個人で起業したい!タイプ別おすすめの業種

個人で起業し、時間やお金の自由を手に入れたいけれど、自分にはどのような業種が合っているのかいまいちよくわからないとお悩みの人はいらっしゃいませんか?

この記事では個人で起業するのにおすすめの業種をタイプ別に詳しく解説します。

 

起業するならどんな職種?選び方やポイントを紹介!

起業する業種の選び方のポイントを5つご紹介します。

・一定の儲けがある
・失敗しにくい
・現在の仕事の延長にある
・好きなことの中にある
・起業しやすい業種から

多額の初期投資を行わなくて済み、利益を確保できる業種を選ぶのはもちろんのことですが、起業して長く仕事を続けていくためにも、自分の好きなことや特技を活かせるようにするのがおすすめです。

また人とのつながりという視点で考えると、現在就いている仕事の延長にある業種で起業することで、クライアントの新規開拓や協力者を探す手間が省けるでしょう。

詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

個人で起業するのにおすすめの業種は?


起業する業種の選び方のポイントを踏まえて、個人で起業するのにおすすめの業種を4つご紹介します。

・PCに関する業種
・レンタル業
・代行業
・教室

どの業種も初期投資が少なく済み、PCスキルは今やほとんどの人が持っているのでデザイン・プログラミングなど差別化できることに目を向けて業種を選ぶとよいでしょう。

レンタル業は商品によって古物商の資格取得が必要な場合もありますが、初期投資を抑え差別化するためにも今までにない商品やサービスをレンタルするのが望ましいでしょう。

また自分の好きなことを活かすのであれば、代行業や教室を開くことでその知識やノウハウを役立てることができます。

詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

起業したい!人気の職種は?


今までは起業しやすいおすすめの業種について見てきましたが、実際に起業したい人に人気の職種とはどのようなものなのでしょうか。

起業したい人に人気なのは成功しやすい職種で、次のような条件があります。

・利益率が高い職種
・在庫を持たなくても済む職種
・定期収入がある職種
・初期投資が少なくて済む職種

この条件を満たす人気の職種は次の6つです。
・Web関連業
・レンタル業
・代行業
・教室やサロン関連
・投資業
・飲食業

起業する際は自分の好きなことや特技を活かすのもよいですが、人気のある職種にも目を向け両方を分析しながら選ぶのがおすすめです。

詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。


在宅で起業できるおすすめの仕事の種類は?


近年フルリモートワークの企業も少しずつ増えてきているので、起業するなら在宅で仕事を行いたいという人も多いのではないでしょうか。

在宅で起業できるおすすめの仕事を5つご紹介します。

・IT・インターネット関連
・教室やサロン運営
・転売ビジネス
・コンサルタント業
・飲食・サービス業

IT・インターネット関連やせどりと呼ばれる転売ビジネスはPC1台あれば開始できるので、初期投資を抑えられる分起業への敷居が低いと言えます。

また教室やサロン運営、コンサルタント業は今までの自分の経験やスキルをお金に換えられることと、教えた相手の成長に寄り添えるのでやりがいにつながり、起業後も長く仕事を続けていける要因となるでしょう。

飲食・サービス業はコロナ禍で経営が難しいと言われてはいなすが、巣籠もり需要に対応できるテイクアウトの業態やお取り寄せの業態であれば、成功も見込めます。

また在宅ワークにどのような需要があるのか知りたい人は、大手クラウドソーシングサイトで調べてみるのがおすすめです。

現在登録者数300万で、上場企業を始めとする10万社が246種類の仕事を依頼しているクラウドワークス」と登録者数が110万人で200万件超の依頼実績を持つ「ランサーズ」には目を通しておきましょう。

 

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークスは国内2大クラウドソーシングの一つ。未経験でも受けられる仕事があるのでまずは登録をしてみては。

Lancers(ランサーズ)

国内二大クラウドソーシングのもうひとつが「Lancers(ランサーズ)」です。

CrowdWorksに比べると実務経験を重視する案件の多い印象があります。

 

詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

地方で起業するのにおすすめの業種は?

地方創生の流れに乗り、生まれ育った故郷などの地方で起業したい人も多いでしょう。

地方で起業しやすい業種は次の2つです。

・IT系
・その地方の特色を活かした産業

5Gで「高速・大容量」「低遅延」「多接続」な通信網が実現し、働く場所が必ずしも都心部である必要がなくなってきました。

そのためインターネット環境とPCさえあれば仕事ができるIT系の業種は、地方でも起業しやすいと言えるでしょう。

また地方にはその地方ならではの特産物や観光資源がたくさんあります。

これらを利用して起業することにより、地方創生のための施策としてその地方自治体からのバックアップや、住民からのサポートが得られるでしょう。

インターネットを活用してその地方ならではの特産物や観光資源の人気を高めることができれば、地元の人たちにも喜んでもらえるのではないでしょうか。

詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

個人で起業する際は、多額の初期投資を行わなくて済み利益を確保できる業種を自分の特技や好きなことと、また人気の業種と照らし合わせて選ぶことで成功しやすくなるとわかりました。

また現在は5Gでインターネットの通信網が整ってきているため、どの地域で起業するのかということも自分のライフスタイルに合わせて考慮すると、より自分にとって充実した仕事とプライベートの時間を確保できるでしょう。

この記事も参考にして、ぜひ自分に合った業種で起業をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)