「仕事辞めたい!」その主な理由は?正しい転職のやり方も解説

「仕事辞めたい!」その主な理由は?正しい転職のやり方も解説

働いていると、誰しも一度は仕事に行くのが嫌になったことがあるでしょう。なかには、今まさに「仕事を辞めたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

その理由は人それぞれですが、仕事を辞めたい辞めたいと思いながら仕方なく仕事をしている状態は精神的に良くありません。

場合によってはストレスで体調を崩してしまう恐れもあるため、将来に向けて前向きに対処したいところです。

そこで、今回は仕事を辞めたい方へのおすすめ対処法をご紹介します。

これを読めば辞める・辞めないに関わらず、悩んでいる状態から大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

勢いで退職届を出す前に、ぜひ一度ご一読ください。

もくじ

仕事を辞めたい!主な6つの理由とは

仕事を辞めたい!主な6つの理由とは

なぜ仕事を辞めたいのか、その理由は人によって異なります。

ここでは、特に多く見られる6つの理由をピックアップしてみました。

(理由その1)人間関係に悩んでいる

仕事を辞めたいと思う原因で最も多いのが、職場の人間関係です。

職場では、上司や同僚、部下、取引先、お客様など、さまざまなタイプの人と接します。

なかには、馬が合うと感じる相手もいますが、平和な人間関係だけではないのが現実です。

イジワルな上司や反抗的な部下、無理難題を押し付けてくる取引先、クレームが多いお客様など、「こんな人と接したくない」とストレスを感じることは少なくありません

そういった理不尽な状況になると、人間関係を大切に思っている人ほど悩んでしまう傾向があります。

(理由その2)仕事内容が自分に向いていない

現在の会社には、仕事内容に納得した上で就職を決めた方がほとんどだと思います。

しかし、実際に仕事に携わってみたら、「自分に向いていないことに気づいた」、「想像していた仕事と違った」など、仕事内容に不満を感じて退社を決意するケースは少なくないようです。

もちろん、キャリアアップすれば自分のやりたい業務ができるのであれば、仕事を辞めたいと思わずにもう少し踏ん張ることをおすすめします。

しかし、続けていても自分のやりたい仕事ができそうにない、もっと違った仕事をしてみたいと強く思う場合には、無理してその仕事を続けるべきではないでしょう。

(理由その3)給料に満足していない

給与額が理想に満たないことも、多くの人が仕事を辞めたいと感じる理由のひとつです。

特に、同年齢の友人と比べて自分の給料が低いと感じたり、年齢を重ねても年収がさほど変わらないと不満を覚えたりした場合に退職を考え始める方が多く見られます。

(理由その4)残業が多すぎる

残業が多すぎると、精神的にも肉体的にも大きなストレスになります。

特に残業代が出ない会社の場合は、不満ばかりが溜まってしまって体調を崩す原因にもなるでしょう。

(理由その5)企業の将来性に不安を感じる

就職する際は、その企業の将来性に夢を抱いていた方がほとんどでしょう。

しかし、実際に働いているうちに業績が著しく悪化した、あるいは企業の非人道的な行いに納得がいかないなどの理由で、仕事を辞めたいと悩むケースは少なくないようです。

(理由その6)体調を壊してしまった

病気になって仕事が続けられない場合は、一刻も早く休職あるいは退職をして身体のケアを優先させる必要があります。

また、職場の人間関係へのストレスなどで身体の調子が悪い、肉体労働がきつくて身体が悲鳴を上げているなど、今後のことを考えて退職を考える場合も多く見られます。

仕事を辞めたいと思ったときに実行したい7つのこと

仕事を辞めたいと思ったときに実行したい7つのこと

仕事を辞めたいと思って、辞表を出すことは簡単です。

しかし、その前に以下でご紹介する5つのことを実践してみてはいかがでしょうか。

  1. 仕事を辞めるリスクを認識する
  2. 自分の考え方や行動を見直す
  3. 部署の異動で解決できないか探る
  4. 仕事以外の楽しみを見つける
  5. 信頼できる人に相談する
  6. 退職に適した時期を確認しておく
  7. 転職したい企業を探してみる

もしかしたら、今のストレスフルな状態から脱却できるかもしれません。

実際にどのようなことを実行したらいいのか、ひとつひとつ見ていきましょう。

1:仕事を辞めるリスクを認識する

退職には2つのリスクがともないます。

1つは経済的なリスク、そしてもうひとつは社会的なリスクです。

経済的なリスクとは、お給料がもらえなくなること。

今の会社を辞めてすぐに転職できる場合は問題ないですが、辞めてから転職活動をする場合や、とりあえず感情的に辞めてしまった場合は、この経済的リスクが大きくのしかかってくるでしょう。

また、社会的なリスクとは、ご自身の信用に関わる問題のことです。

特に入社して1年足らずの方、あるいは20代前半などあまりに若い年齢の方の場合には、「転職してもまたすぐ辞めるのでは?」と思われるなど、退職することがマイナスポイントになる恐れがあります。

とはいえ、長年勤めていて年齢が高い方のほうが低リスクというわけではありません。

逆にフレキシブルさに欠けるため、企業によっては積極的に採用していないケースもあります。

このように、仕事を辞めることはさまざまなリスクと隣り合わせです。

辞めるメリットとデメリットを慎重に考慮して、退職すべきかどうかを検討する必要があるでしょう。

2:自分の考え方や行動を見直す

仕事を辞めたい方のなかには、原因のすべてが会社にあると思い込んでいる方もいるかもしれません。

しかし、そのような考えでいる限りは、たとえ転職をしてもまた別の不満が生まれてうまくいかない傾向があります。

そのため、

もしかしたら自分の考えや行動に原因があるのかもしれない

と、自分自身を見つめ直すことが非常に大切です。

考え方や行動を少し変えてみるだけで、人間関係が良くなったり仕事がしやすくなったりすることはよくあります。

3:部署の異動で解決できないか探る

もし、現在の仕事内容や人間関係に悩んでいて仕事を辞めたくなっているのなら、思い切って部署の異動を提案するのも手です。

そんなカンタンにできることじゃない・・・

確かにその通りです。

しかし、そもそも仕事を辞めるか否かで悩んでいるわけですから、異動の提案は退職に比べ伝えるプレッシャーはそう大きくはないはずです。

もちろん異動については、自分自身が許容できる範囲でなくてはいけません。

自分自身が現状より「楽になること」「成長できる場にいること」などを基準に決定していきましょう。

もし、断わられてしまったとしても、そのときこそ「退職」すればいいだけです。

4:仕事以外の楽しみを見つける

仕事に関する悩みにばかり気を取られてしまうと、辞めたい気持ちが高まる一方です。

そこで、仕事以外の面で楽しみや生きがいを見つけてみてはいかがでしょうか。

プライベートが充実していると、仕事で嫌なことがあってもリセットされやすいためおすすめです。

たとえばがんばって働いたお金で海外旅行に行く、ジム通いやヨガを始めてみるなど、気持ちをリフレッシュできることを実践してみましょう。

5:信頼できる人に相談する

仕事を辞めたいという思いは、なかなか人に相談しにくいかもしれません。

しかし、自分ひとりで決めてしまうとあとで後悔する傾向があるため、行動に移す前に親しい人に相談しましょう。

そのときは、家族や信頼できる友人など、自分のことをよく理解してくれている人を選ぶことが大切です。

そうすることで、今後どうしたらいいのか客観的な意見を聞くことができ、冷静に将来を見据えることができるでしょう。

6:退職に適した時期を確認しておく

自分自身の中で、辞める方向に気持ちが固まってきたのなら、いよいよ具体的な退職時期を決める段階です。

このときは、自身が抱えているプロジェクトや引継ぎのこともある程度考慮していきましょう。

もしボーナスが近いのなら、ボーナスをもらってから退職するのが得策です。

また、とくに仕事の区切りがない状況であるのなら、先に次項で紹介する転職先を探す段階に入ってしまっても良いでしょう。

良さげな転職先が見つかってから、退職を切り出しても遅くはありません。

Tips

転職時期の最適なタイミングについて、より深く知りたい方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

転職時期のおすすめは?ボーナスをもらって退社する秘訣も徹底解説!転職時期のおすすめは?ボーナスをもらって退社する秘訣も徹底解説!

7:転職したい企業を探してみる

実際に退職を決断する前に、転職サイトなどで求人情報をチェックしてみるのもひとつの方法です。

自分の年齢や経験、スキルなどを踏まえて、もしも転職するとしたらどのような求人に応募できそうなのかを調べてみてはいかがでしょうか。

すると、

こんなに条件が良い求人があるならなおさら転職したい

と、仕事を辞めたい気持ちに拍車がかかるかもしれません。

逆に、

この程度の求人しかないのか

と、現在の仕事を見直すきっかけになる可能性もあります。

いずれにしても退職や転職を決める前に、あなた好みの求人があるのかどうか探してみましょう。

転職活動は在職中?それとも退職後?

転職活動は在職中?それとも退職後?

さまざまなリスクを踏まえ、工夫をしたうえでもやはり「仕事を辞めたい」と強く思うのであれば、それは間違いなく辞め時です。

ぜひ転職活動を進めていきましょう。

そこで気になる点が、在職中に転職活動をするほうがいいのか、それとも退職後に転職活動をするほうがいいのかというところ。

ここでは両者のメリット・デメリットを挙げながら、転職活動のタイミングについて解説していきます。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

まずは在職中に転職活動をするメリット・デメリットから押さえておきましょう。

メリット

  1. 経済的リスクが少ない
  2. 離職期間を気にする必要がない

在職中に転職活動をする最大のメリットは、収入を得ながら活動を進められることです。

経済的な不安を感じることがないため、お金のことで焦らずに自分のペースで転職先を見つけられます。

また、次の勤務先が決まってから退職することで、離職期間を気にせずに済む点も大きなメリットです。

離職期間が長ければ長いほど転職には不利であるといわれているため、精神的に余裕をもって活動を進めていけるでしょう。

デメリット

  1. 転職活動にあてる時間の確保が難しい
  2. 内定後にバタバタしやすい

仕事と両立しながら転職活動を行うため、どうしても時間調整が難しくなりがちです。

面接に行ける時間が少なく日程調整が難航したり、休日はほとんど転職活動に取られてしまったりなど、時間に余裕がなくなってしまう点が懸念されます。

また、できるだけ早く人材が欲しいと考える企業が多いので、採用される側としては内定後に忙しくなることを覚悟しておきましょう。

「有休をすべて消化してから晴れて新しい会社へ」と思い描いていても、希望通りにならない可能性は大いにあります。

退職後に転職活動をするメリット・デメリット

続いては、退職後に転職活動を始めるメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

  1. 転職活動に使える時間がたくさんある
  2. 日程調整がしやすい

ひとまず退職をしてから転職活動を始める場合は、じっくりと時間をかけて活動を進めることができます。

現在の仕事が忙しくて活動の時間が取れない方や、仕事と転職活動の両立に不安を感じる方にはメリットが大きいでしょう。

また、急な面接にも対応しやすいなど、日程調整が容易にできる点も退職後ならではのメリットです。

企業からの要望に柔軟に対応できるため、会社に在籍しながら活動するよりも活動は進めやすくなります。

デメリット

  1. 経済的リスクが大きい
  2. 離職期間が不利になる恐れがある

退職してから活動するため、転職先が決まって最初の給料日までは給与所得がない状態が続きます。

転職活動中は意外とお金がかかるため、「在職中に活動すればよかった」と後悔するケースは少なくありません。

なかには、失業保険があるから大丈夫と考える方もいるでしょう。

しかし、失業保険は支給されるまでに数ヶ月かかるので、場合によっては生活に不安を抱えた状態で転職活動を進めることになるでしょう。

また、もうひとつ懸念しておきたい点が、離職期間が与える影響についてです。

ブランクがあると転職の際に不利になる恐れがあるほか、離職期間が長引くと「早く決めなければ」と焦ってしまい転職先を妥協してしまう傾向があります。

(結論)転職活動は在職中がベター

どちらにもメリット・デメリットはあるものの、総合的に見ると在職しながらの転職活動のほうがリスクは少ないといえるでしょう。

たとえ今すぐに仕事を辞めたいと思っても、早まらずに転職先が確定してからの退職をおすすめします。

転職活動を成功させる4つのポイント

転職活動を成功させる4つのポイント

仕事を辞めて転職すると決意した際には、次こそは自分に最適な会社を見つけて有意義に働きたいものです。

そこで、転職活動を成功させるためにぜひ実践したい4つのポイントをまとめました。

(ポイントその1)転職理由はポジティブな内容に

もしも「一刻もはやく今の会社を辞めたい」と思っていても、それをストレートに伝えてしまうとマイナスイメージがついてしまいます。

転職活動で伝える転職理由は、「キャリアアップしたいから」などポジティブな内容にすることを心がけましょう。

(ポイントその2)現職での経験やスキルを磨く

経験やスキルは、転職活動の大きな武器になります。

少しでもはやく理想的な転職が決まるように、まずは現職での経験やスキルをしっかりと磨いておきましょう。

また、仕事を辞める前に、転職に有利になりそうな資格にチャレンジするというのもひとつの方法です。

将来に向けて、焦らず着実に進んでいきましょう。

(ポイントその3)自分に合う転職先を慎重に見極める

いくら早く転職したいからとはいえ、妥協は禁物です。再び会社を辞めるという事態に陥ることがないよう、転職先は慎重に探す必要があります。

自分に合う転職先を見つけるポイントは、とにかく多くの求人をチェックすること。

いろいろと募集要項を比較することで、自分が会社に求める条件がおのずと見えてきます。

(ポイントその4)転職サイトやエージェントを利用する

転職活動の大きな道しるべになってくれるのが、転職サイトや転職エージェントの存在です。

特に転職エージェントは、ひとりひとりにキャリアアドバイザーが付いてあなたに最適な求人を紹介してくれたり、履歴書や経歴書の添削や面接の調整などを行ってくれたりと親身にサポートしてくれます。

そのようなサービスを利用することで、ひとりで活動を進めるよりも断然スムーズに転職が決まるでしょう。

無料で利用できるサービスもたくさんあるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

≫ すぐに「転職エージェントのおすすめ」を見る

仕事を辞めたいならまず確認!おすすめの転職サイト5選

先述したように、「仕事を辞めたい」と考えているのなら、転職サイトでどういった求人があるのかを目を通してから決めるのも手となります。

そこでここでは、本当におすすめできる転職サイトを5つほど厳選し紹介。

では早速、順に確認していきましょう。

Tips

もし以下以外の転職サイトも確認したいというなら、以下に紹介する「転職サイトのおすすめ」に目を通してみましょう。

転職サイトおすすめ16選を比較!選び方と最新ランキングの解説転職サイトおすすめ16選を比較!選び方と最新ランキングの解説

業界最大手の「doda」

doda

「doda(デューダ)」といえば、聞いたことがない方は少数派というほど、有名な転職サイトとなります。

掲載されている求人数も10万件以上と、かなり豊富で非公開求人も多数

非公開求人は、一般的に条件が良い案件が多いことから、転職サイトを選定する際のひとつの指針としても重要視される部分です。

だからこそ、「まずは登録しておこう」といった考えで、多くの方が登録しているのでしょう。

またサービス内容についても充実しており、スカウト機能があることはもちろん、セミナーの開催や転職に役立つツールなども提供。

転職ノウハウについてもコラムも豊富などで、転職したい方はそういった情報に目を通してみるだけでもメリットがあるでしょう。

転職サイトに迷っているなら、まず検討しておきたい候補となります。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

もしあなたが30代なら、以下の記事も参考になります。

30代ならではの転職情報が掲載されていますので、サッとでも目を通してみましょう。

30代向け転職サイトおすすめ19選を比較!賢く利用するには?30代向け転職サイトおすすめ19選を比較!賢く利用するには?

20代からも好評で幅広い求人が魅力の「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」も、転職サイトでは大手となる、登録必須のサービスとなります。

こういわれているのもリクルートの影響もあり、取り扱い求人の80%以上が「リクナビNEXT」のオリジナル求人

だからこそ、他サイトに登録するライバルに関係なく案件選びができるのです。

また掲載されている求人の大半が正社員募集のため、その点でも安心できるでしょう。

もちろん、その職種の範囲は幅広く、自身にとって最適な案件に出会う確率も高くなります。

どの職種にしようか確定していない方、他の求人サイトで見かけない案件も見てみたい方は、「リクナビNEXT」を確認してみるといいでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

もしあなたが20代なら、以下の記事も参考になります。

20代の方向けの転職ノウハウも紹介されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

20代向け転職サイトおすすめ15選を比較!選び方や注意点は?20代向け転職サイトおすすめ15選を比較!選び方や注意点は?

ハイクラス求人も多数の「ビズリーチ」

ビズリーチ

「ビズリーチ」についても、知っている方は多いのではないしょうか?

ビズリーチで掲載されている案件の特徴は、とにかく即戦力を求められる求人が多いこと。

なんと年収が600万円オーバーの求人を、多数扱っているのです。

そのため、自身の経歴やスキルにちょっとした自信があるのなら、ぜひ登録しておきたい転職サイトとなるでしょう。

また経歴や保有スキルを重要視していることもあり、「ビズリーチ」ではあまり年代は関係ありません。

ヘッドハンターからのスカウトもあるため、スムーズな転職を支援してくれるはずです。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

ハイクラス向けの転職エージェントをもっと確認したいという方は、以下の記事も参考になります。

選択肢を広げる意味でも、目を通しておくと良いでしょう。

ハイクラス・エグゼクティブ人材向け転職エージェントおすすめ13選を比較!ハイクラス・エグゼクティブ人材向け転職エージェントおすすめ13選を比較!

女性の転職なら「type女性の転職エージェント」

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」は、その名の通り女性に寄り添った転職エージェントで、利用した方の約7割以上が年収アップに成功している実績があります。

これは、年収アップのためのノウハウを伝授してくれること、さらには企業へ年収交渉もしてくれるサポート力があるためといえるでしょう。

また在籍するキャリアアドバイザーには女性が多く、女性ならではの悩みも丁寧に相談に乗ってくれるのが魅力でしょう。

また抱える案件は、キャリアアップができるものから、家庭と仕事の両立ができる案件まで、実に幅広く扱っているのが特徴。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

女性に特におすすめの転職エージェントは、以下の記事でも紹介しています。

気になる方は、一読しておくといいでしょう。

女性から人気がある転職エージェントおすすめ10選を比較!賢く選ぶには?女性から人気がある転職エージェントおすすめ10選を比較!賢く選ぶには?

IT特化でおすすめの「GEEKLY」

GEEKLY

「GEEKLY」はITに関する案件を多く抱えており、在籍するキャリアアドバイザーはITエンジニア出身と、現場に向けた生きたアドバイスをくれるサポート力も持ち合わせています。

さらに「GEEKLY」の強みは、そのスピード感にもあります。

すべての工程をスピーディに的確に実施してくれるため、転職にかける時間も短くなる傾向に。

たとえば、キャリアアドバイザーからのヒアリングが終われば、その場で適した案件を20件近くも紹介してもらえます。

間をあまり開けることなく、効率よく転職したい方は、「GEEKLY」が良い選択肢となりそうです。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

上記のようなエンジニア向けやWebデザインなどの転職なら、以下の記事もおすすめです。

職場情報を効率良く集めるためにも、手札は広げておきましょう。

ITに強い転職エージェントおすすめ16選を比較!最適なのは?ITに強い転職エージェントおすすめ16選を比較!最適なのは?

仕事を辞めたいなら今のうちに「転職エージェント」も活用しよう

仕事を辞めたいなら今のうちに「転職エージェント」も活用しよう

今後の転職について不安を感じているのなら、サポートが手厚い転職エージェントにも目を向けてみましょう。

次に選ぶ職場は、「仕事を辞めたい」と感じた今回のような職場で課題となった部分がない、もしくは解消されている職場がいいですよね?

そのためには、事前に職場の雰囲気や情報について、正しく把握していなくてはなりません。

とはいえ、自身で一般的な転職サイトで案件を探すのも、また似た職場を選んでしまう可能性もあり不安でしょう。

そこで活用したいのが「転職エージェント」というわけです。

ここでは、この「転職エージェント」について、転職サイトとのちがいを踏まえながらメリットや活用ステップを紹介していきます。

転職エージェントを活用するメリット

「転職エージェント」を活用するメリットには、ザっと並べただけでも以下のようなものがあります。

  1. 転職のプロが転職希望者の要望や特性を見極めて厳選案件を紹介してくれる
  2. 今後のキャリア形成を一緒に考えてくれる
  3. 新鮮な職場情報が手に入るようになる
  4. 書類作成や面接対策などを実施してくれる
  5. 条件・年収交渉などを代わりに実施してくれる
  6. 入社後のフォロー(相談など)を受けてくれる

転職エージェントでは、基本的に転職希望者に対して、一人以上の専任キャリアアドバイザーがつくのが一般的です。

つまり、転職希望者のヒアリング内容や特性をもとに、転職成功まで一貫して手助けをしてくれるわけです。

また、上記で挙げたメリットは、ほとんどの転職エージェントで無料で実施してくれるサービス。

これなら活用しない手はないのではないでしょうか?

忙しくてなかなか転職活動ができない方はもちろん、次回の転職で失敗したくない方も、積極的に利用していくべきサービスといえそうです。

転職成功のためのステップとは

では転職エージェントを活用して、転職を成功に導くためのステップについても見ていきましょう。

具体的なステップ
  1. 次回の転職先で「絶対譲れない条件」を書き出す
  2. 「妥協してもいい条件」も書き出す
  3. いつまでに転職がしたいのかを明確にする
  4. 転職エージェントに複数登録しておく
  5. 面談などしてもらいキャリアアドバイザーとの相性を確認
  6. 積極的に転職に前向きな姿勢をアピールする
  7. キャリアアドバイザーとの連絡はマメに行う
  8. 書類添削や面接アドバイスを受ける
  9. 交渉等は不安なら任せる

このようになります。

まず前提として、転職エージェント側も転職希望者がしっかりと転職後に継続して働いてくれることで、報酬を得る仕組みがあります。

つまり転職する意思が弱い方に対しては、ビジネスという観点上、どうしても優先順位が下がる傾向にあるのです。

また言動や身なりがだらしない方、横柄な態度をとる方も、企業へ紹介する側としてはマイナスの印象となるためご法度。

真剣に丁寧に前向きな姿勢で、転職エージェントを活用すれば、キャリアアドバイザー側も真剣に対応してくれることがほとんどなので、成功確度もグッとあげることができます。

とはいえ、中には相性の合わないキャリアアドバイザーもいるので、その場合は担当を変えてもらうか転職エージェント自体を変えて対策もしていきましょう。

あくまでパートナーという立ち位置で、キャリアアドバイザーを捉える姿勢が大切です。

次こそ失敗しない!おすすめの転職エージェント3選

ここでは、前項の内容も踏まえ、おすすめの転職エージェントについて3つほど紹介していきます。

どれも職種問わず、登録必須の転職エージェントですので、ぜひ参考にしてみてください。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

まず外せない選択肢となるのが、膨大な案件数を抱える「リクルートエージェント」。

その案件数は30万件を超えるなど、モンスター級となっています。

また「リクルートエージェント」では、各業界に詳しい専任アドバイザーが在籍しており、どの業種対しても適切なフォローができる体制があるのも魅力でしょう。

保有している企業情報も豊富で、どういった人物像をもとめ、具体的にどんな社風のもと事業が回っているのか、という内情部分も知ることができます。

どれにすべきか迷ったのなら、転職支援実績No.1の「リクルートエージェント」に、まずは登録してみましょう。

≫ 公式HPを見てみる

2:doda転職エージェント

doda転職エージェント

次に紹介するには、「専任キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当者」からのWフォローを受けられる「doda転職エージェント」です。

専任キャリアアドバイザーは、あなたへの案件紹介やキャリア形成、面接などのアドバイスを一貫してくれる心強い味方ですが、加えて企業情報に詳しい「採用プロジェクト担当者」のサポートもはいります。

これによって、各企業の人事目線を深く知ることができ、内情についても新鮮な情報を手に入れることができるため、入社後のアンマッチを防ぐ体制ができるわけです。

面談は土曜も実施しているので、時間がない方にもおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

3:マイナビエージェント

マイナビAGENT

最後に紹介するのは、とくに20代の転職に強みを持つ「マイナビエージェント」。

抱える求人数も膨大で、未経験歓迎案件や異業種歓迎案件も多いのが特長で、挑戦しやすい環境がここにはあります。

また抱える案件の大半が非公開求人であるため、レアな求人に出会える可能性が高いのも見逃せないポイントでしょう。

在籍するキャリアアドバイザーの質も高く、業界ごとに専任がしっかりとわかれ、適切な情報とアドバイスが期待できます。

あなたがもし20代なら、「doda転職エージェント」は外せない選択肢となるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

 

Tips

ここまで、紹介した以外にも転職エージェントのおすすめを見てみたいという方は、以下の記事も参考になります。

属性別におすすめを紹介していますので、ピッタリのサービスが見つかるはずです。

転職エージェントおすすめ26選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?転職エージェントおすすめ26選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?

仕事を辞めるべきシグナルも把握しておこう

仕事を辞めるべきシグナルも把握しておこう

仕事を辞めたいとはいっても、現状の環境によってはムリをしてしまう方も、少なからずいるもの。

その結果、体調だけでなく、精神も壊すこととなるのです。

それは、あなたの求めている結果ではないですよね?

そうならないように、仕事を辞めるべきシグナルについては、自分自身でしっかりと把握しておくことが大切です。

ここでは、そのシグナルについて紹介していきますので、チェック項目として目を通すようにしていきましょう。

では始めていきます。

ムリしてまで続ける理由はないと知る

まず最初に伝えておくべきは、ムリをしてまで仕事を続ける理由はどこにもないということです。

あなたの人生はあなたのものであって、その会社のためのものではありません

誰もあなたを縛ってはいけないですし、あなた自身が今後の人生を決めていかなくてはいけないのです。

もしそれをムリに止めるようであれば、その会社(上司)の視野が狭い現れでしょう。

あなたは、自分自身の人生を豊かにするための選択だけに専念すればいいのです。

会社のために、身を粉にして自分自身を潰してはいけません

ヘタな美徳に流されず、最良の選択をしていくようにしましょう。

こんなシグナルが出たら要注意

さてここからが本題です。

もし、以下に挙げるシグナルが現れたら、できるだけ早い退職を検討した方が良いでしょう。

早速チェックしてみてください。

  • やる気が消失している
  • 毎朝休もうかどうかの葛藤がある
  • 職場の人と顔を合わせると気分が悪くなる
  • 頭痛や胃痛が慢性的である
  • 夜寝つきが悪く仕事の不安が頭から離れない
  • 食欲がなくなっている
  • 休日も楽しいと感じない
  • 疲れがずっと残っていて取れない

これらの症状が、ひとつでも継続的に続いているのなら、相当なストレスを抱えている証拠です。

この状況がさらに継続してしまえば、回復が困難になってしまうかもしれません。

そうなる前に、早め早めの対処をしていく必要があるのです。

「会社が・・・」「上司が・・・」などは関係ありません。

あなたの体や精神を一番に考えてあげましょう。

今は仕事を辞めるとしても、良い方法がたくさんあります。

次ではその方法について紹介していきます。

仕事を辞めたいと言い出せない方必見!会社への上手な伝え方

ネガティブな退職理由で辞める場合は、特に会社に言い出しにくいものです。

しかし、本音をオブラートに包んで個人的な理由を添えることで、角が立たずに上手に伝えることができます。

おすすめは、「将来やりたいことが見つかった」や「家庭の事情で」と伝えること。

現職への不満は口にせず、円満退職を目指すことが大切です。

とはいえ、退職する旨を伝えるのは、なかなか気が引けるものでしょう。

辞めたいけど言い出せずにズルズルしている

といった方は少なくありません。

そういった方は、「退職代行サービス」を活用するのも手です。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、退職を自力でするのがむずかしい人向けのサービスです。

もし、肩を押してほしいだけなら、無料で相談を受け付けているところもあるので活用してみるといいでしょう。

そもそも、退職自体を自身でやらなくてはならないと決めつけているのは、その人の勝手な固定概念です。

自分自身で退職手続きをすることに対して、わざわざストレスを浴びて、不要に我慢する必要はどこにもありません

会社の人とは、これからも一生付き合うわけでもありませんし、退職してしまえば他人も同然です。

いまの上司ですら元上司でとなり、ただの他人となるのです。

むずかしく考えることはありません。自力での退職がむずかしいのなら、退職代行サービスを利用して、現状から脱出してしまいましょう。

これで脱出!おすすめの退職代行サービス3選

ではここからは、退職代行サービスを検討している方のために、厳選した3社を紹介しておきます。

それぞれに特長がありますので、サッとでも目を通しておきましょう。

では早速、ひとつ目から紹介していきます。

汐留パートナーズの退職代行

汐留パートナーズの退職代行

「汐留パートナーズ」では、すぐにでも辞めたいといったニーズを満たすために、即日で円満退社を目指せる退職代行サービスとなります。

こうしたことが可能なのも、価格は少々高めとなりますが、所属弁護士が徹底サポートをしてくれるため。

ちなみに、会社への金銭請求などは、弁護士しかできない業務となります。

もしいま、給料未払いや残業代未払い、有給取得に悩んでいるのなら「汐留パートナーズ」が心強い味方となってくれるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

「退職代行ニコイチ」は、その歴史も長く14年もの実績があります。

また驚くべきは、その成功率の高さ。実績数も他社より豊富でありながら、その成功率はいまだに100%を維持しているのです。

また退職相談も受け付けており、それだけなら料金はかかりません。

プロの心理カウンセラーが在籍しているため、現在抱える不安なども親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

今の会社から確実に離れたいというのなら、「退職代行ニコイチ」がおすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

Jobs(ジョブズ)

Jobs(ジョブズ)

「Jobs(ジョブズ)」は、弁護士が監修している退職代行サービスで、24時間対応してくれるのが特徴です。

また会社への出社や連絡も不要になるので、精神的な不安もかなり軽減できるのではないでしょうか?

さらに「Jobs(ジョブズ)」では、もし退職できなかった場合は、全額返金もしてもらえます。

かかる費用も雇用形態に関わらず、29,800円(キャンペーン時)と良心的な価格。

もし、なるべく安く退職代行サービスを利用したいのなら、「Jobs(ジョブズ)」がおすすめとなります。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

ここで紹介した以外の退職代行サービスも確認したい方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

退職代行サービスにもいくつか種類があるので、状況に合わせて選ぶことをおすすめします。

退職代行サービスおすすめ25社を比較!選び方や注意点は?退職代行サービスおすすめ25社を比較!選び方や注意点は?

仕事を辞めたい理由と向き合いながら前向きに行動しよう

仕事を辞めたいと思ったら、まずはここでご紹介した対策方法を実践してみましょう。

それでも辞めたい気持ちが変わらない場合は、転職活動に踏み切ることをおすすめします。

その際はぜひ在職中に、転職サイトや転職エージェントなどのサービスを利用しながら理想の転職先を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)