理系で儲かる仕事とは?

理系・文系の違い・平均年収

大学で理系を取るか、文系を取るかで迷う人は多いでしょう。理系は数学や科学、医学などを学び、文系は文学、歴史、心理学、経済学、法律などを学びます。

そして、理系と文系の収入を考えた場合に、一般的に理系の方が儲かる仕事に就けるのではという印象が強い人も多くいるでしょう。

実際に、理系は600万円~680万円、文系の平均年収は550万円~580万円程度というデータがあり、そこには50万円以上の開きがあると言えます。

理系と文系の平均年収の違いは、理系の方が給料の高い仕事が多い傾向のためです。医師や看護師、薬剤師、エンジニアなど理系の方が年収が高い仕事の種類が多いでしょう。そして、理系出身者は技術系に就職することが多く、文系出身者は事務系などに就職する人が多いと言えます。

文系で儲かる仕事についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

理系で儲かる仕事につくには

ここで、理系で儲かる仕事につくにはどうしたらいいのかについて、ご紹介していきます。

大学・大学院卒業

まず、大学や大学院で理系を卒業することが必要です。理系では数学や科学、医学などを中心に学ぶことが多いでしょう。そして、ゼミなどで専門分野の研究をすることで、その専門を活かした儲かる仕事につくことができます。

資格をとる

また、理系では医師や看護師、薬剤師などの国家資格を取ることができます。在学中に国家資格を取ることで就職を有利に進め、儲かる仕事につけるようになります。

企業研究をしておく

また、理系では専門的な分野、科学系、技術系の分野を勉強しますので、そうした専門的な分野で、企業研究をしておくといいでしょう。自分の専門性とマッチした企業を探して、企業研究をすると就職も上手く行って成功します。

理系で儲かる仕事

次に理系で儲かる仕事について、具体的に見ていきますので、参考にしてください。

医師

まず、医師は最も稼げる仕事とも言われています。特に開業医などになれば、儲かるでしょう。医師になるには医学部の大学試験が難しいですが、それをクリアすれば割と順調に医師になれて儲かります。

一級建築士

一級建築士になるには、計算なども得意な必要があるでしょう。建築士になる早道は、建築学科を卒業して一級建築士となることです。一級建築士になるには、試験が結構難しいのですが、資格を取って大手ゼネコンなどに就職できれば儲かります。

関連サイト:公益財団法人 建築技術教育普及センター

ITアーキテクト

IT系のアーキテクトは、システム開発の共通仕様・要件定義やシステムのあり方を検討・提案する人です。システム全体の方向性や仕組み、運用・保守要件を提示できる技術者になることで、高収入も見込めます。

関連サイト:情報処理推進機構

開発・研究職

理系に行ったならば、大学院にも行って開発や研究職になるのもおすすめです。大学院に残ってそのまま研究したり、様々な企業のメーカーの開発・研究分野の仕事をしたりできます。地道に研究開発を行うことで収入も得られるでしょう。

大学教授

さらに、大学教授も教授のポストまでなれたら年収も高くなります。助教授から積み上げて、出世を目指すといいでしょう。研究などが認められて、教授までなれば地位も収入も得られるようになります。

エンジニア

エンジニアは、IT系の仕事が成長していますので、理系のスキルを活かした仕事としておすすめです。仕事がハードなことはありますが、収入はいいでしょう。

MR

MRとは医療情報担当者のことで、製薬会社などに所属します。医師や薬剤師などの医療関係者に対して自社の医薬品を販売、営業します。常に新薬についての情報を収集して伝える仕事です。営業的な面が強いのですが、実績を上げれば収入も上がります。

理系で儲かる仕事についてはこちらの記事にも詳しく書いてありますので是非参考にしてみてください。

 

まとめ

理系の仕事で、儲かる仕事についてご紹介しました。理系の仕事では技術職が多く、また資格が必要な仕事も多くなっています。
専門的な技術を身に付け、国家資格などを取ることで、安定して高い収入を得ることができるようになります。

医師や看護師などの医療関係、IT関係、また研究開発職などが理系では儲かる仕事です。これらの仕事につくには、きちんと計画的に勉強をし、スキルを身につけていくことが大切です。

将来的な高収入を目指すならば、こうした儲かる仕事につき、就職した後もさらに経験やスキルを磨いていく必要があります。そうすることで、儲かる仕事にしていくことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)