英語を活かして起業したい!起業できる仕事と必要なスキルとは

学生の頃に英語を勉強していたり、留学をした経験があったりする人は、英語を活かして仕事をしたいと考える方もいるでしょう。

宿泊施設の従業員や航空会社など様々な就職先がありますが、英語を活かして独立や起業をしたいという場合は、どのような仕事があるのでしょうか。
英語を活かして起業できる仕事の種類や、起業にあたり英語以外に必要なスキルを紹介します。

英語を活かして起業できる仕事

 

英語を活かして起業する場合、基本的には英語力のほか日本語力が求められます。

また、外国人と対面でやり取りをすることが多い仕事、オンライン上でやり取りをする仕事などに分かれることも特徴です。そこで、英語を活かせる仕事の種類を紹介します。

 

通訳

通訳は、同時通訳やウィスパリングといった種類に分けられますが、スキルによって報酬が異なることが一般的です。

語学力だけではなく、分かりやすく翻訳するスキルも求められるでしょう。基本的には、対面でやり取りをするため、リスニング力が高い方におすすめです。

 

翻訳

英語を日本語、日本語を英語に翻訳する業務で、翻訳の内容によって難易度や報酬が異なります。

書籍や映画の翻訳は語学力だけではなく語彙力も必要であり、マニュアルや契約書を翻訳する場合が法律に関する知識も求められます。

 

英会話講師・日本語講師

社会人向け、子供向けの英会話教室、外国人向けの日本語教室の講師なども挙げられます。
起業のほか、フランチャイズで英会話スクールや日本語スクールを開業する方法もあります。

 

ツアーコンダクター

海外の観光客のガイドや、海外で日本人観光客のガイドをする仕事です。今後は大人数での旅行ではなく数人での旅行が増える可能性があるため、ツアーガイドが不足する可能性があります。そのため、フリーランスで働く方法でも需要があるといえるでしょう。

 

海外向けのネットショップ

海外で注目されている日本の商品を、ネットショップで販売する仕事です。海外向けのため、商品の説明やネットショップの運営方法などを英語で記載する必要があり、語学力を活かせるでしょう。

 

海外商品の輸入代行

海外から気になる商品を仕入れ、国内で販売したり、日本の製品を海外で販売したりするための輸入を代行する仕事です。
英語を話せると海外の顧客が業者とやりとりできるため、英語を話せない方から代行の依頼をしてもらえます。

 

英語で起業するのに必要な語学以外のスキル

 

英語を活かして起業する際、語学力だけでは起業で成功できる可能性は低いでしょう。そのため、語学力以外のスキルも身に付けてから職種や起業の方法を考えることが大切です。そこで、語学力以外に必要なスキルを3つ紹介します。

 

ITスキル

ITスキルとは、情報技術のスキルです。スマートフォンやパソコンといった機械を使うスキルのことであり、職種ごとに求められるITスキルは異なるでしょう。
ウェブデザインやプログラミングなど専門スキルを独学で身につけたり、スクールに通って勉強したりする必要があります。

 

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、相手の考えていることを汲み取って、円滑に会話をするスキルです。フリーランスとして1人で働く場合でも、従業員を雇う場合でも、人と接する際には不可欠なスキルだといえるでしょう。

 

ビジネススキル

ビジネススキルとは、人材、時間、物を管理するためのスキルです。マネジメントスキルともいわれ、自身の立場によって管理するものや必要なスキルレベルは異なります。
1人で起業し、従業員を雇うのであれば、業務すべてをマネジメントしなければなりません。

 

英語を活かしてできる副業

 

英語を活かして起業をするのはハードルが高いものの、持っている英語力を活かしてお金を稼いでみたいと考える方も多いのではないでしょうか。そこで、本業がある方でも副業で始められる仕事を紹介します。

いずれも在宅でできるため、チャレンジしやすいでしょう。

 

Webライター

Webライターとは、インターネットサイトのコラムや広告を作成する仕事です。海外向けのコンテンツのほか、海外のコンテンツを日本で発信する際に翻訳する必要があるため、英語を活かせます。英語や日本語を翻訳するだけではなく、分かりやすい文章を書くスキルも必要です。

 

オンライン講師

ビデオ通話を使い、オンラインで英会話や日本語のレッスンをする仕事です。英語力のほか、日本語力も必要になるでしょう。ヘッドセットやインターネット環境があれば、すぐに始められることがメリットです。

 

Youtubeなどの翻訳

YouTubeの英語の動画を翻訳し、字幕をつける仕事です。一般ユーザーのほか、テレビでもYouTubeの動画を使用するケースが増えており、需要がある仕事だといえるでしょう。
直訳をするのではなく、理解しやすく読みやすい日本語にする必要があるため難易度は高いですが、在宅で働けることがメリットです。

 

まとめ

 

英語を使った起業は、英語力に自信がある方、英語力を向上させたい方におすすめです。
また、英語を活かした仕事は報酬が高く、起業に成功すれば稼ぎやすいこともメリットだといえます。

顧客とのやり取りが必要な仕事では、TOEICや英検といった資格のほか、英語を使った実務経験をアピールできると成功しやすいです。

いきなり起業をするのは難しいと感じる場合、まずは副業から始めることも検討しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)