ストックフォトサイトおすすめ7選を比較!写真販売で稼ぐコツも解説

ストックフォトサイトおすすめ7選を比較!写真販売で稼ぐコツも解説

ストックフォトサイトを活用した写真販売は、人気の副業のひとつです。

写真を撮ることが好きで、ぜひチャレンジしてみたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はストックフォトサイトのおすすめ7選をご紹介します。

さらには、ストックフォトサイトで写真販売をするにあたって知っておきたい基礎知識や、写真販売の副業で稼ぐコツもまとめました。

写真販売に興味がある方、どのストックフォトサイトを利用しようか迷っている方。

ぜひこの記事を参考に、効率的に写真販売の副業を始めていきましょう。

↓↓クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「ストックフォトサイトのおすすめ」を見る

ストックフォトサイトとは

ストックフォトサイトは、アマチュアのカメラマンが撮影した写真を投稿し、委託販売することで報酬を得られるツールです。

「写真販売で稼ぎたい」と思ったときに気軽に利用できるため、本業の合間の副業として利用している方が多く見られます。

ストックフォトサイトで自分が投稿した写真が売れると、あらかじめ設定しておいた販売価格から販売手数料を差し引いた額を受け取ることが可能です。

販売価格は、サイトごとに定められた報酬率や写真のサイズ、購入者の契約方法などによって異なります。

ストックフォトサイトを活用した副業のメリット

ストックフォトサイトを活用した副業のメリット

ストックフォトサイトを活用した写真販売は、気軽にできる副業として年々人気が高まっています。

ではなぜそれほど注目されているのか、写真販売ならではのメリットをチェックしておきましょう。

空き時間を有効活用できる

ストックフォトサイトは、インターネット環境があればいつでもどこでも利用できるため、空き時間を有効活用しながら副業できます。

通勤の電車のなかで撮りためておいた写真をサイトにアップしたり、売れ行きの管理を行ったりなど、スキマ時間を効率的に活用できる点が大きな魅力です。

趣味で楽しく稼げる

楽しみながら副業できる点も、写真販売ならではのメリットです。

写真撮影のために外出する機会も自然と増えるため、パソコンを使ったほかの副業に比べて、より活動的な時間を過ごすことができるでしょう。

特に、普段から写真が趣味でよく撮影している方にとっては、これほど有意義にできる副業はないかもしれません。

撮影に伴うさまざまな出会いもあり、ご自身の思い出作りにもなります。

ストックフォトサイトで写真販売を始める手順

次に、ストックフォトサイトを活用して写真販売を始める手順をご紹介します。

  1. ストックフォトサイトに登録をする
  2. 写真販売に関する法的知識や登録できる写真の条件などをよく確認する
  3. ご自身で撮影した写真をアップロードする
  4. アップロードした写真が審査される
  5. 審査に通過すると、ストックフォトサイト上に掲載される
  6. 登録した写真が売れると、登録しておいたメールアドレスにメールが届く
  7. 定められた課金可能額を超えると、指定しておいた口座に報酬が振り込まれる

最も重要なのが、「2」の「写真販売に関する法的知識や登録できる写真の条件などをよく確認する」という手順です。

というのも、写真販売できるかどうかの審査は大変厳しく、あらかじめルールを熟知していないと審査にはねられて販売できない恐れがあるためです。

販売できる写真の形式サイズ、フォント、ピクセル数、クオリティなどをきちんと確認し、利用するサイトの規定に合った写真を投稿するように注意しましょう。

特に、人物写真は著作権や肖像権の提出を求められるケースも多いため、事前にルールをチェックしておくことが求められます。

ストックフォトサイトを選ぶ際に注目したい2つのポイント

ストックフォトサイトを選ぶ際に注目したい2つのポイント

写真販売に関するルールはストックフォトサイトごとに異なるため、まずはご自身にとって利用しやすいサイトを見つけることが大切です。

以下では、サイトを選ぶ際に注目したい2つのポイントをご紹介します。

写真を登録しやすいかどうか

サクサク作業を進めるためには、写真を登録しやすいサイトを選ぶことがポイントです。

サイトによって写真のアップロードの仕方やタグの付け方が異なり、操作がわかりやすく簡単なサイトもあれば、ひとつひとつの作業に時間がかかりやすいサイトもあります。

写真を登録しやすいかどうか、使いやすいサイトかどうかは、実際に利用してみないとわからない部分が大きいでしょう。

そのため、気になるサイトがあったら気軽に無料登録し、実際に使用してみて使い心地を判断されることをおすすめします。

撮影者へのコミッションの高さ

効率的に稼ぐために、撮影者へのコミッションの高さにも注目してサイト選びをしましょう。

報酬率は各サイトによってさまざまなので、なるべく報酬率が高いサイトを選ぶことが副業成功のポイントです。

また、サイトによって課金可能額も異なるため、いくら以上売れると口座に振り込んでもらえるのかをきちんと確認しておきましょう。

初めのころは、その金額が目先の目標額となり、大きなやりがいにつながります。

ストックフォトサイトおすすめ7選を比較!

どのストックフォトサイトを利用しようか迷っている方に向けて、ストックフォトサイトのおすすめをご紹介します。

それぞれの特徴を比較して、ご自身に最適なサイトを見つけてみてください。

1:PIXTA

PIXTA

PIXTA(ピクスタ)は、国内では最大手のストックフォトサイトです。

およそ23万人のクリエイターによる2,500万点以上の作品が販売されており、日本国内のみならずアジアや欧米からの需要も年々高まってきています。

注目したいポイントは、完全日本語サイトで使いやすい、写真を一括でアップロードしやすいなど利便性に優れていること。

また、写真の単品購入価格が1枚580円~と高額なので、単品購入を含めると高額報酬が期待できるストックフォトサービスです。

最低報酬額 0.25クレジット(27円)~
報酬率 22%~58%
特徴 ・比較的販売単価が高く、1,080円から課金できる

・完全日本語のためサイトが使いやすい

・写真の一括登録がしやすい

≫ 公式HPを見てみる

2:shutterstock(シャッターストック)

shutterstock(シャッターストック)

Shutterstock(シャッターストック)は、世界150ヶ国で展開する業界最大規模のストックフォトサイトです。

利用者が多いことから写真へのアクセス数も高いことが期待でき、販売における最適化を簡単に目指せます。

また、審査の早さに優れているため、ご自身のポートフォリオをどんどん増やせる点も大きなメリットです。

ただし、アメリカの会社なので日本語ページが不自然であることや、英語のタグ付けが必要であることなど多少不便さを感じる場合もあるでしょう。

最低報酬額 定額1枚で0.25ドル(およそ25円)
報酬率 20%~30%
特徴 ・全世界に認知されていてシェアが大きい

・審査が緩め&スピーディー

・英語のタグ付けが必要

≫ 公式HPを見てみる

3:スナップマート

スナップマート

スナップマートは、写真販売初心者に大変人気が高いストックフォトサイトです。

ほかのサイトに比べると日常的な素朴な写真が多く、スマホで撮影した写真をアプリで出品できる気軽さが注目を集めています。

ちなみに、通常のストックフォトサイトでは必須となっている写真の審査は一切ありません

写真を登録して必要事項を入力すればすぐにマーケットに登録されるため、とにかく気軽に写真販売を楽しみたい方におすすめのサイトです。

最低報酬額 97円~
報酬率 30%~60%
特徴 ・スマホで撮った写真を販売できる

・審査がない

・スマホのアプリでのみ利用可能

≫ 公式HPを見てみる

4:Adobe Stock

Adobe Stock

Adobe Stock(アドビストック)は、世界的に有名な画像処理ソフト「Photoshop」「Illustrator」を手掛けるAdobe社が運営するストックフォトサイトです。

規模が大きく会社の知名度も高いため、世界的に信頼性が高いサイトを利用したい方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ほかのサイトにはない魅力が、Adobeのサービス内で営業をかけてくれること。

また、登録審査が早く一括登録もできるため、どんどん登録できて稼ぎやすい点がうれしいポイントです。

最低報酬額 0.33ドル(およそ33円)~
報酬率 20%~46%
特徴 ・世界的に信頼度が高く、シェアが大きい

・サービス内で営業をかけてくれる

・審査が早い

≫ 公式HPを見てみる

5:フォトライブラリー

フォトライブラリー

フォトライブラリーは、日本企業が運営する国内大手のストックフォトサイトです。

業界では珍しく、自分で自由に販売価格を設定できるサイトとして注目を集めています。

また、日本企業ならではのきめ細かなサービスやフォローが受けられるため、写真販売初心者の方も安心して利用できるでしょう。

サイトや管理画面についても外国企業のサイトより使いやすく、ぜひ登録しておきたいサイトのひとつです。

最低報酬額 35円~
報酬率 35%~
特徴 ・自分で価格設定ができる

・きめ細かなフォローに定評がある

・サイトが使いやすい

≫ 公式HPを見てみる

6:photo AC

photo AC

photo ACは、無料素材サイトを運営するACワークス株式会社が運営するストックフォトサイトです。

こちらも日本企業が手掛けていることから、サイトの使いやすさや管理のしやすさには定評があります。

ただし、ほかのサイトとは違って写真を無料でダウンロードできるサイトであることから、1ダウンロードあたりの報酬は低めです。

ただし気軽にダウンロードするユーザーが多いため、人気が出ればまとまった報酬を見込めます。

最低価格 1ダウンロードで2.75円
報酬率
特徴 ・サイトが使いやすい

・1ダウンロードあたりの報酬は低い

・課金が可能な最低金額は5,000円と高め

≫ 公式HPを見てみる

7:iStock

iStock

iStockは写真だけではなく、イラストや映像も販売可能なストックフォトサイトです。

200以上の国で利用されているサービスでもあるので、世界のユーザーに向けて写真を販売することができます。

ただ、iStockで写真を販売するには審査が必要となります。

まずは応募するにあたり、どういった規約があるのか、事前に目を通しておくようにしましょう。

またこのサイトは、大手のメディアも利用しているストックフォトサイトでもあるので、自分の撮った写真が有名なメディアに載るかもしれません。

イラストや映像の販売にも挑戦したい方や、自分の撮った写真を世界中で使ってほしい方はiStockに挑戦してみるといいでしょう。

最低価格 1カ月10ダウンロードで3,000円
報酬率
特徴 ・写真だけでなくイラストや映像も販売している

・価格が一定でわかりやすい

・完全日本語のためサイトが使いやすい

≫ 公式HPを見てみる

ストックフォトサイトは稼げる?事前に知っておくべき注意点

ストックフォトサイトは稼げる?事前に知っておくべき注意点

ここまでで、ストックフォトサイトのおすすめについて紹介してきましたが、写真販売をするにはそれなりに気を付けるべき注意点も存在します。

ここでは、これから初めて写真販売をする方へ向けて、最低限押さえておくべき2つの注意点について紹介しておきますので、事前に一読しておくようにしましょう。

では早速、順に解説していきます。

本業としては不向きだと知る

まず心得ておくことは、こうしたストックフォトサイトでは、多くは稼げないということです。

たしかに、極一部の方は本業といえるレベルで稼げていることも事実。

ですが、それはほんの一握りでしかないということを、しっかりと念頭においておくべきなのです。

ましてや本業として稼ぎたいというのなら、それなりのセンスや継続的な努力が必要不可欠

サイトによっては、プロが多く登録していることも忘れてはいけません。

あくまでもストックフォトサイトで稼ぐのは「副業」というスタンスで、お小遣い稼ぎをするような気持ちで始めると良いでしょう。

とはいえ、稼ぐコツが全くないのかといえばそういうわけでもないので、その点については次項で詳しく紹介していきます。

今はこのまま読み進めていってください。

著作権や肖像権で賠償も

ストックフォトサイトで稼ぐうえで、最も気を付けなければならないのが、この著作権と肖像権についてです。

これらを無視し画像などのコンテンツを登録していたとなれば、最悪賠償請求などの裁判沙汰にもなり兼ねません。

たとえばアート作品などを無断で使用したり、それを撮影し販売してしまった場合では、当然法的に問題となるでしょう。

それだけでなく、誰かが所有する不動産などが販売用写真で写っていた場合、もし所有者から訴えられれば裁判沙汰となってしまうケースもあります。

人物画像の際は、モデルへの同意を得るようにし、建物などについて所有者に同意を得るようにするといいでしょう。

こうしあ書類については、ストックフォトサイトでフォーマットが公開されていることもありますので、事前に確認しておくようにしてください。

写真販売の副業で稼ぐコツ

写真販売の副業で稼ぐコツ

写真販売は誰でも気軽にチャレンジできる副業ですが、稼ぐためにはコツがあります。

以下のポイントをチェックして、数ある写真のなかからご自身が登録した写真を選んでもらえるように努力と工夫をすることが大切です。

写真の基本的な技術を身につけておく

ストックフォトサイトで写真を販売する際には、写真における最低限の基礎知識を身につけておきましょう。

テキストなどを購入して学ぶのも有効ですが、ストックフォトサイトでほかの投稿者の写真をチェックし、自分がいいと思う写真の構図や露出などを真似する方法がおすすめです。

需要と供給を見極める

売れる写真を投稿するためには、写真の需要と供給をしっかりと把握しておく必要があります。

たとえばペットの写真や子どもの写真などは、需要は大きいものの供給量が膨大にあるために、その膨大なラインナップのなかから自分の写真を選んでもらえる可能性は低いと考えられます。

そこで、需要はあるけれど供給量が少ない写真を見極めて、そのポイントを突いた写真を投稿しましょう。

効果的なタグを付ける

いくら需要と供給を見極めた魅力的な写真を投稿しても、検索機能によってヒットしなければ意味がありません。

自分の写真をたくさんの人に見つけてもらえるように、効果的なタグを付けましょう。

基本的には、1枚の写真に対して10個以上のタグを付けます。

たとえば男の子の写真をアップしたら、タグは

「男の子、子供、子ども、こども、キッズ、6歳、6才、六歳、六才、キッズ、人物、笑顔、かわいい」

などというように、同じ意味の言葉でも別の漢字があればすべて登録することをおすすめします。

人物写真にチャレンジする

ストックフォトサイトでは多種多様な写真がアップされていますが、最も需要が高いのは人物写真です。

そのため、より多く稼ぎたい場合はぜひ人物写真にチャレンジしてみましょう。

ただし、人物写真をアップする場合には、しっかりと販売許諾が得られるモデルを用意する必要があります。

それがネックとなりチャレンジする人が少ない傾向があるため、準備さえ整えば高い確率で収益を上げられるでしょう。

とにかくたくさん投稿する

初めのうちは、アップする写真の選定などといった準備に時間を要してしまいがちです。

しかし、どの写真が売れるかは実際に売ってみないとわからないので、あまり深く考えすぎずにとにかくたくさん投稿しましょう。

そうすることで、自然と売れやすい写真の傾向をつかめるようになります。

自分に適したストックフォトサイトで写真販売を始めよう

ストックフォトサイトを活用した写真販売は、スキマ時間に気軽にチャレンジしやすい副業です。

初めから売れる写真を撮ることは難しいですが、まずは需要と供給のバランスを見つつ写真の登録数を増やしていきましょう。

ぜひここでご紹介したストックフォトサイトを参考に、ご自身にとって使いやすいサイトを選んで気軽に登録してみてください。

そして、趣味の延長として楽しみながら写真販売を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)