絶対におすすめのネット印刷会社12社を徹底比較!選び方もご紹介

絶対におすすめのネット印刷会社12社を徹底比較!選び方もご紹介

チラシやポスターなどの印刷にかかるコストは、ネット印刷を利用することで大きく削減ができます。

しかし、実際の店舗を構える印刷会社より、品質やサポート体制に不安が残るのも、また事実でしょう。

そこでこの記事では、その点も踏まえ、以下のような疑問を解消していきます。

  • ネット印刷のメリットやデメリットはなに?
  • 何を見てネット印刷は選ぶといい?
  • 安心できる印刷会社はどこ?
  • 費用をさらに節約する方法はある?

ここでは、おすすめのネット印刷会社を12社ピックアップして、比較しながらご紹介していきます。

これを機に、ネット印刷を賢く活用して、コストのスリム化を目指していきましょう!では、早速始めていきます。

そもそもネット印刷とは

ネット印刷とは、印刷物のデータをインターネット完結で、指定した大きさや枚数で印刷し配送してくれるサービスです。

一般的な印刷会社よりも安く、印刷コストが抑えられることから、利用する会社が増えています。

ただし、これから紹介するように、ネット印刷にはメリットもあればデメリットもあります。

双方を天秤にかけ、事業の状況とマッチしているのかを判断した上で、ネット印刷は活用するようにしていきましょう。

まずは、ネット印刷のメリットから見ていきます。

ネット印刷を利用するメリット

ネット印刷を利用するメリット

ネット印刷を利用する主なメリットとしては、以下の5点が挙げられます。

  1. 印刷価格が安い
  2. 24時間いつでも発注が可能
  3. 納期が短い
  4. すぐに見積もりが出せる
  5. 担当者とのやり取りが不要

次から、1つずつ詳しく解説していきます。

1.印刷価格が安い

ネット印刷の印刷価格は非常に安く、ネット印刷に切り替えただけで印刷コストを半分以下にできます。

品質に差が出ることもありますが、確実に経費削減になります。

また、少ない部数でも安いので、印刷しやすくなるのも大きなメリットです

2.24時間いつでも発注が可能

ネット印刷は、サイトから24時間いつでも発注ができます。

デザインの完成が夜遅くになっても、完成時点ですぐに入稿が可能です。

一般的には、営業マンに印刷物のデータを渡して確認してもらう手間があります。

実際に発注処理が完了するのは、翌日になることもありますが、いつでも発注ができるのは非常に便利です。

3.納期が短い

ネット印刷会社の多くは、作業効率の高い最新式の印刷機を使用しています。

そのため、納期が非常に早いのです。部数と発注した時間にもよりますが、当日中に出荷してくれる会社もあります。

ただし、納期を短く設定すると価格が高くなってしまいます。

急ぎではない場合は、出荷日を調整しましょう。

4.すぐに見積もりが出せる

ネット印刷は、サイト上に価格表があり、発注画面ですぐに印刷価格や送料などを確認できます。

営業マンを通す場合では、見積もりだけで数日待たされることも案外多いものです。

ネット印刷なら、複数のサイトで見積もりを出して、比較することも簡単にできてしまいます。

5.担当者とのやり取りが不要

ネット印刷では、担当者とのやり取りが不要です。

全てネット上で完結するため、印刷会社の都合に合わせるといったことは必要ありません。

営業マンとのやり取りにかかる時間がなくなり、営業活動を受ける心配もなくなります。

コミュニケーションを取るのが面倒な人や時間をかけたくない人には、大きなメリットでしょう。

ネット印刷を利用するデメリット

ネット印刷を利用するデメリット

ネット印刷を利用する主なデメリットとしては、以下の5点が挙げられます。

  1. アドバイスなどのサポートがない
  2. 入力ミスがそのまま印刷されてしまう
  3. 注文作業に手間がかかることがある
  4. 印刷の品質にバラバラ
  5. サポート体制が不十分

メリットは多いですが、こうしたデメリットも確認した上で利用を検討しましょう。

1.アドバイスなどのサポートがない

ネット印刷会社は、受け取ったデータを印刷して発送するのが業務であり、印刷の目的に合わせたアドバイスなどはしません。

たとえば、ポスティング用に使うチラシの紙は光沢紙とマット紙のどちらが最適なのか、などの疑問には対応してくれません。

一般的な印刷会社であれば、経験豊富な営業マンに聞けば、すぐに解決します。

紙質や厚み、ポスティングの配布方法などは全て自分で解決する必要があります。

印刷に関する知識をある程度、身に付けておかなくてはいけません。

2.入力ミスがそのまま印刷されてしまう

ネット印刷会社では、印刷物のチェックをしてくれる担当者はいません。

入力ミスをした場合は、そのまま印刷されてしまいます。当然ですが、入念にチェックしてから入稿しましょう。

また、発注数量も同様です。

万が一、1桁間違えた数量を入力して、そのまま発注すると大量に印刷物が届くことになります。

発注数量と価格などは、時間をかけて十分に確認してから発注しましょう。

3.注文作業に手間がかかることがある

注文作業は、慣れていれば難しくはありません。

しかし、初めての場合は会員登録やデータの入力などで手間がかかります。

特に、これまで電話や対面で話して注文していた人にとっては、こうした事務的な内容は面倒な作業になるでしょう。

4.印刷の品質にバラバラ

ネット印刷は、会社によって品質がバラバラです。

事前に確認できるサンプルを用意している会社もあるので、まずはそのサンプルを利用して品質を確認しておきましょう。

また、ネット印刷会社の中には、複数の印刷会社と提携していることがあります。

印刷会社が異なれば、当然使用する印刷機やインクも異なるでしょう。

そのため、発注の時期や部数によって品質に差が生じる場合があることも、別途理解しておく必要があります。

5.サポート体制が不十分

ネット印刷では、たとえ部数が多くても、注文確認や注文確定のメールが自動で返って来るだけです。

前述した、入力ミスの確認やアドバイスなどはありません。

失敗できない重要な印刷物や部数が多い場合は、ネット印刷を利用しない会社も多いです。

ネット印刷会社の選び方

ネット印刷会社の選び方

ここからネット印刷会社の選び方を解説していきます。

ネット印刷会社を選ぶ際にチェックしておきたいのは、以下に挙げる5つです。

POINT
  1. 価格はいくらか
  2. 印刷の品質はどの程度か
  3. 納期は早いのか
  4. サポート体制がしっかりしているか
  5. オプションサービスがあるかどうか

それでは1つずつ解説していきましょう。

1.価格はいくらか

ネット印刷会社を選ぶ際に最初に確認しておきたいのが印刷価格です。

特に部数が多い場合や、何度もリピートして利用するなら、少しでも安いほうがいいでしょう。

価格を比較する際は、送料や消費税、オプション料金なども合わせて比較しましょう。

実際に利用するときに、

オプション料金が高くてなってしまった・・・

などということがないように、注意する必要があります。

2.印刷の品質はどの程度か

印刷の品質には、ネット印刷会社によって、かなりバラつきがあります。

実際に届いてからでは遅いため、事前に複数の会社からサンプルを送ってもらいましょう

注意

ただし、ネット印刷会社は複数の印刷会社と提携していることもあり、かならずサンプル通りに印刷されるとは限りません。

3.納期は早いのか

かならず納期がどの程度かは、確認しておきましょう。

基本的にネット印刷では、最短で当日出荷から1週間後まで、納期を自由に設定できます。

何時までに注文すれば、当日での出荷になるのか」は、急ぎの印刷の場合では特に重要なので、しっかりと確認しておく必要があります。

また、納期の設定によって料金も変わるため、納期と合わせて、料金がどれくらい変わるのか」も確認しておきましょう。

4.サポート体制がしっかりしているか

全てネット上でやり取りが完結するのがメリットですが、その分サポート体制が整っていないことがあります。

入稿したデータの文字化けや写真の位置ズレなどが、しっかりとチェックされていると安心です。

また、電話対応やメール対応などの対応の種類や時間についても合わせてチェックしておくといいでしょう。

実際に電話やメールをして問い合わせたり、ネット上で口コミを確認すると、サポート体制が確認できます。

5.オプションサービスがあるかどうか

ネット印刷では、さまざまなオプションサービスが用意されています。

特殊な印刷などを考えている場合は、どんなオプションが用意されているか確認してみましょう。

たとえば、連番の印刷や特殊なホログラム加工など、必要に応じて注文できると印刷の幅が広がります。

オプションにかかる料金も比較しておくといいでしょう。

おすすめのネット印刷会社12社を比較

ここからおすすめのネット印刷会社12社を比較していきます。

料金やサービス内容などを解説していくので、参考にしてください。

1.バンフーオンラインショップ

バンフーオンラインショップ

バンフーオンラインショップは、東京と大阪に実店舗を展開している印刷会社です。

店舗のあるネット印刷会社ということもあり、扱っている商品やオプションが非常に充実しています。

販売促進用のうちわやカイロ、珍しいものでは「プリントせんべい」なども扱っています。

ネット印刷では、扱っていない商品が多いですが、バンフーオンラインショップではそういった心配はありません。

また、実店舗まで行けば、実際にサンプルなどを手に取り、担当者と相談することも可能です。

ネット印刷のメリットと実店舗のメリットの両方を併せ持った信頼できる印刷会社です。

 公式サイトを見る 

2.アドプリント

アドプリント

アドプリントは、選べる用紙の種類が多く、品質も高いのが特徴です。

特に高級な用紙は数が多く揃えてあるため、特別なパンフレットの作成などに向いています。

非常に種類が豊富なので、無料のサンプルを取り寄せるといいでしょう。

注文した際のデータを1年間保存してくれるのも大きな特徴です。

サイトにログインすれば、すぐに再注文できます。

チラシが無くなりそうな場合など、入稿データを探さなくてもいいため便利なサービスです。

入校後のデータチェックも早く、しっかり1つ1つのデータをチェックしてくれます。

何かデータにミスがあった場合は、すぐに連絡してくれます。

 公式サイトを見る 

3.東京カラー印刷

東京カラー印刷

東京カラー印刷は、明治30年創業と100年以上の歴史がある印刷会社です。

ネット印刷にも力を入れており、料金設定は他社と比べると安く設定されています。

安い価格だとクオリティが心配になりますが、東京カラー印刷は一定のクオリティがあります。

クオリティを保ちつつ、コストも抑えたい場合に最適といえるでしょう。

また、印刷から受け取りまでのスピードにも定評があります。

特急3時間仕上」なら東京23区限定で入稿から3時間で印刷し、当日中に届けられます。

首都圏翌日お届け便」なら、以下の地域に限り、翌日に受け取れます。

翌日受け取り可能地域
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 群馬
  • 栃木
  • 茨城
  • 山梨

安さとクオリティの高さ、印刷の早さ、どれもレベルが高く信頼して任せられる会社です。

 公式サイトを見る 

4.ビスタプリント

ビスタプリント

ビスタプリントは、チラシやポスター、名刺、Tシャツなどの印刷ができるネット印刷会社です。

サイト上に用意されているテンプレートが豊富なため、

デザインを作る手間を省きたい!
デザインが自分では作れない・・・

といった際には最適でしょう。

サイトのレイアウトは使いやすく、ネットでの注文に慣れていない人でも簡単に利用できます。

また、用紙や印刷の品質に関しても評判が良く、リピーターも多いです。

 公式サイトを見る 

5.プリントネット

プリントネット

プリントネットは、チラシやポスターの他にもカレンダー、トートバッグ、のぼりなどの作成も行っているネット印刷会社です。

品質は高く、何度注文しても安定していると評価されています。

注文から発送までのスピードが早く、「当日発送サービス」を利用すれば、午前11時までに注文完了で当日中に発送されます。

データチェックは入金の有無に関わらず行われるため、銀行振込を選択してもスムーズに取引が進みます。

料金は平均的ですが、安定した品質と当日発送サービスなどの発送の早さで選ぶならおすすめです。

 公式サイトを見る 

6.プリントパック

プリントパック

プリントパックは、大手のネット印刷会社で価格が安いのが特徴です。

特に利用頻度の高いチラシや名刺、はがきなどは業界トップクラスの安さを誇ります。

さらに、割引や返品保証などの期間限定キャンペーンを頻繁に開催しているため、定期的に確認してみるといいでしょう。

また、入稿できるデータの種類が豊富にあり、PDFファイルにも対応しています。

オフィスファイルからの変換も受け付けているので、専門的なソフトを持っていなくても注文できます。

定期的に価格を見直し、最安値に挑戦しているので、とにかく価格を抑えたい場合におすすめです。

 公式サイトを見る 

7.グラフィック

グラフィック

グラフィックは、品質が高くデザイナーからの信頼が厚く、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでは、1位を獲得しています。

印刷の安定感が高いことでも評価されており、何度注文しても毎回同じ品質に仕上げてくれるのが特徴です。。

入稿の方法も豊富で、使いやすいPDFやサイト上だけでデザインできる「WEBデザインツール」も用意されています。

また、用紙の種類は、他のネット印刷会社よりも充実しています。

用紙までこだわりたいデザイナーや同人誌の印刷などに最適です。

 公式サイトを見る 

8.パプリ

パプリ

パプリは、オフィス用品通販で有名な「アスクル」が運営するネット印刷会社です。

サイトの使いやすさには定評があり、PDFファイルでの入稿にも対応しています。

パプリが運営している無料のデザインテンプレートサイト「パワポン」を利用すれば、1500以上のテンプレートが使用できます。

発送までが早く、午後3時までに注文すれば、最短で翌日に届きます。

テンプレートを使用すれば簡単にチラシやポスターなどが作成できるので、デザインに時間をかけたくないならパプリがおすすめです。

 公式サイトを見る 

9.ラクスル

ラクスル

ラクスルは、自社では印刷せずに全て提携している印刷会社に、印刷業務を委託しています。

スケジュールに余裕のある印刷会社に委託することで、安い料金になっています。

また、頻繁に割引やクーポン配布などのキャンペーンを実施しているのも特徴です。

サイト上でデザインできる、「オンラインデザイン」を利用すれば、テンプレートを使用して簡単にデザインが作れます。

サイトのレイアウトも見やすく使いやすいので、ネット注文に慣れていない人にもおすすめのネット印刷会社といえるでしょう。

 公式サイトを見る 

10.印刷通販JBF

印刷通販JBF

印刷通販JBFは、大量受注と原材料の大量仕入れをしているため、料金が安いのが特徴です。

特にA4のチラシに関しては、業界でもトップレベルの安さに設定されています。

品質も自社工場で印刷しており、きちんと管理されているので、毎回同じ品質で安定しています。

また、丁寧な電話・メール対応にも定評があり、サイト上ではチャットでの問い合わせも行っています。

ネット印刷の利用に不安がある人は、サポート体制が充実しているのでおすすめです。

 公式サイトを見る 

11.ファインワークス

ファインワークス

ファインワークスは、使いやすいサービスが充実しています。

入稿データはPDFに対応し、さらにワードなどのオフィスファイルからの変換は無料となっています。

また、簡単なデータ修正をしてくれる「データ修正サービス」も行っています。

サイズ変更や塗り足しの作成などの簡単な修正ですが、利用することで再入稿による納期の遅れがなくなります。

品質が高く、価格もそれなりに安く設定されています。

午前9時から深夜2時までの電話対応も行っており、初めてのネット印刷で利用に不安がある人におすすめです。

 公式サイトを見る 

12.プリントプロ

プリントプロ

プリントプロは、プリントネットのプロ版で入稿データなどが限定され、データチェックも簡略化されています。その分価格が安いのが特徴です。

利用する際は、入念にデータを確認する必要がありますが、ネット印刷に慣れていれば、通常のネット印刷会社と使い方は変わりません。

データチェックが簡略化されているといっても、高い精度で自動チェックしているため、大きなミスは防げるでしょう。

初めてネット印刷を利用する人には向きませんが、ネット印刷の利用に慣れていて、安くて品質の高い印刷を求めるならおすすめです。

 公式サイトを見る 

ネット印刷の費用を節約するコツ

ネット印刷の費用を節約するコツ

ある程度ネット印刷会社の候補は絞れたでしょうか。

ここでは、これから印刷発注を検討している方へ向けて、費用を少しでも抑えるコツについてまとめておきます。

紹介しているコツの中には、印刷発注をスムーズに行うようにするものも含まれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

費用を節約するコツは、4つとなります。では順にみていきましょう。

1.印刷物の納期にゆとりを持つ

すでに少し紹介していますが、印刷物を発注する際は、納期にゆとりを持つことで、費用を節約することができます。

ここで疑問となるのが、どの程度ゆとりを持つといいのか、という点ではないでしょうか。

印刷費用で最安値を狙っていくのであれば、納品物が必要となる日の1週間~2週間前には、発注がかけられる状態にするのがポイントです。

たとえば、ラクスルでA4サイズのチラシを100部発注する場合、

  • 当日出荷:2,850円
  • 5営業日後の出荷:1,700円

と、納期までの期間によって1,000円以上もの開きが出ます。

本当に緊急の時は仕方ないですが、そうでないのなら、納期には十分に余裕を持ち発注するようにしましょう。

部数が増えるほど、金額の差は大きくなっていきます。

2.依頼内容を明確にしておく

印刷代金の内訳では、以下の3つの代金が存在します。

  1. デザイン代
  2. データーの修正代
  3. 印刷代

もし極力費用を抑えたいというのであれば、「3」だけの代金になるように、あらかじめ準備しておく必要があるでしょう。

「1」と「2」のステップが省かれるだけで、かなりのコストダウンが図れます。

またどうしても、デザインなどを自身で行うのがむずかしいのであれば、すべてが含まれた「コミコミプラン」がある印刷会社を選択するといいでしょう。

その方が、印刷代金が安く収まる傾向にありますので、調べてみてもいいでしょう。

3.入稿するデータはしっかりと確認する

先ほど紹介した印刷代金の中には、「データーの修正代」というのもありました。

これは、修正サポートがある印刷会社に限られますが、入稿データーに誤りあることで余計にコストがかかってしまうことがあります。

そのためデータを入稿する際は、その内容に不備がないかを確認することはもちろん、データ形式についてもしっかりと確認するようにしてください。

4.発注量を多めにする

これは印刷に限った話ではありませんが、発注する際はその数が多ければ多いほど、1つあたりにかかるコストが下がっていくものです。

そのため、長期に渡って使える資料の印刷をするのであれば、先の分もまとめて発注してしまった方がいいでしょう。

そうすることで、トータルコストもグッと抑えることができます。

ネット印刷を上手く使ってコストを削減しよう

ネット印刷は、一般的な印刷会社を利用するよりも格段に料金が安く、印刷コストを削減できます。

しかし印刷の「品質」や「サポート体制」は、利用する会社によってバラつきが大きいため、その点には注意が必要でしょう。

また料金についても、少しの工夫をすることで、さらなるコストダウンも図れます。

それを長期間に渡って継続していけば、大きなコストダウンにもなるのです。

少々面倒なこともありますが、ネット印刷に慣れて、上手に活用していくようにしましょう。

小さな工夫を積み重ねて、ぜひ事業のさらなる飛躍を目指していってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)