MUFGカードビジネスの口コミ&評判!審査の通過率や年会費は?

MUFGカードビジネスの口コミ&評判!審査の通過率や年会費は?

ビジネスカードの選び方はさまざま。

年会費の安さやステータス性の高さ、ポイント還元や保険など、選び方を挙げればきりがありません。

なかでもステータス性の高さで人気なのが、三菱東京銀行のグループ会社・三菱UFJニコスが発行する「MUFGカードビジネスカード」です。

今回は、MUFGカードビジネスの良い口コミや評判はもちろん、悪い部分についても包み隠さずにご紹介していきます。

あなたにとって、「MUFGカードビジネスカード」が最適な選択となるのか、しっかりと見極めていきましょう!

では早速、始めていきます。

MUFGカードビジネスの基本情報

MUFGカードビジネスの基本情報

まずは、MUFGカードビジネスの基本的なカード情報をご紹介します。

MUFGカードビジネスには、いわゆる「一般カード」とゴールドカードである「MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス」の2種類があります。

ここから先は、便宜上この2種類の総称を「MUFGカード」、「MUFGカード ビジネス」と「MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス」は、それぞれ「一般カード」と「ゴールドカード」とします。

一般 ゴールド
入会方法 申込
ビジネスカードのみの入会
年会費 初年度 1,250円 10,000円
2年目以降 1,250円 10,000円
追加カード 発行枚数上限 無制限
年会費 1,250円 2,000円
最大利用限度額 80万円 300万円
引落口座 法人
ブランド Master、VISA
最短発行期間 約1週間
ポイント還元率 0.5%
マイル 航空会社 JAL、DELTA航空、UNITED航空
還元率 0.2%
ETCカード 発行枚数上限 無制限
年会費 無料
電子マネー nanaco、Suica、楽天edy

このように、それぞれに特徴があります。

さて、次からはいよいよMUFGカードビジネスの口コミを紹介していきます。

基本情報からは見えない実態もわかりますので、しっかりと目をとおしてみてくださいね!

MUFGカードビジネスの口コミ&評判

MUFGカードビジネスの口コミ&評判

ここからは、MUFGカードビジネスの具体的な口コミ&評判をご紹介します。

MUFGカードビジネスのいい口コミ&評判

まずは、MUFGカードビジネスのいい口コミ&評判をご紹介します。

MasterとVisaの2枚持ちが可能

MUFGカードビジネスで、多くあげられたメリットは、MasterとVisaの国際ブランド両方を持てること。

複数のクレジットカードブランドから選べるカードは多くありますが、複数ブランドのカードを発行できるクレジットカードは多くありません。

しかし、MUFGカードビジネスなら、一般でもゴールドでもMasterとVisaの2枚持ちが可能です。

ただし、MasterとVisaの2枚持ちをすれば、年会費も高くなります。

Master、Visa 一般 ゴールド
どちらか 両方 どちらか 両方
年会費(本カード) 1,250円 1,500円 10,000円 12,000円
年会費(追加カード) 2,000円 4,000円

※この表の「両方」は2枚合計の年会費です。

では続いて、具体的な良い口コミについてみていきましょう。

「他社の法人カードでMasterとVisaのどちらでカードを作るかずっと迷っていました。

そんなときに起業仲間からMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスなら両方持てると聞いたので、即決でMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスを契約。

MasterもVisaもAmexやDiners、JCBに比べたら使えるところが多いことで知られていますが、片方しか使えないところも世界にはあります(個人旅行で一回困りました)。

2枚持ちで世界中どこでも使えるはずなので、海外出張も安心です」

この方のように、MasterとVisaどちらでカードを作るか迷っていた方はもちろん、海外出張が多い方からも高い評価を受けています。

ステータス性が高い

もうひとつメリットとして多くあげられていたのは、ステータス性の高さ。

MUFGカードビジネスの発行元は、三菱UFJ銀行のグループ会社・三菱UFJニコス。

銀行が直に発行するカードではないにせよ、銀行のグループ会社かつ財閥でも最大手といわれる三菱系のカードなので、ステータス性は抜群です。

「MUFGカードビジネスを選んだ決め手は、ステータス性の高さです。

まだカードの年会費に万単位の金額を使えるほど事業が安定していないので一般カードを選びましたが、それでも三菱のブランド力があるので信用は得やすいと思っています。

少なくとも、ゴールドカードではないにせよ少し高級なお店でも臆せずに使えるカードです」

それゆえ、口コミでも信用が得やすいといった声が上がっていました。

年会費が安い

他にあげられていたのは、年会費の安さ。

Master、Visa 一般 ゴールド
どちらか 両方 どちらか 両方
年会費(本カード) 1,250円 1,500円 10,000円 12,000円
年会費(追加カード) 2,000円 4,000円

一般カードであれば、年会費1,250円で所有できるので、法人カードとしてはかなりコストパフォーマンスに優れているといえます。

口コミでも、

「年会費無料の法人カードを使っていましたが、ポイント還元や追加カードの発行制限に不満を感じていました。

ちょうど事業を拡大するタイミングだったので、ゴールドは無理だけど一般カードならなんとか行けそうだと思ってMUFGカードビジネスを選びました。

本カードと合わせて10枚持っても年会費10,000円ちょっとなのでコスパはいいと思います」

との声も。

追加カードとETCカードは枚数無制限

近年では、年会費の安いクレジットカードを選ぶ方も増えています。

しかし、年会費の安いクレジットカードを選ぶ方の多くが、カード選択の失敗理由としてあげているのが、ETCカードや追加カードの発行枚数制限

枚数は多くても50枚ほどに制限されていることが多く、カードの申込をした時点では問題なくても、事業を拡大するにつれて足りなく感じる人も少なくありません。

MUFGカードビジネスなら、一般でもゴールドでも追加カードやETCカードの発行枚数に制限がないので、事業を拡大したあとでもカード不足に悩むことはないといえるでしょう。

なお、ETCカードの発行には手数料1,000円がかかりますが、年会費は無料です。

実際の口コミでは、これが決め手となった方もいるようでした。

「MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスのいいところは、子カードの発行枚数制限がないこと。

多くの社員にビジネス決済用カードを持たせているので、経費管理がとても楽です。

また、ETCカードも枚数の制限がないので、社用車一台ごとにETCカードを搭載できます。

通勤も電車ではなく車で行うようなところに拠点を置いているので、ETCカードが無制限で発行できるのは優先順位が高めでした」

「追加カードの枚数制限がない点が気に入っています。

前に使っていたカードは追加カードが3枚までしか発行できず、追加カードに制限があると理想の使い方ができないと思いました。

しかしMUFGカードビジネスは追加カードの枚数制限がないため、従業員にはひとり一枚カードを持たせるようにしています。

逆に、従業員が減ってもそれに応じて解約すればいいだけなので、特に困ったことはありません」

使えば使うほどポイントが貯まりやすくなる

MUFGカードビジネスには、「グローバルPLUS」というサービスが付帯します。

分かりやすくいえば、使えば使うほどポイント還元率が上がる仕組みです。

一年間の利用額に応じて、翌一年間の還元率が上がります

  • 年間50万円以上の利用で10%アップ
  • 年間100万円以上の利用で20%アップ

といった具合です。

MUFGカードビジネスには、「グローバルPLUS」だけでなく「プレミアムスタープログラム」も対象。

これも前年度の利用額に応じたポイントがもらえる制度です。

年間50万円以上の利用で、前年度に獲得した基本ポイントの10%、100万円以上の利用で20%がもらえます。

「ポイント還元はなくても困りませんが、あればあるほどお得なのでポイントが付きやすいカードを優先して探していました。

グローバルPLUSはもちろん、プレミアムスタープログラムもありがたいです。

飛行機に乗るときは基本的にビジネスクラスなので、出張があればすぐに100万円以上の出費になって20%の適用対象になります」

すぐ公式HPを確認する

MUFGカードビジネスの悪い口コミ&評判

続いて、MUFGカードビジネスの悪い口コミ&評判をご紹介します。

利用限度額が低い

まず一般カードに殺到した意見は、利用限度額の低さ。

カード利用可能額は最大80万円と、法人カードとしてはかなり低いといえるでしょう。

ちなみにゴールドカードの場合は、利用限度額300万円と、ゴールドカードとしては可もなく不可もなくといったところ。

「MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスの審査に落ちたのでMUFGカードビジネスに申請してみたところ、審査に通りました。

銀行系のカードなので一般カードでも恥ずかしくはありませんが、限度額が低いのがデメリットです。

大きなクライアントとの接待や海外出張ではすぐに限度額を超えてしまいます」

利用限度額は全カードの合算

ただでさえ利用限度額が低いMUFGカードビジネスですが、一般もゴールドも利用限度額は発行しているカードの合算です。

そのため、一般カードで10枚のカードを作ったら、単純計算で1枚あたりの限度額は80,000円です。

そのため、「カンタンに限度額に達してしまう」といった声も少なからずありました。

「最初は追加カードをいっぱい作って一人一枚持たせていましたが、合算だと知らなかったのですぐに限度額に達してしまいました。

そのため、部署ごとにカードを持つようにしてうまく調整しています」

一般は保険が一切付帯しない

さらに、一般カードの場合は国内外の旅行保険、ショッピング保険ともに付帯しません

もし出張が多くて保険を重視したければ、ゴールドカードがおすすめです。

ちなみに、各種保険の適用はゴールドカードで支払う必要がある利用付帯なので注意しましょう。

「MUFGカードビジネスは国内・海外旅行保険とショッピング保険が一切付帯しません。

最初はローカル向けの事業しか考えていなかったので、ETCカードを発行できれば十分だと思っていました。

しかし、事業を日本全国に展開するときに国内線の旅行保険が付いていないので不便です。

今のところ保険を使うような事態は起きていませんが、飛行機に乗るときはいつもどきどきしています」

審査通過は黒字決算が必須条件

最後に、審査についてです。

一般カードとゴールドカードで基準がやや異なりますが、基本的に黒字決済が必須です。

一般カードの申込み基準は「黒字決算のある法人また個人事業主」、ゴールドカードの申込み基準は「業歴3年以上かつ、2期連続黒字決済の法人または個人事業主」となっています。

銀行系のクレジットカードという事もあり、起業1年未満では発行できません

ただし、これらの条件はMUFGカードビジネスのホームページでも明記されていること。

つまりクライアントから見ても、MUFGカードビジネスを持っている人の企業は、黒字決算ができている証拠になるので、信用に繋がりやすくなるのです。

「開業直後に申し込もうと思いましたが、決算報告書がないので申請を諦めました。

開業から2年半くらいたったところで申し込んだところ、審査に通りました。

2期連続で黒字決算でした。

あと半年待ったらMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスも申し込めたんですが、3期目は赤字スレスレだったので(結果的には黒字でした)MUFGカードビジネスの一般カードを持っています」

「年会費が安い法人カードでポイントが貯まりやすいカードは多くないので、消去法で選びました。

開業4年で開業以降黒字続きだったので審査には通ると思っていましたが、落ちました。

開業直後に2ヶ月くらい支払いが滞っていたことがあり、完全に自己責任です」

また上の口コミのように、直近で黒字決算が続いていたとしても、過去に滞納があると審査通過がむずかしくなるようです。

現段階から、支払いは滞ることのないよう、細心の注意を払いましょう。

総合的なMUFGカードビジネスの口コミ&評判

総合的なMUFGカードビジネスの評判は、全体的に高めです。

やはりMUFGグループのカードは社会的信用が高く、一般ランクでもステータス性があるとの意見が多くありました。

ただし、社会的信用を得るためには審査も厳しく黒字決算が必要なので、会社設立間もないときや赤字決算のときは審査に通りません。

また、黒字決算や業歴を満たせば必ずカードの審査に通るわけでもありません。

他のカードをすでに使っている方であれば、クレジットカードの利用履歴(クレヒス)に問題ないことは必須といえます。

銀行系のグループなので、特に支払いの滞納は少額でも大きなマイナスポイントになると考えましょう。

コスパ重視なら「MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス」がおすすめ

VisaとMasterの2枚持ちが可能で、追加カードやETCカードを無制限に発行できるなど、年会費以上にお得なサービスが人気。

一般カードだと限度額の少なさや保険などの特典が少ないとの不満も聞かれましたが、ゴールドカードではそうした不満は多くありませんでした。

そのため、審査基準を満たしていてコストパフォーマンスを重視したければ、年会費が高くてもゴールドカードがおすすめでしょう。

 ゴールドカード公式HPで見る 

  一般カードを公式HPで見る  

MUFGカードビジネスの特典まとめ

MUFGカードビジネスの特典まとめ

さて、最後にMUFGカードビジネスの特典について、ここではまとめておきます。

これまで紹介してきた内容も含めて一覧としていますので、頭の中を整理する意味でもお役立てください。

では早速、「一般カード」から付与される特典についてみていきましょう。

「一般カード」の特典一覧

まずは、MUFGカードビジネスの「一般カード」の特典から見ていきましょう。

「一般カード」の特典一覧(一部)
  • 航空券予約サービス(JAL・ANA)
  • MUFGカード タクシーチケット
  • グローバルポイント
  • Visaビジネスオファー(Visa選択時)
  • Visaビジネスグルメオファー(Visa選択時)
  • MasterCardビジネスオファー(MasterCard選択時)
  • ETCカード
  • MUFGカードサービス
  • チケット優待割引サービス
  • ゴルフ場予約代行サービス(全国900カ所)
  • インターネット金融商品仲介サービス
  • 無料保険相談サービス
  • 三菱UFJニコスギフトカード
  • 海外アシスタンスサービス ハローデスク

 

付帯保険について

なし

一覧を見ると分かるとおり、「一般カード」はビジネスに役立つ特典が充実しています。

中でも、「タクシーチケット」は出張の際に便利ですし、大切なお客様の送迎の際にも利用することができます。

また先ほども述べましたが、付帯保険が付いていないところはデメリットにはなります。

しかしそれ以外にもサービスは充実しているため、出張などをあまりしないのであれば、充分なサービス量ではないでしょうか?

他にもグローバルポイント(ポイントプログラム)では、貯まったポイントを自動でキャッシュバックしてくれるサービスもあります。

ゴールドカードと比べると、付帯保険が付かなかったり、空港ラウンジの利用ができないため、

保険は自分で手配する
ラウンジの利用はしないからいい

という方は、一般カードで充分といえるでしょう。

「ゴールドカード」の特典一覧

続いて、MUFGカードビジネスの「ゴールドカード」の特典についても見ていきましょう。

「ゴールドカード」の特典一覧(一部)
  • 空港ラウンジサービス
  • 24時間健康・介護相談サービス
  • 航空券予約サービス(JAL・ANA)
  • MUFGカード タクシーチケット
  • グローバルポイント
  • Visaビジネスオファー(Visa選択時)
  • Visaビジネスグルメオファー(Visa選択時)
  • MasterCardビジネスオファー(MasterCard選択時)
  • ETCカード
  • MUFGカードサービス
  • チケット優待割引サービス
  • ゴルフ場予約代行サービス(全国900カ所)
  • インターネット金融商品仲介サービス
  • 無料保険相談サービス
  • 三菱UFJニコスギフトカード
  • 海外アシスタンスサービス ハローデスク

 

付帯保険について

  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピング保険:年間300万円まで

MUFGカードビジネスの「一般カード」とは異なり、空港ラウンジや付帯保険についても、ゴールドカードなら利用ができます。

とくに海外旅行傷害保険は、携行品などの盗難被害も補償してくれ、宿泊施設の設備を破損してしまった場合の賠償責任までも補償してくれるという優れもの。

これだけ広く対応してくれるとあれば、出張先でも安心できるのではないでしょうか。

また空港ラウンジサービスについては、国内主要空港はもちろん、海外ではホノルルの「ダニエル・K・イノウエ国際空港」のラウンジを無料で利用することができます。

これらを見ても、ゴールドカードを所有することは、事業者として得策といえるでしょう。

MUFGカードビジネスのコスパはかなり優秀

今回は、MUFGカードビジネスの口コミや評判をご紹介しました。

審査基準はやさしくありませんが、審査に通れば一般カードでも社会的信用を証明するには十分なカードです。

カードが持つ社会的信用に比べると、年会費はゴールドでも10,000円と安く、サービス内容を考えてもコストパフォーマンスが高い法人クレジットカードといえるでしょう。

また特典についても、想像以上に充実しています。

ここでは、一部しか紹介できませんでしたが、それだけでも十分なサービスが伺えたのではないでしょうか?

その他の特典についても気になる方は、公式HPで確認してみるといいでしょう。

MUFGカードビジネスで、お得なサービスを積極的に活用し、たしかな信用性も獲得してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)