ファクタリング会社を比較!騙され知らずで安全に資金調達しよう!

ファクタリング会社を比較!騙され知らずで安全に資金調達しよう!

ファクタリング会社が無数に増えている今、どこのファクタリング会社にすればいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ファクタリング自体がまだ日本に浸透していないため、ファクタリング会社を騙った悪徳業者も少なくありません。

そこで今回はファクタリング会社に対する以下の疑問を解消していきます。

  • ファクタリングの運営会社の種類には何がある?
  • 安全なファクタリング会社は何を基準に選べばいい?
  • 悪徳ファクタリング業者はどんな手口を使ってくる?
  • 悪徳ファクタリング業者を見抜くポイントは?
  • 安全に利用できるファクタリング会社はどこ?

この記事を読めば、あなたが必要とする安全なファクタリング会社を見つけることができるでしょう。

では早速、順に紹介していきます。

「ファクタリング会社を比較!騙され知らずで安全に資金調達しよう!」のイラスト

もくじ

ファクタリング会社には3種類ある

ファクタリング会社には3種類ある

まずはファクタリング会社の種類について学びましょう。

ファクタリング会社には次の3種類があります。

  1. 銀行系ファクタリング会社
  2. ノンバンク系ファクタリング会社
  3. 独立系ファクタリング会社

それぞれにメリットやデメリットがあるので、必要に応じて利用する会社を選んでください。

1:銀行系ファクタリング会社

その名の通り、銀行の系列会社・グループ会社が運営しているファクタリング会社です。

みずほ銀行系のみずほファクターや、りそな銀行系のりそな決済サービスなどが挙げられます。

地方銀行の場合は系列会社ではなく、地銀が直接ファクタリングを行うことが一般的です。

銀行系ファクタリング会社のメリット

銀行系ファクタリング会社のメリットは、以下の通りです。

  1. 億単位の売掛金でもファクタリングできること
  2. 手数料が安いこと
  3. ファクタリング会社自体の信用が非常に高いこと

ファクタリング自体、主に中小企業が行うもので1億円以上の売掛金をファクタリングできる会社はなかなかありません。

また、3社間取引をしなければいけない場合、売掛先企業は聞いたことのないファクタリング会社の名前を出されると不安に思うこともあるでしょう。

3社間取引とは

3社間取引とは、売掛相手にファクタリングをする旨を通知し、「自社ファクタリング会社売掛相手」の3社でやり取りをするファクタリング取引のことです。

 

ファクタリングにはいくつか種類があります。それぞれの仕組みを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみましょう。

ファクタリングとは?種類ごとの取引の仕組みと注意点を徹底解説ファクタリングとは?種類ごとの取引の仕組みと注意点を徹底解説

しかし、銀行のグループ企業なら企業名だけでお金を扱うプロだとわかってもらえるので、3社間取引が承諾されやすくなります。

銀行系ファクタリング会社のデメリット

銀行系ファクタリング会社のデメリットは、次のことが挙げられます。

  1. 申し込みから現金化までに時間がかかること
  2. 3社間ファクタリングのみ対応なので、売掛先企業に必ず通知する必要があること
  3. 審査が厳しく最低融資額も大きいので、大企業向けであること

いま紹介した3つ以外の最大のデメリットは、親会社に情報が筒抜けになること。

ファクタリングのメリットは賃借対照表(バランスシート)に負債が計上されないことです。

しかし、銀行系ファクタリング会社の場合は親会社の銀行にその情報が筒抜けになってしまい、銀行融資を受ける際に不利になる可能性があります。

2:ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンク系ファクタリング会社は、銀行ではない企業のグループなどが経営するファクタリング会社です。

消費者金融会社や証券会社などお金を扱う事業の場合はもちろん、通信事業や物流など、親会社の事業は多岐にわたります。

ノンバンク系ファクタリング会社のメリット

ノンバンク系ファクタリング会社のメリットは、次の通りです。

  1. 独立系ファクタリング会社に比べて手数料が低めに設定されていること
  2. 親会社が大手の場合、売掛先企業からの信頼も得やすい

銀行系ファクタリング会社と違って、銀行融資のときにファクタリングの情報が筒抜けになることもないので、安心して利用することができます。

ノンバンク系ファクタリング会社のデメリット

ノンバンク系ファクタリング会社のデメリットは、良くも悪くも中途半端といえること。

手数料も、ファクタリング契約から口座振込までの期間も、銀行系と独立系の中間をとったような設定になっていることがほとんどです。

3:独立系ファクタリング会社

最後にご紹介するのが、独立系ファクタリング会社です。

簡単に言ってしまえば、独立系ファクタリング会社は銀行系・ノンバンク系以外の「その他」に該当します。

独立系ファクタリング会社のメリット

独立系ファクタリング会社を使用するメリットは、次の3つです。

  1. スピーディーな審査が可能
  2. 数十万円の小口利用も可能
  3. 2社間取引のファクタリングにも対応

ファクタリング会社のメインターゲットは中小企業であることがほとんどのため、多くの利用者がまず利用を検討するのが独立系ファクタリング会社であるといえます。

銀行系やノンバンク系のように会社の規模が大きくない代わりに、スピーディーな審査が可能で、最短で即日資金調達が可能な会社もあるでしょう。

ファクタリングで即日資金調達可能?売掛金の即現金化方法を徹底解説ファクタリングで即日資金調達可能?売掛金の即現金化方法を徹底解説

数十万円からでも利用できる独立系ファクタリングは、中小企業にとってはとくに心強い味方となりそうです。

独立系ファクタリング会社のデメリット

独立系ファクタリング会社を使用するデメリットは、次の2つです。

  1. ファクタリング手数料が高い
  2. ファクタリング会社自体の信用度が低い傾向にある

独立系ファクタリング会社は手数料が安くても10%、高いと40%近くになることもあります。

ただでさえ資金繰りに苦しんでいる企業にとって、売掛債権額の大半を持っていかれるのはかなり辛いところでしょう。

また銀行系・ノンバンク系にあった親会社による信用の後ろ盾が一切ないことも、独立系ファクタリング会社のデメリットといえます。

ファクタリングの仕組み自体が、まだ一般的ではない日本において、ファクタリング会社自体の信用は、特に3社間取引のファクタリングにおいては重要です。

安全なファクタリング会社の選び方5つ

安全なファクタリング会社の選び方5つ

ここからは、安全に使えるファクタリング会社を選ぶためにチェックするべきポイントを、5つご紹介します。

資金繰りはもちろん、ファクタリング後の取引についても十分吟味したうえで、ファクタリング会社を絞るようにしましょう。

1:希望する取引方法に対応しているか

ファクタリング会社には、2社間取引と3社間取引どちらかしか対応していない会社と、両方に対応している会社があります。

基本的に銀行系ファクタリング会社は、3社間取引を専門にしていることがほとんどです。

2社間取引を希望される場合は、独立系から探すのが手っ取り早いでしょう。

2:ファクタリング希望額が取引可能額内にあるか

ファクタリング会社によって、資金調達可能額は異なります。

数十万円から受け付けてくれる会社もあれば、億単位の融資もできる会社もあるでしょう。

資金調達可能額は「独立系<ノンバンク系<銀行系」の順に大きくなります。

調達可能額が大きくなればなるほど、資金調達前の審査は厳しくなることを覚悟しましょう。

3:資金調達までにかかる時間

売掛先企業との間に発生した売掛債権が現金になるまで、ファクタリングなしで待つと通常は数カ月かかりますが、ファクタリングを使えば最短で即日現金化することができます。

もちろん早いに越したことはありませんが、メガバンク系などの大手の場合は、どんなに早くても数週間、遅いと1ヶ月以上も現金化まで待たなくてはいけません。

それに比べると、独立系は非常にスピーディーで、ファクタリング会社によっては遅くても3営業日以内に資金調達してもらえます。

そのため、資金繰りに余裕がない場合は、独立系のファクタリング会社が第一候補となるでしょう。

こういった利便性こそありますが、それを売りに悪徳業者が宣伝してくることもあります。

最短で対応してくれるから…

と、すぐ飛びつくのは禁物となります。よく評判などを調べるようにしましょう。

4:償還求償権の有無

ファクタリング契約が締結されるとき、売掛債権を自社からファクタリング会社が買い取ります。

ファクタリング会社が売掛債権を自社から買い取ってから、ファクタリング会社に売掛債権額が振り込まれるまでの間に、売掛先企業が支払い不能状態となることもあります。

その際にファクタリング会社では、自社に売掛債権額を請求する権利を所有しています。

この権利のことを、償還請求権といいます。

ファクタリング会社と自社でファクタリング契約を結ぶとき、契約書にはファクタリング会社が償還請求権を放棄する旨が記載されていることがほとんどです。

もし売掛先企業に支払い能力がなくなっても、自社が売掛債権額を支払う義務はありません

ファクタリング会社が償還請求権を放棄すると契約書に明記されているかどうかは必ず確認しましょう。

5:電話対応や面談での印象

最後に大事なのは、ファクタリング会社で働く人たちの印象です。

わからないところを質問して丁寧に答えてくれるか、無理にファクタリング契約を勧めてこないかなど、チェックすべきポイントは多岐にわたります。

どんなに条件がよくても、ファクタリング会社の人の印象が悪い場合は、その会社でのファクタリングは避けたほうが無難です。

悪徳ファクタリング業者が使う手口を把握しておこう

悪徳ファクタリング業者が使う手口を把握しておこう

さて、もし悪徳ファクタリング業者にあたってしまった場合、どのような手口(行動)をしてくるのでしょうか。

こういったことを事前に把握しておき、甘い罠にはまらないようにしてくださいね!

では、悪徳ファクタリング業者に見られる手口(行動)を3つほどみていきましょう。

理由をつけて買取額を下げてくる

最も多い方法として、異常に安い手数料に誘われたファクタリング希望者に対して、あらゆる角度から理由をつけては手数料をギリギリで引き上げてくるというものがあります。

この場合の手数料は、問題意識が湧きにくい相場ギリギリのライン(30%程度)を狙ってきます。

一刻を争うファクタリング希望者にとっては、審査に通過しただけでも「OK」とみなし、その手数料でも契約してしまうのです。

もちろん、取引相手の事業の状態によっては、本当にその手数料となることもあるので一概に悪徳とはいえません

ある意味で、その判別が難しいこの手法が一番タチが悪いともいえるでしょう。

分割要求をしてくる

悪徳ファクタリング業者の中には、先ほどの手数料の引き上げだけでなく、高額な保証金を上乗せしてくることもあります。

もちろん、他の名目で搾取してくるかもしれません。

その結果、売掛債権の買取金額が本来の4割まで引き下がってしまう事例も発生しているのです。

つまり、本来の売掛金が200万円だったとしても、手元に入るのは80万円となります。

この状態でキャッシュフローがよくなるわけがありません。

そこで悪徳ファクタリング業者は、「分割返済」を提案してくるわけです。

もちろんこのときの金利は、かなり高額に設定されており、そこでも搾取してきます。

事業者側からすれば、支払いが滞りはじめているので、渋々この提案に乗ってしまうのでしょう。

そしてどんどんと搾取され続けてしまうというわけです。

過度な返済要求してくる

悪徳ファクタリング業者は、前項の分割返済が滞った際に、ひと昔前の手荒い催促をしてくる可能性もあります。

具体的には、会社への嫌がらせや取引先への嫌がらせ、また親族への嫌がらせもあるかもしれません。

こうした行為は、法律で厳しく制限されていますが、悪徳ファクタリング業者はそれすらも関係ないのでしょう。

事業者側も、現状を悪くしたくない一心で返済にあたりますが、こうしたトラブルにあたった場合は早急に専門家に相談するようにしてください。

また、次で紹介する騙されないための注意点も、しっかりと押さえておくようにしましょう。

悪徳ファクタリング業者に騙されないために注意すべきポイント3つ

悪徳業者に騙されないために注意すべきポイント3つ

次に、悪徳業者に騙されないための注意点をご紹介します。

ファクタリング会社は事業形態などからも悪徳業者が入りやすく、間違ったファクタリング会社選びをしてしまうと騙されてしまうことも珍しくありません。

自社が売掛債権を先にファクタリング会社に譲渡する必要がある以上、信頼できる会社だと確信できない場合はファクタリング契約をするべきではないでしょう。

どんなに資金繰りに困っていて1日でも早く資金が欲しい状態でも、騙されることに比べればファクタリング会社の調査など取るに足らないことです。

そこで、必ずファクタリング会社について確かめてほしいポイントを3つご紹介します。

1: ホームページの会社概要に記載されている内容は本当か

まずは、ホームページの会社概要に記載されている情報が本当かどうかです。

設立年月日や代表者名はもちろん、会社の住所や代表電話番号、資本金額といったことが一般的な企業の会社概要には記載されています。

これらすべてを記載しているファクタリング会社は決して多くなく、記載されているからといって本当のこととは限りません

  • 代表者について検索したり
  • 地図アプリで住所が実在するかどうかを調べたり
  • 実際に電話が繋がるかどうか

についても確認して損はないでしょう。

売掛債権を渡す相手なので、信頼できる情報を掴むまで徹底的に調べるくらいの気持ちが大切です。

2:手数料があまりに安すぎないか

ファクタリングを依頼する側にとって、どうしても避けられないネックな部分に手数料があります。

手数料が低ければ、それだけ手元に残るお金が多くなるので、とにかく手数料が低いところを優先的に探している方も多いのではないでしょうか。

しかしあまりに相場からかけ離れた安い手数料の場合、それをエサにおびき寄せられている可能性も考慮するべきです。

契約まで持ってくることさえできれば、債権がファクタリング会社にわたった時点で雲隠れすればいいだけとなります。

独立系ファクタリング会社を利用する場合、相場相当の手数料は腹をくくって覚悟しましょう。

3:契約書が正常かどうか

最後に確認するべきは、契約書です。

当たり前のことですが、スマートフォンの説明書と一緒でちゃんと読まない人も少なくありません。

そうした人が被害にあっても、

契約書に書いてあるから・・・
そんなことは契約書に書いていない!

などと言い訳できるように、契約書は相手に都合よく作られている場合も往々にしてあるものです。

騙されないためにも、法務や顧問弁護士を連れてしっかり書面を確認してもらったり、もし怪しいと感じても、

ここまで用意してもらって契約を断るのは悪いし・・・

と曖昧な状態で契約しないようにしましょう。

悪徳業者の可能性が高い!こんな特徴にも注意!

注意すべき点について何点か紹介してきましたが、ここでは「これに当てはまったら悪徳業者の可能性が高い」という特徴について紹介していきます。

ここでチェックすべきは主に以下の4つとなります。

  1. 振込先口座名が社名と異なる
  2. 携帯電話でのやり取りを勧められる
  3. 対面での対応がない
  4. 住所がバーチャルオフィスや賃貸住宅

順に解説していきます。

振込先口座名が社名と異なる

通常は、振込先の口座名と社名は一致していることが大半です。

しかし悪徳業者の場合では、事業に信用性がないことから、銀行での法人口座開設を断られてしまうことがほとんどです。

その結果、社名と一致する口座を取得できずに、名が不一致となるケースが多いのでしょう。

ただし、近年ではネット銀行の審査に通過してしまう悪徳業者も存在します。

そのため、口座名と社名が一致していたとしても、ネット銀行の口座だった場合では、念のため調べるようにしておきましょう。

対面での対応がない

ファクタリングに限らず、詐欺をはたらく業者に共通することとして、顔を頻繁に合わせたがらないという特徴があります。

またファクタリングでは、利用する側の人物像を把握するために、面談を行うところも少なくはありません。

そのため、明確な理由がないにもかかわらず、対面での対応を拒否し続ける場合には、注意が必要となります。

住所がバーチャルオフィスや賃貸住宅

HPなどで記載されている住所が、バーチャルオフィスや賃貸住宅だったというケースも注意が必要です。

しっかりとした企業では、ちゃんとした場所にオフィスを構えているものです。

住所を実際に検索してみて、住所先がどういうものなのかを調べておきましょう。

注意

ただし先にお伝えした通り、住所がデタラメだったというケースもあります。ビルなどの場合は、そのビルの管理会社に問い合わせてみてもいいかもしれません。

ここまでで、何点か確認事項を紹介してきましたが、もちろん当てはまったからといって、すべてが悪徳業者というわけではありません

しかし、もしも上記に挙げた項目に当てはまったのなら、必ず検索をして評判などを調べるようにしましょう。

その上で、ファクタリングは利用するようにしてください。

さらに詳しく見抜く方法について知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。きっと役立つはずです。

ファクタリング会社の選び方10選!法人・個人事業主のために徹底調査ファクタリング会社の選び方10選!法人・個人事業主のために徹底調査

また、これらを確認することも面倒という方も少なからずいますので、次では安全に利用できるファクタリング会社を厳選して紹介しておきます。

ぜひ参考にしてみてください。

安全に利用できる!おすすめファクタリング会社の9社比較!

安全に利用できる!おすすめファクタリング会社の9社比較!

最後に、安心して使用できるファクタリング会社9社をご紹介します。

銀行系、ノンバンク系、独立系からそれぞれ2社を選んだので、希望条件に合うファクタリング会社がきっと見つかるでしょう。

安全でおすすめファクタリング9社の比較表

ここでは、安全に利用できるファクタリング会社を9社厳選して、比較表としてまとめておきます。

基本情報をサッと見れるようになっていますので、それぞれ確認していきましょう。

※ファクタリング会社名をクリックすると詳細へジャンプできます。

運営元 設立 スピード 取引 取扱額
銀行系 三菱UFJファクター 三菱UFJファクター株式会社 1977年 2週間〜1ヶ月 3社 1億円~
SMBCファイナンス SMBCファイナンスサービス株式会社 1972年 2週間〜1ヶ月 3社 5,000万円~
みずほファクター みずほファクター株式会社 1977年 2週間〜2ヶ月 3社 記載なし
ノンバンク系 オリックス オリックス株式会社 1964年 10日~ 3社 300万円~
NTTファイナンス NTTファイナンス㈱ 1985年 1週間〜1ヶ月 3社 記載なし
ビジネクスト ビジネクスト株式会社 2001年 記載なし 2社 ~1億円
独立系 ビートレーディング 株式会社ビートレーディング 2012年 即日〜3営業日 2社/3社 上限・下限なし
ジャパン・フィナンシャル・ソリューションズ ㈱ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ 1974年 記載なし 3社 300万円〜
えんナビ 株式会社インターテック 記載なし 即日〜 2社 30万円~5,000万円

それぞれのファクタリング会社については、次項から順に紹介していきますので、併せて参考にしてみてください。

三菱UFJファクター|安全な銀行系ファクタリング会社

おすすめファクタリング三菱UFJファクター

「三菱UFJファクター」は、言わずもがな三菱UFJ銀行系列のファクタリング会社です。

国内最大手のメガバンクの信用は抜群ですが、とにかく審査が厳しいことでも有名でしょう。

数百万円では門前払いされるという口コミもあり、完全に大手企業向けといえます。

 公式HPを見る 

SMBCファイナンス|安全な銀行系ファクタリング会社

おすすめファクタリングSMBCファイナンス

「SMBCファイナンス」は、こちらもメガバンクの三井住友銀行グループのファクタリング会社です。

やはり審査に必要な書類を揃えるだけでも一苦労だったり、審査から資金調達までにもかなり時間を要することから、一日でも早く現金化したい中小企業には不向きといえます。

 公式HPを見る 

みずほファクター|安全な銀行系ファクタリング会社

 

「みずほファクター」も、安心のみずほフィナンシャルグループのため、その信頼度の説明は不要でしょう。

みずほファクターでは、国内ファクタリングはもちろん、海外ファクタリングにも対応しています。

またみずほファクターでは、回収保証も取り扱っており、限度額内であれば売上債権の100%を保証するなど手厚いことも特徴でしょう。

ただし、こちらも大手企業向きとなりますので、審査は厳しめといえます。

 公式HPを見る 

オリックス|安全なノンバンク系ファクタリング会社

おすすめファクタリングオリックス

「オリックス」は、パ・リーグの球団でもおなじみの企業オリックスによるファクタリングサービスです。

医療・介護などを事業にしている企業のファクタリングをメインに取り扱いがあります。

 公式HPを見る 

NTTファイナンス|安全なノンバンク系ファクタリング会社

おすすめファクタリングNTTファイナンス

「NTTファイナンス」は、電話などの通信事業でお馴染みのNTTグループのファクタリング会社です。

元国営企業のグループ会社というだけあり、クタリング会社自体の信用度は銀行系をもしのぎます

 公式HPを見る 

ビジネクスト|安全なノンバンク系ファクタリング会社

ビジネクストファクタリンフ

「ビジネクスト」といえば、ノンバンク系融資会社の中でも実績が豊富で有名ですね!

融資実績については、国内トップクラスを誇り、なんと累計10万口座以上の契約実績をたたき出しています。

そんなビジネクストが提供するファクタリングは、こちらもかなり良心的な手数料が魅力となっており、「他社よりも安い手数料で契約できた」という口コミもあるほどです。

ただし、最低買取額や最短現金化日数のことについて、独自調査の中では公式HPで見当たらないため、直接問い合わせて確認する必要もあるでしょう。

それで納得がいけば、ノンバンクの中でも安心して利用できる会社なので、有力候補として判断してみても良いかもしれません。

 公式HPを見る 

ビートレーディング|安全な独立系ファクタリング会社

おすすめファクタリングビートレーディング

「ビートレーディング」は、最短即日から資金調達可能というスピード感がセールスポイントとなります。

2社間取引に対応しているのはもちろん、手数料の平均が15~17%ほどと独立系の相場20%に比べて安めなので、迷ったらビートレーディングと言われるほどの信頼を得ています。

 公式HPを見る 

ジャパン・フィナンシャル・ソリューションズ|安全な独立系ファクタリング会社

おすすめファクタリングジャパン・フィナンシャル・ソリューションズ

次にご紹介するのが40年以上の歴史を持つ老舗「ジャパン・フィナンシャル・ソリューションズ」です。

入金までのスピードは決して早いと言えませんが、手数料は1%〜4.6%と独立系なのに業界トップクラスの低さです。

 公式HPを見る 

えんナビ|安全な独立系ファクタリング会社

えんナビ

最後に紹介する「えんナビ」は、情報への扱いが厳重で、2社間取引で相手に知られないように配慮を徹底しているのが特徴です。

また他社では、最低買取額がそう安くないことも多い中、えんナビは30万円からと小規模事業者にも優しい設定となっています。

契約にかかる時間は、最短で45分を実現するなど、スピード感でも優秀といえるのではないでしょうか。

手数料についても業界最低水準となる(5%~)を提示しているので、一度問い合わせてみても良いかもしれません。

 公式HPを見る 

「えんナビ」の口コミ&評判!ファクタリングで最短1日から資金化可能「えんナビ」の口コミ&評判!ファクタリングで最短1日から資金化可能

しっかりと見極めて安全にファクタリングは利用しよう

ファクタリング会社は近年増えていますが、安くて安全に使える会社は決して多くありません。

それでも、徐々に健全なファクタリング会社が増えていることも確かです。

ただし、どうしてもファクタリングは悪いイメージもあります。

まずはファクタリングではなく、違う方法で資金調達ができないか検討してみましょう。

その他の資金調達については、以下の記事を参考にしてみてください。

個人事業主も法人も要チェック!事業資金の調達方法14選個人事業主も法人も要チェック!事業資金の調達方法14選

どうしても厳しければ、3社間取引などを利用すると良いです。

3社間の場合は取引相手がその点に理解があるかどうかしっかりと確認するようにしてください。

その際は、インターネットの口コミや知り合いの経営者からの情報を参考にしつつ、信頼できるファクタリング会社を見つけて会社経営をうまく進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)