40代で未経験でも稼げる仕事に就くには?

40代で新しい職を見つけるとなると、どうしても経験が必要になります。
しかし未経験であっても、就くことができる仕事はあります。
この記事では、40代未経験で仕事に就くのが難しい理由、また未経験でも仕事につきやすい職業をご紹介していきます。

 40代未経験から仕事に就くのは難しい?

一般的に40代未経験で仕事に就くのは難しいといわれます。
それには以下のような理由があげられます。

 

  企業の求める条件(即戦力など)とマッチしにくい

企業が転職で人材を探すときは、即戦力を求めることがほとんどです。

20代中盤くらいまでは、育てることを考えることもありますが30代を超えると実績がなかったら厳しくなります。

 

そのため40代で未経験だと、マッチングする可能性が少なくなります。
さらに40代であれば業務の経験だけでなく、役職やマネージメント能力が求められることがほとんどです。

 

40代は企業側から扱いにくい

言い方はよくないのですが、企業側にとって40代は扱いにくい年代となります。

社会人を20年ほど経験しており、特に卒業してから一社でずっと働いていた人にとって新しい環境になじむのはそう簡単なことはではありません。

 

どうしてもこれまでやってきたことに自信があるからか、新しい職場とぶつかってしまうこともしばしばあります。

 

年収アップにつながりにくいから

40代で転職して年収アップをできるのは限られた経験をした人です。
つまり将来性という意味で、企業側も未経験の40代は採用しにくいのです。

 

40代未経験でも仕事に就きやすい職業

40代未経験であっても、就きやすい職業はあります。

決してあきらめないで、仕事を探すようにしてください。

 

介護職

介護職は万年人材不足であることから、年齢や経験はあまり問われません。
人間性やしっかりと務めることが重要視されます。

 

頑張って続けて仕事をすれば、介護福祉士やケアマネージャーなど資格をとることができ収入を増やすことができます。
高齢化社会であることから、今後より需要が高まる仕事なので今のうちに頑張っておけばより稼ぐチャンスがあります。

 

清掃員

清掃員も年齢や経験を問われることはあまりありません。
不況であってもなくなる仕事ではないので、じっくり求人を探してみてはいかがでしょうか。
体力仕事ではありますが、慣れてこれば年配の方でもやっている仕事なので問題はないでしょう。

 

仕事を続けて認められたら、現場のマネージャーを任されるなど出世する可能性もあります。

中小企業

中小企業であれば年齢や経験関係なく、人間性などで採用してもらえるケースがあります。

特に工場など、経験があまり問われない業界もあります。

 

新聞の折り込み広告などに記載されている案件は、よく「40代まで、50代まで」と書かれているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

40代で未経験であっても、それを補うようなことを面接で伝えることが重要です。

 

タクシー運転手・ドライバー

タクシーの運転手や運送業のドライバーなどは、資格さえもっていれば経験を問われることはあまりありません。
運転手の仕事もさまざまなところで応募があります。
また運転手であれば、60歳を超えても続けていくことがでるでしょう。

 

営業職

営業職は若い人や経験がある人の方が有利ですが、中小企業だと40代未経験でも採用されることがあります。

営業であれば数字をだせば認められて、40代であってもインセンティブがついたり昇給につながるケースもあります。

 

ビル設備管理

ビルの設備管理に関しては、資格をとっていれば経験がなくて40代であっても採用されることがあります。
マンションだけでなく、雑居ビルなど多くのビルがあるためそれだけビルの設備管理は必ず必要な仕事です。

 

 個人事業主

個人事業主こそ年齢に関係ありません。

これまでの仕事での経験以外にも、学生時代の経験など何度も生かすことができます。

例えば楽器が得意な人であれば、教えることができます。
もし特に何も経験してないと思う方であれば、パソコンを何か覚えることをおすすめします。

 

パソコン一台あれば、WEBデザイナーやシステムエンジニアなどさまざまな仕事を個人事業主として行うことができます。
また文章を書くのが得意な方は、ライターとして独立することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
40代未経験で採用されづらい理由、また40代未経験であってもできる仕事をご紹介してきました。

40代は業務の経験や役職などの経験が求められるため、企業とマッチングする可能性は低いです。

しかし介護職や清掃業など、人出が足りていない業務、経験よりもスキルが必要な業務など職に就けるチャンスはあります。
それでも難しい場合は個人事業主として独立する方法もあります。
何か一つスキルを身に着けたり、営業をしたり、広告をしたり大変ではありますが、自分で動けるので採用されるかどうかの心配はなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)