ビートレーディングの口コミ&評判!ファクタリングを見極める情報まとめ

ビートレーディングのファクタリングを検討するとき、口コミ&評判の他にも、“ビートレーディングが安心して選べる企業かどうか”が気になります。

今回は、下記の情報を詳しくご紹介します。

  • ファクタリングの正しい意味やファクタリング会社の選び方
  • ビートレーディングのファクタリングを詳しくご紹介
  • ビートレーディングの口コミ&評判
  • ファクタリング以外の資金調達方法
  • 将来の資金繰りをコントロールするために必要なこと

資金繰りは、経営者にとって最も大切な仕事と言ってもおかしくありません。

今回ご紹介する情報で、これまでは“資金が足りない”と気づいてから悩んでいた方も、これからは資金繰りを自在にコントロールできるようになります!

ファクタリングとは?

ファクタリングをする前に必要な知識として、下記をわかりやすくご紹介します。

正しく理解してから、ビートレーディングのファクタリング情報を収集していきましょう。

  • ファクタリングの正しい意味
  • ファクタリング会社の選び方
  • ファクタリングのデメリットとメリット

ファクタリングの意味

ファクタリングは、「ファクタリング会社が売掛金を買い取る」という意味です。

ファクタリング会社は売掛金を安く買い取り、全額を回収します。

買い取り額と回収額の差額が、ファクタリング会社の利益となります。

ファクタリングは恥ずかしくない!「できる経営者=資金調達できる経営者」

“売掛金の入金が待てないくらい資金が回らない”のは、経営者にとって心が痛む現実です。

そこで自己資金を投入せず、信頼できる資金調達先を持っているかどうかが、経営者としての手腕の分かれ目です。

ビートレーディングを含む健全なファクタリング会社は、回収不能の可能性がある債権は買い取りません。

経営者として、回収できる可能性が100%に近い売掛金を持っていることに自身を持ち、ファクタリングは自在に資金調達をする、1つの方法と考えましょう。

ファクタリング会社の選び方

「ファクタリング会社は、手数料を受け取って売掛金を買い取るのが仕事」と、正しく覚えておきましょう。

売掛金を担保にお金を貸すのは、ファクタリン業者を装った悪徳業者です。ご注意下さい。

健全なファクタリング会社の選び方はこちらです。

  • ホームページが存在し、会社の所在地や連絡先が掲載されている
  • 電話がつながる
  • 相場値に合った手数料請求を行っている
  • ファクタリング前の面談をしっかり行う
  • こちらの企業概要、財務諸表、売掛金の性質をよく精査してからファクタリングをする
  • 財務諸表を分析し、ムリのない範囲でファクタリングをする
  • 時には経営アドバイスも行う

上記をクリアした上で、次に使い勝手を調べて検討します。

  • 過去実績が多い
  • 審査スピードが速い
  • 書類のやり取りは郵送などでもできる

など。

ファクタリングのデメリット

健全なファクタリング会社とのお付き合いも、メリットばかりではありません。デメリットもしっかり理解しましょう。

  • 売掛先に通知が行く場合がある(ビートレーディングは原則通知留保です)
  • 債権譲渡の登記が必要な場合がある(ビートレーディングは原則登記留保です)
  • 手数料の支払いがあるので、売掛金全額が手に入るわけではない
  • 売掛金の性質や売掛先の企業内容によっては、買取してもらえない場合もある

など。

“買取してもらえない可能性がある”という点に関しては、“金融機関に融資申し込みをしても断られる場合がある”のと同じです。

悪徳業者は、高金利を搾取するためにどんな売掛金でもひとまず受け入れる場合があるので、注意が必要です。

ファクタリングのメリット

  • 金融機関の融資よりも、早く資金調達ができる(早ければ即日~)
  • 健全なファクタリング会社であれば、経営アドバイスもしてくれる、頼れる存在
  • 経営者個人の信用情報の照会をしないため、ファクタリング前後に金融機関の融資を申し込む場合にも、審査に影響しない

*信用情報の照会とは、「個人にある信用情報を取り寄せる」ことを言います。法人が融資を受けるときは、一般的に経営者が保証人になるため、経営者の信用情報が照会されます。信用情報の照会記録は2ヶ月間残り、融資を申し込んだ金融機関に悪い印象を与えることがあります。

ビートレーディングのファクタリングについて

では本題の、ビートレーディングのファクタリングを詳しくご紹介していきます。

  • ビートレーディングの会社概要
  • 過去実績
  • ファクタリング内容
  • ファクタリングの流れ
  • ファクタリングに必要な書類

株式会社ビートレーディングの会社概要

ビートレーディングの会社概要は下記の通りです。

一度ホームページをチェックし、企業の雰囲気や社長の言葉なども見てみるのがおすすめです。

(2019年3月時点の情報です)

会社概要 内容 備考
資本金 7,000万円 資本準備金が5,000万円あり
設立年月 2012年4月 ファクタリング会社の中では老舗です
本社、事業所住所や電話番号 ホームページに掲載あり 悪徳業者は掲載していないことがあります
事業内容 ・ファクタリング

・経営コンサルティング

・各種コンサルティング

経営コンサルタントの視点も持っています
沿革 ・2012年4月資本金200万円で設立

・2014年郵送契約開始

・2015年資本金1,000万円に増資

・2017年資本金7,000万円に増資

その他 ・会長・社長を始め、社員も顔出しでホームページに掲載されていますので、信頼度は高いです。

・採用情報では、女性中心に求人をしています

ビートレーディングのファクタリング過去実績

ビートレーディングは、過去15,000社以上(2017年6月時点)に選ばれた実績があり、リピート率は93%です。

他のファクタリング会社を調べると、過去実績を紹介している会社は少数です。

経験値の高さは、相談内容に答える幅の広さに直結しています。

ビートレーディングのファクタリング内容

ビートレーディングでできる、ファクタリングの内容をご紹介します。

買い取り可能な売掛金の種類

 

売掛金(売掛先が問題のない法人のみ)

診療報酬

介護報酬

買い取りできない売掛金 ・売掛先が個人(飲食、美容、小売店などのカード払い分の売掛金など)

・支払期限が過ぎている売掛金

・入金日がはっきりしない売掛金

・手形割引(手形割引はファクタリングではない)

買い取りスピード 資料が整っていれば即日~

*金額が大きい場合は1日~

手数料と取引方法

 

・最安2%

・平均15~17%

*売掛金の性質や売掛先の信用度などによって違います

*他社では「売掛金の〇%」という掛け額がある他に手数料が必要な場合もありますが、ビートレーディングは手数料のみです

 

取引方法
2社間ファクタリング
(取引先に知らせずに済むけど手数料が高い)

3社間ファクタリング

(取引先に知らせるけど手数料が安い)

買い取り可能な売掛金の額 数十万円~数億円
取引対象 法人・個人事業主・新規開業

・創業1年未満OK

・赤字決算の法人・個人事業主OK

・債務超過の法人・個人事業主OK

・銀行融資が断られてもOK

・税金滞納ありOK

・他金融機関との併用OK

契約種類 ノンリコース契約

*契約後に売掛先が倒産、支払遅延、民事再生などで売掛金の回収ができなくても、売掛金額を支払うよう請求されない。(ただし、請求ミスなどは例外)

ビートレーディングには、電話・メール問い合わせの他に、ホームページ上でのチャット問い合わせもあります。

疑問をすぐに解決できますので、ぜひ活用してみて下さい。

ビートレーディングでファクタリングをする流れ

ビートレーディングに限らず、売掛先に問題がなくて書類がそろっていれば、ファクタリングは簡単にできます。

他社ではオンラインのみ・郵送のみでファクタリングできる場合もありますが、ファクタリング会社の企業情報を調べてから手続きを進めるのがおすすめです。

ビートレーディングでのファクタリングの流れは下記の通りです。

  1. ビートレーディングのトップページ下にある『必要資料』をクリック
  2. 『必要資料ご案内』ページにとぶ
  3. 下にスクロールし、『本査定申込書』の『必須』欄に入力をする
  4. 『ファイルアップロード』で必要資料を提出すれば、審査スピードが速くなる(*書類提出は、持込、Eメール、FAX、郵送でも可能です)
  5. 『入力内容を確認する』をクリックし、入力内容を確認
  6. 『送信』をクリック
  7. 土日祝日を除いて、最短30分で連絡が来ます
  8. ビートレーディングの会社に訪問するか、出張で来てもらい契約をする

ビートレーディングのファクタリングに必要な書類

上記の審査に必要な書類を提出し、その後指示を受けて契約のための書類を提出します。

審査に必要な書類
  • 売却する売掛先からの、過去の入金がわかる通帳コピー(表紙、裏表紙を含めて3ヶ月分)
  • 売却する売掛金の内容がわかる契約書、発注書、請求書等
契約に必要な書類
  • 商業登記簿謄本 1通
  • 印鑑証明書 3通
  • 住民票
  • 決算報告書or確定申告書

必要書類は変わる可能性があります。

スムーズに契約~入金を進めるために、契約前に書類がそろった時点で、不足がないかを担当者に確認するのがおすすめです。

ビートレーディグのファクタリング~口コミ&評判

ビートレーディングのファクタリングを実際に利用した方の、口コミ&評判をまとめました。

対応

「ビートレーディングに行って契約する時間が取れない」と相談したら、全国出張可能ということだった。

一度利用して満足し、その後も何度も出張して来てもらっている。

事業開始直後でも、ファクタリングをしてくれた。

銀行から融資を受けられるほど実績がなくて困っていたので、助かった。

他のファクタリング会社数社に相談をしたが、ビートレーディングが一番親身になって話を聞いてくれた。

遠方からの申込だったが、翌日には出張して来てくれた。

申し込み前の質問にも、親身になって答えてくれた。

銀行に行っても事業ジャンルがITなので良い顔をされず、融資が受けられませんでした。

ビートレーディングで資金調達ができてホッとしました。

飛び込みで営業終了間際に訪問したのですが、親切に対応してもらえました。

ホームページで「簡単に手続きできる」と書かれていましたが、信じていませんでした。

本当に手続きが簡単で、驚きました

信頼性

取引先にも融資を受けている銀行にも知られずにファクタリングができました。

会社の細かい内容も精査されると思っていたが、そうでもなかった。

逆に悪徳業者じゃないかが不安になりました。

担当者に好感が持てるので、ファクタリングだけではなく会社の資金繰り全体を相談しています。

自転車操業状態で相談に行ったら、「ファクタリングはすすめない」とアドバイスを受けました。

ファクタリング契約はできなかったのですが、財務状況についてアドバイスももらい、相談に行ってよかったと思っています。

ファクタリングの存在を元々知らなかったのですが、ビートレーディングとお付き合いが始まってからは、銀行に行くより先に相談することもあります

ビートレーディングとお付き合いを始めてからは、経理の人材を雇うのをやめました。

経営コンサルティングも委託して、信頼しています

銀行の融資対策などもアドバイスをしてくれます。

手数料

申し込み前に手数料がわからないのが不安…。

手数料が思っていたよりも高かったので、他社にも相談に行ってみればよかったと思っています。

他社にも相談に行き、手数料が一番安いビートレーディングに決めました。

ちなみに、他社の半額でした。

スピード

申し込みから3日で入金され、月末支払いに間に合ってホッとしました。

ボーナス支給日までに資金繰りができず困っていました。

希望日前に入金してもらい、無事にボーナスを払い終えることができました。

半日で入金してもらえました。

給料のための資金が足りないことに前日に気づいたミスを補ってもらい、本当に助かりました。

悪い口コミ&評判の数が少ないのが特長でした。

“ファクタリングをして終わり”ではなく、長く信頼関係が築ける会社という印象でした。

ファクタリング人気会社3社を比較

健全なファクタリング会社の中から、ビートレーディングと人気の2社を比較してみます。

ファクタリング会社によって内容に違いがあることを知っていただけると幸いです。

ビートレーディング 日本中小企業金融サポート機構 三共サービス
設立 2014年 2017年 2001年
特長 高いリピート率と実績 郵送で全ての手続きが終了する郵送ファクタリング 他社からの乗り換えで、手数料が安くなる
買い取りスピード 即日~ 即日~ 翌日~
手数料と取引方法 2%~平均15~17%

2社間取引
3社間取引

公開されていない
*ホームページから手数料の無料査定ができます2社間取引3社間取引
1.5%~8%

70~80%の掛け額あり

2社間取引のみ

買い取り可能な売掛金の額 数十万円~数億円 公開されていない 50万円~3000万円
取引対象 法人・個人事業主 法人・個人事業主 法人のみ
契約種類 ノンリコース契約 公開されていない ノンリコース契約

ビートレーディングのように、ホームページ上でほとんどの情報が得られるファクタリング会社は少数です。

手数料が納得いかないなどの問題が起きたら、悪徳業者に気をつけながら、数社に相談するのがおすすめです。

ファクタリング以外の資金調達方法をご紹介

資金不足に悩むときは、手っ取り早く高金利のカードローンなどが思いつきがちです。

後の返済に苦しまないためにも、他の資金調達方法を知っておきましょう。

助成金や補助金

国、自治体、団体などから、返還不要の助成金や補助金が出されています。

受給には条件がある&すぐには入金されませんが、計画的に活用すれば、資金繰りの大きな味方になります。

銀行融資

融資を受けるためには条件がありますが、創業して間もなくの場合は金利が安いなどの優遇措置もあります。

クラウドファンディング

資金を手にするまでに時間と手間がかかりますが、事業を開始or成長させるときのファンづくりもできる資金調達方法です。

投資家からの投資、事業提携など

人脈をフルにいかして、事業内容に賛同してくれる投資家や企業と出会って資金調達する方法です。

どの方法もデメリット・メリットがありますが、計画的に行動すれば活用できる可能性が高まります。

資金繰りを自在にコントロールするために必要なこと

会計士、税理士、優秀な経理担当者などに、税務や会計を全て任せていないでしょうか?

「技術やアイディアに自信があっても数字は苦手」という経営者の方のために、資金繰りに必要な数字の情報を簡単にご紹介します。

経営者の必須科目・財務諸表の見方、考え方を簡単に紹介

決算報告書の中で把握しておくべきなのは、『貸借対照表』と『損益計算書』です。

右上に『別表』と書いてある書類は、普段は全く使いません。時間に余裕のあるときに眺めるくらいで大丈夫です。

『損益計算書』(以下、B/S)

本業の売上、原価、経費を見て、本業でいくら利益が出たかを把握します。

想定している原価率を守り、経費の中で比重が大きい科目を常に把握しておきましょう。

『貸借対照表』(以下、P/L)

“資産の部”と“負債の部”のバランスを把握します。

現金化できる資産に対してどれだけの負債を抱えているかがわかります。

「P/Lを見て利益が出ている、B/Sを見てバランスも悪くない…でも、いつも資金繰りに困っている!」とお悩みの方は、次にご紹介するキャッシュフローを把握していない可能性があります。

半年先までのキャッシュフローを常に把握

キャッシュフローは、お金の実際の動きがわかる書類です。

トップの項目は“利益”で、“利益にプラスで入ってきたお金”と“利益からマイナスされたお金”が把握できます。

B/SとP/Lだけ見て前期が終わった気分になっていると、落とし穴があります!

それは、前期の利益から発生した法人税等や消費税等の支払いです。

企業規模によって、税金の支払い時期は様々ですので、税理士や会計士に、常に半年先までのキャッシュフローを作成してもらい、説明を受けましょう。

税金だけではなく、忘れがちな“源泉所得税納期の特例”や“社会保険料”の支払い時期の把握も必須です。

半年先までの資金繰りが頭にあれば、資金不足の予測がついた時点で様々な対策を検討できます。

税理士や会計士に顧問料を支払っている場合は、書類作成だけを委託しているわけではありません。

お金に関する相談や質問を、どんどんぶつけていきましょう。

まとめ

ビートレーディングのファクタリングについて詳しくご紹介してきました。

口コミ&評判では悪いものがほとんどなく、安心して問い合わせができます。

今回ご紹介した情報を参考に、常に計画性を持って資金繰りに取り組んでいただければ、他社から一歩前に出た、安定した企業への道を進むことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)