日本中小企業金融サポート機構・ファクタリングの口コミ&評判を紹介

日本中小企業金融サポート機構・ファクタリングの口コミ&評判を紹介

売掛金の買い取りサービスのファクタリングは、年々注目を集めています。

この記事では、設立して間もないにもかかわらず、多くの利用者がいるファクタリング会社の「日本中小企業金融サポート機構」について、詳しく解説していきます。

メリット・デメリットから口コミ&評判まで解説しています。

さらに、その他におすすめできるファクタリング会社もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

日本中小企業金融サポート機構を選ぶことが、あなたにとって本当に最適なのか、しっかりと見極めていきましょう。

日本中小企業金融サポート機構とは

日本中小企業金融サポート機構とは、「資金調達」や「事業再生」などの中小企業をサポートする会社です。

2017年に設立されたばかりですが、中小企業向けのファクタリングには定評があり、資金を調達したい中小企業から人気を集めています。

この記事では、同社のファクタリングをメインに解説をしていきます。

社名に「サポート機構」と付いており、会社形態が一般社団法人なので、公的な会社かと思われた方もいるでしょう。

日本中小企業金融サポート機構も、一般的なファクタリング会社などと変わりはありません。

日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングのサービス内容

日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングのサービス内容

日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングサービスは、

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング
  • 郵送ファクタリング

の3つがあります。

ここから3つのサービス内容について詳しく解説しています。

また、この3つについて、すでに「理解している」という方は、飛ばしていただいて構いません。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、日本中小企業金融サポート機構と利用する会社の2社間で契約するファクタリングのことです。

契約は、2社間のみで行われるため、取引先に承諾も求める必要がありません。

ファクタリングの利用は決して悪いことではありませんが、取引先によっては売掛債権を譲渡することに抵抗がある会社も多いです。

また、3社間よりも審査が早いのも大きなメリットです。

しかしその分手数料については、3社間よりも割高になることがあるため、その点の理解はしておきましょう。

資金調達を急いでいる企業は、2社間をおすすめします。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛債権の譲渡を取引先に承諾を得たうえでファクタリングを利用する方法です。

取引先の承諾は必要になるものの、手数料が2社間よりも安いのが大きなメリットになります。

ただし、取引先にファクタリングの利用を知られるため、取引先によっては良い印象は持たれないでしょう。

また、取引先が契約に関わってくるため、審査から振り込みまでに時間がかかってしまうので、注意しなくてはいけません。

郵送ファクタリング

郵送ファクタリングは、日本中小企業金融サポート機構が展開している新しいサービスです。

通常はファクタリングを利用する際は、実際に担当者と面談をする必要がありました。

しかし、郵送ファクタリングでは、その名の通り審査などに必要な書類は全て郵送でやり取りします。

忙しく時間がない場合や地方の企業にとっては、ファクタリングが利用しやすくなるサービスです。

郵送の利用で、資金調達にかける時間を大幅にカットできます。

買取ができる売掛債権とは

日本中小企業金融サポート機構で買取ができる売掛債権は、取引相手が法人の場合に限られています。

また買取できる業種については、特に制限は設けておらず、どの業種であっても問題なく対応してもらえるでしょう。

ただし、審査がある以上、なんでもかんでも買取れるというわけでもありません。

売掛債権の内容は大丈夫であったとしても、実際に支払いを行う取引相手である企業の経営状態によっては、最悪断られてしまうこともあります。

それは、どのファクタリング会社であったとしても同様にいえることですので、特別意識することはないでしょう。

その他に提供している資金調達サービスとは

日本中小企業金融サポート機構では、ファクタリング以外にも、以下のような資金調達関するサポートを提供しています。

  • 助成金や補助金のサポート
  • 融資に関するのサポート
  • 商品買取サービスの提供
  • その他資金調達に関するサポート

実際にファクタリングがむずかしい場合が仮にあったとしても、別の方法も一緒に考えてくれる環境にあることは、かなり心強いのではないでしょうか。

また一般法人として事業を行っていることからも、営利目的でないことが伺えるため、気軽な相談をしてみても良いでしょう。

日本中小企業金融サポート機構のメリット・デメリット

日本中小企業金融サポート機構のメリット・デメリット

ここからは日本中小企業金融サポート機構のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

メリット

主なメリットは、以下の6つがあります。

  1. 取引先に承諾なしで利用できる
  2. 無料で簡単に査定できる
  3. 素早い融資が可能
  4. 融資にはならないため信用情報に影響しない
  5. 赤字決算や税金滞納でも利用可能
  6. 郵送で審査が可能

では次から詳しく解説していきます。

1:取引先に承諾なしで利用できる

2社間ファクタリングは、取引先に通知なしで利用ができます。

ファクタリングは海外では、一般的な資金調達の方法として理解されることが多いですが、日本での認知度は低いです。

そのため、ファクタリングを利用して売掛債権を譲渡することを通知した段階で、信用を失ってしまう可能性があります。

力関係で下になることが多い中小企業は、ファクタリングの利用を認めてもらえない場合が多いのが現状です。

仮に承諾してもらっても、

資金繰りが厳しいのでは?

と思われることもあります。

そのような事態を2社間ファクタリングなら回避できます。

2:無料で簡単に査定できる

公式サイトでは、気軽に問い合わせできるフォームが用意されています。

問い合わせをすれば、利用前に手数料を確認できます。

また、相談や面談の段階では、料金は発生しないため、気軽に相談ができます。

3:素早い融資が可能

資金繰りが厳しい企業にとって、素早い資金調達は非常に大切です。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは、最短即日で利用ができます。

地方などで面談や必要書類のやり取りに時間がかかったとしても、数日中には利用が可能です。

他の方法で即日から数日中に資金を調達するのは難しいため、すぐに資金を用意したい企業には最適といえるでしょう。

4:融資にはならないため信用情報に影響しない

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権を買い取りしています。

そのため、会計上は負債にはならず、信用情報に傷が付くこともありません

信用情報に傷がつかず、銀行などの融資審査を受ける際に審査でマイナスにはなることがないので、安心してファクタリングを利用しましょう。

5:赤字決算や税金滞納でも利用可能

銀行の融資や日本政策金融公庫などから融資を受ける際に、赤字決算や税金の滞納などがあると融資は受けられないことがほとんどです。

しかし、日本中小企業金融サポート機構であれば、赤字決算や税金の滞納があっても利用できます。

経営状態の問題に対して、柔軟に対応してくれるので、利用できないと諦めずに一度相談してみましょう。

6:郵送で審査が可能

多くのファクタリング会社では、審査の際に対面による面談が必要になります。

地方の企業であれば、面談場所まで行くか、手数料を支払って担当者に来てもらうしかありません。

ファクタリング会社からすると実際に会えるため安心なのですが、利用する企業からすると手間になってしまいます。

新しいサービスの「郵送ファクタリング」を利用すれば、対面による面談の手間を省けます。審査に関わる書類などのやり取りは全て郵送で行います。

郵送の時間もあるため、即日ではありませんが、数日での審査が可能です。

忙しくて面談の時間が取れない企業にとっては非常に便利なサービスです。

デメリット

一方の主なデメリットは、以下の3つがあります。

  1. 2社間ファクタリングは手数料が高い
  2. 3社間ファクタリングでは取引先の承諾が必要
  3. 手数料が発生する

資金調達を急ぐあまり、デメリットを確認せずに利用してしまわないように注意しましょう。それでは、詳しく解説していきます。

1:2社間ファクタリングは手数料が高い

利用する企業の大半は、取引先の承諾を必要としない2社間ファクタリングを利用することが多いです。

しかし、2社間は手数料が高く設定されています。

手数料が高い理由としては、ファクタリング会社に支払う売掛金の流れにあります。

3社間の場合は、売掛金は取引先からファクタリング会社へ入金され、その後手数料が引かれて利用会社に振り込まれます。

2社間の場合は、取引先はファクタリングの利用を知りません

そのため、売掛金は一旦利用会社に振り込まれ、その後利用会社がファクタリング会社に売掛金を振り込みます。

つまり2社間の場合、もし利用会社に悪意があれば、ファクタリング会社へ入金をしないことも考えられます。

支払われないリスクの分が手数料として上乗せされています。

手数料のことを考えると、3社間の利用も検討するべきでしょう。

2:3社間ファクタリングでは取引先の承諾が必要

手数料を考えると3社間での契約をしたいところですが、3社間で利用するには取引先の承諾が必ず必要になります。

ファクタリングを利用することへの理解があれば問題ありませんが、良いイメージを持っていない企業も多いため、承諾を貰う際は慎重に検討しましょう。

3:手数料が発生する

2社間・3社間どちらでも手数料は必ず発生してしまいます。

つまり、利用することで確実に利益が減ることになります。

状況にもよりますが、利用しないという選択肢も用意しておきましょう。

また、ファクタリング会社によって手数料は異なります。

資金調達までの時間に余裕があれば、日本中小企業金融サポート機構以外も検討して、手数料を比較しましょう。

日本中小企業金融サポート機構の口コミ&評判

日本中小企業金融サポート機構の口コミ&評判

ここから日本中小企業金融サポート機構の口コミ&評判をご紹介していきます。

利用者からの評判は高い

利用者からの評判は高く、特に審査のスピードが非常に早いことが評価されています。

1日でも遅れることが許されない資金調達の場面での利用に最適といえるでしょう。

また、必要書類のやり取りが郵送で済ませられる「郵送ファクタリング」も高く評価されています。

郵送を利用することで、地方の企業でも利用ができることも優れている点でしょう。

ただ手数料に関しては高いとの意見もあります。

審査をしなければ手数料は分かりませんが、利用の際は複数のファクタリング会社を比較することをおすすめします。

設立して間もないため利用者は少ない

評判に関しては高いですが、設立が2017年とまだ数年しか経っていません。

口コミ&評判は確かにありますが、その数は少ないです。

数の少ない口コミ&評判なので、必ずしも口コミ&評判通りとは限りません。

利用は慎重に検討しましょう。

日本中小企業金融サポート機構でファクタリングを利用する流れ

日本中小企業金融サポート機構でファクタリングを利用する流れ

では実際に日本中小企業金融サポート機構を利用するとなれば、一体どういった流れを辿っていけばいいのでしょうか。

ここでは、その具体的な手順について紹介しておきます。

主な流れとしては、以下の4ステップとなります。

  • STEP.1
    無料査定

    まず公式HPの「手数料無料査定」から必要情報を入力し、自身の場合では手数料がどの程度かかるのかについて、無料で査定をしてもらいましょう。

    その後、担当者より電話で連絡がきますので、しっかりと受け答えをしていってください。

  • STEP.2
    本審査

    担当者より伝えられた必要書類を準備し、不備がない状態で提出しましょう。

    必要書類の提出後は審査が行われます。

    ※内容に不備がある場合、現金化についても遅れてしまう可能性があります。

    その後、担当者より連絡が入りますので、説明を受けてください。

  • STEP.3
    契約

    審査に無事通過すれば、いよいよ契約です。

    契約書類が、すぐに郵送にて送られてきますので、こちらも内容に不備がないように対応していってください。

  • STEP.4
    振込みがされる

    売却金の買取が成立した段階で即日振込されます。

比較しておきたいおすすめのファクタリング会社

ファクタリング会社は日本中小企業金融サポート機構だけではありません。

他にいくつも会社があるので、必ず比較しましょう。

ここからはおすすめの会社を5つご紹介していきます。

特徴やメリット・デメリットをご紹介していくので、参考にしてください。

ファクタリング東京

ファクタリング東京は、東京に本社を構えるファクタリングや経営の改善コンサルティング、商品買取のサービスをしている会社です。

2・3社間の両方に対応しており、独自審査による最短即日のスピードに定評があります。

少額の細かい売掛債権から大口まで柔軟に対応してくれます。

1998年に設立し、20年以上の実績を持っているため、信頼性が高く安心して利用できます。

ただし、初回利用時は必ず対面での面談が必要になります。

地方の企業にとってはその分審査が遅れるので、大きなデメリットになるでしょう。

株式会社ビートレーディング

株式会社ビートレーディングは、東京本社の他に大阪と福岡に支社を持つファクタリング会社です。

2・3社間に対応しており、利用者が多く、信頼性が高いことにも定評があります。

審査スピードが早いのも特徴で、最短即日の資金調達にも対応しています。

問い合わせからの返信が早いので、返信を待つ時間が少ない点もメリットの1つです。

手数料は他の会社と比べると低めに設定されているので、手数料を安く抑えたい企業にもおすすめします。

手数料の内訳についても詳しく説明してくれるので、安心して利用できます。

面談の必要はありますが、東京と大阪、福岡の3店舗あるため、素早く審査に対応してくれます。

株式会社ウィット

株式会社ウィットは、500万円以下の少額ファクタリングを専門とした会社です。

個人事業主にも対応し、少額な売掛債権を扱っている企業にとっては利用しやすいでしょう。

審査は電話での非対面でできるため、非常に早く、成約まで2時間という実績もあります。

ファクタリング会社のほとんどが対面の必要があるため、地方の企業はなかなか利用しにくい現状がありましたが、電話のみで審査できるので簡単に利用可能です。

また、手数料は安く、公式サイトでは最小の30万円を95%で買い取りした実績もあると記載されています。

30万円の95%は他にないほどの低手数料です。

株式会社三共サービス

株式会社三共サービスは、年間1500件以上のファクタリングを扱っている実績ある会社です。

特に手数料には定評があり、最低手数料は1.5%という低さで設定されています。2社間でも10%を切る手数料での利用が可能です。

電話と郵送だけでも審査ができるため、地方の企業や審査を急いでいる企業にも向いています。

公式サイト上で簡易的な審査もできるので、手数料の目安を簡単に出せます。

手数料が低いと信頼性の面で不安に思われる人もいるかもしれませんが、株式会社三共サービスは2001年に設立しており、実績も多く信頼性も高いです。

MSFJ株式会社

MSFJ株式会社は、最低手数料が1.8%と低いのが特徴の会社です。

少額で100万円までなら簡単に申し込める「クイック」と、5,000万円までの「プレミアム」と2つのコースに分かれています。

資金調達までのスピードも早く、最短即日で対応してくれます。利用者からの評価も高く、安心して利用できる会社です。

少額からの利用も可能で、個人事業主も利用できるので、少額で利用したい企業もチェックしておきましょう。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングを上手く活用しよう

日本中小企業金融サポート機構のサービス内容やメリット・デメリット、そして口コミ&評判を解説してきました。

審査の早さや郵送での審査など、どの企業でも利用しやすいファクタリングサービスです。

しかし、手数料の高さや実績の少なさがデメリットとして挙げられます。

メリットも多いですが、必ず他社と比較するようにしましょう。

ぜひ今回の記事を参考にファクタリングの利用を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)