20代で稼げる仕事につくには?

経験や実績を積むことにより、年収が増えていくことは多いのですが20代でも稼げる仕事はあるのでしょうか。

この記事では20代で稼ぐチャンスがある仕事をご紹介してきます。

 

20代で稼げる仕事につけるのか?

 

まず20代で稼げる仕事に就く方法をご紹介してきます。

20代で稼ぐためには年功序列の会社ではなく、出来高重視の会社を選ぶことが重要です。

そのためには転職をする必要があるケースもあるでしょう。

同業内転職する

同業内で他の会社に転職する方法があります。

これは同じ業界であっても、他の会社の方が高く評価する可能性があるからです。

さらに同じ業界であっても、出来高が高い報酬制度をとっている場合もあります。

 

出来高重視の企業へ就職

報酬がある程度決まっている会社よりも、例えば保険会社のように固定給が少なくても出来高重視の企業に就職する方が20代でも稼ぎやすくなります。

とくに保険の営業の場合は出世をしなくても、顧客を重ねていけば報酬は一気にあげることができます。

また不動産の営業のように1案件の単価が高い業種に務めるのも一つの方法でしょう。

一つ案件を成約することで、高いインセンティブを受けられるチャンスがあります。

 

もちろんこれらの会社は成果をあげることで、自然と出世しやすくなります。

 

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用すると、自分の現在の適正収入を知ることができます。

中には現在の仕事が適正収入よりもはるかに低い可能性もあります。

それは成果をあげているのに、年功序列の会社にいるために報酬が低すぎる可能性もあるからです。

そこで転職エージェントに登録することにより、自分にあった職業を紹介してくれて、さらに面接までフォローしてくれるので稼げる企業に転職できる可能性があります。

 

20代で稼げる仕事とは?

 

それでは実際に20代で稼げる仕事を具体的にご紹介していきます。

近年成果主義の会社が多く、20代でも稼いでいる人は数多くいるのです。

 

営業職

成果主義としてまずあげられるのが営業職でしょう。

売り上げに直結することから、報酬をあげやすい業種だといえます。

特に保険の営業や不動産営業など、若くても一気に報酬をあげられるチャンスがある業種もあります。

その分ノルマなどがきついのですが、自信のある人は試してみるとよいでしょう。

結果を出した分だけ給与に反映去れることが多いので、やりがいはあります。

 

金融専門職

銀行や証券会社などにおいて、専門職といわれる仕事についている人は高い報酬を得られるチャンスが大きくなります。

年齢に関係なく業務内容やスキルを評価されやすいのです。

また新卒の平均年収も他の業種と比べて高いため、20代でも高い報酬を得られるチャンスが高くなります。

 

総合商社

新卒の平均年収の上位に多くの総合商社が入っています。

そのため新入社員の頃から、平均年収は高くなります。

また総合商社は自分の出来高次第でさらに年収をあげられる機会が多いのです。

 

コンサルティング

コンサルティング業界は全般的に成果主義であり、年功序列ではありません。

若くても実績が伴ってくれば高い報酬を得られるチャンスが高くなります。

また将来的に独立して、さらに高い報酬を得ている20代の人たちも大勢います。

 

外資系企業

外資系企業は全般的に日本の企業と比べても年功序列であることは少なく、成果を出している人は給与に反映されやすいです。自分からできる仕事をどんどん提案したり、部署異動届を出すことができるなど、意欲の高い人にとっては報酬を上げやすい環境にあるといえます。

 

逆に年功序列ではないので、長い間在籍をしていれば報酬をあげられるわけではありません。

 

マスコミ関係

コンサルティングや総合商社と同じように、まず初任給が他の業界と比べて高めに設定しています。

さらに自分から希望をすることで、スキルや知識を持っている人であれば出世しやすい業界だといえます。

そのため若くして有名な番組のディレクターをするなど、高額な報酬を得ている人も大勢いるのです。

 

専門職

調理師やWEBデザイナーなど専門的なスキルを持っている人であれば、年齢はほとんど関係ありません。

高い報酬を得られるチャンスは大きくなります。

また専門職の場合は、その特別なスキルを生かして独立する機会もあるでしょう。

現在では20代の若い社長や個人事業主も多く存在するのです。

 

まとめ

 

ここまで20代でも稼げる仕事をご紹介してきました。

日本の企業はまだまだ年功序列であることが多いです。

しかしここで説明したような業種は成果主義であることが多く、結果を残していれば20代でも報酬を得られるチャンスが多くなります。

 

またもしこのような業種以外に所属している場合は、転職エージェントを使って出来高重視の企業に転職をする方法もあります。

 

もう一つの方法として、初任給から他の業界と比べて高めの設定であるコンサルティング会社やマスコミ関連に務める方法があります。

またこのような業界は、若くても出世しやすいシステムになっていることが多いです。

そのため意欲が高く、スキルを身につけている人は20代でも稼ぎやすい業界だといえます。

 

このように20代でも仕事内容次第では十分に稼ぐことができるチャンスがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)