ジャパンマネジメントの口コミ&評判!ファクタリングのサービス内容を解説

ジャパンマネジメントの口コミ&評判!ファクタリングのサービス内容を解説

売掛金はたくさんあるけれど、今現在資金が不足しているという状況に陥った場合どうしますか?

多くの人は、まずは金融機関に融資を申し込むのではないでしょうか。

しかし、融資を受けるにはさまざまな条件があり、そこで断られてしまったら会社の経営がうまく回らなくなってしまいますよね。

そんなときにおすすめなのがジャパンマネジメントでファクタリングを利用することです。

ジャパンマネジメントは比較的入金が早いと評判で、資金繰りに困った多く企業が利用しています。

そこでここでは、

  • ジャパンマネジメントはどんなファクタリング業者なのか
  • 具体的にどういったサービスを提供しているのか
  • 良い口コミだけでなく悪い口コミや評判はどうなのか
  • 実際にファクタリングする場合は何を知っておけばいいのか

など、ジャパンマネジメントの特徴をご紹介します。

ジャパンマネジメントとは?

ジャパンマネジメントは、株式会社ラインオフィスサービスが運営するファクタリング業者です。

福岡に本社、東京に支社を置いています。

2016年6月に設立された、比較的新しいファクタリング業者ですが徐々に実績を積んでおり、多くの企業の社長などがジャパンマネジメントのファクタリングを利用しているようです。

ジャパンマネジメントのファクタリングのサービス内容は?

ジャパンマネジメントのファクタリングのサービス内容は?

ジャパンマネジメントでは、3社間と2社間の両方のファクタリングに対応しています。

まずは、ジャパンマネジメントのサービス内容を詳しく見ていく前に、ファクタリングについてのおさらいをしておきましょう。

ファクタリングのおさらい

ファクタリングとは、売掛金を業者が買い取ることで資金調達することができるというものです。

すなわち、入金が遅い売掛金をすぐに現金化することができるということです。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングは業者が依頼者に買取金額を支払い、業者が売掛先に売掛金を支払ってもらう契約です。

売掛先にファクタリング契約を承諾してもらう必要があります。

2社間ファクタリング

一方の2社間ファクタリングは売掛先にファクタリング契約を行ったことを知られずに取引ができる契約です。

ファクタリング業者は売掛金を買い取ったあと、依頼者に買取代金を支払います。依頼者は売掛先から売掛金が入金されたら、その売掛金をそのままファクタリング業者に支払います。

 

基本的なファクタリングはこの3社間もしくは2社間であり、取引の内容はどの業者も変わりません。

またより詳しくファクタリングについて把握しておきたい方は、以下の記事も参考になります。

ファクタリングとは?種類ごとの取引の仕組みと注意点を徹底解説ファクタリングとは?種類ごとの取引の仕組みと注意点を徹底解説

ではジャパンマネジメントはどのようなサービスで実績を伸ばしているのか、ジャパンマネジメントのサービス内容をご紹介します。

全国対応で来店も不要

日本全国どこに住んでいても対応可能です。

福岡と東京にオフィスがあるので来社しやすいうえに、来社できない場合はスタッフが出張することも可能です。

なお、来社不要で電話や郵送のみでも利用できます。

来社できないという理由で他社からファクタリングを断られてしまった企業でも、ジャパンマネジメントなら利用可能です。

最短1日で審査可能

ファクタリングの審査にかかる日数が業者によって異なります。

ジャパンマネジメントは、専門家によってスピーディーに審査することができるため、最短で申し込んだその日に審査が完了します。

最短1日で入金可能

ジャパンマネジメントがスピーディーなのは審査だけではありません。

入金もスピーディーで、最短1日で入金も可能です。

融資を断られた企業でも、売掛金があれば最短1日で資金調達ができるため、すぐに現金が欲しい企業におすすめできます。

ノンリコース

万が一売掛先が倒産し、売掛金の回収ができなくなってしまっても、債還請求権がない(ノンリコース)ので依頼者が立て替える必要はありません

そのため、貸し倒れのリスクと売掛債権管理の軽減が可能です。

買取金額について

買取金額は50万円から最高5000万円までです。

少額の資金調達から可能なので、法人・個人問わず利用しやすいのではないでしょうか。

ジャパンマネジメントの利用条件についてのQ&A

ジャパンマネジメントの利用条件についてのQ&A

ファクタリングは業者によって利用条件が異なります。

そのため、他社でファクタリングを拒否された人でも、ほかの業者ならファクタリングが利用できる場合が多々あるのです。

では、ジャパンマネジメントではどんな利用条件があるのか、Q&A形式でご紹介します。

Q、個人事業主でも利用できますか?

A、法人・個人問わず利用可能です。

 

Q、税金(消費税など)の滞納がありますが、利用できますか?

A、税金の滞納があっても利用可能です。滞納状況にもよる部分がありますので、まずは無料相談をご利用ください。

 

Q、ファクタリング利用に保証人や担保は必要ですか?

A、融資ではないので保証人や担保などは必要ありません。

 

Q、銀行やノンバンクでの借り入れを拒否されていますが利用できますか?

A、ジャパンマネジメントのファクタリング利用に借り入れ状況は関係ありません。多重債務でも金融事故があっても問題ありません。

 

Q、売掛金の買取条件はありますか?

A、請求が確定している債権、もしくは請求後の入金待ちの債権のみです。遅延債権や回収不能な債権、虚偽債権はジャパンマネジメントのファクタリング対象外となっています。

ジャパンマネジメントのファクタリング詳細まとめ

ではここで、ジャパンマネジメントのファクタリングについて、条件や手数料などをまとめてご紹介します。

利用対象者 法人、個人事業主

※設立期間、赤字決算、税金滞納、多重債務などは問わない

買取額 50~5000万円
手数料 3社間ファクタリングの場合:買取対象債権のおよそ3~10%

2社間ファクタリングの場合:買取対象債権のおよそ10~20%

来社の有無 来社不要

※全国対応、電話・出張可能

最短入金日 即日

ジャパンマネジメントのメリットとデメリット

ジャパンマネジメントのメリットとデメリット

では、ジャパンマネジメントのファクタリング利用のメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

メリット デメリット
  • 全国に対応している
  • 法人だけでなく個人事業主でも可能
  • 創業期間問わず利用可能
  • 借り入れ状況など関係なく利用可能
  • 最短即日で資金調達可能
  • 来所不要、出張可能で全国に対応している
  • 売掛先が倒産しても立て替える必要がない
  • 2社間もしくは3社間で取引方法を選ぶことができる
ファクタリング手数料が

  • 3社間では3~10%
  • 2社間では10~20%

と他社と比べると割高

即日の資金調達が可能だったり、借り入れ状況など関係なく利用できたり、ジャパンマネジメントにはさまざまなメリットがありますが、手数料が他社と比べると割高なのが気になるポイントです。

しかし、ジャパンマネジメントは手数料が割高な分、秘密厳守で銀行や取引先に知られないように利用することが可能ですし、他社でファクタリングを断られた企業でも利用できるケースが多いので、相談する価値は十分ある業者ではないでしょうか。

ジャパンマネジメントの申込み方法

ジャパンマネジメントの申込み方法

ファクタリングの申込み方法は業者によって若干異なります。

ここでは。ジャパンマネジメントでの申込み方法をご紹介します。

  • STEP.1
    1.申し込み

    電話もしくはメール(問い合わせフォーム)から無料で相談・申し込みが可能です。

    なお、メールは24時間対応していますが、お急ぎの場合は電話での申し込みがおすすめです。

  • STEP.2
    2.ヒアリング

    契約者との面談を行います。

    取引方法や必要書類について、現在の会社の状況などについてヒアリングします。

  • STEP.3
    3.必要書類提出

    ヒアリング後に必要書類を提出します。

    来社しない場合は必要書類を郵送します。

  • STEP.4
    4.本審査

    必要書類を提出後に本審査を開始します。

    売掛先の企業についての調査などが行われます。

    2社間ファクタリングの場合は、売掛先に連絡することなく調査が行われます。

  • STEP.5
    5.送金

    審査を通過後、送金されて資金調達が完了します。

ジャパンマネジメントの口コミ&評判

ジャパンマネジメントの口コミ&評判

ジャパンマネジメントはリピート率が高く、利用者からの評判はなかなかいいファクタリング業者だといわれています。

では実際にジャパンマネジメントを利用した人の口コミを見ていきましょう。

ここでは、良い口コミだけでなく、悪い口コミについてもしっかりと紹介していきます。

ジャパンマネジメントの良い口コミ&評判

まずは良い口コミから先に紹介していきます。

良い口コミで目立ったのは、入金までがスピーディーだったことでしょう。また担当者の対応についても、良かったとの声が多くありました。

早々に経営を立て直す手段としても、ジャパンマネジメントのファクタリングは評価されているようです。

売上が増えてきている一方で商品の仕入れ資金が不足してしまい、支払が追いつかない状態になってしまいました。

売掛金の入金までに間に合わないということで、比較的早く入金のあるジャパンマネジメントを利用しました。

無事に資金調達ができて支払に間に合わせることができました。

初めてのファクタリングでしたが、無事に資金を回すことができ安心したため、次の月の利用させていただきました。

その後は順調に売上を伸ばしていき、銀行から融資もしてもらえるようになり、経営が安定し立ち直ることができました!

売掛先が倒産してしまい、売掛金の回収ができなくなってしまったため、連鎖的に経営状況が悪化してしまいました。

さらに税金を滞納しているため、銀行の融資を受けることもできず途方に暮れていました。

そこでほかの売掛先の売掛金をファクタリングできないかジャパンマネジメントに相談したところ、無事に資金調達に成功しました。

滞納していた税金を納めることができ、銀行からの融資を受けることができるようになって資金繰りが改善されました!

建築事業を営んでおり、受注が順調に増えてきたものの、その分仕入れの資金が不足しそうになりました。

金融機関へ融資のお願いをしに行きましたが、融資を受けたばかりという理由で様子を見させてほしいと言われすぐに融資を受けることができませんでした。

できればすぐにでも資金調達をしたかったため、ファクタリングを利用することにしました。

ジャパンマネジメントに申し込むと、2日で資金調達ができたため、資材の仕入れができて無事に工事を完了することができました!

売掛先が入金日を急に変更したため仕入れ代金を用意することができなくなり困っていたところ、ジャパンマネジメントのホームページを見つけました。

そのときに初めてファクタリングについて知ったのですが、問い合わせるとスタッフの方が丁寧にどんな制度なのかを説明していただき、ファクタリングを利用することにしました。

初めてですし、融資などに比較すると手数料が高いように感じましたが。急な資金調達に対応していただけましたし、困っていたところだったので、手数料は気になりませんでした。

むしろたいへん助かったので感謝しています。

ジャパンマネジメントの悪い口コミ&評判

つぎに評価の悪い口コミについても紹介していきます。

悪い口コミについては、あまり見つけることができませんでしたが、やはり手数料という点で引っかかっている方もいるようです。

とはいっても先にお伝えした通り、他のファクタリングがダメでも、ジャパンマネジメントなら寛容に相談を受けてくれるため、許容範囲内ともいえるでしょう。

ビジネスローンに断られて申し込みましたが、手数料が高かったです。うちのような状態は仕方なかったのですが、なるべくなら利用せずにどうにかしたいともおもってしまいました。ただ担当の方はとても印象がよかったです。

ジャパンマネジメントの総評

仕入れの資金が足りなくなると会社をうまく回すことができなくなりますし、税金の滞納があると金融機関での融資が受けられなくなります。

このような資金不足はすぐにでも解決すべきですが、売掛金の入金日は決まっているため、すぐに資金を調達することは難しいですよね。

しかし、ジャパンマネジメントなら最短で即日、平均で2~3日ほどで資金調達が可能なので、急な支払いなどにも対応することができます。

すぐにでも資金が必要なほど首が回らず困っているのであれば、ジャパンマネジメントにまずは相談してみてもいいでしょう。

クレジットカードや金融機関での借り入れに比べると、手数料が高く感じてしまう部分もありますが、すぐに資金調達できることで経営がうまく回るのであれば、ジャパンマネジメントでのファクタリング利用はおすすめです。

ジャパンマネジメントを利用して救われた企業も多々ありますし、まずは無料相談から申し込んでみてはいかがでしょうか。

ジャパンマネジメントでファクタリングをする前に!

ジャパンマネジメントでファクタリングをする前に!

ジャパンマネジメントでのファクタリングを検討しているのであれば、何点か事前に確認しておきたいものもあります。

ここでは、その内容について紹介しておきますので、

ジャパンマネジメントの審査基準では何を見る?

ジャパンマネジメントでは、まず売掛先について、以下の点に注目します。

  • 信用はどの程度あるのか
  • 経営状態は健全か
  • 取引期間の長さにどの程度か

また利用する側の企業についても、「信用があるのか」「代表者はどういった人なのか」なども審査として考慮されます。

そのため実際に会う場合には、誠実にしっかりとした対応をするように心がけましょう。

そういった小さなところも手を抜かないことが大切です。

買取金額はどのくらいか

ジャパンマネジメントでは、売掛債権額に対しての買取額は8~9割程度となっています。

また決済したあとには、手数料を差し引いた額を入金してくれます。

必要書類として準備しておくもの

ファクタリングを実行する際には、審査が必要となります。

その際に必要となる書類には、主に以下のようなものがあるでしょう。

  • 登記簿謄本
  • 2期分の決算書のコピー
  • 今期分かつ半期以上経過した試算表
  • 直近半年分の取引
  • 通帳のコピー(入出金が見れるもの)
  • 取引確認ができる契約書・請求書(契約書はなくてもOK)
  • 納税証明書

これら書類の中には、用意するのに時間を要するものもあります。

早めに資金調達したいのであれば、事前に用意しておくようにしてください。

手数料の内訳と出張費用について

手数料の主な内訳については、次のようになっています。

  • 印紙代
  • 調査にかかる費用
  • 公正証書作成費用
  • 登記費用
  • 割引料

またそれ以外に、もし出張で契約を交わす場合には、その場所までの交通費が別途でかかることとなります。

これら手数料や諸費用については、状況によっても異なってくるものですので、事前にしっかりと確認する必要があるでしょう。

すぐに資金調達したいならジャパンマネジメントがおすすめ!

ジャパンマネジメントの大きなメリットは、申し込みから入金までのスピードが早いことです。

資金繰りに困っている状況では、1日でも早く資金調達したいですよね。

ジャパンマネジメントは借り入れ状況や、税金の滞納、法人・個人などは関係なく利用できますし、ファクタリングは融資ではないので保証人や担保も必要ありません。

売掛金の入金まで待っていたら、経営状況が悪化するばかりというのであれば、最悪の状況になる前に、まずはジャパンマネジメントに相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)