個人で起業するのにおすすめの業種は?

個人で起業したいけれど、どのような業種に自分が向いているのかよくわからないという人はいませんか?

この記事では個人で起業するのにおすすめの業種について詳しく解説します。

個人起業する業種のポイント


個人で起業する際に業種を選ぶポイントを4つご紹介します。


初期投資が少ない

設備投資や商品の仕入れにかかる金額が低いほど初期投資は回収しやすくなり、運転資金も減りにくくなります。

起業して成功するには初期投資があまりかからない業種を選び、運転資金を長持ちさせるという戦略を取ることが大切です。

 

人件費がかからない

売上や利益が安定するまでに負担が大きいのが家賃と人件費なので、個人で起業する際はなるべく最初に人を雇用しなくて済む業種を選ぶことをおすすめします。


在庫をかかえない

在庫をたくさん持つ必要のある業種はその商品が売れなければ負債が膨らみ、経営破綻に結びついてしまうでしょう。

個人で起業する場合、なるべく少ない在庫で済む業種を選びましょう。

一定の儲けがある

できるだけ原価の低い商品を扱う業種で起業すれば、一定の利益を確保できるのでリスクが少なくなります。

 

自分の売りたい商品の仕入れにはどのくらいの費用がかかるのか、相場を知っておくことが大切です。


個人起業するのにおすすめの業種

 

ご紹介したポイントを踏まえて、個人で起業するのにおすすめの業種を4つご紹介します。

パソコンに関する業種

システムエンジニア、Webデザイナー、プログラマー、WebライターなどはPC1台あればすぐに仕事を開始できます。

クラウドソーシングサイトなどで最初は小さな仕事から開始し、ポートフォリオが整って大きな仕事が受注できるようになったら起業といった形も取れるでしょう。


レンタル業

レンタル業は商品によって古物商の資格が必要な場合もありますが、個人の時間をレンタルするなど工夫次第で初期投資や在庫に悩まされずに起業することが可能です。

今までにない商品やサービスをレンタルすることができれば、競合他社との差別化にもつながるでしょう。


代行業

女性には隙間時間で働くことができる家事や育児の代行サービスでの起業も人気です。

自分のスキルを活かせるので、長く仕事を続けることができるでしょう。


教室

資格や特技があるなら自宅で教室を開くのもおすすめです。

知識やノウハウを求める人は意外とたくさんいるため、宣伝を怠らなければ安定した収入につながります。

まとめ

個人で起業するのにおすすめなのは、初期費用を抑えられ在庫を持たずに済むなど、リスクを抑えて仕事を始められる業種だとわかりました。

自分のスキルを活かし、長く仕事を続けていくためにも最初の業種選びは慎重に行うようにしましょう。

 

起業について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)