40代におすすめの資格とは?転職に有利な資格を紹介

40代で転職をしたいと考えた場合には、資格を持っておくことが有利です。特に転職に有利な資格をご紹介しますので、参考にしてみませんか。

40代で転職に有利な資格

 

40代での転職は難しい場合が多くなりますので、次のような資格を取って転職してみるのがおすすめです。40代で人気のおすすめの資格についてご紹介します。

日商簿記

まず、事務系の資格としては日商簿記を持っておくのがおすすめです。簿記の資格を取っておけば経理に転職ができていいでしょう。

4級からありますが、経験がなくても転職したいならば、簿記の2級以上を取っておくことで転職にも有利になります。

関連サイト:日本商工会議所 簿記

医療事務

医療事務には多くの資格があり、幅広い知識や技能を得る医療事務技能審査試験と高い専門性が求められる診療報酬請求事務能力認定試験があります。

また、医療事務の仕事は受付、外来、病棟、保険請求などに分かれていますので、個々で異なります。資格がなくてもなれる場合も多くなっています。

資格を取って確実に転職したいならば、診療報酬請求事務能力認定試験を受けて保険請求、レセプト業務に転職するのもいい方法です。

関連サイト:公益財団法人 日本医療保険事務協会

社会保険労務士

社会保険労務士の資格は、年に1回の試験に合格しなければならないため難易度が高いのですが、人気がある資格です。

ただし、受験資格として実務経験が3年以上必要で、公務員もしくは社会保険労務士や弁護士の補助として3年以上勤務の人などが対象となります。公務員からの転職はしやすい資格と言えるでしょう。

関連サイト:社会保険労務士試験

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーになるには、国家資格の「FP技能士」の3級から1級の試験、もしくは民間資格の「AFP」「CFP」の試験を受ける必要があります。

できれば、国家資格の「FP技能士」の2級を目指すと転職にもおすすめです。

関連サイト:日本FP協会

キャリアコンサルティング技能検定

2016年に国家資格になった「キャリアコンサルティング技能検定」は新しい資格としておすすめです。2級は熟練レベル、1級は指導者レベルとなります。キャリアコンサルティングの仕事をしている人がステップアップとして受けることが多い資格です。

2級で実務5年以上などが対象で、1級は実務10年以上もしくは2級に合格して3年以上の実務経験を有する人が対象です。

関連サイト:キャリアコンサルティング技能検定

中小企業診断士

中小企業診断士も国家資格で、中小企業の経営課題について診断や助言を行う経営コンサルタントの仕事をすることができます。

「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・政策」の7科目を勉強する必要があり、やや難しい試験ですが、独立することもできる資格としておすすめです。

関連サイト:中小企業診断士試験

登録販売者

薬事法の改正によりかぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格が必要となっています。

薬剤師がいなくても登録販売者がいる必要があるため、薬局やドラッグストアに転職するには有利です。未経験でも目指せるおすすめの資格と言えます。

 

宅地建物取引主任者

不動産取引の専門家「宅建士」になるための資格で、人気が高い資格です。専門的な知識を勉強する必要があり、難易度が高い試験です。

不動産管理会社だけでなく、住宅メーカーなどの建設業、銀行・保険会社などと転職先が広くあるのがおすすめです。

関連サイト:一般社団法人 不動産適正取引推進機構

介護福祉士

高齢社会となり、介護で唯一国家資格である介護福祉士の資格は需要が高くなっています。介護の専門知識と技術を学び、施設での利用者の身体や精神面でのケア、職員の指導や育成をする立場になる資格です。

受験するには施設での実務もしくは福祉系高校卒業、または実務経験と実務者研修を受けている人となっています。

関連サイト:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

管理業務主任者

管理業務主任者は、国家資格で、マンション管理業者が管理組合などに管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際の資格となります。

「マンション管理士」の試験もよく一緒に受けられる試験です。実務経験がなくても受けられるため転職の際にもいい資格です。

関連サイト:一般社団法人 マンション管理業協会

電気主任技術者

事業用電気工作物の工事、維持または運用に関する保安の監督のため、設置者が電気事業法上置かなければならない電気保安のための国家資格もおすすめです。

誰でも受験可能な三種から挑戦し、二種、一種と目指すのがいい方法です。扱う電気工作物が広くなっていきますので、上の資格を目指してみるといいでしょう。

関連サイト:一般社団法人 電気技術者試験センター

40代で資格をとるポイント

40代で資格を取ることで、転職を有利に進めることができますが、40代の場合には、ゆっくりと時間をかけて資格を取ることが難しいでしょう。

次のようなポイントを考えて、資格を取ることがおすすめです。

就職に直接的な資格を選ぶ

40代では、 就職に直結するような資格を選んで取得するのがおすすめです。より専門的な資格を取得し、資格がないとできないような仕事に転職するのがいい方法です。

難易度より実用性を考える

難しい資格は、取得している人が少なく貴重ですが、資格の実用性もよく考えることが大切です。何に転職したいという目標を持った上で、そのために必要な資格を取ることが重要です。

目的を明確にする

40代で資格を取る際には、転職先やスキルの目的を明確にして資格を目指すのがおすすめです。漠然と資格を取ることを目的にせず、将来の計画と目的を明確にしてから取得を目指すことがポイントです。

まとめ

 

40代でおすすめの資格、転職に有利な資格をご紹介しました。どの資格もあまり簡単には取れない資格かもしれません。また、実務経験の有無などもありますので、きちんと確認して目指すといいでしょう。

また実際に転職先がどれだけあるのかも確認した上で、資格取得を目指して有利に転職を進めてみるのがいい方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)