本当に使える資格とは?就職・転職に有利な資格を紹介!

使える資格とは?

 

一言に「使える資格」と言っても資格の使い手や条件によって、その意味合いは変わってきます。

 

就職・転職に有利

条件にもよりますが、活躍しようとする分野の資格を保有している方が就職・転職に有利に働くのは容易に想像がつきます。
人事担当・採用側が働き手のスキル・市場価値を一目で判断出来る材料でもあるので、資格を持っているかどうかが重要なポイントとなります。
業種によっては必須となる資格がある場合もあるので、資格は就職・転職とは切っても切れない関係性があります。

 

給料が上がる

資格を保有することでより高度なパフォーマンスを発揮出来る証明にもなり、それらが認められる事によって、給料が上がる事に繋がる可能性が見込めます。
業種によっては上位職へのキャリアアップに資格取得が必須な場合もあります。

 

業界の将来性が高く需要がある

資格取得を最大限に生かすには、業界の将来性が高く需要がある場で活用するのが最高効率と言えるでしょう。

 

使える資格10選

それでは「本当に使える資格10選」を紹介します。

 

登録販売者

風邪薬などの第2類・第3類医薬品を販売する事ができ、薬局を中心に、スーパーやコンビニなどでもこの資格所有者は重宝されるようになっています。

活躍の場が多く、なおかつ資格試験の合格率が40%から50%と高いので難易度はそれほど高くないと言われています。
資格を持っている事で専用手当てが付くなど、給料面で好待遇な条件も多数見受けられます。

 

保育士

乳児から小学校入学前の子供を預かり、保護者の代わりに保育全般を行う仕事です。
女性人気の職種となりますが、近年は男性の保育士も活躍しています。

昨今では、多様なニーズに対応するため求人、需要が非常に高く、就職・転職には困らない資格となっています。

 

 

登録販売者や保育士・日商簿記の資格は通信講座のユーキャンの講座を利用して資格取得が可能です

看護師

高齢化社会が進む中、人手不足と誰でも出来る仕事ではないのが相まって、需要が非常に高く、働き先には困らない資格となっています。

看護師になるためには所定の専門教育を終了後、国家試験を取得する必要があり取得には時間がかかります。

女性が中心になる環境で激務をこなすので、体力面・精神面での適正が重要になりますが給与面では待遇が期待出来る仕事と言えるでしょう。

 

関連サイト

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

身体介護をする為に取る資格の中では最も取り易い資格で、介護初心者が最初に取るのに適しています。こちらの資格は未経験からでも取得可能ですので介護業界で活躍したいと考えている方は取得必須と言えるでしょう。

高齢化社会に伴い、介護業界は深刻な人手不足が問題となっていますので需要がますます高まっています。

国家資格である介護福祉士を目指す際にこの介護職員初任者研修の資格を持っていると実務者研修の時間が免除されるので、働きながらのスキルアップや資格取得が可能です。

 

宅建士

不動産会社や賃貸マンションなどの仲介業者には、規定で一定数の宅地建物取引士が必要で、居なければ事業が成立しない程、重要な役割を持っています。
不動産関係への就職・転職には圧倒的な効力を誇ります。

資格を保有しているだけで専用の手当てが出る場合があり、給与・待遇面も期待出来ます。

合格率が低い難関資格で試験対策には最悪、数カ月~年単位を費やす可能性がありますので専門学校や通信講座を利用する方が多い資格と言えるでしょう。

 

中小企業診断士

中小企業の経営や業務に関するアドバイスをし、効率良く運営・運用出来るように提案するのが主な業務です。
大企業でも評価される資格で、就職・転職に有利になるのは確実です。

資格自体は社会人向けで、現状から大きくレベルアップする為に取得するのに向いています。
難関資格で有名で、試験に合格するには最低1年以上掛かると言われています。

 

介護職員初任者研修・宅建士・中小企業診断士の資格にチャレンジしたい方は資格の大原の講座を参考にしてみてください

 

土地家屋調査士

あまり聞きなれない資格ですが、不動産・測量・建設関連会社などの就職・転職に役立つ資格です。
一番効力を発揮するのは独立した際で、独立開業者の年収は1000万円以上とも言われ、需要と相まって安定感抜群です。

電験三種・二種

電気工作物に使用される電圧の大きさによって必要な資格が変わり、電験二種は電験三種の完全上位互換にあたります。
電気設備の管理には必要不可欠で、需要もかなり有り、転職・就職にはかなり有利に働く資格です。

資格を保有していると、専用手当が支給される事もあり、給与面にも有効に働きます。

 

基本情報技術者

試験には技術レベルに応じた区分けが存在し、レベル1~レベル4に分かれています。
基本情報技術者試験はレベル2に該当し、IT業界では登竜門的試験とされ、技術者の評価の中で一定の水準である事を国が認定する試験になっています。

IT関連会社での就職・転職に役立ちます。

 

日商簿記

持っている事で優遇される資格として有名で、2級、3級共に人気があります。

経理関係では特に就職・転職に有利に働くと言われています

簿記の資格を取得していることで独立・起業を考えている方にも使える資格となります。

また簿記1級を取得していると税理士試験の受験資格を得ることができ、また他の金融系資格を取得する際にも役立ちます。

 

転職に有利な資格としても登録販売者・介護職員初任者・中小企業診断士・日商簿記などの資格を紹介しています。

まとめ

今回は使える資格をご紹介しました。

未経験者でも取得可能な資格や取得に時間がかかる資格など様々な資格がありますが、

ご自身のスキルアップや転職・就職に有利なものを選んでこの機会に資格を取ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)