50代向け転職サイトおすすめ7選を比較!転職成功のコツも必見

50代向け転職サイトおすすめ7選を比較!転職成功のコツも必見

50代の転職を成功させる秘訣は、ズバリ「50代向けの転職サイトを利用すること」。

50代向けの求人は少ないですが、転職サイトに登録をすることでぐんと求人探しがしやすくなるためです。

そこで、今回は50代向け転職サイトのおすすめを比較していきます。

また、自分に合ったサイトの選び方はもちろん、転職を成功させるポイントもまとめました。

50代の転職に役立つ情報が満載なので、ぜひ最後までチェックして転職成功を目指しましょう。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「50代向け転職サイトのおすすめ」を見る

 

50代の転職は難易度が高い!?

50代の転職は難易度が高い!?

「50代でも転職を成功させられるのだろうか」

そう不安に思われて、50代での転職を躊躇されている方も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、50代の転職が難しいことは事実です。20代~30代に比べると、格段に求人数が少ないためです。

やはり企業側は、「採用するなら中長期で働ける人材を」と考える傾向があります。

その点では、もうすぐ定年を迎える50代を積極的に採用しようとは思いません。

しかし、決して50代の転職は無理という意味ではなく、内定を取る基準が厳しい傾向にあるということ。

なかには、50代の持つ経験や実績を高く評価してくれる企業も存在します。

つまり、企業が求めている人材とご自身の持つ経験やスキルがマッチすれば、年齢に関係なく採用してもらえるケースはあるのです。

「この年だし転職は難しいはず」とあきらめずに、根気よくご自身の実力を活かせる転職先を探してみてはいかがでしょうか。

50代の転職で失敗しない3つのポイント

50代の転職で失敗しない3つのポイント

50代の転職を成功させるためには、以下でご紹介する3つのポイントを意識することが大切です。

  • 年収へのプライドは捨てる
  • 現場系職種への転職も視野に入れる
  • 転職サイトやエージェントを活用する

それぞれのポイントについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしながら転職活動を始めていきましょう。

(ポイントその1)年収へのプライドは捨てる

50代の転職において最も大切なポイントは、年収にこだわりすぎないことです。

転職を志す方の多くが、現職よりも高い年収であることにこだわる傾向があります。

もちろん20代や30代など若い世代であれば年収アップを目指しやすいですが、50代となると話は変わってきます。

というのも、そもそも50代を募集している求人は少なく、自分が希望している職種の求人で絞り込むとさらに限られてくるでしょう。

そのような状況のなかで「いまよりも高い年収を」と希望しても、うまくいきづらいのは目に見えています。

おすすめは、年収の最低希望価格を決めておき、それ以上であれば良しとして応募先企業を選ぶこと。

年収へのプライドを捨てることで、転職先が大幅に見つかりやすくなります。

(ポイントその2)現場系職種への転職も視野に入れる

誰もが気になるのが、「50代が採用されやすい職種は何か」という点ではないでしょうか。

現場系の職種は、50代が採用されやすい傾向があります。

現場系の職種とは、主に介護業界やタクシー業界、土木業界などです。

これらの業界は慢性的な人手不足にあるため、年齢を問わず、あるいは未経験であっても採用してもらえる可能性が高まります。

もしも現職と同じ職種や希望する職種への転職がうまくいかない場合には、最終的に現場系職種への転職も視野に入れるとよいでしょう。

(ポイントその3)転職サイトやエージェントを活用する

冒頭でも述べたように、50代の転職には「転職サイト」の利用が必要不可欠です。

どのサイトも50代を対象とした求人を多数取り扱っているため、登録することで求人探しがしやすくなります。

なかには、キャリアアドバイザーが親身に転職のサポートをしてくれる「転職エージェント」も

不安を解消しながら自信を持って転職活動を進められるので、ぜひ気軽に登録してみましょう。

50代向け転職サイト・エージェントの選び方

50代向け転職サイト・エージェントの選び方

転職サイトやエージェントがおすすめとはいえ、そのようなサービスはとにかく数が豊富です。

どのサイトを利用したらいいのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

そこで、以下でご紹介する3つの点を意識しながら、50代の転職をスムーズに進められるサイト選びを心がけましょう。

50代の求人を多数保有している転職サイト・エージェントを選ぶ

50代向けの求人は、どこのサイトやエージェントもそれほど多くは所有していません。

しかし、少ないなかでもより多くの求人を取り扱っているところを選ぶことで、応募先の選択肢が広がります。

50代を対象としている求人がどのくらいあるかは、各サイトの絞り込み検索で「50代」と入力してみるとよいでしょう。

また、サイトやエージェントの担当者に電話やメールで問い合わせをして、50代向けの案件をどの程度所有しているのか聞いてみるのもひとつの方法です。

転職成功者数が多い転職サイト・エージェントを選ぶ

50代の難しい転職をしっかりとサポートしてもらうために、転職成功者数にも注目してサイトやエージェントを選ぶとよいでしょう。

転職成功者が多いということは、それだけ転職ノウハウが高いことの証明になります。

多くのノウハウを持っているほうが、50代の転職に役立つアドバイスをもらえる可能性が高いので、ぜひ実績豊富な転職サイト・エージェントを利用しましょう。

複数の転職サイト・エージェントを選ぶ

転職サイトやエージェントを選ぶ際は、ひとつに絞らずに複数利用することをおすすめします。

それぞれ取り扱っている求人が異なるため、複数利用することによって希望に近い求人案件に出会える確率が高まるためです。

また、キャリアアドバイザーの能力も人によってさまざまで、場合によっては信頼できない、あるいは自分と性格が合わないケースもあります。

そのため、まずは複数利用してさまざまなキャリアアドバイザーとやりとりをしてみて、最終的に優秀なアドバイザーがいるサイト・エージェントを選ぶほうが転職成功に近づきます。

50代向け転職サイト・エージェントおすすめ7選!

それでは、実際に50代におすすめしたい評判の転職サイト・エージェントを7つご紹介します。

それぞれの魅力を簡潔にまとめたので、ぜひ比較をしながらご自身に合う転職サイト・エージェントを見つけてみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ層向けの転職サイトです。

レジュメを登録すると、ヘッドハンターから転職提案をしてもらえる「スカウト型」のサービスを受けられます。

掲載求人のうち年収1,000万円を超える案件が1/3以上なので、うまくいけば現在よりも年収アップを達成できるかもしれません。

管理職や海外事業案件を希望している方は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

強い業界・職種 全体的に強い
50代向け求人の多さ 年収1,000万円を超える求人が豊富
こんな人におすすめ ・これまでの経歴に自信があり、高年収の求人に応募したい人

・現在の年収が600万円以上の人

≫ 公式HPを見てみる

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系やハイキャリア専門の転職エージェントです。

ひとりひとりの経歴やスキル、経験を正しく評価し、経験豊富で専門的なスキルを持つ50代に対しては年収1,000万円クラスの求人を多数紹介してくれます。

ただし、市場価値がそれほど高くない人材と判断されてしまうと、登録をしても手厚くサポートしてくれない可能性が高いため注意しましょう。

ご自身のキャリアに自信があり、且つ今後もさらなるキャリアアップを臨みたいという方におすすめの転職エージェントです。

強い業界・職種 外資系企業や管理・専門職
50代向け求人の多さ 年収1,000万円クラスの求人が多い
こんな人におすすめ ・これまでの経歴に自信があり、高年収の求人に応募したい人

・外資系企業や管理・専門職への転職を希望している人

≫ 公式HPを見てみる

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、ハイクラス・エグゼクティブ層向けのヘッドハンティング型転職サイトです。

経営幹部クラスの求人が豊富で、年収800万円~1,200万円クラスの好待遇求人に出会えます。

ただし、利用できるのは年収600万円以上の方のみである点に要注意。

会員登録をすると非公開求人を含めた求人情報を閲覧できるため、まずは気軽に登録だけでもしておくとよいでしょう。

強い業界・職種 IT・コンサル・メーカー
50代向け求人の多さ 年収800万円~1,200万円クラスの好待遇求人が豊富
こんな人におすすめ ・現在の年収が600万円以上で、よりハイクラスへの転職を希望する人

・ヘッドハンティング型の転職サイトを利用したい人

≫ 公式HPを見てみる

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートキャリアが運営する知名度No.1の転職サイトです。

20代~30代の若年層が多く利用しているイメージがありますが、その圧倒的なブランド力によって50代向けの求人も多く取り扱っています。

業種や職種のラインナップも充実しているため、理想の職場探しがしやすいサイトといえるでしょう。

また、リクルートキャリアは「リクルートエージェント」という転職エージェントも運営しており、そちらと併用して利用することでかなり充実してサービス支援を受けることができます。

強い業界・職種 全体的に強い
50代向け求人の多さ 50代向けの求人は常時数百件以上あり
こんな人におすすめ ・知名度が高い大手の転職サイトを利用したい人

・転職実績が豊富な転職サイトを利用したい人

≫ 公式HPを見てみる

転機

転機

転機は、年収800万円以上の案件のみを取り扱う、ハイクラス・エグゼクティブ層向けの転職サイトです。

年収1,000万円以上の高年収案件が豊富にそろっており、ポジションとしては社長や社長候補、役員、役員候補、部長クラス、課長クラスに限定されています。

ほかのサイトでは敬遠されがちな55歳以上のシニア層の方でも、転機ならキャリアアップ・年収アップを目指せる点が大きな魅力です。

取り扱っているすべての案件において経営者との面談が可能で、経営者の人柄やビジョン、ビジネスプランなどをしっかりと把握したうえで転職先を決められます。

強い業界・職種 全業界(大手企業が多い)
50代向け求人の多さ 年収800万円以上の求人に限り豊富
こんな人におすすめ ・これまでの経歴に自信があり、年収800万円以上を希望する人

・経営者と面談をして転職先を決めたい人

≫ 公式HPを見てみる

From40

From40(フロム40)

From40は、ハイクラス向け求人が厳しい…という50代の方におすすめの転職サイトです。

その名の通り40代以上の方を対象としており、未経験や異業種歓迎の求人案件を多く取り扱っています。

しかも、年齢を理由に不採用となる求人はすべて省いているという徹底ぶりです。

ほかのサイトでうまくいかずに諦めかけている方は、ぜひFrom40を利用してみてはいかがでしょうか。

強い業界・職種 全体的に取り扱いあり
50代向け求人の多さ ほぼすべての案件(2万件以上)が50代向け
こんな人におすすめ ・年齢を気にせずに転職活動をしたい人

・年収にこだわらず、未経験や異業種案件にも興味がある人

≫ 公式HPを見てみる

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニアは、その名の通り業界大手のマイナビが運営する50代向けの転職サイトです。

取扱う求人は40代~60代となっており、未経験からでもできる仕事も多数取扱っているのが特徴。

また保有スキルごとに検索もでき、たとえば「主婦(夫)レベル」のスキルから「管理職レベル」スキルまで実に幅広く対応

さらには転職支援サポートも利用できるため、一人では不安という方も安心して利用ができるでしょう。

丁寧にサポートをしてほしい方、スキルに自信がない方は、マイナビミドルシニアがおすすめです。

強い業界・職種 全体的に取り扱いあり
50代向け求人の多さ 各地域ごとに数百~数千件
こんな人におすすめ ・年齢を気にせずに転職活動をしたい人

・未経験や主婦(夫)でもできる仕事を探している人

≫ 公式HPを見てみる

50代で未経験転職しやすい職種はなに?

50代で未経験転職しやすい職種はなに?

ここまでで、50代向けの転職サイトを紹介してきましたが、スキルに不安を感じる方は具体的にどういった職業を検討すればいいのか、悩みを抱える方もいるでしょう。

そこでここでは、冒頭でも少し触れた採用されやすい職種も踏まえ、スキル不要で年齢不問のおすすめ職種を3つほど紹介しておきます。

どれにすべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミドル世代が採用されやすい「警備員」

まず外せない50代におすすめの未経験職種は、ミドル世代が多く在籍する「警備員」です。

警備員の仕事は、たとえ未経験であっても、事前研修などをしっかりと受けられることが大半なので、安心して始めることができるでしょう。

また他の未経験職種とくらべ、年収も高い傾向にあるので、人気のある職種のひとつでもあります。

ただ警備する環境によっては、体力的に負担となるケースもあるので、どの現場を主に受け持つのかは事前に確認しておくと良いかもしれません。

体力勝負の「コンビニ配送ドライバー」

もし体力に自信があるのなら、コンビニ配送ドライバーもおすすめです。

コンビニ配送ドライバーは、人手不足にもなっているため、50代であっても比較的採用がされやすい傾向にあります。

また男性だけでなく、女性ドライバーも多いため、主婦の方でも挑戦できる職種となっているのです。

対応業務は幅広いですが、体力と頭を程よく使うため、やりがいのある仕事にもなるでしょう。

この職種は、全国的に募集がかかるほどですので、まずは検索してみると良いかもしれません。

慢性的に人手不足の「訪問介護員」

こちらも慢性的に人手不足となっている職種のひとつ「訪問介護員」。

訪問介護といっても、その敷居は低く、未経験であっても応募は可能です。

ちなみにホームヘルパーとして働くには、「介護職員初任者研修」を修了している必要があります。

この点については、就職先によって資格取得支援制度を整えているところもありますので、未経験の場合はそうしたところに絞って応募すると良いでしょう。

年収は平均300万円ほどと、そう高くはありませんが、やりがいは十分の社会的価値ある仕事となります。

社会貢献したい方は、ぜひチャレンジしてみるといいでしょう。

50代向け転職サイトで理想に近い転職を実現

転職サイトやエージェントを上手に利用することで、50代でもまだまだ活躍できる職場を効率的に見つけられます。

なかには、50代の転職で年収アップやキャリアアップを実現させたという方も少なくありません。

「自分には転職は厳しい」と諦めかけている方。まずは転職サイトやエージェントに登録をして、ご自身に最適な転職先を根気よく探していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)