在宅で稼げる仕事とは?副業から本業まで解説

新型ウイルスコロナの影響で、在宅ワークをする人が増えていることでしょう。

副業も在宅で行える仕事が増えています。

この記事では在宅で稼げる仕事をご紹介していきます。

 

在宅で稼げる仕事の特徴

在宅で稼げる仕事の特徴としては、パソコンを使うことがほとんどです。
またこれまでの副業に加えて、在宅ワークが広まってからコールセンターなどこれまで在宅ではなかったような仕事もあります。

 

在宅の仕事で稼げる仕事の特徴として、開業までの資本が必要ない方がメリットが大きいです。

もし仮に失敗したとしても、赤字になることはありません。

在宅で稼げる仕事とは~副業向け~

副業向けの在宅で稼げる仕事をご紹介していきます。
パソコンがあればできる仕事が多いのが特徴です。

 

いずれもほとんど資本金が必要ない仕事ばかりです。

 

ライター

ブログ代筆や商品の紹介、サービスの案内などライターの仕事はさまざまな種類があります。
直接ライター会社と契約をすることもできますし、クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングを使って仕事をすることもできます。

 

ライティング技術を高めておけば常にある仕事であり、実績を積んでいくとより稼ぐチャンスが増えます。

 

文字おこし・データー入力

文字おこしとは動画や映像などで話している言葉などを、文字に起こしていく作業です。

ミーティングの内容や、セミナーの内容などの依頼をよくクラウドワークスなどのクラウドソーシングで見かけることが多いです。

 

また顧客リストなど、データ入力の仕事もあります。

単価は安いことが多いですが、特別なスキルを必要としないので誰にでもできます。

 

アンケートサイトや商品モニター

アンケート会社が提供しているアンケートサイトに登録をして、定期的に提示されるアンケートに答えていきます。

アンケートに答えるだけだと10円~100円くらいのものが多いですが、時にはその商品に対して意見をいう座談会があることもあります。座談会に出席すると報酬は数千円になることもあります。

 

商品モニターは企業が指定した商品を使ったりサービスを利用して、意見を企業に伝える仕事をします。
大人気の仕事で倍率が高いのでメールや連絡などをこまめにチェックすることが必要です。

アンケートモニターについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ネットショップ

ネットショップと言えばAmazonや楽天を思い出すかもしれませんが、個人では契約が難しかったり契約料金、手数料がかかったりします。

最近では名前は出さずに個人で仕入れた商品を売ったり、手作りの商品を販売できるサイトが多く存在します。

 

またショップの立ち上げは年々簡単になっており、WEB制作などの知識はほぼ必要ありません。

無料で利用できてブログのような感覚で、文字を入力して画像を添付するだけのWEB作成サービスもあります。
ネットショップ用に画像をきれいに見せたり、メルマガやクーポン機能などが豊富なサービスも存在します。

 

新しく仕入れた商品を売ることもできますが、ハンドメイドを売るなどさまざまなネットショップの種類があります。

ネットショップを始めようと考えている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

コールセンター

コールセンターはコロナの影響で、在宅ワークで対応することが増えています。

必要な機材は企業でそろえることがほとんどで、またパソコンも貸出することが多いです。

 

また派遣会社などで最初から在宅でのコールセンターの仕事もあり、在宅ワークにおけるコールセンターの需要度は今後も高まっていくことでしょう。

 

以前コールセンターで働いていて、育児などをしていて会社に通うことができない人でも在宅ワークならできることもあるでしょう。

 

内職

内職はもっとも以前からある仕事で、シール貼り、封書の宛名書きなどさまざまな仕事があります。

パソコンが苦手で、ちょっとした時間に小遣い稼ぎをしたい方に向いているでしょう。

副業についてはこちらの記事も参考にしてみてください

在宅で稼げる仕事とは~本業向け~

ここまで副業向けを説明してきましたが、本業向けの在宅ワークも多くあります。

 

Webエンジニア

プログラミングや開発など技術のある方は、自宅で十分本業をして仕事をすることができます。

企業などと直接契約をしたり、仕事紹介をしてくれる会社に登録する方法もあります。

 

また実績を作るために、クラウドソーシングを利用することもできるでしょう。

 

Webデザイナー

WEBのデザインやロゴなど、クラウドソーシングなどを見ても常に案件があります。

技術を磨いていて実績ができてくると、企業と直接契約をするケースもあるでしょう。

 

Webデザインはオンラインレッスンなどで勉強することもでき、すべてが在宅で済む仕事の一つです。

 

アフィリエイト

アフィリエイトは、ブログやホームページなどで広告を載せ紹介料をもらう形になります。

通常バナーなどを載せてクリック数や購入数に応じて、紹介料が発生します。

 

動画投稿

ユーチューブを投稿し、広告を載せられるようになると広告収入を得ることができます。

 

投資

資本金は必要ですが、しっかりと勉強をすれば結果がついてくる仕事ではあります。

 

教室の講師

オンラインになりますが、英会話講師など自分の得意なことを生かして講師をすることができます。

 

まとめ

在宅であっても、副業また本業にできる仕事は数多くあります。

コロナ渦において、在宅ワークの重要性は今後も増していくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)