在宅で稼げる仕事って?本業から副業まで紹介

新型コロナウイルスの影響もあり、在宅で仕事をする人が増えています。

ここでは在宅で稼げる仕事をご紹介していきます。

 在宅で稼げる仕事の種類

それでは在宅で稼げる仕事をご紹介していきます。

 

副業として在宅バイト

本業がある人でも、副業として在宅でバイトをすることができます。

しかし確定申告をする必要があるので、もし副業がNGの会社に勤めている場合はおすすめしません。

 

在宅で業務委託を受ける

ライターやプログラマーなど、業務委託を受けて仕事をすることができます。

クライアントと業務内容や納期などを決めて契約を交わして仕事をするのです。

特にITスキルなどがある場合は、正社員として働くよりも報酬が高くなることもあります。

クラウドワークスがその代表です。

クラウドワークスについて詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

在宅で事業主になる

在宅を拠点にして事業主になることができます。

ライティングやプログラミング、翻訳など自分のスキルを生かすことができます。

ネット上で仕事をする、または自宅に教室を作って講師になることもできるでしょう。

 

在宅で稼げる仕事~本業~

在宅で稼ぐ仕事には、本業と副業があります。

まずは本業になる仕事をご紹介していきます。

 

 WEB制作・WEBデザイン

WEB政策やデザインをできるスキルがあれば、十分在宅で仕事をすることができます。

クラウドソーシングなどで仕事を探すことも、常務委託で仕事を探すこともできます。

 

 システムエンジニア

システムエンジニアのスキルを持っていると、業務委託で在宅で仕事をすることができます。

また社員として在宅ワークをする場合もあります。

 

 パタンナー

ファッションデザイナーが作ったデザインを、型紙におこしていきます。

近年では在宅で業務委託として受けることもできます。

最初はある程度企業での経験が必要になるケースが多いです。

 

 CADオペレーター

CADオペレーターも在宅ですることができるのですが、ソフトが必要になるなど準備が必要です。

需要の高い仕事なので、スキルをみにつけておくとよいでしょう。

 

 翻訳

外国語の言葉を日本語に変換したり、日本語を外国語に変換したりする翻訳作業も在宅ワークの一つです。

翻訳するデータと翻訳されたデータの納品方法を提示し、それを満たすことができる環境があれば、すぐに仕事を始めることができます。

 

 投資

さまざまな投資がありますが、マンション投資や一般的でしょう。

知識や初期費用は必要ですが、不労収入を得るチャンスがあります。

副業禁止の会社でも、投資は副業に当たらないのも大きなメリットです。

 

せどり

ネットなどで商品を購入して、利益をつけて売ることをせどりといいます。

安く購入できる場所を見つけたり、売れやすい商品を見つけたりと工夫をする点が多いのですが、場合によっては大きく稼ぐチャンスがあります。

 

飲食店開業

調理などのスキルや運営の知識が必要です。

また初期費用も高いのでハードルは高いのですが、しっかりした準備があれば自宅を店舗にすることができます。

年齢に限界はないのも大きな魅力です。

 

教室経営

英語や楽器など、自信のあるものがあればそのまま講師になることができます。

自宅をうまく使うことで、初期費用を大幅に抑えることができます。

移動の時間も必要ないので、効率的に動くことができます。

 

 在宅で稼げる仕事~副業~

 

次に在宅で副業として稼げる仕事をご紹介していきます。

 

 データ入力・文字起こし

データ入力や動画の会話内容などを文字にする文字おこしは、クラウドソーシングなどで常時ある案件です。

特別なスキルは必要なく、丁寧さや速さがあれば続けて案件をもらうことができるでしょう。

 

 WEBライター

クラウドソーシングや直接の業務委託などで、ライティングの仕事をすることができます。

案件は常にあり、スキルをあげていくと定期的に案件をうけたり報酬をあげるチャンスもあるでしょう。

まだ実績がない場合は、クラウドソーシングを利用することをおすすめします。

手数料は必要ですが、マッチングをしてくれるので安心です。

クラウドソーシングにチャレンジしたい方はまずはクラウドワークスに登録をおすすめします。

 

 

ネットショップ

ネットショップは実際の店舗を用意する必要がないため、気軽に運営することができます。

また大手のネットショッピングサイトを利用すると、集客も容易にすることができます。

ネットショップを開業する方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

ライブチャット

ライブチャットは会員の方と、チャットにて会話をする仕事です。

顔出しをする場合としない場合があり、また個人情報が相手に伝わることはありません。

 

アンケートモニター

アンケートモニターは商品やサービスを利用して、感想をクライアントに伝える仕事があります。

高額にはならないですが、好きなことをして儲けにつながる利点があります。

アンケートモニターはたくさんありますが、日本最大級のマクロミルがおすすめ。世界13か国に拠点を置くまでに成長しています。

マクロミル

 

アンケートモニター初心者の方はまずは登録してみることをおすすめします。

 

ポイントサイト

アンケートの答えを書いたり、ゲームをすることでポイントをためていくことができます。

ためたポイントは換金したり、商品に交換することができます。

 

 在宅で稼げる仕事につくポイント

 

在宅で稼ぐためには、ライティングやWEBデザインなどスキルをみがくことが重要です。

コストはほとんどかからないので、気軽に勉強することができるでしょう。

 

まとめ

 

自宅で仕事をする方法はいろいろあり、2、3週間、毎日数時間、自宅で仕事をすること数年続けて仕事をすることももできます。

仕事の内容によっては、1日1時間程度の在宅勤務をすることも可能です。

 

働き方も多様化しており、在宅でできる仕事の種類も増えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)