第二新卒に強い転職サイトおすすめ10選を比較!転職成功の秘訣とは

第二新卒に強い転職サイトおすすめ10選を比較!転職成功の秘訣とは

「新卒で就職した会社がどうしても自分に合わない」
「早い段階で転職して、次こそは長く働きたい」

など、第二新卒としての転職をお考えの方もいることでしょう。

第二新卒とは、一般的に「新卒で就職してから3年以内に転職活動をしている人」のことをいい、

できれば今の会社に知られずにひっそりと転職活動を進めたい…

と策を練っているケースもあるのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、転職サイトの活用です。

転職サイトに登録をすると転職に有利なサービスを利用でき、現職を続けながらでも効率的に転職活動を進めることができます。

ここでは、第二新卒に強い転職サイトや転職エージェントのおすすめをご紹介。

それぞれのサイトの特徴はもちろん、選び方や成功のポイントも詳しく解説します。

ぜひ参考にして、ご自身の希望条件にマッチする優良企業への転職を成功させましょう。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「第二新卒に強い転職サイトのおすすめ」を見る

第二新卒に強い転職サイト(転職エージェント)のおすすめランキングBEST5

さてまずは、どれを選んで良いのか悩みかねている方のために、厳選した中からおすすめの第二新卒に強い転職サイト(転職エージェント)をランキング形式で紹介していきます。

各転職サイトによって、強みが異なりますので、ザっと全体に目を通しておきましょう。

では早速、第1位より紹介していきます。

第1位:リクナビNEXT

リクナビNEXT

第1位として選ばせていただいたのは、「転職決定数No.1を誇る転職サイト」を誇るモンスターサイトの「リクナビNEXT」となります。

掲載されている求人数はも膨大で、第二新卒向けの案件に絞ったとしても、常に数千件の案件がヒットするでしょう。

また「リクナビNEXT」では、リコメンド機能も充実しており、自身で見つけきれない掘り出し案件が抽出される魅力的な機能も搭載。

企業からのオファー機能もあるので、ダイレクトに企業からお誘いが来るのも、チャンスを逃さないために重要でしょう。

利用満足度、おすすめしたい転職サイト、使いやすい転職サイトなど、各項目で1位を獲得している「リクナビNEXT」は、登録必須の転職サイトとなります。

第二新卒向け求人数 数千件
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・若年層向けの求人が多い

・転職実績が多く安心

・役立つツールが豊富

≫ 公式HPを見てみる

第2位:Re就活エージェント

Re就活エージェント

第2位として選ばせていただいたのは、20代専門の転職エージェントである「Re就活エージェント」となります。

20代ならではの就活の悩みやキャリアアップなど、特性や業界に熟知したキャリアアドバイザーが、親身に転職サポートをしてくれます。

また抱える案件の中には、「Re就活エージェント」限定の案件もあるため、他サイトのライバルと差をつけたいという方にもおすすめでしょう。

サポート内容は、書類の添削や各企業の本番を想定した模擬面接などとなっており、採用を勝ち取るためのアドバイスもしっかりともらえます。

第二新卒者に限らず、20代の転職なら「Re就活エージェント」で徹底サポートしてもらうといいでしょう。

第二新卒向け求人数
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・20代の求人がとにかく豊富

・適正テストで自身に適した職業が見つかる

・各企業に合わせた対策ができる

≫ 公式HPを見てみる

第3位:キャリトレ

キャリトレ

第3位として選ばせていただいたのは、ハイクラス向け案件を多く取り扱うビズリーチ運営の第二新卒と20代に特化している「キャリトレ」です。

ここまで聞くと、「ハイスペックな案件しかないのか」と感じますが、実際は未経験案件が非常に多く、挑戦しやすい案件ばかり。

また、大手企業やベンチャー企業などの良質案件がお揃っているため、今後のキャリア形成に重点を置く場合にも良い案件に出会える可能性が高くなるでしょう。

ちなみに「キャリトレ」には、AIレコメンド機能が搭載されているため、案件を探す際にも効率よく希望のものを抽出できます。

このAIは、使うほど学習していく仕様なので、より自身の希望にマッチする案件と出会えるでしょう。

またあなたの興味を企業側に知らせる機能もあり、企業側がそれに応えればスカウトへとステップアップする機能も「キャリトレ」にはあります。

効率良くサクサク良質案件を見つけたい方は、「キャリトレ」がおすすめです。

第二新卒向け求人数 20,000件以上
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・第二新卒向けの求人がとにかく豊富

・レコメンド型の転職サイト

・使えば使うほど自分に合った求人が見つかる

≫ 公式HPを見てみる

第4位:マイナビエージェント

マイナビAGENT

第4位として選ばせていただいたのは、第二新卒を含む多くの20代に支持されている「マイナビエージェント」です。

マイナビといえばその知名度は抜群で、どれほどの実績があるのかも想像しやすいのではないでしょうか?

そんな「マイナビエージェント」の強みは、キャリアアドバイザーと企業担当アドバイザーの2人が転職希望者をダブルサポートしてくれる点。

キャリアアドバイザーは、キャリア形成相談や案件紹介、面接対策などを一貫して受けもち、企業担当アドバイザーは各企業の新鮮な情報を提供してくれます。

このダブルサポートにより、より入社後のミスマッチを防ぐ狙いがあるわけです。

マイナビエージェントは、手厚いサポートを受けたい、実績がある転職エージェントを活用したいという方におすすめとなります。

≫ 公式HPを見てみる

第5位:ミイダス

MIIDAS

第5位として選ばせていただいたのは、自身の市場価値が見える化できる「ミイダス」となります。

なんと7万人の転職データをもとに、自身のスキルセットと似た方がどういったオファー実績をもつのかや、条件マッチする企業数はどれほどなのかを知ることができます。

それ以外にも、行動特性の分析やパーソナリティ分析もすべて無料でサッと受けられるので、これらを活用するだけでも、大きな意味があるのではないでしょうか?

また一旦情報を登録すれば、後は企業からの反応を待つだけという手軽さも魅力のひとつ。

まずは、「ミイダス」がどういったサイトなのか実際に目を通してみると、より魅力がわかるはずです。

第二新卒向け求人数 数万件
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・自分の市場価値診断が可能

・優良企業の登録が多数

≫ 公式HPを見てみる

まず押さえておきたい!第二新卒の転職におけるメリット・デメリット

まず押さえておきたい!第二新卒の転職におけるメリット・デメリット

第二新卒で転職を希望している方のなかには、勤務年数が少ないことに不安を感じている場合もあるかもしれません。

しかし、実際には第二新卒だからこそのメリットもあります。

そこで、まずは第二新卒の転職におけるメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

メリット

第二新卒は、新卒同様に以下の点が評価されやすい傾向があります。

  1. 若いがゆえに柔軟性があり、能力面においても伸びしろが大きい
  2. 社会人経験があるため、基本的なビジネスマナーが身についている
  3. 新卒とは異なり、時期を問わずに若手を採用できる

特に若手を積極的に採用している企業にとっては、第二新卒は受け入れたい条件がそろっています。

ポテンシャルや将来性を評価され、場合によっては経験者よりも、第二新卒を選ぶという企業もあるようです。

また、新卒とは異なり多少なりとも社会人経験があることから、基本的なビジネスマナーが身についている点においても重宝されやすいでしょう。

研修などのコストや時間を削減でき、すぐに実践で業務にとりかかれるためです。

デメリット

やはり、「第二新卒=早期退職者」というネガティブなイメージがあることから、以下のデメリットが挙げられます。

  1. 「またすぐに辞めそう」と思われる傾向がある
  2. 即戦力を重視する求人においては採用が難しい

最大のデメリットは、採用してもすぐに辞めるのではないかと思われてしまうこと。

そのため、企業によってはすぐに辞めそうな第二新卒よりも、多少年齢が高くても長く勤務してくれそうな中途採用者を採用する傾向があります。

また、専門的なスキルや技術を必要とする求人においては、実績が少ない第二新卒は非常に不利です。

求人広告に「即戦力求める」と記載があるような企業からは、採用されにくいリスクがあることをしっかりと把握しておきましょう。

第二新卒の転職活動を成功へと導く3つのコツ

第二新卒の転職活動を成功へと導く3つのコツ

第二新卒の転職活動におけるメリット・デメリットを踏まえたうえで、成功させる3つのポイントをまとめました。

(その1)転職の目的を明確にする

第二新卒に限ることではありませんが、転職活動において最も大切なのは「転職も目的を明確にすること」です。

転職することで何を変えたいのか何を実現させたいのかをしっかりと考えておきましょう。

転職の目的が明確になっていると、応募先の企業に対して説得力がある転職理由を説明できます。

それによって「すぐに辞めそう」というイメージを払拭しやすくなり、「今回は長くがんばってもらえそう」とポジティブな印象を与えることができるでしょう。

(その2)就職活動と転職活動の違いをしっかりと認識しておく

就職活動の際には、「やりたいこと」へのまっすぐな思いを伝えることが就職成功への大きなカギだったと思います。

しかし、転職活動においては「やりたいこと」といったご自身の希望だけではなく、「自分にできること」「企業に貢献できること」を積極的にアピールできるかどうかで明暗が分かれます。

というのも、一度は就職して実務経験をしているため、ある程度の得手不得手は認識しているはずです。

採用する側の立場になり、どのような人材を欲しているのか、その要求に自分はしっかりと応えられるかどうかを見極めて応募先を決めましょう。

(その3)応募する求人を絞りすぎない

応募する企業の選定軸を広く持つことも、第二新卒の転職を成功させるポイントです。

実は第二新卒向けの求人には「未経験者歓迎」としている企業が多く、ハードルが低めであることから応募者が殺到しやすい傾向があります。

そのため、選定軸を狭く持っているとなかなか採用が決まらないことにもなりかねません。

求人を絞りすぎず、視野を広く持って応募することを心がけましょう。

そのためには、さまざまな求人をチェックできる転職サイトの利用がおすすめです。

第二新卒に強い転職サイトを賢く選ぶポイントは?

第二新卒に強い転職サイトを賢く選ぶポイントは?

いざ転職サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどのサイトを選んだらいいのか悩まれるかもしれません。

そこで、以下でご紹介する3つのポイントを参考に転職サイトを吟味して、第二新卒の転職活動をスムーズに始めていきましょう。

(ポイントその1)第二新卒特化型の転職サイトを選ぶ

最も大切なポイントは、第二新卒特化型の転職サイトを利用することです。

第二新卒の求人を多く取り扱っているサイトや、第二新卒の転職実績が多いサイトを選びましょう。

そのような転職サイトでは、第二新卒歓迎の求人を多く見つけられたり、第二新卒の転職におけるノウハウを持つキャリアアドバイザーからサポートを受けられたりとメリットがたくさんあります。

効率的に活動を進められて転職後のミスマッチも防げる可能性が高いため、ぜひ第二新卒特化型の転職サイトを活用しましょう。

(ポイントその2)サポートが充実している転職サイトを選ぶ

サポート体制についても、サイト選びで重視したいポイントです。

特に初めて転職を経験する第二新卒の方は、以下の項目においてプロからのサポートがあると安心です。

  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 前職の退職理由や志望動機について
  • 面接対策
  • 退職までのフロー

特に「前職の退職理由」については、どのように説明すべきか悩まれる方も多いでしょう。

転職成功に大きく関わる重要な項目なので、応募先企業の担当者を納得させられる説明が求められます。

そのため、面接対策などのサポートを重点的に行ってくれる転職サイトを利用しましょう。

悩みを相談しながら、自信を持って転職活動を進められます。

(ポイントその3)大手サイトと中小サイトの両方を選ぶ

実は、転職サイトは1社に絞るのではなく複数利用することをおすすめします。

その際は、大手サイトと中小サイトの両方を選ぶことを意識されるとよいでしょう。

というのも、大手サイトにも中小サイトにも異なるメリット・デメリットがあり、併用することによってお互いの欠点の補完ができます。

以下では、大手サイトと中小サイトのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

メリット デメリット
大手サイト ・求人数が多い

・転職実績が豊富

サポートが手薄
中小サイト 大手に比べると求人数が少なめ サポートが手厚い

このように、大手サイトと中小サイトにはそれぞれに良し悪しが見られます。

転職サイトを複数利用する際には、大手サイトも中小サイトも意識的に利用することを心がけましょう。

第二新卒に強い転職サイトおすすめ6選!

それでは、実際に第二新卒の方におすすめしたい転職サイト6選をご紹介します。

それぞれの特徴を比較しながら、あなたに最適な転職サイトを見つけてみてください。

また後には、転職サポートが手厚い、おすすめの転職エージェントも紹介していますので併せて確認しておきましょう。

1:いい就職.com

いい就職.com

いい就職.comは、ブラッシュアップ・ジャパンが運営する「既卒・第二新卒に特化した転職支援サイト」です。

さまざまな業種・職種の求人を取り扱っていますが、特に営業・セールス関連職の求人が多い傾向があります。

東京・名古屋・大阪・沖縄に拠点を持ち、各拠点において第二新卒向けのセミナーやイベントを多数開催していることも注目したいポイント。

「非公開求人 一斉公開セミナー」や「ビジネスマナー完璧セミナー」など、第二新卒の方にとって有益な情報を得られるおすすめのツールです。

第二新卒向け求人数 4,000件以上
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・第二新卒に特化している

・営業・セールス関連職の求人が多い

・セミナーやイベントを多数実施

≫ 公式HPを見てみる

2:doda(デューダ)

doda

dodaは、パーソナルキャリアが運営する「業界求人数No.1の転職サイト」です。

職種・業種未経験OKの若年層向け求人や第二新卒向け求人が多く、新しい分野にチャレンジしたい方にとって求人を探しやすい傾向があります。

また、Web上で利用できるコンテンツが充実している点もdodaならではの魅力です。

ガイドに沿って履歴書や職務経歴書を作成できるツールや、向いている仕事がわかるキャリアタイプ診断など、スムーズな転職に役立つサービスが豊富にそろっています。

第二新卒向け求人数 3,000件以上
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・若年層向けの求人が多い

・未経験OKの第二新卒向け求人も豊富

・Web上で利用できるツールが便利

≫ 公式HPを見てみる

3:キャリトレ

キャリトレ

キャリトレは、ビズリーチが運営する「第二新卒と20代に特化している転職サイト」です。

求人は大手企業からベンチャー企業まで幅広くそろっており、第二新卒を含め未経験でも応募できる案件がとにかく多い点が魅力です。

ほかの転職サイトと違うのは、AI(人工知能)を活用したレコメンドサービスを提供していること。

ご自身のキャリアやスキル、希望条件を入力すると、マッチする求人が自動で表示されるしくみで、サイトを使えば使うほどAIが学習してより最適な求人を教えてくれます。

第二新卒向け求人数 20,000件以上
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・第二新卒向けの求人がとにかく豊富

・レコメンド型の転職サイト

・使えば使うほど自分に合った求人が見つかる

≫ 公式HPを見てみる

4:リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートキャリアが運営する「転職決定数No.1を誇る転職サイト」です。

20代の転職に強く第二新卒向けの求人も豊富で、求人検索で「第二新卒歓迎」を選ぶと常時数千件の求人をチェックできます。

第二新卒向けの特集やセミナーの開催など魅力的なポイントがたくさんありますが、特に注目したいのが「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールです。

自分では気づけない強みや適性がわかり、企業の選定時や書類作成、面接時に非常に役立つことでしょう。

第二新卒向け求人数 数千件
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・若年層向けの求人が多い

・転職実績が多く安心

・役立つツールが豊富

≫ 公式HPを見てみる

5:はたらいく

はたらいく

はたらいくは、リクルートが運営する「地域密着型の転職サイト」です。

首都圏中心ではなく地元や地域に密着した求人が豊富で、地元に帰って働きたい人や田舎暮らしを考えている方に向いています。

もちろん第二新卒向けの求人も多く、職種としては現場系が豊富にそろっている印象です。

手に職をつけて長く働きたいとお考えの方は、ぜひ登録されてみてはいかがでしょうか。

第二新卒向け求人数 2,000件以上
業界 全業界(現場系が多め)
転職サイトの特徴 ・地域に密着した案件が豊富

・地方で働きたい人に向いている

・現場系の求人が多め

≫ 公式HPを見てみる

6:ミイダス

MIIDAS

ミイダスは、自分の市場価値を診断し自分に合った転職先を見つけることができます。

自分で求人を探さなくても、直接企業からアプローチされることもあるので、効率よく転職活動をすることができるでしょう。

また、自分と同様の経歴を持つ人がどんな企業に転職しているかの情報もわかるので、もし自分に合った転職先がどんな企業なのかわからない場合でも役に立ちます。

ミイダスを利用している企業は、ヤフーや日立、キャノンなど名だたる企業ばかりです。

企業数は、50,000社を超えるので他の転職サイトで見つからなかった求人もミイダスでは見つかるかもしれません。

第二新卒向け求人数 数万件
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・自分の市場価値診断が可能

・優良企業の登録が多数

≫ 公式HPを見てみる

効率よく転職をするなら転職エージェントを使うのも手!おすすめ4選

第二新卒に強い転職サイトについて紹介してきましたが、より効率の良さを求めるのであれば転職エージェントを利用するのもいいでしょう。

ここでは、おすすめの転職エージェントを4つほど紹介していきま

1:マイナビエージェント

マイナビAGENT

1つ目に紹介するのは、「マイナビエージェント」です。

マイナビというと、「マイナビ転職」もあるので、どちらも同じかと思いますがサービスが全く異なります

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる点。

各業界の転職に関する情報を教えてくれるため、有利に転職活動が行えるでしょう。

また、マイナビ転職とは異なり、約80%が非公開求人になるので自分に合った求人が見つかる確率は高くなります。

他にも、キャリアアドバイザーが自分の代わりに面接の日程などのスケジュールも行ってくれるので、手間なく転職活動を行うことができるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

2:dodaエージェント

doda転職エージェント

2つ目に紹介するのは、「dodaエージェント」です。

転職サイトのおすすめで紹介したdodaですが、エージェントを利用することもできます。

ただし、エージェントのサポートを受けるためには、エージェントサービスに登録しなければいけません。

この登録をすることにより、非公開求人も合わせて紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書などの応募書類をチェックしてくれたり、面接時のアドバイスもサポートしてくれるので大変心強いでしょう。

さらに、自分では言いにくい入社日の希望や、給料についての交渉も代わりに行ってくれます。

自分自身で転職活動するよりも、希望に合った条件の企業へ転職することができる確率が上がるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

3:パソナキャリア

パソナキャリア

3つ目に紹介するのは、「パソナキャリア」です。

パソナキャリアの魅力は、履歴書や職務経歴書などの応募書類の書き方のアドバイスをしてくれたり、退職の交渉をサポートしてくれる点。

そんな丁寧なサポートは、顧客満足度においても1位を獲得しています。

また、先ほど紹介したマイナビエージェントやdoda同様で非公開求人を扱っているので、気になる方は気軽に試してみるといいでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

4:Re就活エージェント

Re就活エージェント

最後に紹介するのは、20代専門の転職エージェントである「Re就活エージェント」となります。

このように20代にフォーカスしていることから、ムダがなく質の高い転職サポートを受けられる点が魅力。

もちろん、在籍するキャリアアドバイザーは20代の転職に熟知した方ばかりですので、安心して今後のキャリア形成などの相談もできるでしょう。

また初めての就職活動であったり、転職活動だった場合、面接や提出書類などにも不安を感じるもの。

この点「Re就活エージェント」では、各企業に合わせた書類添削や模擬面接を事前に受けることができるため、より効率の良い対策ができるよう配慮されているのです。

20代の転職で不安を感じる方は、「Re就活エージェント」がおすすめです。

第二新卒向け求人数
業界 全業界
転職サイトの特徴 ・20代の求人がとにかく豊富

・適正テストで自身に適した職業が見つかる

・各企業に合わせた対策ができる

≫ 公式HPを見てみる

転職サイトを活用して第二新卒の転職を成功させよう

第二新卒の転職には、ここでご紹介したような第二新卒向けの転職サイトを利用することがポイントです。

選ばれる際は、第二新卒を対象とした求人数や取り扱っている業種や職種、さらにはサポート内容に注目すると選びやすくなります。

現職における空き時間や求人などを上手に活用して転職サイトを利用し、理想の職場への転職を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)