三菱UFJファクターの口コミ&評判!ファクタリングの特徴や業務内容は?

三菱UFJファクターの口コミ&評判!ファクタリングの特徴や業務内容は?

三菱UFJファクターのファクタリングには、さまざまな口コミ&評判があります。

  • マイナスな面・・・契約までの手続きが面倒など
  • プラスな面・・・幅広いファクタリングに対応など

三菱UFJファクターを検討中で、

審査に通るのが難しそう・・・
本当に使い勝手がいいの?

とお悩みの方へ、ファクタリングの詳しい内容を徹底解剖していきます!

転職希望者が多いことでも知られる企業ですので、「資金調達先企業としての信頼度」を、社員の満足度という面からも探ってみます。

三菱UFJファクターの基本情報について

三菱UFJファクターの基本情報について

三菱UFJファクターは、三菱UFJ銀行が100%出資して設立した子会社です。

巨大な金融ネットワーク・MUFJグループの一員として、豊富な実績を持っているファクターです。

まずは、こちらを確認しましょう。

  • 会社概要
  • ファクタリング業務の基本情報

では順に紹介していきます。

三菱UFJファクターの会社概要

三菱UFJファクターと民間ファクターを、簡単に比較してみます。

(2019年8月時点)

会社概要 民間ファクターは…
設立年 1977年 10年未満の企業が多い
資本金 20億8千万円 数千万円~1億円程度が一般的
本社・支社 本社(東京)
支社(名古屋・大阪・福岡)
所在地域は限られているが、全国各地の企業と契約可能
従業員数 500名以上 多くても数十名

三菱ファクターの決算報告書は公表されていないので、経営状態から信頼度を探ることはできませんでした。

不安なのは、親会社の三菱UFJ銀行が、経営上の問題をいくつも報道されている点です。

「銀行=信頼できる企業」というイメージが崩れている時代ですので、グループ会社である三菱UFJファクターもファクタリング審査を厳しく行い、慎重な経営をしていると予測できます。

ファクタリング業務の基本情報

三菱UFJファクターのファクタリングは、基本的に金額が大きい売掛金を複数扱う企業に向いています。

売掛債権の取扱額

三菱UFJファクターが買取をする売掛金の額は、下記が基本です。

  • 売掛金残高:100万円程度~
  • 買取限度額の設定:1億円以上
  • 売掛先の信用情報に不安がない場合に限り、買取

売掛先企業の信頼度や、売掛金の性質によって取扱いが変わりますので、ファクタリングを申込む前に直接相談する必要があります。

ファクタリングの審査

審査内容や日数は公表されていません。

ファクタリングを申込んだ企業&売掛先企業、両社が審査されますので、1週間以上かかるとお考え下さい。

手数料など料金

料金についても公表されていません。

審査によって決定するので、企業ごとに違う可能性があります。

事前に三菱UFJファクターへの確認をおすすめします。

簡単にわかる三菱UFJファクターの業務内容

簡単にわかる三菱UFJファクターの業務内容

三菱UFJファクターのファクタリングは、国内だけではなく海外(輸出)にも対応しています。

国内ファクタリング業務

国内ファクタリングの契約は、主に以下に挙げる3種類となります。

  1. 買取ファクタリング
  2. 保証ファクタリング(根保証)
  3. 保証ファクタリング(下請債権保全支援事業)

ではそれぞれについて、解説していきます。

1:買取ファクタリング

買取ファクタリングでは、売掛先企業1件ごとに審査をし、審査通過後に買取限度額内で何度でも利用可能です。

また、三菱UFJファクターのファクタリングは、「償還請求権なしの契約」が魅力です。

償還請求権なし?

「償還請求権なし」とは、「万が一売掛金が回収不能になっても、買取金額を三菱UFJファクターに返却しなくてもいい」という意味です。

支払いまでの期間が長い売掛金を早期に現金化することで、キャッシュフローが健全化し、財務諸表も整えることができます。

2:保証ファクタリング(根保証)

主に与信管理に役立てるのが目的の契約で、根保証依頼をした売掛先企業の信用情報を低規定にチェックできます。

新規取引をする企業の信用情報もチェックできるので、新規開拓の際の不安も取り去れるでしょう。

売掛先1件ごとに保証限度額が決められていて、万が一倒産や夜逃げなどが起きた場合でも、限度額内であれば未回収の売掛金を100%保証してもらえます。

3:保証ファクタリング(下請債権保全支援事業)

下請債権保全支援事業では、国が創設した事業で建設業者や資材販売業者が倒産した際の、下請企業の連鎖倒産を防止するのが目的です。

国土交通省に採択された10社のファクターでしか利用できません。

債権保全だけではなく、ファクターに支払う費用(保証料)の一部が国から助成されます。

国際ファクタリング業務

三菱UFJファクターが海外ファクターと連携して、下記を行います。

  • 輸出先(バイヤー)の信用調査
  • 売掛金の支払いが90日遅れると、売掛金を保証してもらえる(保証限度額内)
  • 三国間貿易でもOK
  • 海外ファクターが輸出先と連絡をとって、売掛金の取り立てをしてくれる

民間ファクターでは、国際ファクタリングを行っていません。

三菱UFJファクターを利用すれば、海外企業との取引で心配な与信管理が、難なくできる点が魅力です。

ファクタリング以外の業務

ファクタリングの代金回収はもちろんですが、ファクタリング利用者以外の代金回収に役立つサービスが充実しています。

代金回収が発生しうる例としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 学校、幼稚園、塾などの月謝回収
  • 協会などの会費回収
  • 病院などの診療代金回収
  • 家賃などの回収.

など。

こうした資金回収を、以下のような方法で顧客から資金回収することが可能です。

解説
ワイドネット 三菱UFJファクターの提携金融機関であれば、口座振替で代金回収が可能です。
コンビニ収納・ペイジー 払い込みを取りまとめて、入金してくれます。
でんさい 売掛金のやり取りを電子決済にする場合の、取次をする役割です。

でんさいを利用すると、ファクタリングも電子決済が可能です。

さて、ここではファクタリング以外の業務を、簡単にご紹介しました。

利用には手数料などの費用が発生しますので、詳しくは直接三菱UFJファクターに確認なさってみて下さい。

三菱UFJファクターのファクタリングではどれを選ぶべき?

三菱UFJファクターのファクタリングではどれを選ぶべき?

ここまでで、三菱UFJファクターで取り扱いのあるファクタリングの種類を挙げてきましたが、それぞれは具体的にどういった方に向いているのでしょうか。

イメージがつかなかった方のために、ここではそれぞれの向いている方の特徴をまとめておきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

「買取ファクタリング」が向いている人

まずはじめに「買取ファクタリング」に向いている人は、以下に当てはまる方となります。

向いている人の特徴
  • 融資などを控えていて決算などに影響を与えたくない方
  • 手元のキャッシュが充分でないためにすぐ現金化をしたい方
  • 売掛金の回収リスクを減らしたい方

要は、一般的なファクタリングを求めている方ということですね!

支払いが発生しているにも関わらず、手元のキャッシュがない方は、買取ファクタリング一択となるのではないでしょうか。

ただし買取時期については、何度もお伝えしている通り、ある程度の期間が必要となります。

その点には、十分注意して取引を検討しましょう。

「保証ファクタリング(根保証)」が向いている人

次に保証ファクタリング(根保証)が向いている方の特徴を紹介しておきます。

向いている人の特徴
  • 売掛金の回収リスクを減らしたい方
  • 取引先の信用に不安が残るが
  • 新しい取引先の信用調査がしたい方
  • 与信管理を任せたい方
  • 取引先の信用情報をチェックしていたい方

新規開拓をしたい場合や、取引先相手との信頼関係が確立できていない場合では、取引先の実態がつかめていないために、その売掛金がちゃんと支払われるのか不安でしょう。

そうしたケースでは、保証ファクタリングである「根保証」を活用するのも手です。

また、単に取引先の信用情報を知るにも、この方法は向いています。

信用を掴むには、最適な手法といえるでしょう。

「保証ファクタリング(下請債権保全支援事業)」が向いている人

続いて、下請け建設企業に限りますが、その中でも保証ファクタリングの利用に向いているのはどういった方なのでしょうか?

早速、次よりみていきましょう。

向いている人の特徴
  • 代金の回収リスクを減らしたい方
  • 元請け側を信用に不安を感じる方
  • 元請け側の業績が不安定な方
  • 支払サイトが長く不安な方

このように、元請けが信用に足らない場合や、支払いサイトが長く本当に支払いが行われるのかが不安な方には、打ってつけの方法となります。

もし元請け企業について、課題を感じているようであれば、この保証ファクタリングが最適でしょう。

「国際ファクタリング」が向いている人

最後に紹介するのが、「国際ファクタリング」に向いている方の特徴です。

具体的には、以下の4つが挙げられるでしょう。

向いている人の特徴
  • 海外の取引先の信用情報を調査したい方
  • 売上債権の回収リスクを減らしたい方
  • 海外のバイヤーなどに効率よく取立管理をしたい方
  • 取引の簡易化を図りたい方

こちらも主に信用問題の解消が主となります。

また、国際ファクタリングを導入することで、自社と取引先で双方の書類作成が不要となります。

具体的にいうと、出荷証明書類のコピーとインボイスがあれば、取引ができるようになるということです。

信用面でも手間の面でも、課題が解決できるのならば、国際ファクタリングを検討する余地はあるのではないでしょうか。

三菱UFJファクターのファクタリングの口コミ&評判

三菱UFJファクターのファクタリングの口コミ&評判

三菱UFJファクターのファクタリングを実際に利用した方々の、口コミ&評判はどうなのでしょうか?

「審査」や「対応」、さらには「使い勝手」などの項目に分けてご紹介します。

「審査」についての口コミや評判

まずは三菱UFJファクターの「審査」についての口コミからみていきましょう。

相談の段階で相手にされず、中小企業向けではないと思った

審査のための書類をそろえるのが難しい

審査が厳しくてファクタリングしてもらえなかった

審査に時間がかかりすぎ

これらを見てみると、審査の厳しさや手間さに対する不満が目立った結果となっています。

大手バンクが親会社であるために、どうしても審査には慎重になってしまうのでしょう。

三菱UFJファクターでファクタリングを検討するなら、十分な時間が必要となります。

「対応」についての口コミや評判

「対応」に対しての口コミは、あまり見つかりませんでした。

唯一上がったのは、さすがは大手といったような丁寧な対応についてです。

銀行員のような丁寧な対応

中には機械的と捉える方もいるかもしれませんが、ムダにベラベラと答えないのは、情報漏洩や誤解を招くリスクを極力まで下げているためでもあります。

ある意味、信頼がおけるのではないでしょうか?

「使い勝手」についての口コミや評判

最後は使い勝手についての口コミです。

手数料が民間ファクターに比べて格安

根保証契約をしたことで、取引先に知られずに与信管理できるのが便利

根保証契約をして信用情報を提供してもらい、取引方針を変えられるのがいい

 根保証契約をして、会社訪問が難しい遠隔地の取引先情報も知れるのが安心

債権保全をして、元請企業と大きな金額の取引をする不安が消えた

工期が長い現場で、一部工事だけでも債権保全ができるので安心

「使い勝手」への口コミについてみてみると、ファクタリング本来の意味合いというよりかは、取引先の信用を探る意味で利用している方が多い印象でした。

三菱UFJファクターを利用するのなら、安心を買うといった目的で利用してもいいかもしれませんね!

 

さて、これまで紹介してきた口コミや評判を踏まえると、審査を通過するまでは、手続きの難しさなどからマイナスな口コミが多い印象です。

反面で契約後は、そのサポート体制から、満足の声が多くありました。

これら口コミは、利用する方の特性にも左右されそうです。

 利用の流れを確認する 

三菱UFJファクターを利用するメリットとデメリットとは

三菱UFJファクターを利用するメリットとデメリットとは

ここまでの情報で、三菱UFJファクターの全体像がわかりました。

デメリットとメリットを簡単にまとめて、三菱UFJファクターのファクタリング申込みから入金までの流れも確認しましょう!

デメリット

三菱UFJファクターは、審査に通過するまでの手間と時間がかかる点がネックです。

  1. 審査書類を準備する労力をかけて、長い審査期間を待っても審査落ちすることがある
  2. 小口のファクタリングは受け付けてもらえない可能性が高い

メリット

次々に新規開拓する企業や、売掛先が多数の企業にとっては、売掛先企業の情報を得られる点でメリットが大きいです。

  1. 売掛先企業の信用情報が得られるので、安全な取引ができる
  2. 海外企業との取引でも与信管理が簡単
  3. 償還請求権なしや保証制度で、安心してファクタリングが利用できる

三菱UFJファクターのファクタリング利用の流れ

買取ファクタリングを利用する流れをご紹介します。

利用する流れ
  1. 売掛金が発生したら、三菱UFJファクターに買取限度額決定を申込む
  2. 三菱UFJファクターから買取限度額の回答を受取る
  3. 三菱UFJファクターに売掛金買取(ファクタリング)を依頼
  4. 三菱UFJファクターから売掛代金が振り込まれる
  5. 三菱UFJファクターが、売掛先企業から売掛金を回収

利用するサービスごとに費用(手数料など)がかかります。

担当者に費用を確認して、費用負担額とサービスのバランスも、その都度チェックするのがおすすめです。

  公式HPを見る 

三菱UFJファクター職場環境の口コミ&評判

三菱UFJファクター職場環境の口コミ&評判

三菱UFJファクターは、転職先企業としても人気です。

社員の満足度は企業の将来を左右する大切なポイントですので、簡単にチェックしてみましょう。

「待遇」に関する口コミや評判

まずは「待遇」についてからみていきましょう。

福利厚生が充実している点が魅力

有給取得が積極的にできる

育児休暇取得、育休後の職場復帰に対して暖かい対応

妊娠時は職場全員が優しく対応してくれる

待遇については、全体的に風通しがよく、要望を通しやすい環境だということが口コミから分かります。

有給などの休みは、なかなか取りづらい雰囲気を持つ企業も未だにあるでしょう。

しかし、そうした企業はいずれ社員の疲弊を生み、業績低下といった悪い結果につながるものなのです。

こういった配慮がされているのは、社員が気持ちよく働け、顧客に対してもいい影響を与えるのではないでしょうか。

「仕事」に関する口コミや評判

次に仕事そのものについての口コミです。

残業しないような環境を全社で作っている

チーム単位で効率よく仕事が進むよう努力している

コンプライアンスが徹底していて安心

細かい仕事が多いので覚えるまでが大変

仕事を覚えるまで丁寧に指導してくれる

大きなチャレンジの機会はない

頑張れば給与の評価も高くなるので、やりがいがある

仕事に対する口コミからは、ムダを省くことはもちろん、効率の良さや丁寧な対応するための努力が読み取れます。

社員教育がしっかりとしていることは、利用する側にとってのリスク低減にもなるため、安心感も十分といえるでしょう。

「職場環境」に関する口コミや評判

最後に職場環境に対しての口コミも見ていきましょう。

清潔感のある職場環境。掃除は外部業者に外注

銀行からの転籍者が大半なので、きっちりと仕事ができる人が多い

収益性が高くて安定している企業

社員の年齢層が高め

安定した環境の中で効率よく仕事をしている、満足度の高い企業でした。

特に女性にとっては、妊娠、育児に対して柔軟に優しく対応してもらえる点で、満足度が非常に高いと感じました。

社員の満足度の高さは、顧客への丁寧な対応などに直結します。

また、社員が「収益力が高い」と自負している点は、“三菱UFJファクターの経営体制が安定している”と読み取れます。

これは、ファクタリングを利用する側にとっても安心できる情報です。

 利用の流れを確認する 

三菱UFJファクターに審査落ちした場合におすすめの民間ファクター

長い時間待って審査落ちした場合は、資金繰りの残り時間も減っていて焦りが高まります。

そこで検討して頂きたいのが、民間のファクターです。

他社で審査落ちした企業を受け入れる民間のファクターは、資金繰りの強い味方になってくれます!

ここでは、豊富な実績を持つ人気のファクターを4つ紹介しておきますので、必要に応じてご活用ください。

※社名をクリックすると公式HPを確認することができます。

会社名 審査スピード 手数料 売掛金の買取可能額
ビートレーディング 即日~ 2%~
平均15~17%
数十万円~数億円
アクセルファクター 5~20% 1円~500万円
日本中小企業金融サポート機構 非公開 非公開
三共サービス 翌日~ 1.5%~8% 50万円~3000万円

民間ファクターの魅力は、審査~入金までのスピードです。

申込みをする時間帯などにもよりますが、2営業日以内には入金まで完了するファクターが多くあります。

審査書類などの手続きもメガバンク系ファクターよりもわかりやすく、経営アドバイスも受けられる場合もあります。

優良な民間ファクターを選んで、上手に活用なさってみて下さい!

悪徳ファクターのチェックポイント

下記のようなファクターは、怪しいです。

魅力的な条件を提示されても、利用しないのがおすすめです。

注意
  • ホームページがない
  • ホームページに会社の電話番号・所在地・登録番号が記載されていない
  • “審査なし”、“即金”など、手続きが簡単すぎる

少しでも怪しいと感じる場合は、関わらないようになさって下さい。

Tips

以下の記事では、ファクタリングで騙されないためのノウハウについても公開しています。

併せて確認しておきましょう。

ファクタリング会社おすすめ17選を比較!騙され知らずで安全に資金調達しようファクタリング会社おすすめ17選を比較!騙され知らずで安全に資金調達しよう

三菱UFJファクターは敷居は高いが頼りになる存在

三菱UFJファクターのファクタリングについて、口コミ&評判などを中心にご紹介してきました。

詳しい業務内容に加えて働いている社員からの口コミで、三菱UFJファクターを掘り下げて知ることができたのではないでしょうか。

「審査時間が長い」という点から、資金繰りに困って駆け込むのではなく、計画的な経営の一部として活用するのがおすすめのファクターです。

また単純に取引先が信用に足らないために、売掛債権の回収リスクを不安視している場合でも、十分に活用できるでしょう。

手数料の安さだけにこだわるのではなく、三菱UFJファクターの強みを理解し、必要に応じて選択していくのが、賢い方法といえます。

今回ご紹介した情報を参考に、契約後の利便性の高さに注目して、三菱UFJファクターを検討なさってみて下さいね!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)