子供がいても稼げる仕事とは!無理なく働くためのポイント

子供が生まれると、経済的に余裕がなくなる家庭は多いです。また、子供が大きくなると徐々に教育費用も上がるため、稼げる仕事をしたいと考える方も多いでしょう。

そこで、子供がいても稼げる仕事や、無理なく働くためのコツを紹介します。

子供がいても稼げる仕事とは?

 

子供がいても、在宅勤務できる仕事、時短勤務できる職場であれば、働きやすいでしょう。子供がいても稼げる仕事の特徴を4つ紹介します。

 

在宅勤務が可能

在宅勤務は、企業の従業員としてではなく、個人事業主として働く方法が一般的です。

インターネットを使う仕事や、専門知識やスキルが求められるWebデザインや、翻訳、ウェブサイトの作成などを行う方法が挙げられます。また、データ入力やWebライターなど、専門知識やスキルを持っていなくても働ける仕事も多いです。

 

時短勤務が可能

時短勤務は福利厚生といった待遇のひとつで、子供が保育園に行く時間に合わせて勤務する方法です。近年では、時短正社員の雇用をする企業も増えています。

 

パートタイマー勤務

パートタイマーは、働く時間や日数を比較的自由に決められます。そのため、子どもが保育園や小学校にいる時間帯だけ働き、子供が帰ってくる時間までに自宅へ帰ることも可能です。

 

初期費用が少ない

仕事を始めるにあたり、購入しなければならない物が多いと初期費用がかかります。そのため、すでに自宅にある物で働ける仕事や、購入しなければならない物が少ない仕事を選びましょう。

また、子供がいても稼げる仕事の中には、「短い時間で高収入を得られる」とアピールする求人もあります。しかし、経験がスキルや知識が無い方が、家事や子育ての合間に大金を稼げるわけがありません。

高額な初期費用がかかる仕事には十分に注意し、初期費用がかからない仕事や初期費用が少ないものを選びましょう。

 

子供がいても稼げる仕事

 

子供がいても稼げる仕事は、基本的に在宅でできる仕事が挙げられます。在宅勤務可能な仕事のなかでも、特に未経験者が稼ぎやすい仕事を紹介します。

 

Webライター

クラウドソーシングサービスの中には、単価が高い案件も多いです。子育てや恋愛、美容など、自分が持っている知識を活かせるジャンルを選択すればスムーズにライティングできるでしょう。

Webライターで稼いでみたいという方は、まずはクラウドソーシング業界最大手の「クラウドワークス」の登録をおすすめします。たくさんの案件から自分にあったお仕事をみつけて、応募してみてください。こつこつ実績を積むことで継続して仕事を得ることができるでしょう。

 

Webデザイナー

ウェブサイトのデザインや、レイアウトを作る仕事です。写真を加工する色を選ぶ、文字をデザインするなどの仕事で、専門知識やスキルが必要です。

 

ブロガー

自分でブログを作り、広告をつけて、広告がクリックされると収入を得られる方法です。ただし、ブログを立ち上げるためには初期設定やドメインの取得、サーバー管理などが必要なため、知識を身につけてから始めましょう。

ブログで稼ぐためにはASPに登録して自分のブログに広告を掲載することで収入を得る仕組みを知っておくことをおすすめします。こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

ネットショップ

自分でネットショップを開設するのはハードルが高いと考える方も多いですが、近年では無料でテンプレートを使えるサービスが増えています。自分が興味を持てる製品を仕入れて、SNSも活用してネットショップをアピールしましょう。

動画編集

動画撮影に集中し、多くの動画を投稿するために、動画編集ができる人をクラウドソーシングで募集しているYouTuberは多いです。そのため、動画編集の技術があれば、在宅で動画編集作業の受注ができるでしょう。

 

転売

フリマアプリやオークションサイトで高値で売れるものを購入し、販売する方法です。また、自宅にある不用品を販売できるため、仕入れをせずに初期費用0円で利益を得られたり不用品を処分できたりすることがメリットです。

データ入力

データ入力は、在宅勤務できることがメリットです。Word、Excel、PowerPointを使用できれば、未経験でもブランクがある方でも働けます。

 

コールセンター

コールセンターの仕事は、電話を受けたり、電話をかけたりすることで報酬をもらえます。特に、電話をかけてアポイントを取る仕事は報酬が高い傾向にあります。

 

子供がいても稼げる仕事をする際のポイント

 

子育てと仕事を両立するために重要なポイントを紹介します。仕事を選ぶ際に、子育てと両立可能か、家族の協力を得られるかなどを確認しておきましょう。

 

子育てと両立できるか

仕事が忙しすぎると、子供の面倒を見られなくなったり、コミュニケーションの機会が減ったりするでしょう。子育てと仕事のどちらかが疎かにならないように、両立できる仕事を選びましょう。

 

周りの協力を得られるか

子育てをしながら十分な収入を得るのは、簡単なことではありません。配偶者や相手の家族、自分の家族や、地域のサポートサービスなどを活用できるかどうかあらかじめ確認しておきましょう。

 

子育てに理解がある職場かどうか

子供がいる方が多く働いている職場は、子育てをしながら働くことに理解を得やすいです。時短勤務や、子育てをしている方が勤務していることをアピールしている職場かどうか確認しましょう。

 

保育園などに預けられるか

在宅勤務だったとしても、子供の面倒を見ながら働くのは極めて困難です。そのため、保育園や一時保育サービスに子供を預ける必要があります。

自治体によっては、一時保育サービスの他にもサポートを用意していることがあるため、自分が住んでいる地域の支援制度を確認してみましょう。

 

急なお休みにも対応できるか

子供が急に体調を崩す、早退するといったトラブルが起こることがあります。業務が遅れて、期限に間に合わないこともあるでしょう。そのため、時間に余裕を持って働ける仕事を選ぶ必要があります。

 

体力的に問題ないか

子育ても仕事も、体力を消耗します。体力は個人差があるため、体調を崩さずに働ける仕事を選ぶことが大切です。

 

通勤時間が短い

在宅勤務であれば、通勤時間はかかりません。しかし、パートタイマーで働く場合、自宅の近くや保育園から行きやすい場所にある勤務先にすることが大切です。

 

まとめ

 

子供がいても稼げる仕事は、知識や技術がなくても働けるものが多いです。

また、在宅勤務ができる仕事もあるため、子供の年齢に合わせて稼ぐことも可能です。家族と話し合い、子育てと両立できて稼げる仕事を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)