本当に役に立つ資格とは?就職や転職に有利な資格とは?

資格を取ったけれども役に立っていないという人も以外と多いのではないでしょうか。就職や転職に本当に役に立つ有利な資格とは、どんな資格なのかをご紹介しますので、参考にしてみませんか。

本当に役に立つ資格の特徴

本当に役立つ資格には4つの特徴がありますのでご紹介します。その特徴を知っておくといいでしょう。

就職・転職に有利

本当に役に立つ資格は、就職や転職の際に実際に有利になる資格です。資格を持っている人しか応募できない就職や転職もあります。また、資格を持っていることで優先的に採用してもらえる場合がありますので、そうした資格を取ってみるのがおすすめです。

業界の今後の成長が見込める

また、本当に役に立つ資格とは将来性のある資格です。これからもその資格の価値、需要がある資格と言えます。古くからあって認知度が高い資格、また新しく必要だということで設けられた資格なども今後の需要が高いでしょう。
そして、業界の今後も見ておく必要があり、高齢社会やIT社会となっていますので、介護福祉やIT関係の仕事は今後の成長が見込めるでしょう。

収入UPにつながる

また、役に立つ資格とは、資格を取得していることで収入UPに繋がる資格です。資格手当がもらえたり、資格を持っていることで給与や待遇がいい仕事につくことができたりします。

将来、起業が可能

また、役に立つ資格とは、その資格で将来起業や独立ができる資格です。専門性が高い資格ならば独立、起業ができて稼げるようになります。

役に立つ資格14

ここで、実際に役に立つ資格14選をしてご紹介します。次のような資格を取っておくと役立つでしょう。

弁理士

弁理士の資格は、特許や商標などの知的財産の専門家として、それらの事務手続きを代理で行います。海外進出をしてグローバルで事業展開をする企業も増えてきています。需要が高まっている資格と言えます。

 

中小企業診断士

中小企業の数はとても多く、そのコンサルタントを行う資格として、需要が多い資格です。高収入を得ている場合もあり、資格を取るのもおすすめです。

 

土地家屋調査士

土地の所有者に代わって土地の調査や測量を行い、不動産表記として登記手続きをする仕事です。業務独占資格となるため、就職や転職でも有利で役に立つ資格です。

 

不動産鑑定士

不動産に関する様々な専門知識を持っている資格で、独立することも可能です。不動産に関するコンサルティングも行うなど需要が高くなっています。

 

宅地建物取引士

こちらも不動産売買や賃貸契約の際の重要事項の説明ができる業務独占資格です。独立もできて収入UPし、役に立つ資格と言えます。

 

行政書士

官公庁に提出する書類や権利義務、事実証明に関する書類などを作成する独占業務資格です。こちらも独立することができ、役に立つ資格で、ダブルライセンスでさらに儲けることもできます。

 

社会保険労務士

労働・社会保険関係の専門家として、行政機関に提出する書類や申請書を作成して提出する独占業務資格です。独立して企業を相手に仕事をしていくことができ、収入UPに役に立つ資格です。

士業などの法律系講座に強い「LEC東京リーガルマインド」には早割制度がありますので上記の資格にチャレンジしようと思う方はまずは資料請求や受講相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

ファイナンシャルプランナー

節税や保険、事業継承などお金の専門家としての知識を持つ国家資格です。独立することもできる資格で、保険会社や銀行などにも就職が有利で役に立つ資格です。

 

保育士

保育所は常に足らないような状況で、保育士も貴重がられています。男性の保育士も増えてきているなど、就職に役立つ資格です。

 

看護師

どんな状況下、景気の状態にあっても安定して需要がある資格と言えます。病院以外にも最近では社会福祉施設や保健所などで働く場合もあって、一度取得しておけば役に立つ資格です。

 

介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級に代わって新設され、介護の入門資格となっています。高齢社会では介護系の資格はとても需要が高く就職に有利です。

登録販売者

かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)の販売を行う専門資格です。ドラッグストアやコンビニなどでも様々な薬を販売するようになり、需要が高まっている資格と言えます。

簿記検定

経理の専門家として、就職に有利な資格です。できれば2級以上を取っておくといいでしょう。事務職よりも、資格を取って経理職として就職した方が有利に就職できておすすめです。

 

生涯学習のユーキャンの140以上の講座の中には教育訓練給付金制度が適用されるものがあり、一定の条件を満たすと受講料の20%が割引になります。

 

基本情報技術者

IT業界への入門として人気の国家資格です。多くの企業でIT化が益々進んでいますので、就職に有利になり役に立つ資格です。

 

まとめ

本当に役に立つ資格について見てきました。実際に求人が多く行われている資格は、役に立つ資格と言えます。求人状況からチェックするのもいい方法でしょう。
また、今後も成長をする業界の資格、介護福祉やIT関係の資格も役に立つ資格です。医療関係などの資格も常に変わらず需要があります。
そして、貴重な資格を取得し、収入UPを目指し、独立起業ができる資格を持っておくと将来性もあっておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)