農業求人サイトおすすめ8選を比較!自分に合った職場を探すコツとは

農業求人サイトおすすめ8選を比較!自分に合った職場を探すコツとは

農業への就職・転職をお考えなら、まずは農業求人サイトへの登録が必須です。

農業求人サイトには農業法人や農家の求人がたくさん掲載されているだけでなく、実際に働く前に職業体験ができるなどメリットがたくさんあります。

しかし、

「実際にどの求人サイトを利用したらいいの?」

「求人はどのように選んだらいいのかわからない」

など、求人サイトや求人案件選びに迷われる場合もあるでしょう。

そこで、今回は農業求人サイトのおすすめ8選を比較してみました。

求人を探す際のポイントや、農業の就職・転職に役立つ基礎知識なども詳しくご紹介します。

↓↓クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「農業求人サイトのおすすめ」を見る

農業の魅力とは

数ある職業があるなかで農業は、「大変な仕事」といわれながらも一定の人気があります。

田舎暮らしブームが続いていることもあり、近年では都会で生まれ育った若年層の方が地方に出向いて農業を志すケースも増えてきました。

では、なぜ農業は人気なのでしょうか。その主な理由をいくつか挙げてみます。

  • 会社勤めのストレスから解放される
  • 自分の時間を自分でコントロールできる
  • 生き物や食べ物を育てる喜び
  • 自給自足を実現できる
  • 日本の食生活を守る仕事であるというやりがい
  • 身体を動かすため健康的な日々を送れる
  • 家族との時間をたくさん持てる

上記のようにさまざまな魅力がありますが、大きく見ると「生産への魅力」と「暮らしへの魅力」の2種類に分けられます。

なかでも「暮らしへの魅力」を理由に農業に興味を持つケースが多く、特に現状に不満があってその状況を打破するために農業を目指す方が増えてきています。

農業で働くメリットとは?

農業で働くメリットとは?

先ほど農業の魅力について紹介しましたが、農業で働くメリットを実際の体験談をもとに紹介していきます。

これを見て、さらに農業の魅力を知りましょう。

規則正しい生活ができる

まず1つ目のメリットは、規則正しい生活ができるという点です。

これは、農業を体験したほとんどの方に当てはまります。

農業を体験した方の話によると、農業の一日のはじまりは、朝早く起きて日が昇るころにはすでに畑などで働き始めているそうです。

大体決まった時間に食事をし、決まった時間に就寝します。

毎日体を動かしているので、遅くても20時ごろには疲れて寝てしまう方も。

また、食事もとれたての野菜を使った食事を食べたり、栄養バランスを考慮した食事の場合が多いそうです。

とはいえ、お世話になる農家さんによって異なるので、自分自身で評判を調べてから働くことをおすすめします。

体を鍛えることができる

2つ目のメリットは、体を鍛えることができるという点です。

これも、農業を体験した方はほとんどの方が実感しているでしょう。

体を動かす仕事なので、意識をしなくても体を鍛えることができます。

実際に農業を体験した方の体験談によると、「仕事に就く前と後では見た目による筋肉の量が変わった」という方が多くいました。

ただし、注意点でもお伝えしていますが、女性の方やあまり体力に自信のない方は、足腰を痛めてしまう場合もあるので注意が必要です。

そういった方は、なるべく軽作業の場所を選んでいくといいでしょう。

たとえば、野菜なら野菜の重さが軽いものを育てている農家さんがおすすめです。

自然を満喫できる

3つ目のメリットは、自然を満喫できるという点です。

これについても、いうまでもなく農業を体験した方ならみなさんが実感していることでしょう。

働く地域によって異なりますが、農業が栄えている地域は大体自然であふれています。

体験談によると、目の前一面に広がる畑で、鳥のさえずりを聞きながら朝のスタートを切ることができたり、きれいな空気の中で仕事をしたり、トンビや見慣れない動物に遭遇することもあるそうです。

農家さんによって異なりますが、仕事中の食事は畑の中で取ることもあります。

自然が好きな方、自然に囲まれて過ごしてみたい方にとって農業はピッタリの仕事でしょう。

野菜についての知識が深まる

4つ目のメリットは、野菜についての知識が深まるという点です。

農業の仕事をしていると、自然と野菜についての知識が深まるでしょう。

実際の体験談からでも、このような意見は多くみられました。

たとえば、野菜の栄養素についてや新鮮度の見極め方、野菜のおいしい食べ方など、日常生活に役立つことばかりです。

他にも、野菜を育てるために必要なことなども知ることができるため、自宅で家庭菜園を行うことはもちろん、将来農業で独立したいと考えている方にとっても貴重な体験ができるでしょう。

農業の仕組みや知識が深まる

5つ目のメリットは、農業の仕組みや知識が深まるという点です。

これについては、ただ農業で働いているだけでは当てはまらないかもしれません。

実際の体験談によると、将来農業で独立したいという意思を持っていて農家さんに意思を伝えたうえで、学ばせてもらっていたそうです。

農家さんで働き始めて間もないうちは、あまり教えてくれないかもしれませんが、真面目に働いていくうちに少しずつ知識を教えてくれるでしょう。

農業の主な職種について

農業の主な職種について

一口に農業といってもさまざまな種類があり、どの分野を選択するかによって仕事内容や暮らしは大きく変わります。

以下では、農業のなかでも特に人気が高い職種について押さえておきましょう。

稲作 日本人の主食であるお米を生産する職種
野菜生産 畑やビニールハウスなどで野菜を生産する職種
果樹生産 リンゴやブドウなど、果物を生産する職種
花卉(かき)生産 切り花や鉢植えを生産する職種
畜産 牛や豚、鶏などを育てる職種

同じ農業でも、育てるものの種類によって作業や1日のスケジュールは異なります。

まずはご自身が目指したい分野を明確にし、そのうえで求人探しを始めることが大切です。

農業の仕事で知っておきたい2つのこと

農業の仕事で知っておきたい2つのこと

農業を仕事にしたい場合には、その仕事内容だけでなく以下の2点についても把握しておきましょう。

  • 個人経営と法人の違い
  • 自然災害によるリスク

それぞれどのようなことなのか、詳しく解説していきます。

個人経営と法人の違い

農業は個人経営が主流ですが、なかには法人経営のケースもあります。

個人と法人とではさまざまな点において違いがありますが、大きなポイントとなるのが「保険や福利厚生の違い」です。

個人経営の農家に就職する場合には、ご自身で国民健康保険や国民年金に加入する必要があります。

しかし、法人経営の場合には社会保険に加入できるほか、福利厚生が充実しているケースが一般的です。

そのほかにも、法人の場合はきちんと休日を取得できたり、さまざまな職種の経験ができたりなど、個人経営にはないメリットがあります。

しかし、最終的にご自身で独立して農業経営がしたいとお考えの場合には、個人農家に就職をして経営のノウハウを習得されるとよいでしょう。

自然災害によるリスク

農業に携わる場合には、自然災害によるリスクについても心得ておかなければなりません。

大雨や洪水、台風などの自然災害によって、収穫量の減少や市場価格の下落などが引き起こされる恐れがあります。

そのような事態に備えて共済保険に加入しておけば、ある程度は保障してくれます。

しかし、状況によっては保険でまかなえないほどの大打撃を受ける可能性もあるため、自然災害への対策について知識を深めておくといざというときに大いに役立つでしょう。

農業求人を探す際に注目したい4つのポイント

農業求人を探す際に注目したい4つのポイント

農業に関して心構えができたら、いよいよ求人探しです。

農業への就職や転職を成功させるためには、「自分に合う求人を見つけること」が大切なので、以下の4つのポイントを参考にしながら慎重に求人探しを行いましょう。

(ポイントその1)職種や業界

先述したように、農業にはさまざまな職種や業界があります。

未経験の場合には、それぞれの職種や業界について詳しく調べたうえで、最も興味がある分野を選ぶとよいでしょう。

また、経験者の場合は経験がある分野を選ぶと安心ですが、あえて他業種を選んで知識や技術の幅を広げるのもひとつの方法です。

(ポイントその2)雇用形態

農業には、アルバイトや派遣社員、正社員などさまざまな雇用形態があります。

また、「ボラバイト」と呼ばれる短期間の雇用も存在します。

もしも初めての農業で不安が大きい場合には、気軽にチャレンジできる「ボラバイト」がおすすめです。

報酬はほかの雇用形態に比べると少ないですが、宿舎が用意されていてすぐに生活できることや、農業がどのようなものか気軽に経験できるなどのメリットがあります。

(ポイントその3)給与や雇用条件

就職や転職において、給与や雇用条件にこだわることも重要なポイントです。

「月収〇万円以上」「社会保険はマスト」など、ご自身のなかで希望条件を明確にしておきましょう。

(ポイントその4)勤務地や通勤状況

農業は、自宅と勤務地が近いに越したことはありません。

自然のなかで動き回って作業をするため、作業が終わったらすぐに帰宅できる環境を整えることが大切です。

なかには、現在住んでいる場所から電車などで勤務地に通うことを希望するケースもあるでしょう。

しかし、農作業でヘトヘトの状態で通勤電車に揺られることはストレスになる恐れがあるので、勤務地が決まったらその近くに引っ越すことをおすすめします。

農業求人サイトおすすめ8選を比較!

ここからは、農業求人サイトのおすすめをご紹介します。

優良な農業求人がそろったサイトばかりを集めたので、ぜひ求人探しの参考にしてみてください。

1:第一次産業ネット

第一次産業ネット

「第一次産業ネット」は、農業、漁業、林業などの第一次産業に特化した求人サイトです。

個人農家や法人の求人はもちろん、農業資材などのアグリビジネス企業まで幅広い案件を取り扱っています。

注目したいのが、求人探しだけでなく「エージェントサービス」も利用できること。

プロのアドバイザーがひとりひとりに適した求人を探して紹介してくれるため、やりたいことが定まっていない方、忙しくて求人探しに時間を割けない方などにおすすめです。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、東海、北陸、甲信、関西、中国・四国、九州・沖縄)
求人数 500件以上
求人の種類 畑作、稲作、露地野菜、施設野菜、果樹、花卉、酪農、肉牛、養豚、養鶏、競走馬、林業、観光農業、造園業など
主な雇用形態 正社員、派遣社員、契約社員、アルバイト・パート、インターンシップ、研修生、業務委託、農業体験

≫ 公式HPを見てみる

2:あぐりナビ

あぐりナビ

「あぐりナビ」は、業界トップクラスの求人数を誇る農業求人サイトです。

さまざまなジャンルの農業求人がそろっており、6次産業化を推進する農業生産法人や植物プラント工場といった企業な求人にも出会えます。

農業就活専門の就農アドバイザーが常駐しており、就職や転職における親身なサポートを受けられる点も魅力です。

見学や農業体験だけでもOKといった求人も多く取り扱っているので、ぜひ気軽に利用されてみてはいかがでしょうか。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、東海、北陸、甲信、関西、中国・四国、九州・沖縄)
求人数 1,700件以上
求人の種類 稲作、野菜、果樹、酪農、畜産、競走馬など
主な雇用形態 正社員、契約社員、アルバイト・パート、インターンシップ、研修生など

≫ 公式HPを見てみる

3:農家のおしごとナビ

農家のおしごとナビ

「農家のおしごとナビ」は、農業未経験者向けの求人が充実している農業求人サイトです。

正社員や期間限定のアルバイトをはじめ、後継者候補や農場長候補など幅広い雇用形態の求人を取り扱っています。

キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらえる「お仕事紹介サービス」も利用できるため、農業が初めての方も安心です。

農業体験や会社説明会なども積極的に開催しているので、まずはそのようなイベントに参加してみるとよいでしょう。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄)
求人数 290件以上
求人の種類 稲作、野菜、果樹、酪農、肉牛、養豚、養鶏、競走馬・馬、農畜産物加工、農業体験、直売所・ファームカフェ、林業など
主な雇用形態 正社員、契約社員、アルバイト・パート、農業体験など

≫ 公式HPを見てみる

4:新規就農相談センター

新規就農相談センター

「新規就農相談センター」は、全国農業会議所が運営する農業求人支援サイトです。

新規就農を目指している方に向けて、農業求人の紹介はもちろん就農相談や支援情報などを提供しています。

法人関連の求人が多いため、法人への就農をお考えの方はぜひチェックするとよいでしょう。

インターンシップや就農準備校での農業体験なども随時開催されています。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄)
求人数 100件程度
求人の種類 稲作、野菜、果樹、酪農、肉牛、養豚、観光農業など
主な雇用形態 正社員、契約社員、アルバイト・パート、農業体験など

≫ 公式HPを見てみる

5:ボラバイト

ボラバイト

「ボラバイト」は、農業を身近に体験できるアルバイト求人サイトです。

具体的には全国の農家や酪農家の所に出向いて住み込みで暮らしながら、農業経験や人とのふれあいを経験することを目的としています。

なかには日帰りの農業体験もあるため、未経験者の方も気軽にチャレンジできるでしょう。

就職や転職を前提としている求人サイトではありませんが、農業の入門として利用する価値は高いサイトです。

対応エリア 全国(北海道・東北、北関東、南関東、信越・北陸、東海・近畿、中国・四国、九州・沖縄)
求人数 非公開
求人の種類 農業体験、酪農体験、農畜産物加工、直売所・ファームカフェなど
主な雇用形態 アルバイト

≫ 公式HPを見てみる

6:タウンワーク

タウンワーク

「タウンワーク」は、人材業界最大手のリクルートが運営するアルバイト求人サイトです。

さまざまな職種・業種の求人を取り扱っているなかで、農業求人も多数保有しています。

職種としては、収穫や栽培、出荷作業の補助など、農業未経験者向けのものがほとんどです。

正社員の求人もあるもののアルバイトがメインなので、正社員を希望する方はほかの求人サイトと併用されるとよいでしょう。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、東海、甲信越、北陸、関西、中国、四国、九州・沖縄)
求人数 500件以上
求人の種類 野菜、フルーツ、酪農、養鶏など
主な雇用形態 アルバイト・パート、正社員、派遣社員など

≫ 公式HPを見てみる

7:農mers(ノウマーズ)

農mers(ノウマーズ)

「農mers」は、働き手が欲しい農家さんと農家で働きたい人をマッチングするアプリとなります。

大手求人サイトであるマイナビが運営しているため、信頼性もあるでしょう。

職種はさまざまで、気になる案件があればチャット機能を利用して、直接問い合わせをすることが可能です。

また、逆に農家さん側がスカウトする場合もあります。

こうして、直接やり取りができることで、よりスムーズに効率的に案件を見つけることができるでしょう。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、東海、甲信越、北陸、関西、中国、四国、九州・沖縄)
求人数
求人の種類 稲作、野菜、果樹など
主な雇用形態 アルバイト・パート、正社員など

≫ 公式HPを見てみる

8:各地域のJA

JAグループ

各地域のJAのHPには、その地域の稲作や野菜、果樹や酪農などの求人が公開されています。

直接農家さんに応募することもでき、JAのスタッフを通しての応募も可能です。

また、地域ごとに求人が分かれているので、働きたい地域が定まっている場合は検索しやすい点も特徴といえるでしょう。

他にもJAのホームページには、農作業に関する情報を見ることができたり、実際に農家で働いた方の体験談を知ることもできます。

対応エリア 全国(北海道、東北、関東、東海、甲信越、北陸、関西、中国、四国、九州・沖縄)
求人数
求人の種類 稲作、野菜、果樹、酪農など
主な雇用形態 アルバイト・パート、契約社員、正社員など

≫ 公式HPを見てみる

農業求人に関するQ&A

農業求人に関するQ&A

最後に、農業求人に関する疑問・質問をまとめました。

気になることがある場合は、事前にしっかりとクリアにしてから求人探しを始めましょう。

農業求人の給与相場は?

農業求人の給与相場は、正社員の場合は初任給16万円~20万円前後、アルバイトでは時給800円前後が一般的です。

ただし、経験者と未経験者とでは水準が大きく異なります。

未経験でも応募できる?

農業は、未経験でも気軽にチャレンジできる職種です。

就職や転職の際に実務経験が問われるケースはほとんどなく、特定の資格も必要ありません。

ただし、自動車免許は所有しているほうが何かと便利です。

また、職種に関連する資格(野菜農家の場合は「野菜ソムリエ」の資格など)を持っていると、仕事の幅が広がったり、給与アップにつながったりなどのメリットがあります。

農業に向いている人とは?

農業に向いている人は、地道な作業をコツコツとこなせる人です。

植物を育てることや、動物のお世話が好きな方に向いている仕事といえます。

また、自然とともに生活する喜びを実感できる仕事でもあるため、自然が好きかどうかも重要なポイントです。

近年では、スマート農業やIoTといったデータをもとにした農業の需要が高まっていることから、数字に強い方も農業に向いています。

農業の求人を探す上での注意点とは

農業の求人を探す上での注意点とは

農業の求人を探す上で、注意しなければいけない点がいくつかあります。

農業で働く際に、失敗する確率を下げることが可能です。

これらに注意することで、ここではその中でも、3つほど紹介していくので求人を探す前に目を通しておきましょう。

求人を探す前に本当に農業で働きたいのか再度確認する

まず1つめの注意点は、求人を探す前に本当に農業で働きたいのかを、もう1度考えましょう。

農業の仕事は、体力を使う仕事となるので正直辛いと思う時が1度はあります

たとえば、朝の5時から働くことも普通なので、朝が弱い方は覚悟を決めなければいけません。

他にも、重いものを持つ作業や腰に負担のかかる姿勢で、作業をしなければならないので腰を痛める方が多くいます。

また、虫が普通に目の前を飛んでいたり、土の中から幼虫が出てきたりするので、虫が苦手な方はそうした点に慣れていく必要もあるでしょう。

このような点を踏まえて、本当に農業で働きたいのか、今一度考えてみましょう。

もし、その点も含めて楽しめとなれば、農業はとてもいい経験にもなりやりがいも感じるはずです。

応募は複数件に応募する

2つ目の注意点は、応募する際は1つに絞らず、複数に応募するということになります。

応募先の農家さんが、あまり求人をチェックしていなかったり、すでに働く人が決まっていてチェックしていない場合もあるでしょう。

そうすると、返事がないまま時間を待ち続けるのが無駄になってしまうこともあり得ます。

効率よく仕事に就くためには、複数の農家さんに応募することは、もはや必須事項というわけです。

口コミをチェックする

3つ目の注意点は、口コミをチェックすることになります。

ただ、求人サイトの情報だけを見て候補にしてしまうと、マイナスの情報が入ってきません

自然が豊かな場所で働く農家さんは、心優しい人のイメージを持つかもしれませんが、当然必ずしも全員そうではありません。

農家さんに限った話ではないですが、人間ですからいろいろな方がいるのです。

農業に働きに行く方の中には、ひどい扱いを受ける方も少なくありません

特に住み込みで働く場合は、注意が必要です。

しっかりリサーチをして、農業で働くことに失敗のないように口コミをチェックしましょう。

農業求人サイトを活用して自分に合った職場を探そう

農業に興味があっても、未経験の場合はハードルが高く感じるかもしれません。

しかし、ここでご紹介したような農業求人サイトを利用することで、親身なサポートを受けながら安心して求人探しができます。

まずは気軽に登録をして、どのような農業求人があるのかチェックされてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)