食に関する人気の資格を知りたい!転職に有利な資格とは?

食に対する多くの人の興味、こだわりが強くなってきているため、食に関する資格を取ってみたいという人も増えています。

食に関する資格も多くなっていますので、様々な資格をご紹介します。資格取得の参考にしてみませんか。

食に関する資格を取るメリット

 

様々な食に関する資格がありますので、まず資格を取ることでのメリットについてご紹介します。

就職や転職に有利

食に関する資格を持っていることで、就職や転職をする際にも有利になるでしょう。食に関する仕事はたくさんありますので、飲食店に勤務してアドバイスをしたり、料理教室を開いたりなど様々な仕事に役立つでしょう。

食に関する知識が増える

また、食に関する資格の勉強をすることで、多くの知識を得ることができます。食材についてや料理法、栄養のことなど様々な知識が増えていっていいでしょう。

食に関する資格を持っている人は少ないため、貴重な知識となります。

実生活に役に立つ

また、食について知っていることで、毎日の食生活にも役立ちます。健康を考えた食事管理などもしやすくなります。素材の選び方や料理法にも詳しくなって毎日の料理に活かせるでしょう。

おすすめの食に関する資格10選

 

ここで、おすすめの食に関する資格を10選してご紹介します。新しい資格など様々な資格がありますので、参考にしてください。

調理師免許

調理師免許は、古くからある免許です。店舗や施設の公衆衛生のために飲食店などでの調理技術や魚介、食肉などの販売営業について学ぶ資格です。飲食店を始めたい人などには必要な資格で、食や調理技術について専門的なスキルが身に付きます。

関連サイト:公益財団法人調理技術技能センター

食生活アドバイザー

食生活の改善、食の安全などについてアドバイスする資格です。食品メーカーや小売店、飲食店や学校、病院や施設などで活躍することができる資格です。

関連サイト:食生活アドバイザー

ユーキャンの食生活アドバイザー講座は2級・3級の両方の試験に対応していますので4か月でダブル合格も可能になっています。特別な受験資格がないのでどなたでもチャレンジ可能な資格です。

 

食育アドバイザー

最近では、食育も注目されていて、食育関連の資格が増えていて人気が高い資格です。

最適な栄養バランスや安全な食材の見分け方などを学びます。資格を取得して、セミナー講師や料理教室の先生、教育・医療・食品業界などの仕事にも役立てられておすすめです。

関連サイト:食育アドバイザー

食育インストラクター

食育に関するインストラクターの資格で5段階に分かれた資格があります。食育の指導者となる資格です。

関連サイト:NPO 日本食育インストラクター協会

通信講座の「がくぶん」の食育インストラクター養成講座では在宅で6か月で資格が取れますので参考にしてみてください。

野菜スペシャリスト

野菜や果物の効果効能や選び方、正しい調理法などの知識を得て、健康と美を作ることを目的とした資格です。

料理教室や野菜関係のメーカー、スーパー、飲食店などで就職、転職しやすいでしょう。

 

フードコーディネーター

食に関するビジネスにも役立つ資格です。レストランのメニュー開発や食品メーカーの新商品、お店の売り場構成や企画などに知識が活かせる資格です。

テーブルコーディネートや料理の見せ方などについても知識も得られ、飲食店のコンサルタントや料理研究家などにもいい資格です。

関連サイト:日本フードコーディネーター協会

フードインストラクター

野菜や畜産、穀類など食材による専門知識を学び、インストラクターとして食育の指導をしていくことができます。学校や施設の給食などで活躍できます。

 

幼児食インストラクター

幼児食について、ママたちの悩みや相談に乗るなどの仕事ができる資格です。料理教室やセミナー講師、幼稚園、保育園で働いたりすることが可能です。

関連サイト:幼児食インストラクター

介護食アドバイザー

介護食も多くの人が悩みを抱えるようになってきています。介護食についてアドバイスできる資格で、介護施設の給食などで活躍できるでしょう。

関連サイト:介護食アドバイザー

薬膳インストラクター

健康にいい薬膳に興味がある人も多いでしょう。病気の予防や治療、健康増進などのための中国の薬膳について専門知識を学ぶ資格です。飲食店や医療機関や福祉施設、セミナー、料理教室を開くのにいい資格と言えます。

関連サイト:薬膳インストラクター

食に関する資格をとる際のポイント

 

食に関する資格を取るポイントですが、主婦の方も多く取得する資格です。資格取得の際には、次のことに注意して取るといいでしょう。

受験資格があるかどうか

まず、受験資格があるかどうかが大事です。受験資格が必要なのは、調理師免許などです。調理師免許は、2年以上の調理業務の経験が必要です。

他にも、通信講座や研修会を受ける必要がある食育インストラクター、野菜スペシャリスト、フードインストラクター、薬膳インストラクターなどがあり、フードコーディネーターには認定校があります。また、認定講座がある幼児食インストラクター、介護食アドバイザーがあります。

受験資格が必要ないのは、食生活アドバイザー、食育アドバイザーなどです。

費用や時間がどれくらいで取れるか

食に関する資格の取得のためには、3万円~4万円程度で通信講座などを受講して受けるのが最も早道と言えます。3ヶ月から6ヶ月の受講で取得できるようになります。

通信講座をうまく利用する

食に関する資格は、通信講座や認定講座などを受けて資格取得をする資格が多くあります。通信講座ならば勉強もしやすいたために、講座の勉強をしながら資格取得を目指してみるといいでしょう。独学よりも挫折が少なく、試験の内容も的確な内容を学ぶことができておすすめです。

まとめ

食に関する資格についてご紹介しました。

実生活にも就職や転職にも活かせておすすめです。実際に調理をしたり、アドバイザーやインストラクターとして活躍できたりするでしょう。

最近では、食育や介護食も注目されていますので、これからも人気が高い資格と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)