理系でおすすめの稼げる仕事を紹介

理系なのでせっかくなら学んだことを活かして稼げる仕事に就きたいけれど、具体的にどのような職種を目指せばよいのかよくわからない人も多いでしょう。

この記事では理系で稼げる仕事について詳しく解説します。

理系で稼げる仕事


理系で稼げる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

稼げる理由も一緒にご紹介します。


ITアーキテクト

ITアーキテクトは耳慣れない職業かもしれませんが、経営戦略やビジネスプロセスに基づきITシステム全体を設計する仕事で、ITエンジニアやITコンサルタントとして経験を積んだ後になることができます。

開発の上流工程を担う仕事なので年齢が若くても平均以上の年収が期待でき、マネージャークラスで年収1000万円に達するでしょう。


一級建築士

一級建築士は木造建築士、二級建築士と比較すると設計できる建物に制限がなく、業務用物件などの大規模な建築設計にも携わることができるため、稼げる仕事だと言えるでしょう。

大手ゼネコン、ハウスメーカー、設計事務所などさまざまな場で資格を活用することができます。


研究開発職

メーカーの研究開発職は学んできた分野をそのまま活かせることと、大学院卒者がほとんどの割合を占めることもあり、平均年収と比較すると給与が高い傾向にあります。

食品メーカー、日用品メーカー、半導体メーカーなど開発する内容によって求められる知識の分野も異なるのが特徴的と言えるでしょう。


教授

大学教授は平均年収1000万円を超えますが、准教授や大学講師も平均年収より上なので、理系の人が安定して稼げる仕事だと言えるでしょう。

近年授業や研究だけではなく、産学連携やメディア出演などさまざまな他の分野で活躍する教授も増えてきたので、自分の知識を活かして社会貢献することでたくさんお金を稼ぎたい人におすすめです。

「大学教授」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「 BIZREACH(ビズリーチ)」をチェック

[/box]


アナリスト

経済の動向や投資について分析する投資アナリストは証券会社・シンクタンク・銀行など給与の高い企業で活躍することができます。

新卒でいきなりアナリストとなるのは難しいですが、金融業界でさまざまな経験を積み、適性があれば大きな成果を挙げることができるでしょう。


医師

医師は人の命を救うという責任が重く、激務な仕事でもあるので理系の職業の中でも年収の高い仕事と言えるでしょう。

社会インフラとして将来的にも安定した仕事と言えるので、志を持って働きたい人におすすめです。

Tips

「医師」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「m3.com CAREER(エムスリーキャリア)」をチェック


MR

MRとはMedical Representativesの頭文字を取ってつけられた名前で、日本語では医療情報担当者と訳されます。

患者さんの命に関わるという高い倫理観を持ち、高度な専門的知識を活かすことを求められるため平均年収も高くなるのです。


大手総合商社

理系でも文系でも大手総合商社の仕事は年収が良いと言えます。

経営規模が大きく扱う金額も大きくなるため、それが給与にも反映されるのです。

メガバンク

フィンテック(ITと金融の融合)の動きが加速する中メガバンクグループでは理系人材の確保に力を注いでいます。

IT人材は現在超売り手市場のため、給与にもそれが反映されていると言えるでしょう。

理系で稼げる仕事につける学部


理系で稼げる仕事に就くためには、どのような学部を選択すれば良いのでしょうか。

3つに分けてご紹介します。

医学部・歯学部・薬学部

出身学部別で20代の平均収入が多いのが医学部・歯学部・薬学部出身者だと言えるでしょう。

卒業してなれる職業が医師・歯科医師・薬剤師・MRと平均年収の高い職種が多くなるため初任給からそれなりに差がつくのです。


情報系学部

情報系学部を卒業してIT関連企業に就職する人は多いでしょう。

現在IT人材は不足しており、2030年時点での人材不足規模は約59万人にもなると予想されているため情報系学部卒業者にとっては超売り手市場と言えます。

このような状況に伴いIT企業での待遇が改善されてきているので、継続的に稼げる環境に変わってきつつあると言えるでしょう。

参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

 

工学部

工学部卒業者は元々就職に強いと言われますが、それは設計分野、IT分野、自然科学分野など企業にとって仕事で活かしてほしい知識を大学である程度身に着けているためです。

また卒業してなれる職種の1つとして一級建築士があるのも卒業後すぐに稼げる要因になっていると言えるでしょう。


理系で稼げる仕事につくには


理系で稼げる仕事に就くポイントを3つご紹介します。


分野をきめて学ぶ

理系で稼げる仕事に就くためには、どのような専門分野の知識を身に着けたいかを決めて学ぶのが良いでしょう。

先に就きたい職種をある程度決めてから学部を決めるといった方法もおすすめです。

大卒以上

大卒以上の学歴は社会で生きていく上で必須ではありませんが、理系で稼ぐには大きな武器となります。

稼げる仕事の選択肢を増やしたいなら、大学を卒業しておきましょう。


スキルをみにつける

IT系の企業を希望するならプログラミングスクールへ通うなど、大学で学ぶこと以外にも積極的にスキルを身に着けようと努力した学生は、稼げる仕事に就きやすくなるでしょう。

文系の稼げる仕事を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

まとめ

理系で稼げる仕事に就くためには、大学時代に身に着けた知識を活かして資格を取得したり、社会的にニーズの高いスキルを選んで身に着けたりすることが大切だとわかりました。

理系学部で学んだ高い専門性を活かして、大きく社会貢献できる仕事に就いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)