建築業で稼げる仕事とは?建築業で稼げる仕事と平均年収をご紹介

現在好景気といわれる建築業に「興味があるけど未経験からでは稼げないのでは」と考えている転職希望者の方は多いのではないでしょうか。最初に結論として言えば、建築業は未経験からでも稼げる仕事はたくさんあります。そのため、現在建築業への転職を悩んでいる方は、思い切って挑戦してみることをおすすめします。

なぜなら建築業は経験年数に関わりなく、資格を取得すれば大幅なキャリアップが目指せて、未経験からでも高い年収が狙える職種が多いからです。
しかし建築業は職種が多くて年収もそれぞれ違います。そのため建築業で何が稼げる仕事なのか知らないと動き出しにくいですよね。
そこで今回は建築業で稼げる仕事を職種別・現場別に分けてご紹介します。建築業界への就職や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

建設の職種別稼げる仕事と平均年収

 

建築士

建築士とは建物の設計をする職種です。建築士になるためには「建築士」という資格が必要です。資格には「一級建築士」と「二級建築士」がありますが、平均年収は資格の等級によって違いがあるようです。一級建築士の平均年収が643万円、二級建築士が480万円といわれています。職種別の年収ランキングでは129職種中14位と、非常に高い年収となっています。

 

測量士

測量士とは土地の面積や位置、あるいは距離などを測る職業です。他にも測量の図面作成の仕事などがあります。建設工事をする際、必ず測量をしなければならないという決まりがあるため、常にニーズがある仕事です。平均年収は415万円ですが、さらに高額の年収を稼いでいる測量士もいるようです。

 

現場監督

現場監督とは、建設工事の現場において、スケジュール管理や品質安全管理を行う職業です。他にも費用の管理や指示命令を行います。施工管理ともいわれる仕事です。地域に密着した工務店から大手ゼネコンまで幅広い就職先があるのが特徴です。平均年収は435~580万円ですが、大手ゼネコンで1000万円以上稼ぐ現場監督もいます。

 

建築躯体工事職

建設躯体工事職とは、「躯体」と呼ばれる建物の構造を作る職業です。そもそも躯体とは、建物の骨組みとなる部分のことを言います。壁や柱、床、天井など。建設物の基礎を築く大切な仕事です。平均年収は435万円となっています。

 

建設職

建設職とは、建設物の外装や内装の塗装や防水加工の貼り付けなどを行う職業です。主に建設物全体の総仕上げを担当します。平均年収は345万円です。

 

電気工事職

電気工事職とは建物内の電気配線の設計や施工をしたり、各種電気設備の設置を行ったりする職業です。電気工事職になるためには、電気工事士の資格が必要になります。平均年収は430万円です。

 

土木作業員

土木作業員とは、木材や鉄材、石材などを用いた工事を行う職業です。主に家屋や道路、鉄道、河川などの現場で仕事をします。工事現場全体を指揮する「監督責任者」という立場へのキャリアアップの道があり、様々な資格も存在します。平均年収は380万円です。

 

採掘職

採掘職は宝石のもととなる鉱石や石炭、天然ガスなどの地下資源を掘り出す職業です。近年、日本は人件費が高いという理由から就職への道は狭いといわれていますが、求人はあるので興味がある方は挑戦してみることをおすすめします。平均年収は670万円です。

 

営業職

建築関係の営業職には、「自治体・官公庁」向けの営業と、投資用のアパートなどの建築を提案する「民間」向けの営業の2つがあります。いずれも工事の受注・契約を目標にする職業です。年収は企業によって差がありますが、平均年収は700万円程と言われています。

 

建設の現場仕事で稼げる仕事と平均年収

 

クレーン運転工

クレーン運転士とは、工事現場などで資材や荷物の積み下ろしをする職業です。また、現場によっては荷物の移動以外に部品を組み立てる工程を任されることもあります。クレーン運転士になるためには、国家資格の取得が必要です。平均年収は363万円といわれています。

 

電気工

電気工の種類は、「照明・コンセント」「漏電・分電盤」「太陽光発電」「防犯・火災報知」の4つに分けることができます。いずれの現場でも、働くためには危険が伴うため「電気工事士」の資格が必要ですが、資格がなくても行える基礎的な工事も存在します。平均年収は現場の規模や経験によって変わってきますが、400~500万円ほどです。

 

測量技術者

測量技術者が働く現場は主に建設や土木工事の現場になります。一般的な測量には工事現場における柱や壁の仕上げの位置を示す「墨出し」といったものがあります。この作業は特に資格を取得していなくても取り組めます。しかし現場の土地についての距離や面積を図るといった、規模の大きな仕事は、測量士の資格が必要です。平均年収は459万円となっています。

 

配管工

配管工仕事は多岐にわたります。一般家庭の給水や排水や、ビルやマンションの空調も担当します。特に必要な資格はなく働けますが、専門的な知識や経験が要求される仕事と言えます。平均年収は434万円です。

 

建設業で稼げる仕事につくには

 

建設業で稼げる仕事につくためには、やはり資格取得を目指すのが一番でしょう。技術職や現場、営業関係などいずれの仕事につくにしても、資格の有無によって年収に差が出てきます。また、特定の資格を所持していなければ任せてもらえない仕事も存在します。
逆に言えば、未経験からでも資格さえ取得できれば、積極的にキャリアアップが目指していける業界だと言えます。

 

まとめ

 

今回の記事では、建築業で稼げる仕事を職種別・現場別に紹介してきました。建築業といっても、その職種や仕事内容は様々でした。資格によって年収や担当できる仕事に違いがありましたが、学歴や年齢などに左右されずに、資格を取得することでキャリアップを狙っていける魅力ある業界とも言えますね。
また、今回ご紹介した年収はあくまで平均年収です。平均年収の倍以上を稼いでいる職人や技術者が多い業界です。興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)