40代で独立して起業したい!ポイントや気をつけたいこととは?

働き方改革また新型ウイルスコロナの影響により、起業を考える人が多くなっています。

しかし起業してから軌道に載るまで時間がかかることが多いことから、一般的に年齢を重ねるにつれて起業は難しいのではないかといわれます。

 

しかし40代を超えてから起業をすると、若い人には内容なメリットもあります。

また同時に気を付けたいこともあるのでこの記事ではそれぞれ詳しく説明していきます。

起業するのに40代は遅い?気をつけたいこと

 

起業してすぐはなかなか安定した収入を得ることが難しいので、一般的に40代は起業するのにやや遅い時期だといえます。

しかし決して40代で起業ができないわけではなく、起業するのであれば以下の点に工夫していくとよいでしょう。

 

開業時の年齢は?

 

開業時の年齢は若いに越したことはないでしょう。

しかし年齢制限があるわけではありません。

中には定年を退職してから起業する人もいます。

 

目的を明確にする

 

起業するにあたり、年齢に関係なく目的を明確にすることが大事です。

 

お金をかけすぎない

 

若い時に起業する場合でもいえるのですが、特に40代をこえてお子様がいたり家庭を持っている場合は特に起業時にお金をかけすぎないことが必要です。

起業時にお金を使ってしまうと、その分を取り戻すだけでも大変です。

場合によっては赤字続きとなってしまう可能性もあるのです。

 

しかし初期費用をほとんどかけてなければ、赤字になることはなく仕事内容を変えることもできます。

 

 失敗した時のやり直しが難しい

 

若い時であれば失敗してもいくらでもやり直しができます。

しかし40代になると1の失敗をすると一からやり直しをするのが難しくなります。

新しい事を覚えようと思ってもなかなか覚えるのは難しく、 また勉強する期間も若い時ほどは確保するのが難しくなるのです。

 

 家族の理解を得る

 

40代であれば結婚をしていたりお子様がいる場合も多いでしょう。

そのためサラリーマンを辞めて独立するのは、安定した収入を失ってしまうことにもなりリスクがあるのです。

そこで40代で起業するためには家族の理解を得ることが必要です。

彼に20代で結婚をしていても、いくらでも試せることができますが40代では失敗をした時に大きなリスクとなってしまいます。

 

健康管理

 

若い時と40代で大きく違うのは周りの環境だけではありません。

基礎体力が大幅に違います。

普段から運動してる人でも、若い時と比べて疲れが取れづらく無理はできないと思ってる人は多いでしょう。

 

そのため一から起業するにしてもできることが若い時と比べてどうしても限られてしまいます。

そのため40代で起業するためには健康管理が重要になります。

 

副業から始める

 

ここまで40代で起業する気をつけたい点を説明してきました。

若い時と比べて起業するのが難しいということが分かるでしょう。

しかしひとつおすすめの方法があり、それは副業として始めることです。

正社員として働きながら副業できるのであれば、 もし仮に失敗しても本業があるので生活に大きな支障があることはありません。

副業で始めて軌道に乗るようであれば本業にすることもできるのです。

副業から起業した方が成功率が高いことについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

 40代で起業するメリット

 

40代で起業する方が若い時に起業するにもメリットがある場合もあります。

人生経験が長い分、人脈を活かせることもあるでしょうし経験を若い時とは違います。

 

 人脈を生かせる

 

長い間生きていく上でこれまでいろんな人と会っていることでしょう。

特に個人で経営をする場合は人脈が重要なのです。

お客様を紹介してくれたり、事業を起こす時の助言をくれたり様々な人の手助けを受けることができるのです。

 

 中高年対象の助成金がある

 

厚生労働省が40歳以上の中高年令者に対して生涯現役起業支援助成金を提供しています。

これは40歳以下ではない助成金であり、 40代で起業するメリットの一つと言えます。

具体的な内容としては40歳で従業員を雇用する場合に、その費用を最大200万円まで助成金として支給してくるのです。

 関連サイト:厚生労働省 生涯現役起業支援助成金

 今までの経験が生かせる

 

若い時と比べて長年生きていく中で様々な経験をしてきていることでしょう。

もし今までの仕事内容と関連した起業する場合は、若い人と比べてもメリットとなる場合があります。

また今までの経験から来る実績や資格など売り文句にして起業することもできるのです。

 

経験した人しかわからないような内容をクライアントに伝えることができるようになります。

 

まとめ

 

40代で起業する注意点やメリットなどをご説明してきました。

若い時と比べて体力がなく、また家庭を持っているなど失敗することができないのが40代で起業する特徴です。

 

しかし若い時と比べて、経験も実績も十分に積んでいます。

40代からの起業においてはこれまでの経験や実績を十分に生かすことをまず考える必要があります。

まったく1からのことをはじめようとするとかなりのリスクがあります。

 

また中高年向けの助成金もあるので起業前によく調べるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)