フリーターに強い転職エージェントおすすめ11選を比較!選び方も解説

フリーターに強い転職エージェントおすすめ11選を比較!選び方も解説

色々な理由があってフリーターとして働いてきたけど、正社員転職したいと考えている方には、転職活動のやり方がわからない方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントでは無料で転職サポートを受けられるので、職歴がない方でも安心して転職活動に臨めます。

そこで今回は、フリーターに強い転職エージェントおすすめ11選をご紹介しましょう。

「フリーターに強い転職エージェント」と「普通の転職エージェント」の違いや、フリーターに強い転職エージェントの選び方をご紹介するので、フリーターからの正社員転職を目指す方は必見です。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「フリーターにおすすめの転職エージェント」を見る

 

フリーターが転職エージェントを利用する前に知るべきこと

フリーターが転職エージェントを利用する前に知るべきこと

まずは、フリーターが転職エージェントを利用する前に知るべきことをご紹介します。

フリーターに強い転職エージェントと普通の転職エージェントの違いは?

そもそも、フリーターに強い転職エージェントとはどういうものなのでしょうか?

フリーターに強い転職エージェントと、普通の転職エージェントの違いを簡単にご紹介しましょう。

サポートが充実している

まず、フリーターに強い転職エージェントはサポートが充実していることが多いです。

具体的には、転職やキャリアに対する紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など。

転職エージェントによっては、書類選考不要、面接だけで転職できるようになっているエージェントもあります。

未経験歓迎の求人が多い

また、未経験歓迎の求人が多いのも、フリーターに強い転職エージェントの特徴といえるでしょう。

フリーターは、基本的に接客業や肉体労働などで働いてきた人たちがほとんどで、いわゆるデスクワークの就労経験がある人はほとんどいません。

そのため、受け入れてくれる企業は基本的に未経験者としてフリーターを受け入れる手はずを整えます

そのため、未経験者歓迎の求人が多い転職エージェントは、フリーターに寛容な転職エージェントだと解釈可能です。

求人を出す企業側も未経験や職歴がないことに寛容な傾向がある

また、フリーターに強い転職エージェントに求人を出す企業は、フリーターが入社することに寛容な傾向があります。

転職エージェントが求人を出してほしいと依頼を出す時点で、フリーターの転職に力を入れていることは伝わっているので、フリーターを入社させることに寛容でない企業はこの時点で求人を断るでしょう。

そのため、業界未経験や正社員などの職歴がない人でも、転職できる企業が多く集まります。

フリーターが転職しやすい職種は?

続いて、フリーターが転職しやすい職種をご紹介します。

事務職

特別な資格を要さないため、として知られています。

特に一般事務は、簡単なパソコン操作スキルがあれば働けるので、体力に不安がある方でも心配不要。

より有利に転職したいなら、簿記などの資格があるとベターですが、働きながら資格を取るのも選択肢です。

Tips

ビジネスに役立つ資格取得講座については、以下の記事で詳細が公開されています。

これから武器になる資格を取得をしたいという方は、一読しておくと良いでしょう。

通信講座(資格・ビジネス)おすすめ16選を比較!選び方や注意点は?通信講座(資格・ビジネス)おすすめ16選を比較!選び方や注意点は?

営業職

営業も資格やスキルが不要なので、フリーターでも転職しやすい職種のひとつに数えられます。

対人コミュニケーションの能力は求められますが、相手のニーズを察して的確な提案をすることが営業において第一です。

学生時代のような友達とワイワイするコミュニケーションとは求められるスキルが大きく異なります。

そのため、自分でいわゆる「コミュ障」だと思っていても、営業が得意な方は少なくありません。

また、ノルマが可視化されるのも営業の特徴で、障害物があるほうが燃えるタイプの人や成果主義の方に向いています。

飲食・接客業

飲食業や接客業も、専門知識や経験がなくても採用されやすい職種です。

これらに共通しているのは対人コミュニケーションが必要で、シフト勤務制がほとんどで休日が不規則なこと。

慢性的に人不足なので、就職しやすいものの拘束時間は長めです。

都心や観光地で勤務する場合、インバウンド需要に備えて語学スキルがあると採用されやすくなります。

Tips

ビジネスに役立つ英会話は以下で紹介しているような、オンライン形式がおすすめです。

英会話を身につけたい方は、サッとでも確認しておきましょう。

オンラインで学べるビジネス英会話おすすめ12選を比較!選び方も解説オンラインで学べるビジネス英会話おすすめ12選を比較!選び方も解説

介護職

介護職も転職しやすい業界のひとつです。

こちらも飲食や接客業と同じく、慢性的な人不足に陥っています。

高齢者とはいえ、大人ひとりを相手にする仕事なので、体力勝負なところは否めません。

資格はあると有利ですが、独学でも習得可能なので働きながら資格を取るのがおすすめ。

エンジニア

IT業界も介護職同様、需要に供給が追い付いていない状態です。

新卒就職でも「文系SE歓迎」と掲げる企業が多いように、高度な知識が求められるのに反して未経験者を受け入れる門戸は広く開かれています。

手に職をつける仕事なので、スキルや実績を身に着けられれば将来的に独立も可能で、地方や海外でリモートワークするのも可能。

プログラミングスクールや無料でプログラミングを学べるサービスも充実しているので、もしエンジニアとしての転職を希望するなら、ある程度知識を身に着けたうえで臨みましょう。

Tips

プログラミングスクールについては、以下の記事で厳選したおすすめが紹介されています。

どういったものがあるのか、確認してみましょう。

【独立や副業にも役立つ】プログラミングスクールおすすめ16選を比較【独立や副業にも役立つ】プログラミングスクールおすすめ16選を比較

土木・建設業

土木・建設業も人手不足が続きます

特に若手が不足していることもあり、フリーターであろうと、意欲がある若手は歓迎される傾向です。

体力勝負の現場なので、基礎体力がないと長続きしません。

とはいえ、昇進しやすく収入アップも狙えます。

運送・宅配業

もしあなたが21歳以上で、普通運転免許の取得から3年以上が経過していてなおかつ運転好きなら、運送業や宅配業も選択肢になります。

大型免許を必須とする、運送・宅配業もイレギュラーなシフトから人手不足になりがちな業界です。

大型免許の取得は、入社後でもOKな企業もあります。

一勤務の拘束時間は長いものの力仕事は少ないので、女性でも運送・宅配業に就く人は増えています。

カスタマーサポート

カスタマーサポートも、フリーターからの転職のハードルが低い職種のひとつです。

電話オペレーターのイメージが強い仕事ですが、メールでの対応になることもあります。

賃金がいいのでアルバイトとしても人気ですが、正社員転職するとリーダーなどの管理側に回る場合がほとんど

通勤服が比較的緩いのも、お客様の前に顔を出さなくていいカスタマーサポートのメリットといえるでしょう。

フリーターに強い転職エージェントの選び方・注意点

フリーターに強い転職エージェントの選び方・注意点

ここからは、フリーターに強い転職エージェントの選び方と注意点をご紹介しましょう。

フリーターに強い転職エージェントの選び方

まずは、フリーターに強い転職エージェントの選び方をご紹介します。

求人数は?

求人数は、多ければ多い方がいいとされているのが一般的。

さまざまな求人を掲載しているということは、転職先となる企業からの信用の厚さを意味します。

それに選択肢が増えるので、理想の求人に出会える可能性も高くなるでしょう。

拠点が近くにあるか?

近年は電話面談をしてくれる転職エージェントも増えていますが、その転職エージェントのオフィス拠点が近くにあるかを確認しましょう。

初回ヒアリングだけでなく、求人紹介や面接対策など、転職エージェントによっては事あるごとに呼び出される可能性もあります。

そのため、たとえば週一で通うことになってもストレスのないところに拠点がある転職エージェントがおすすめです。

サポートは充実しているか?

特に、フリーターに強い転職エージェントを探す場合、サポートの充実は欠かせないポイントです。

利用者によって「このサポートが欲しい」というサポート内容は異なるので、自分が必要とするサポートを受けられるかどうかは必ず確認しましょう。

転職成功率は?

サポートと並んでチェックしたいのは、転職成功率です。

すべての転職エージェントが公表しているわけではありませんが、転職成功率の高さは転職エージェントの技量の指針のひとつとなるでしょう。

フリーターに強い転職エージェントの注意点

次に、フリーターに強い転職エージェントの注意点をご紹介します。

登録を断られる場合がある

フリーターの人が転職エージェントに登録しようとすると、登録を断られることがあります。

断られる場合の理由としては、正社員からの正社員転職に比べて転職が難しく、年収も低くなる傾向があるからです。

転職エージェントは転職が決まった利用者の年収の数%を報酬として受け取るシステムなので、より転職しやすく高収入を望める転職希望者が優先される傾向はあります。

フリーターに強い転職エージェントなら、フリーターなど似た境遇の利用者が多いので、登録を断られる可能性は低いといえるでしょう。

転職エージェントとの初回面談前に自己分析を済ませる

転職エージェントに登録して初回の面談が始まる前に、必ず自己分析を済ませましょう。

なぜなら、あなたに合った企業を紹介してもらうには、あなた自身が転職エージェントの担当者に正しく自身を伝えられないといけないからです。

そのため、

どうして今までフリーターでいたのか
なぜこのタイミングで正社員になろうと思ったのか
正社員になってどうなりたいのか

などは必ず答えられるようにしましょう。

学歴や職歴で嘘をつかない

当然ですが、転職エージェントの担当者に学歴や職歴で嘘をつくのはやめましょう。

もし嘘をついていたことがバレたら、求人を紹介してもらえなかったり、最悪の場合は退会に追い込まれたりします。

転職エージェントも、嘘をつく人を企業に紹介することで、信用を失うリスクがあるからです。

担当者が合わないと思ったら変えてもらう

転職エージェントでは、担当者が徹底して転職をサポートしてくれます。

もし担当者が合わないと感じたら、担当者を変えてもらいましょう。

直接伝えてもいいですし、電話やメールで連絡しても構いません。

複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録するのは、エージェントを介した転職活動の常識です。

なぜなら、複数のエージェントに登録することで、より自分を客観視できるのはもちろん、出会える求人数も増えます

とはいえ、片っ端から登録すればいいというわけではなく、多くても2~3社に絞って活用するのがおすすめです。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

どれだけ転職したいと思う企業があっても、複数の転職エージェントから同じ求人に応募するのは避けましょう。

複数の転職エージェントから応募があったことは、企業を介して両方の転職エージェントに伝わるので、転職エージェントからの印象は悪くなります。

さらに、応募された企業側からすればダブルブッキングをされた状態になるので、自己管理不足を指摘される可能性は否めません。

フリーターに強い転職エージェントおすすめ11選

ここからは、具体的にフリーターに強い転職エージェント11選をご紹介しましょう。

1:ハタラクティブ

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、20~30代をターゲットにした転職エージェント。

フリーターや第二新卒の就職に特化していて、書類選考通過率は9割以上、内定率も8割以上です。

未経験から正社員に転職させるプロが揃っているので、始めて転職エージェントを利用する場合でも安心です。

≫ 公式HPを見てみる

2:UZUZ CAREER CENTER(ウズキャリ)

UZUZ CAREER CENTER

転職希望者ひとりあたり平均20時間をかけてサポートしてくれるのが「UZUZ CAREER CENTER(ウズキャリ)」。

第二新卒やフリーター、ニートの転職に定評のある転職エージェントです。

内定率は8割以上、就職後の定着率は9割を越えます。

独自の審査基準でブラック企業の求人を徹底排除しているので、かつて働いていたブラック企業にトラウマがある方でも安心して利用できる転職エージェントといえるでしょう。

大手企業からベンチャーまで紹介企業が多彩なのも特徴で、若い人材を求める企業の求人が目立ちます。

≫ 公式HPを見てみる

3:DYM就職

DYM就職

企業と強いつながりを持ち、書類選考なしでいきなり面接にこぎつけられるのが「DYM就職」です。

フリーターや職歴のない人への手厚いサポートが評判で、就職率は他を圧倒する96%

25人中24人の転職が成功する計算です。

転職サポートも、書類添削や面接対策、服装指導など多岐にわたるので、アルバイト以外の面接に行ったことがない方でも安心して面接に臨めます。

≫ 公式HPを見てみる

4:就職shop

就職shop

利用者の9割が20代で、未経験転職に強いのが「就職shop」。

業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントなので、安心して利用可能です。

大手がフリーターや第二新卒に特化した転職エージェントに参戦しているということは、それだけフリーターからの正社員転職へのニーズがあることの裏返しでもあります。

就職shopも、書類選考をパスして直接面接に進める転職エージェントです。

≫ 公式HPを見てみる

5:JAIC(ジェイック)

ジェイック

営業職への転職に強みを持つのが「JAIC(ジェイック)」。

30代もターゲットに入っているので、30代フリーターからの正社員転職を目指す方は登録しておきたい転職エージェントです。

独自研修セミナーを無料で受講できるのもJAICのメリット。

研修を修了することで集団説明会への参加権を得られ、希望すれば書類選考なしで企業幹部と直接面談ができます。

入社後の定着率は90%以上と高めです。

≫ 公式HPを見てみる

6:第二新卒エージェントNeo

NEO

ネオキャリアが運営する18~28歳の転職支援に特化した転職エージェントが「第二新卒エージェントNeo」。

サービス名に「第二新卒」と入っていますが、フリーターも支援対象です。

日本各地の求人が揃っているので、地方在住の方も使いやすい転職エージェントのひとつ。

ホームページにもフリーターから正社員を目指す人向けのコラムが豊富なので、まずはホームページをチェックして情報収集するのもおすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

7:ワークポート

ワークポート

IT・Web業界に強みを持つ転職エージェントが「ワークポート」。

これらの業界に転職を希望する方は登録すべきといえるでしょう。

ひとりあたりに時間をかけて丁寧に接してくれると評判で、正社員転職に向けた転職活動不安がある方におすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

8:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

「Spring転職エージェント」は、スイスに本社を置く人材業界世界最大手のアデコが展開する転職エージェント。

求人は日本国内にとどまらず、海外のものも紹介しています。

登録希望者全員と面談する方針を打ち出しているのが特徴で、他社で登録を断られたことがある方でも安心して利用可能です。

とはいえ、Spring転職エージェントが保有する求人はミドル・ハイクラス向けも多いので、10代や20代前半の場合は紹介できる求人がない可能性もあります。

≫ 公式HPを見てみる

9:Re就活

Re就活

「適性テスト」で自分に適した職業を知ったうえで転職に臨めるのが「Re就活」。

未経験者歓迎の求人だけを集めていて、フリーターやニートの支援もしてくれます。

登録者の9割は20代ですが、30代も利用可能です。

ホームページ上ではフリーター特集を頻繁に組んでいることもあり、フリーターの就職支援に力を入れている転職エージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

10:type 転職エージェント

type転職エージェント

「type 転職エージェント」は、創業四半世紀以上の老舗転職エージェント

年収交渉に定評があり、年収を低く提示されがちな正社員転職希望のフリーターの心強い味方です。

企業側からオファーが届くスカウト機能も搭載していて、市場からの自分のニーズを把握するにも役立ちます。

いまいち自己分析しきれず、どんな企業から求められているのか知りたい方に、おすすめの転職エージェントです。

≫ 公式HPを見てみる

11:キャリアスタート

キャリアスタート

[キャリアスタート」は、主に若手の転職支援に特化した転職エージェントです。

この転職エージェントは、20代から多くの支持を集め、転職満足度やサポート満足度において1位を獲得するなど、確かな実績があるのが特徴。

その実績は、なんと1万人という驚異の数にものぼります。

こうした実績が作れるのも、徹底したキャリアカウンセリングがあるからこそ。

強みの診断価値観診断を行うことで、転職希望者の隠れた才能を見つけることができるのです。

初めての正社員を目指しているのなら、[キャリアスタート」で自身の特性を知るのも良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

フリーターに強い転職エージェントの比較表

  求人数 拠点 サポート内容
面接対策 履歴書添削 書類選考なし
ハタラクティブ 約3,000件 関東、関西、

中部、九州

×
UZUZ CAREER CENTER 約600件 東京、横浜、大阪 ×
DYM就職 約2,000件 全国
就職shop 約8,500件 一都三県、

大阪、京都、神戸

×
JAIC 約5,000件 関東、東海、

関西、九州

第二新卒エージェントNeo 約200件 東京、大阪、

名古屋、福岡

×
ワークポート 約30,000件 全国 ×
Spring転職エージェント 約90,000件 日本全国、海外 ×
Re就活 約1,000件 東京、大阪 ×
type 転職エージェント 約2,000件 日本全国、海外 ×
キャリアスタート 約 – 件 東京 ×

※「書類選考なし」において、いきなり面接へ進める制度があるのは「○」の場合。

フリーターが避けた方がいい転職エージェントの見分け方

フリーターが避けた方がいい転職エージェントの見分け方

フリーターが選ぶべき転職エージェントについては、これまで紹介してきたとおりですが、反面であまり選ばない方が良い(避けた方がいい)転職エージェントなども存在します。

ここでは、どういったもの避けた方が良いのか、その見分け方や必要知識について紹介していきますので、ぜひ一読していってください。

では早速すすめていきます。

大手企業が多く即戦力を求めた求人が多い

たとえば、転職エージェントとしても有名な「doda」や「リクルートエージェント」、「ビズリーチ」といったものは、未経験歓迎求人もありますが、基本的には新卒や経験のある中途転職希望者を求めているものです。

たしかに良質な案件は多く、条件に当てはまれば大いにおすすめの転職エージェントではあります。

しかし、フリーターに強い転職エージェントかと聞かれると、答えは「?」

また、集まる転職者のレベルも考慮すると、どうしても競争率は高くなってしまうため、なかなか転職先が決まらない事態にもなり兼ねません。

スムーズな転職活動をするためにも、こうした転職エージェントは避け、前項で紹介したような転職エージェントを活用するようにしましょう。

ハローワークにも落とし穴がある

昔から就職先を探すのに利用されるハローワークですが、そんな場所でも実は落とし穴があるものです。

その落とし穴というのが、「ブラック企業案件が多めで、優良案件が見抜きにくい」ということとなります。

というのも、ハローワークの求人は基本的に無料で求人募集を出せるようになっているため。

一方で転職エージェントでは、掲載にそれなりの高額なコストがかかるため、怪しい企業にとっては参入障壁が高くなります。

だからこそ、公開されている求人の質にれっきとした差が出てしまうわけですね。

また、ハローワーク求人は、基本的に一社あたりの情報がそう豊富ではありません。

とくに画像がないため、どういった雰囲気なのかを知ることがむずかしくなっています。

これらを踏まえると、転職活動をするのならキャリアアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶことは、もはや必須なことといえるでしょう。

フリーターに強い転職エージェントを見極めて転職成功を目指そう

今回は、フリーターに強い転職エージェントおすすめ11選をご紹介しました。

転職エージェントは上手く使えば非常にスムーズに転職活動を行えます。

複数の転職エージェントに登録してさまざまなサポートを受けながら、正社員転職を実現させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)