなら、個人事業主から法人に移行することができるだけでなく、個人事業主から法人を新設することで様々なメリットがあるためです。

そのメリットとは、

  1. 最大4年間の消費税免除期間
  2. 経費の幅が広くなる(経営者の保険や給与などが理由)
  3. 社会的信用が高くなる
  4. 赤字の繰り越しが最大9年


(※参照:税理士法人フォーエバー/消費税が4年間免除となる方法を起業前に確認!

などが挙げられます。

デメリットは、法人の設立の手続きが複雑で、赤字に関係なく、最低7万円の税金がかかります。

資金面で失敗するリスクを少しでも抑えたいなら、個人事業主から始めたほうが良いということです。

起業して事業を行う場所

今検討中のビジネスを、一体どこを拠点にスタートすれば利益が上がるのか、この点に重点を置きながら場所は決めていきましょう。

決める際は、周辺の情報をリサーチし、実際にその場に足を運ぶことも大切です。

自分の目でみて聞いて、その後本当に大丈夫な場所なのかを見極めていく必要があります。

また、自身が仕事するにあたり、利便性の良い場所でなければいけません。

資金調達方法

起業する上で必ず知っておかなければならないのが、資金の調達方法です。

手元に十分な資金があれば問題ないと言えるのですが、そうではない場合は、外部から資金を調達する必要があります。

主な資金調達方法は2つあります。

  1. 銀行など金融機関や日本政策金融公庫の融資を利用する
  2. クラウドファンディングを利用する

金融機関や日本政策金融公庫からの融資を利用するのが一般的ですが、広告と資金調達を兼ねたい場合は、クラウドファンディングがおすすめです。

なお、おすすめできない資金調達方法もあります。それは、家族や知人から資金を借りることです。

これはお察しの通り、人間関係のトラブルの原因になるためです。

この資金調達方法は絶対にダメだとは言いませんが、あくまで最後の手段であると認識しましょう。

業種によって資格が必要

起業すること自体はそう難しくありません。

しかし、業種によっては、資格が必要であるという条件があります。

カフェなど喫茶店を経営するのに、保健所の営業許可と食品衛生責任者の資格が必要です。

自宅を厨房に、パンや弁当などを作り、包装して販売する場合でも、これらの資格が必要となります。

また、リサイクルショップを経営する場合や、買取専門業を行う場合、古物商許可証が必要になるでしょう。

資格がなければ起業できない業種を除くと、起業のハードルは低いというわけです。

個人事業主なら開業届と青色申告の書類提出が必要

個人事業主として起業するなら、開業届と青色申告承認申請書を税務署に提出する必要があります。なぜなら、節税にあるからです。

開業届を提出しなくても、個人事業主として活動できるのですが、経費の計上が不可能になります。

開業届を提出することで、経費の計上が認められ、節税対策にもなるというわけです。

青色申告についてですが、青色申告を利用することで、様々なメリットがあります。

  • 最大65万円の控除が受けられる
  • 家族の給与を経費の計上が可能となる
  • 減価償却の特例
  • 家事関連費の経費計上

デメリットは、申請手続きが面倒であるというところですが、申請さえ通ってしまえば、デメリットは何もないと言えるでしょう。

簿記付けも面倒で、知識も必要ではありますが、会計ソフトを利用すると素人でも簿記付けを行うことが可能です。

会計ソフトの代表例については、以下の記事で紹介していますので、気になる方は参考にしてみてくださいね!

確定申告ソフトのおすすめを比較!青色申告をラクにするソフトの選び方とは?確定申告ソフトのおすすめを比較!青色申告をラクにするソフトの選び方とは?

法人なら法人設立届出書の提出が必要

法人設立なら、開業届ではなく法人設立届出書となり、提出先は最寄りの税務署となります。

この書類を提出しないと、法人設立が認められないことを理解しましょう。

広告はSNSツールを駆使しよう

開業届を提出して、正式に起業した後、広告に力を入れる必要があります。

起業したことを発信し、こういった事業を行っていることを知らせる必要があるからです。

一番手っ取り早い広告発信方法は、TwitterなどSNSツールを利用すること。

YouTubeに動画をアップロードしても、場合によっては注目されるし、人気が高ければチャンネル登録者数も増え、本格的な広告収入を得られる見込みもあるのです。

なお、広告に力を入れるのは大事ですが、事業を疎かにしないように注意しましょう。

その他になにが必要か?

必要なものといえば、会計ソフトです。

全ての個人事業主・法人にとって欠かせない存在で、会計業務の効率化と正確性を図ることができるソフトウェアであります。

最近の会計ソフトは価格が安いだけでなく、消費税の引き上げにも対応しているのがほとんどです。

クラウドサービスの月額制度を導入している会計ソフトもありますので、特に資本が乏しい個人事業主や中小企業にとっては、導入するメリットは大きいと言えます。

法人については、規模にもよりますが、会計ソフトだけでなく、ビジネスフォンも欠かせないでしょう。

効率的な連絡を行うために、ビジネスフォンは必要だからです。

業種によって必要なものは異なりますが、会計ソフトは共通しているので、起業する以上、会計ソフトを導入しましょう。

会計ソフトを無料から利用できるおすすめ12選を紹介!賢く利用するコツも会計ソフトを無料から利用できるおすすめ12選を紹介!賢く利用するコツも

専業主婦や女性・在宅ワーク希望の人におすすめの起業スタイル8選

専業主婦や女性・在宅ワーク希望の人におすすめの起業スタイル8選

専業主婦や女性や在宅ワーク希望の人に向けて、おすすめの起業スタイルを紹介していきます。

女性が活躍する時代において、女性の起業はもはや当たり前の時代です。

在宅ワークについては、パソコンとインターネット環境があれば起業できるだけでなく、何らかの理由で、会社で働くことができなくなったという人にも向いています。

短時間で稼働時間も自由であることも多いため、私生活に合わせた起業スタイルとすることもできるでしょう。

今回は、そんな中でもおすすめできる起業スタイルを紹介し、特徴などについて解説していきます。

1:アフィリエイト

アフィリエイトとは、「成果報酬型のインターネット広」を意味します。

企業の広告のサービスや商品を、自分のホームページまたはブログ上で掲載し、それを見た読者から成果が発生したら広告収入が得られるという仕組みです。

メリットは、軌道に乗れば安定した収益が得られ、場合によっては、数千万円の収益を得ることが可能となります。

デメリットは、時間をかけないと収益が発生しないことにあります。

結果が出るのは平均的に、早くて半年、遅くて1年以上と言ったところです。継続して行わないと、1年以上の時間を費やしても結果が出ません。

専業主婦や女性におすすめできる起業スタイルで、アフィリエイターとして起業している人もいます。

Google AdSense(グーグルアドセンス)について

グーグルアドセンスは、クリック報酬型の広告配信サービスで、アクセス数の多いサイトやブログに向いています

アフィリエイトで成果が出ないけど、アクセス数が人並み以上に多いという方には、グーグルアドセンスをおすすめします。

2:フリーライター

フリーランスで活動し、雑誌やWebメディアなどに掲載する記事を書くライターです。

パソコンとインターネット環境があれば、実質ゼロ円で始めることが可能で、すぐにでも開始できます。

起業というより副業に向いている傾向にあるので、家事全般の作業や子育ての間にできた時間を有効活用したい専業主婦や、学生の方にもおすすめです。

実際の仕事獲得には、

などのクラウドソーシングサービスを利用することで、より効率よく受注することができるでしょう。

また、それ以外にも大手メディアからの直接依頼などの受注方法も多数存在します。

3:ネットショップ

ネットショップは誰でも簡単に始められ、自分が用意した商品をネットショップで販売することができます。

しかし、ネットショップを何から始めれば良いのかと、この部分でつまずく人は多いのではないでしょうか。

ネットショップの主な開業方法は以下のとおりです。

  • レンタルショッピングカート(※カラーミーショップやメイクショップなど)
  • モール出店(※Yahoo!ショッピングや楽天市場など)
  • ECパッケージ(※ecbeingやえびすマートなど)
  • ECサイト構築(※EC-Orangeやコマース21など)

どれを選べば良いのかとという点ですが、「レンタルショッピングカート」と「モール出店」の利用をおすすめします。

理由は、レンタルショッピングカートはコスパが高く、初心者であっても一からでもサイトを構築することも可能です。

クレジットカード決済やコンビニ決済の導入プランもあるので、利便性も高いでしょう。

モール出店は集客力が高いのがメリットですが、個人事業主や法人の多くが利用されているので、目立ちにくいというデメリットがあるのです。

扱う商品はなにが良いのかと悩んでいる人はいますが、ハンドメイド商品を扱うのが無難と言えるでしょう。

なぜなら、他のネットショップと同じ商品を扱うと価格競争になり、結果的に利益が得られなくなっていくからです。

しかし、ハンドメイドだと、このネットショップにしか売っていないという特徴があります。

売れるかどうかはその人次第ですが、広告やSEOなどに力を入れて、集客力アップにつなげることが大切です。

Tips

ネットショップの開業方法については、以下の記事で詳しく解説していきます。

必要な方は参考までに一読しておきましょう!

ネットショップを開業する方法とおすすめサービスを徹底解説!ネットショップを開業する方法とおすすめサービスを徹底解説!

4:ネイルサロン

ネイルサロンは女性の間でも起業方法として人気が高い業種であります。

道具さえあればネイルができるので、店舗だけでなく自宅でもネイルを行うことも可能です。

顧客の自宅に出張して、顧客にネイルを行うという方法もあります。

未経験の方はネイルスクールに通い、ネイリストとしての技術を磨く必要があり、そのネイルスクールを卒業した後、ネイルサロンに勤務するのが一般的とされています。

ある程度の技術を身に着けた後は、個人事業主として独立するのが無難と言えるでしょう。

新規顧客をどのようにして取り込むのかについてが重要となるので、その点の戦略もしっかりと立てる必要があります。

5:クリーニングやリフォームなど技術系

クリーニングやリフォームなどの技術系は男性の仕事というイメージがありますが、女性でも活躍することができます。

ここで注目していただきたいのが、顧客が一人暮らしの女性や、女性だけの家族も比較的多いというところです。

女性の多くは、自分が依頼した仕事とはいえ、知らない男性が家または部屋に入ることに抵抗感がある人も少なくありません。

その抵抗感を理由に、リフォーム会社に依頼しづらく、悩んでいる女性も多くいるのです。

そういった顧客の悩みを解消するにあたり、女性スタッフは大いに活躍できます。

つまり、性別に関係なく活躍できるということですね!

6:事務

一口に事務と言っても、さまざまな仕事があります。

またこれらは在宅でできる案件も近年多く、1日の空いた時間を有効活用できるのが特徴です。

事務案件の代表的なものとしては、データ入力があるでしょう。

商品登録のデータや簡単なコピーアンドペーストの作業をしたり、企業によりその作業内容は異なります。

データ入力の他にも、電話対応や画像の加工などを引き受けることもあるかもしれません。

マニュアルが準備されている企業がほとんどですので、未経験者であっても安心して始めることができるでしょう。

7:家事代行

家事代行サービスは、依頼者の自宅へ行ってご飯を作ったり、掃除をしたりと家政婦のような仕事です。

家事を仕事にするため、主婦の方なら得意なことが多いでしょう。

1日2時間ほどから働くことが可能なので、ちょっと時間が空いていたり、生活スタイルに合わせて働くことが可能です。

依頼者は、高齢者の方や独身の方、夫婦共働きの方などが多い傾向にあります。

人に感謝されることが多い仕事なので、やりがいを感じる仕事といえるでしょう。

8:YouTuber

今やYouTuberというと、特別な存在に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実は誰でも簡単にYouTuberになることができます。

初めから稼げるようになることは難しいですが、動画をコンスタントに投稿し、チャンネル登録をしてくれるファンができることにより、安定して稼ぐことも可能です。

動画の内容は、趣味や料理のコツ、あまり知られていない掃除方法やペットの可愛らしい行動など、自分の興味のあるジャンルにするといいでしょう。

YouTuberで大変なことといえば、動画編集のスキルが必要になるところです。

動画編集は大変な作業ではありますが、続けていくうちに覚えていくので、そこまで問題視する必要はないでしょう。

個人事業主として本格的に稼ぎたい人におすすめの起業スタイル8選

個人事業主として本格的に稼ぎたい人におすすめの起業スタイル8選

個人事業主として本格的に稼ぎたい人は、おすすめの起業スタイル8種類を紹介していきます。

特徴などについても解説していくので、良ければ参考にしてみてください。

1:パン屋の経営

パン屋の経営は、軌道に乗れば安定した収益を得ることが可能です。

こうした飲食店というのは、リピーターを丁寧に作ることで、息の長い商売となります。

しかし未経験から開業するとなれば、それなりに資金リスクも負うため、なかなか一歩を踏み出せないこともあるかもしれません。

そういう人は、マーメイドベーカリーパートナーズなどのフランチャイズの利用をおすすめします。

をパン作りの厨房にして、できたてのパンを別の店舗に移動して販売するという方法もあるなど、販売方法の幅が広いです。

パン屋の経営には、保健所の営業許可と食品衛生責任者の資格が必要ですが、軌道に乗れば安定した収益が得られる見込みがあります。

2:カフェなどの経営

カフェは飲食業の中で人気が高い傾向にある起業スタイルです。

カフェと言っても様々な形があり、動物がいる猫カフェや犬カフェなども、カフェのひとつに含まれます。

パン屋と同様に、保健所の営業許可と食品衛生責任者の資格が必要ですが、常連客さえ増えれば、安定した収益を確保することが見込めるでしょう。

Tips

カフェの開業となると、それなりに資金が必要となるものです。

以下の記事では、その開業資金に焦点を当てて解説していきます。

カフェの開業にはどのくらい資金が必要?資金を抑える方法も解説!カフェの開業にはどのくらい資金が必要?資金を抑える方法も解説!

3:移動販売業

移動販売はトラックなどで移動しながら飲食物を販売するスタイルです。

飲食物だけでなく、小売業の移動販売があり、この小売業の移動販売は買い物弱者を救います

なぜかというと、スーパーやコンビニが遠くで、自動車がないとなかなか通えないという人がいるためです。

飲食物を販売する移動販売の話しに戻りますが、最近ではこういった飲食物の移動販売がよく見られます。

  • おにぎりや弁当
  • パン
  • たこ焼き
  • クレープなどデザート系

特におにぎりや弁当やパンなどの場合、自宅などの厨房で調理したものを包装して販売することができます。

たこ焼きやクレープなどデザート系はキッチンカーで調理することになります。

保健所の営業許可と食品衛生責任者の資格が必要になることをご理解ください。

Tips

以下の記事では、移動販売での開業手順を紹介しています。

どこから手をつければいいのかわからない方は、必読となるでしょう。

移動販売を起業・開業を始めるには?具体的な方法と手続きを徹底解説移動販売を起業・開業を始めるには?具体的な方法と手続きを徹底解説

4:ラーメン屋の経営

個人事業主になり、ラーメン屋を経営するという話は良く聞く話です。

反面でラーメン屋の経営は難しく、失敗している方も多くいます。

ですが、しっかりリサーチをして細かく計画を立ててから始めることにより、成功率をグッと上げることは可能です。

また、ラーメン屋を開業する際にかかる初期費用はなるべく抑えることも、大切な戦略となります。

たとえば、物件は「居抜き物件」を利用すること。

居抜き物件を利用することで、内装や外装、空調などにかかる費用を抑えることができるでしょう。

Tips

気になるラーメン屋の開業資金については、以下の記事で詳しく解説していきます。

必要な方は参考までに一読しておきましょう!

ラーメン屋の開業資金はどれくらい必要か?その内容を徹底解説ラーメン屋の開業資金はどれくらい必要か?その内容を徹底解説

5:結婚相談所の経営

結婚相談所は、結婚を希望する方にピッタリな結婚相手を紹介し、仲を取り持ち結婚をサポートする仕事のことをいいます。

個人事業主が起業できるのかと不安に思うかもしれませんが、実は結婚相談所は法人ではなく、個人事業主が経営していることが多いのです。

結婚相談所を経営する方の必要なスキルは、コミュニケーション能力

人と接することが好きな方や、接客の経験がある方におすすめです。

顧客ひとりひとりに寄り添って運営することで、大きく稼ぐことも夢ではありません

Tips

結婚相談所での起業方法については、以下の記事で詳しく解説していきます。

フランチャイズの方法も掲載していますので、お役立てくださいね!

結婚相談所で起業・開業するには?具体的な方法やフランチャイズでのやり方も結婚相談所で起業・開業するには?具体的な方法やフランチャイズでのやり方も

6:買取サービスの経営

買取サービスとは、安く商品を購入し高く商品を売ることにより、お金を稼ぐビジネスモデルです。

個人事業主として開業することは可能ですが、在庫を抱えてしまったり、なかなか売れない場合は買い取った金額、もしくはマイナスの価格で売らないといけないこともあります。

こういったリスクを抑えるためにおすすめなのが、フランチャイズを利用すること。

未経験でも安心な研修や、開業の前や開業後のサポートをしてくれます。

研修の費用や加盟するための費用がかかりますが、短期間で成功させるには必要なコストでしょう。

Tips

買取サービスについては、以下の記事で儲かる仕組みも併せて、詳しく解説していきます。

フランチャイズという枠組みを利用して、経営を学ぶのも一つの手です。

買取ビジネスの儲かる仕組みとは!フランチャイズのおすすめは?

7:代行サービスに関する業務

代行と言っても多種多様な種類がありますが、需要が見込める代行サービスを挙げるとするならば、

  • 輸入代行サービス
  • 配達代行サービス
  • 各種手続きの代行サービス

などが挙げられます。

個人・法人に問わず、高い需要が見込めるサービスなので、起業スタイルの中でも成功しやすい分野と言えるでしょう。

しかし「成功しやすいから」という単純な理由で、その分野で起業するのは、失敗する可能性を余計に招く場合があります。

なぜ代行サービスを起業するのか、自身の強みと合致しているのかは丁寧に考え、起業すると良いでしょう。

理由があれば、モチベーションの向上につながります。

8:高齢者向けサービス提供に関する業務

高齢化社会において、高齢者向けサービスは高い需要を持っています。

具体的にどのようなサービスを提供するのかというと、

  • 買い物代行
  • 墓参り代行
  • 家事代行(食事・洗濯・掃除など)

などが挙げられますが、これらは個人事業主でも対応が可能です。

しかし、身体的介護となると、介護職員初任者研修以上の資格が必要になっていき、介護事業を展開する法人でなければなりません。

本気で介護事業を起業したい場合は、さくら介護グループなどのフランチャイズ利用がおすすめと言えるでしょう。

起業の種類を知って自分に合うもの見つけていこう

さてここまでで、在宅でもできる副業寄りの起業スタイルや、本格的な起業スタイルにおいて、それぞれのおすすめビジネスを紹介してきました。

中には、すぐにでも取り掛かれるものもあったのではないでしょうか。

「起業」と聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、それはあくまでも形式であって、思うほど大それたことではありません。

すぐに着手できるビジネスもありますから、まずは小さなものから始めてみて、自身でお金を稼ぐ感覚を身につけてみてください

その感覚をもとに、どんどんと磨いて大きくしていきましょう!

まずはいろいろ試すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)