高卒で稼げる仕事を紹介!高収入の仕事とは?

日本はいまだに学歴社会であり、大卒と高卒の給与の差があります。

また大卒でないと勤まらない職種が多いことが現実です。

しかし高卒であっても、稼ぐことができる職種は多くあります。

ここではそれらの職種を詳しく説明していきます。

高卒の給与と大卒の給与の差は

高卒の初任給は平均で16万円となっており、大卒の平均22万6,000円とは大きな差があります。

初任給は仕事内容や都道府県によっても異なり、東京だと約17万8,000円であり日本では最も高い数値となっています。

また職種においては、建設業が約17万6,000円、情報通信業が約17万1,000円と平均よりも高めの設定となっています。

 

こちらの記事では高卒男性が就職しやすい業界について詳しく解説していますので参考にしてみてください。

高卒でも稼げる仕事の業種は

それでは実際に高卒でも稼ぐことができる業種を、それぞれ詳しく説明していきます。

 

営業職

営業職は初任給は決して高くはありません。
しかし数字が大きく影響する職種であるため、給与を大きくあげるチャンスがあります。

 

特に保険の営業など歩合給の割合が多い営業職だと、高卒であったとしても年収1,000万まで稼ぐチャンスは十分にあります。

 

工場作業

工場作業も最初は給与が高くないかもしれないですが、できる仕事が増えていくと学歴関係なく給与アップのチャンスがあります。

またフォークリフトが乗れるようになるなど、資格をとって仕事の幅を広げることにより給与アップすることもあります。

 

また深夜帯の仕事も多く、自然と給与アップすることができます。

 

Webエンジニア

Webエンジニアはスキルが必要であり、学歴はあまり評価されません。

最近ではオンラインなどで勉強できるスクールが多く、しっかりとしたスキルを得てポートフォリオを提示することで大企業で勤めるチャンスもあります。

またスクールが就職活動をサポートしてくれることもあります。

 

またスキルを活かして独立することもでき、将来的には年収1,000万円を超えるチャンスもある仕事です。

 

一度スキルを身に付ければ、あとはパソコンが必要なだけなので大きな出費も必要ありません。

 

公務員

公務員は大卒でないといけないイメージが強いのですが、実は高卒でも就業可能です。

公務員にもいろいろな種類があり、高卒でもOKの職種があるのです。

 

高卒で就職できる主な公務員の仕事が、自衛官、消防士、警察官、そのほか学校や役所での事務仕事です。

警察庁は国家公務員ですが、そのほかの仕事はほとんど地方公務員であり地元での仕事となります。

警察官は階級による年収差が大きいため、高卒だと初任給は高くないのですが試験などを受けて出世し、給与をあげていくチャンスはあります。

 

この点は自衛官や消防士でも同じことがいえます。いずれも年齢制限があるので、就職を考える前に確認をするようにしてください。

 

最後に高卒でも仕事には就けますが、給与アップを目指す方はさらに勉強をしていくことをおすすめします。

 

販売職

販売職は学歴を求めることが少なく、高卒で仕事をはじめ大卒の年齢になる前に店長になっているケースも少なくありません。

また販売職の案件は常にあり、遠くまで行かなくてもある程度地元でも探せる仕事です。

 

土日祝は休みにくいですが、逆に平日に休みがとりやすいのもメリットと言えるでしょう。

 

飲食サービス業

販売業と同じように学歴で差がつくことはほとんどなく、若くして役職また店長まで任されるケースもあります。まかないが出ることが多いのも大きなメリットです。

サービス業ですので、人と接することが好きな方やコミュニケーション力をつけたい方におすすめです。

 

介護職

日本において慢性的に人手不足の業界です。

また学歴は必要なく、それ以上に年配の方ともコミュニケーション力、また体力が必要になります。

またケアマネージャーなどの資格をとって経験を積むことにより、給与をアップしたり将来的に独立をすることも可能です。

 

安月給できついというイメージがありますが、実は給与をアップしていく方法はあるのです。

それには一切学歴は必要ありません。

 

運送業

新型ウイルスコロナの影響により、さらに忙しくなっているのが運送業です。

人手不足であることが多く、特に繁忙期は数多くの募集があります。

 

特別スキルが必要なわけではないですが、体力のいる仕事ではあります。

また運送業といってもさまざまで大手の運送業者から、地元密着の運送業などさまざまです。

地元密着の運送業者だと長距離走ることは少ないので長距離が不安な方も問題なく始められる職種です。

 

高卒で稼げる仕事につくメリット

仕事によっては大学を出るよりも、若いうちに仕事についた方が出世しやすくより稼げる場合があります。

上記にあげたような仕事はまさにそうで、大卒の年齢になっているころにはすでに役職についているケースがあります。

販売職においては4年頑張っていれば、店長になっていることも決して少なくはありません。

 

まとめ

日本は現在でも学歴社会であり、履歴書を送った時点で高卒だと書類審査で不合格になることが多いです。

また高卒の給与は大卒の給与と比べて、初任給で差があります。

しかし高卒でも稼げる仕事は数多くあり、若いうちから就職に就いた方が出世が早い場合も多くあります。

大学を卒業することが、決してすべてではないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)