ますます進む高齢化社会に儲かる仕事とは

高齢化社会とは

高齢化社会とは、65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)が総人口の7%を超えた社会を意味します。日本では既に1970年に7.1%を超えて高齢化社会に入っています。
直近では2022年令和3年の内閣府発表で、高齢化率が28.8%となっていて、高齢者は4人に1人を超えています。
そんな高齢化社会に対応して、儲かる仕事とはどんな仕事なのかについて考えます。

 

2030年に日本人口の1/3が高齢者

2030年にはさらに、高齢化が進み、日本の人口の1/3が高齢者になると言われています。つまり2人で1人の高齢者を支えていくことが必要な時代です。
高齢化の進む率は急速で、そのことによって様々な社会的な変化が起きてきていると言えます。

労働者人口の減少

例えば、高齢化率が進むにつれて、労働人口が減少、労働力不足となっています。少子化によって子供、若い人が減少し、労働者人口は少なくなる一方です。

社会保障制度への影響

また、高齢者が増えることによって、社会保障制度にお金がかかる傾向です。医療・介護を中心とした費用が高くなり、社会保障のための給付額は益々高額となります。
そして、その割にそれを負担して支払う若い人口が減少し、バランスが崩れているでしょう。若い人への社会保障の負担が増えていくことが予想されます。

高齢化社会で儲かる仕事

そうした様々な変化が見られる高齢化社会で、儲かる仕事とはどのような仕事なのでしょうか。高齢化社会では、多くの高齢者を対象とした仕事が儲かると言われています。

介護業界

まず、介護業界はこれから多くの高齢者を支えていく必要があるため、必要性も高い仕事と言えるでしょう。ただ、今でも人手が少ない状況で、求人難が問題です。ハードな仕事の割には、給与も少ないために人が集まらない状況となっています。

IT業界

IT業界も、これからの時代は益々栄えていくでしょう。労働力不足が考えられる中、IT化して、人による労力を減らしていくことが必要です。IT化を進めることで、AIができることはAIに任せて、人しかできないことを行う時代になります。
多くの仕事のIT化が進められ、それを担うITの仕事は益々成長していくでしょう。

代行業(宅配・家事代行)

高齢化社会のため、高齢者ができないことを代行する代行業や家事代行などが増えて儲かるでしょう。買い物や様々な手続きなども代行するなど、細かな仕事が増えていくことが考えられます。

家事代行サービスCasyは未経験の方でも安心して始められる家事代行業。ベテランスタッフから指導を受けることが可能です。

お掃除代行とお料理代行のどちらかを選ぶことも可能ですので詳しくは下のページをご覧ください。

 

フィットネス

また、高齢化社会では健康を考える人も増えます。元気な高齢者を目指して多くの人がフィットネスに励みます。そのことで、病気を防ぐことにも繋がるとフィットネスは益々推奨されていき、儲かっていくでしょう。

介護タクシー

そして、高齢者の場合には、車の免許を返上した人も多く移動手段が大変です。また、介護タクシーは、病院に行く際の往復などに必須です。介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得すると、高齢者のための介護タクシーとして仕事ができますので、儲けることができるでしょう。

教室・サロン経営

さらに高齢化社会では、第二の人生として退職後に教室やサロンに通う人も増えてきます。子供や若者向けに変わって、高齢者向けの教室やサロン経営も需要が高くなっていきます。

高齢化社会になってシニアでも儲かる仕事

次にシニアになった人が、シニアでも働いて儲かる仕事についてご紹介します。高齢化社会では、シニア層は多く、シニアが主役になって大きな労働力として儲かる仕事も増えてきます。

ドライバー

まずドライバーです。高齢者の足としてタクシーも今よりもさらに必要になるでしょう。運転の経験があればタクシードライバーにはなれますし、介護タクシーで稼ぐのもいい方法です。個人の運送ドライバーとして活躍もできます。

清掃業

清掃業も人手が少なくなり、シニア層も重宝されるでしょう。あまり経験がなくても行えるためシニアにもおすすめです。また、マンションの管理人なども資格がなくてもできますのでおすすめです。

家事代行

家事代行のニーズも増えてきます。シニア層ならば家事の経験も豊富ですので稼いで儲けることもできるでしょう。買い物、料理、掃除、洗濯、便利屋など、様々な雑用が仕事になっていきます。

介護・福祉関連

シニアで元気ならば、介護や福祉関連の仕事につくと高齢者の立場や気持ちもわかっていいでしょう。介護・福祉関連は人手不足ですので、介護の資格を取ってみるのもおすすめの方法です。

飲食・接客業

飲食・接客業も既に求人難の状況です。シニアの飲食・接客業も増えています。特にフロアに出なくても、厨房などの仕事や早朝や夜の勤務など、若い人がいない時間帯の求人で多く稼ぐこともできるでしょう。

シニアでも儲かる仕事としてこちらの記事にも紹介している仕事がありますので参考にしてみてください。

まとめ

高齢化社会では、若い労働力人口が減って高齢者中心の社会になります。高齢者のニーズに合わせた仕事が多くなっていきます。介護や健康に関する仕事が増えたり、余暇などの仕事が多くなったりします。
また、元気なシニア層自体がそうした仕事を支えるようになるでしょう。そして、IT化、AIによって労働力不足を改善していくことが予想されます。
ニーズが変わり、これまでとは違った仕事で儲かる仕事が増えていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)