副業で稼げる仕事6選!ネットビジネスがおすすめ

働き方が年々変化しており、副業を考えている人は多いのではないでしょうか。
副業もいろいろありますが、どの仕事が稼げるのか気になりませんか。
ここでは稼げる副業の特徴をご紹介していきます。

稼げる副業の特徴

稼げる副業はいろいろありますが、共通点をあげるとすれば始める前の資本が必要がないことがあげられます。

資本が高いと、稼げないとすぐに赤字になってしまいますが、しかし資本がほぼゼロであれば、赤字になる心配がありません。

現在ではパソコンとネット環境があればできる仕事が多いです。

また特別な技能が必要な仕事から、誰でも始められる仕事まであります。

 

副業で稼げる仕事6選

それでは実際に副業で稼ぐことができる仕事を6種類ご紹介していきます。

 

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは「クラウドワークス」や「ランサーズ」をはじめといたクラウドソーシング会社が、クライアントと利用者(仕事をする人)の間にはいって仕事を提供してくれるサービスです。

 

仕事内容は「ライティング」「データ入力」「WEB制作」「英語翻訳」など豊富なジャンルがあり、クラウドソーシングだけでいろいろな仕事をすることができます。

手数料は案件ごとに必要ですが、基本的には家にいるだけで好きな時間に好きな仕事をすることができます。

 

中にはクラウドソーシングだけで、正社員と変わらないような報酬を得ているひともいます。

また英語翻訳やプログラミングなど、特殊能力がある場合はそれに比例して報酬も高くなり高額を稼ぐチャンスがあります。

国内2大 クラウドワークスのおすすめ求人サイトはこちらです。

 

〇CrowdWorks(クラウドワークス)

〇Lancers(ランサーズ)

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログやWEBサイトなどにサービスや商品を紹介したい企業のバナーなどを載せ、そのバナーなどをクリックしてもらった数、または売上につながった数などに応じて収入を得ることをいいます。

 

それぞれの案件によって金額や報酬が発生するタイミングなどが異なります。
ブログやWEBサイトは知識がなくても簡単に作ることができるサービスが多いため、誰でも気軽に始めることができます。

 

ある程度の報酬を得るためには、アクセス数を増やしたり商品に関連する記事を書いたり大変ですが、勉強や努力を続けることにより、誰でも報酬を得るチャンスはあります。

 

まずは多くの人にブログやWEBページなどを見てもらうことが重要となります。

 

投資

不動産投資や株などさまざまな種類の投資があります。
投資のメリットは、副業NGの企業であっても投資は資産運用であり収入ではないので問題ありません。
資本がある程度必要で、勉強、知識も必要ですが大きな収入にできるチャンスのある副業です。

 

代行業

掃除代行や運転代行など以前からある代行業に加えて、現在ではチケットをとったり、補助金などの申請をしたりなどあらゆることで代行業が発展しています。
時間をかけていろいろ調べながらやるくらいなら、お金をだして人にやってもらった方が効率がよいこともあるのです。

 

例えば補助金の申請は、書類集めや書き方などが難しい場合が多く少しでも抜けていると二度手間になります。

それなら慣れている人に任せて、自分は違うことをしたほうが時間や労力の無駄にならないのです。

ネットショップ

通常の店を開くと資本金だけで大きな金額がかかり、準備も大変です。
しかしネット上に店を開くと、資本金はほとんどかからず準備をすることも少ないです。

 

ネットショップは商品を仕入れて売る方法と、ハンドメイドなど自分で商品を用意して売る方法があります。

自分で独自のネットショップを作る人も多いのですが、今ではパソコンの知識があまりなくても無料でネットショップ用のページを作ることができるサービスがあります。

メールマガジンやクーポンなどのオプションがあるサービスを利用することもできます。

アンケートやモニター

お小遣い程度がいいから、もっと気軽に副業をしたいという方にはアンケートやモニターがおすすめです。

アンケートサイトから提供に答えるだけで報酬を得ることができます。
また提供者が決めた商品やサービスなどを無料、もしくは割安で使いその感想を伝えるといった仕事があります。

 

一つひとつの単価は安いため大きく稼ぐのは難しいですが、スマートフォンを使って手軽に数分でできるので合間にする副業をしておすすめです。

副業アルバイトについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

副業を始める際の注意点

副業を始める際の注意点ですが、まず現在勤めている会社が副業がOKであるかどうか確認してください。
日本は働き方改革を進めており、副業を認める会社が増えてはいますがそれでもまだ副業がNGの企業の方が多いです。

 

もしだまって副業をしていても確定申告をすると、かなり高い確率でばれるのでおすすめはしません。

副業として収入が合計で20万円を超えるようであれば確定申告が必要です。

 まとめ

現在はさまざまな副業がありますが、資本がほとんど必要ない気軽に始められるものをおすすめします。

たとえ儲けがなくても、赤字にならないようにすることが大事です。

もし自分に向いていないと思ったら、次の副業に移れる自由度が副業にはあるので自分に合った副業をみつけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)