法人向けのおすすめレンタルサーバー10選!選び方も徹底解説

法人向けのおすすめレンタルサーバー10選!選び方も徹底解説

会社の顔にもなるサイトやネットショップを作成するうえで欠かせないのが、レンタルサーバーです。

この記事では、法人としてレンタルサーバーを利用する場合の、選び方や注意しておきたいポイントを詳しく解説していきます。

そして、数多くあるレンタルサーバーから厳選した、おすすめ10選についても比較表を交えながら紹介していきます。

レンタルサーバーを契約する際は、ぜひ参考にしてください。

法人向けと個人向けレンタルサーバーの違い

レンタルサーバーには、法人向けと個人向けの2種類があります。

どちらも同じレンタルサーバーであることには変わりありませんが、価格や機能が異なります。

大きく違うのが、セキュリティの高さです。

法人は顧客のデータや従業員のデータなど、データの重要性は個人向けサイトなどよりも高く、万が一流失すると大きな損害になります。

そのため、法人向けは個人向けよりもセキュリティの質が高く、機能面も充実しています。

そして、利用料金は上記のような違いがあることで、法人向けは個人向けよりも高く設定されています。

基本的には法人向けのほうがスペックは高いですが、規模が小さければ個人向けでも十分に対応可能です。

コスト削減の意味でも、個人向けも候補の1つに入れておくといいでしょう。

法人向けレンタルサーバーの選び方

法人向けレンタルサーバーの選び方

法人向けレンタルサーバーを選ぶポイントは、

  1. 利用目的
  2. レンタル費用
  3. レンタルサーバーの種類
  4. サーバーの安定性・速度
  5. セキュリティ
  6. 自動バックアップ機能
  7. 管理会社のサポート体制

の7点です。

では次から詳しく解説していきます。

選び方1:利用目的

レンタルサーバーは、利用目的によって最適な容量や転送量などが異なります。

会社のサイトを作成するための利用が多いですが、ショッピングサイトや動画コンテンツサイトなどを作る場合もあるでしょう。

会社の紹介やアクセス、採用情報などを掲載するだけなら、大きな容量や転送量は必要ありません。

しかし、ショッピングサイトは一時的にアクセスが増えることも予想できますし、動画コンテンツは必要な容量が多くなります。

いきなりサーバーを選ぶのではなく、どんな利用目的なのか明確にしておくとサーバー選びがスムーズになります。

選び方2:レンタル費用

容量やセキュリティも大事ですが、レンタルの利用料金も大切です。

サーバーの種類や容量が決まったら、できるだけ多くのレンタルサーバーを比較してみましょう。

もちろん、セキュリティのレベルやサポート体制によっても料金は変わります。

契約後は気軽に変更はできないため、慎重に検討しましょう。

とにかくレンタル費用を抑えるなら、個人向けのサーバーをおすすめします。

個人向けでも決してサービスが劣っているわけではありません。

セキュリティや機能が充実している個人向けのサーバーも多くあります。

選び方3:レンタルサーバーの種類

サーバーの種類は、大きく分けて2つあります。

「共用サーバー」と「専用サーバー」の2つです。次から2つのサーバーについて詳しく解説していきます。

共用サーバー

共用サーバーは、1つのサーバーを複数のユーザーが利用します。そのため、利用料金が安いのが特徴です。

また、レンタルをした段階で、すでに利用環境が整っています。

社内にサーバーを管理できる知識や経験のある従業員がいなくても利用できます。

管理やメンテナンスも管理会社がしてくれるため手間もかかりません。

デメリットとしては、1つのサーバーを複数人で利用するので、同じサーバーを利用しているユーザーの利用状況によっては、サイトが重くなる場合があります。

すぐに使えてメンテナンスも不要ですが、自由に設定変更やソフトウェアのインストールができないため、自由度は低いです。

会社のサイトやメールなど用途を限定すれば、共用サーバーでも問題ないでしょう。

専用サーバー

専用サーバーは、1つのサーバーを独占して利用できます。

共用サーバーよりも安定性やセキュリティが高く、アクセス数が多かったり、負荷がかかりやすいサイトの運用に向いています。

自由にソフトウェアをインストールしたり、設定の変更もできます。

共用サーバーと比べると自由度の高い運用ができます。

ただし、自由に1つのサーバーを利用できる分、利用料金は共用サーバーよりも高く設定されています。

また、サーバーの管理やメンテナンスも全て行わなくてはいけません。

そのため、サーバーの管理ができる知識や経験を持った管理者が必要です。

管理者がいない場合は、管理者を雇うか、管理を外部の管理会社に委託する必要があります。

数百人規模の従業員や顧客のデータを扱うのであれば、専用サーバーを検討しましょう。

選び方4:サーバーの安定性・速度

サーバーは、常に安定して使えることとページの表示速度が早いことが大切です。

とくにネットショップなどの運営を考えているのであれば、安定性と速度は必ず複数のサービスを比較してみましょう。

簡単に安定性がチェックできるのが、各サーバー会社が公表している稼働率です。

POINT

「稼働率99.9%以上」などと記載されています。

この数字が高ければ高いほど、サーバーが止まっている時間が少なかったということになります。

また、公式サイト上には、サーバーの障害情報が掲載されています。

どんなトラブルがどの程度の頻度で発生しているか確認しておきましょう。

あまりに頻繁に発生しているということは、安定性はあまり高くないといえます。

速度に関しては、サーバーの仕様表に「回線速度」の項目があります。

1Gbps以上を目安に選ぶといいでしょう。

選び方5:セキュリティ

会社のサイトは個人のサイトよりも重要な情報を管理しているため、攻撃の対象になりやすいです。

まずは、SSL証明書をチェックしましょう。

SSL証明書とは

これは、サーバーとサイトを閲覧しているユーザー間において、やり取りするデータを暗号化する機能です。

SSL証明書には、

  1. 「ドメイン認証」
  2. 「企業認証」
  3. 「EV認証」

の3種類があります。

ドメイン認証は、安価で利用可能となっており、ほとんどのサイトで利用されています。

ネットショップなどの個人情報を入力するようなサイトでは、さらに高機能で信頼性も高い企業認証やEV認証を利用しましょう。

ただし、利用には年間数万円かかります。

その他にも、不正侵入を検知や防止に役立つ「IDS・IPS」やWEBアプリケーションをターゲットにした攻撃を阻止する「WAF」もあります。

サイトの不正な改ざんを検知する機能などもあるので、さらにセキュリティを強化したい場合は、利用しましょう。

注意

ただし、セキュリティ機能が有料オプションになることもあるので、料金には注意が必要です。

選び方6:自動バックアップ機能

サーバーに管理されているデータは、操作ミスやサーバーのトラブルで、消えてしまう可能性があります。

そのときに役立つのが、サーバーのデータを定期的に自動でバックアップを取ってくれる機能です。

この機能があれば、何らかのトラブルで万が一サーバー内のデータが消えても、復旧ができます。

レンタルサーバーによって、バックアップの頻度や保存期間が異なります。

有料のオプションに設定されていることが多いため、料金も確認しておきましょう。

選び方7:管理会社のサポート体制

レンタルサーバーは、気を付けていてもサーバーが落ちてしまうなどのトラブルは起きてしまいます。

トラブルが起きないようにすることも大切ですが、起きたあとに迅速に対応するのも大切です。

そのために、サポート体制を確認しておく必要があります。

電話やメールでの対応は、受付時間や返信までの時間が重要になります。

24時間以内に返信」などと明記されているレンタルサーバーを選ぶと、迅速な対応が期待できます。

また、サーバーが24時間365日の有人で監視されているとサポートが早く安心です。

法人向けレンタルサーバーの容量はどう選べばいいのか

法人向けレンタルサーバーの容量はどう選べばいいのか

法人向けレンタルサーバーでとくに注目したいのが、「どの程度の容量を選ぶのが適切なのか」という点でしょう。

この容量が大きいほど、値段も高くなることが一般的なため、適切に選んでいきたいものです。

ではまず、サーバーの容量が不足してしまうと、「一体どういったことになるのか」、その点から解説していきます。

容量が足りなくなると?

もし仮に、利用しているサーバーの容量が足りない状態になると、新たにデーターをアップロードすることができないくなります。

たとえば自身がメディアサイトなどを運営していた場合、それらの新規投稿はおろか、内容によっては更新すらもままならなくなるでしょう。

さらに問題なのは、サイト機能であるプログラムが、容量が足りないために正常な動作を行えず、エラーを引き起こす可能性があることです。

この場合では、ユーザーの利便性がかなり失われることにも繋がるため、事前に容量が足りない状況を回避できるような、事前対策をしておくことが賢明となります。

事前対策の例
  • アップする画像は圧縮してサイズを小さくしておく
  • 動画掲載はYouTubeなどのサービスと連携する

容量を選ぶ際の目安は?

さて、いよいよ本題の選ぶべき容量の目安ですが、そこまで大きくない自社サイトやブログ、メディアサイトでは、実はそこまでシビアになることもないかもしれません。

というのも、近年のレンタルサーバーでは、容量も比較的大きくなっており、100GBを超えるサービスが多くあります。

たいして容量の目安は、特別なことをしないのであれば5~10GBほどあれば事足りてしまうため、大きな影響がないのです。

ただし、大量の動画なども扱うような大規模WEBアプリでサーバーを利用する予定であったり、多数のサービスを同サーバー内で持つのであれば、数百GBはある方が動作的な面でも安心といえるでしょう。

法人向けレンタルサーバーおすすめ10社の比較一覧

法人向けレンタルサーバーおすすめ10社の比較一覧

選び方がわかったところで、ここでは法人向けレンタルサーバーの中で、厳選した10社を比較表にして料金をまとめておきます。

またそれぞれの特徴については、次項で紹介しておきますので、そちらも併せてご活用ください。

初期費用 月額料金 容量
1:WebARENA SuiteX 0円〜 1,361円〜 300GB〜
2:エックスサーバービジネス 15,000円 3,420円〜 200GB〜
3:シックスコア 6,000円 1,800円〜 50GB〜
4:CPIレンタルサーバー 0円〜 3,800円〜 無制限
5:ConoHa WING 0円〜 1,200円〜 200GB〜
6:さくらのレンタルサーバ ビジネスプラン 5,142円 2,571円 300GB〜
7:GMOクラウド iCLUSTA+ 5,000円 934円〜 200GB〜
8:ロリポップ エンタープライズ 3,000円  2,000円〜 400GB〜
9:カゴヤ・ジャパン 共用サーバー 0円〜  864円〜 100GB~
10:ファーストサーバー Zenlogic 0円〜 890円〜 100GB~

法人向けレンタルサーバーのおすすめ10選

ここから法人向けレンタルサーバーのおすすめをご紹介していきます。

レンタルサーバーは非常に数が多く、全てを比較していくのは大変です。

ぜひ今回のおすすめを参考にしてください。

1:WebARENA SuiteX

WebARENA SuiteX

初期費用 0円〜
月額料金 1,361円〜
容量 300GB〜

WebARENA SuiteXは、料金が安く、不正侵入の防止やWEB改ざん検知サービスなど、セキュリティも高いのが特徴です。

監視は24時間365日有人で行っており、トラブルにもしっかり対応してくれます。

個人向けとしても利用されますが、NTTが運営しているサービスなので、信頼性も高く、安心して利用できます。

2:エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネス

初期費用 15,000円
月額料金 3,420円〜
容量 200GB〜

エックスサーバービジネスは、ビジネス向けに作られているため、高速で安定しているのが特徴です。

自動バックアップやWAFなどの機能が標準装備されているので、オプション料金が必要ありません。

高速で安定しており、さらに高機能なので、多くの会社からの利用がある人気のレンタルサーバーです。

もう少し料金も安く抑えたい場合は、月額900円から利用できる個人向けプランをおすすめします。

3:シックスコア

シックスコア

初期費用 6,000円
月額料金 1,800円〜
容量 50GB〜

シックスコアは、運営がエックスサーバーと同じで、性能は「エックスサーバービジネス」とほぼ同じです。

ただ、価格を抑えている分、容量やマルチドメインの数などに制限があります。

個人向けよりもサポートが非常に充実しており、サーバーの運用に不安がある会社でも安心して利用できます。

4:CPIレンタルサーバー

CPIレンタルサーバー

初期費用 0円〜
月額料金 3,800円〜
容量 無制限

CPIレンタルサーバーは、KDDIが運営するレンタルサーバーで、信頼性は抜群です。

容量は制限がかかる可能性はありますが、無制限で利用できます。

サーバーは24時間365日有人監視をしており、サーバーの稼働率・安定性が高いのが特徴です。

不正侵入検知やWEB改ざん検知などのセキュリティ機能も充実しています。

自動バックアップ機能が標準で備わっており、サイトの変更などはワンクリックで簡単に元の状態に戻せます。

少し料金は高いですが、安定性を重視するなら断然おすすめです。

5:ConoHa WING

ConoHa WING

初期費用 0円〜
月額料金 1,200円〜
容量 200GB〜

ConoHa WINGは、料金形態が1時間2円からという、時間制となっています。

最低利用期間がなく、初期費用もかからないので、始めやすいのが特徴です。

同時アクセスでも、ページの表示速度が早く、安定した運用が可能となっています。自動バックアップ機能やWAFも標準装備しており、機能も充実しています。

6:さくらのレンタルサーバ ビジネスプラン

さくらのレンタルサーバ ビジネスプラン

初期費用 5,142円
月額料金 2,571円
容量 300GB

さくらのレンタルサーバ ビジネスプランは、1996年に創業された「さくらインターネット」が運営している国内最大級のレンタルサーバーです。

共用サーバーですが、人数を制限するなどの対策をして、安定性と信頼性を高めています。

WAFなどのセキュリティ面にも定評があります。
運営歴が長く、電話やメールでのサポートも充実しています。

7:GMOクラウド iCLUSTA+(アイクラスタプラス)

GMOクラウド iCLUSTA+(アイクラスタプラス)

初期費用 5,000円
月額料金 934円〜
容量 200GB〜

GMOクラウド iCLUSTA+の最大の特徴は、安定性が高いことです。

公式サイトで過去の稼働率が公表されており、2012・2017年は年間の稼働率100%を記録しています。

その他の年も高い稼働率となっています。

不正侵入防止や迷惑メールフィルター、自動バックアップなどの機能も充実しています。

8:ロリポップ エンタープライズ

ロリポップ エンタープライズ

初期費用 3,000円
月額料金 2,000円〜
容量 400GB〜

ロリポップ エンタープライズは、料金は安いですが、機能が豊富なため法人での利用にも適しています。

ウイルスチェックやWAFなどのセキュリティ機能もしっかり搭載しています。

転送量が無制限に設定されているので、アクセスが集中した際にも落ちることなく運用が可能です。

9:カゴヤ・ジャパン 共用サーバー

カゴヤ・ジャパン 共用サーバー

初期費用 0円〜
月額料金 864円〜
容量 100GB〜

カゴヤ・ジャパン 共用サーバーは、多くの会社から利用されており、運用歴や実績もあるレンタルサーバーです。

料金が安く、個人向けとしても利用されているのですが、不正侵入防止やWAF、自動バックアップなどが標準で利用できます。

サポート体制もしっかりしているので、サーバー管理に関して知識がなくても、安心して利用を始められます。

10:ファーストサーバー Zenlogic(ゼンロジック)

ファーストサーバー Zenlogic(ゼンロジック)

初期費用 0円
月額料金 890円〜
容量 100GB〜

ファーストサーバー Zenlogicは、クラウド型のレンタルサーバーです。

仮想専用構造になっているため、安い料金設定ながら専用サーバーのように運用できます。

24時間365日有人監視や電話サポートなどの体制もしっかりしているので、知識や経験がなくても安心して利用できます。

ただし、大規模障害が過去に数回発生しているため、導入する際は他サービスと比較して慎重に検討しましょう。

法人向けレンタルサーバーの注意点

法人向けレンタルサーバーの注意点

レンタルサーバーの契約は、契約後に変更するのは手間もコストもかかります。

ここからは、契約する前に確認しておきたい注意点を解説していきます。

注意点1:メールとサイトのサーバーは分けておく

同じサーバーを利用して、メールとサイトを運用していく場合もあるでしょう。

しかし、同じサーバーで運用していると、万が一サーバーが停止してしまうとメールとサイトの両方が利用できなくなってしまいます。

従業員同士や顧客とのメールのやり取りができなくなります

サイト用とは別で、メールサーバーを用意しておくと、トラブルの際も安心です。

注意点2:適切な容量のサーバーをレンタルする

レンタルサーバーには、さまざまなプランが用意されています。

アクセスの増加に備えて大きめのサーバーを用意するのが基本ですが、その分料金も高くなってしまいます。

単純に会社を紹介するだけのページで大きなサーバーを用意しても、持て余してしまいます。

選び方でも解説しましたが、利用目的に合ったレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

注意点3:サービスが終了する可能性がある

レンタルサーバーのサービスが終了することは珍しいことではありません。

利用者数が少なくなれば、サービスは終了してしまいます。できるだけ利用者数の多いレンタルサーバーを選ぶといいでしょう。

利用者数は公式サイトで公表していることがあるので確認してみましょう。

公表していない場合は、ネット上の口コミの多さや運営歴の長さが目安になります。

自社に最適なレンタルサーバーを選ぼう

レンタルサーバーの選び方と注意点の解説とおすすめ10選のご紹介をしました。

レンタルサーバーといっても非常に種類が多く、それぞれに特徴があります。

その特徴を活かすためには、利用目的に合わせてサーバーを選択するのが大切です。

ぜひ今回の記事を参考にして、最適なサーバーを見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)