大卒の女性が稼げる仕事はどんな仕事?

大卒の女性が稼げる仕事はどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは大卒の女性が稼げる10種類の仕事をご紹介していきます。

大卒の女性が稼げる仕事

 

大卒の女性が稼げる仕事パイロットや医師など資格が必要なものが多いのですが、他にも銀行や商社、マスコミなど平均年収が高い業界があげられます。

 

パイロット

飛行機のパイロットは訓練を受け、資格を取得する必要がある難易度の高い仕事です。

しかし需要がなくなることはなく、十分に稼げる仕事だといえるでしょう。

 

パイロットのように特殊技能が必要な仕事は、年収が性別によって差があるケースは少ないです。

大手航空会社の場合、月収は123万円、年間賞与は225万円で平均年収1700万円以上と言われています。

Tips

「パイロット」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「 Global Partnars (グローバルパートナー)」をチェック

 

医師

医学部で勉強をしている必要があるので、必然的に大卒であることが必須になります。また卒業後も医師免許を取得するまでが大変です。

しかし医師免許をとると、大学病院などで勤めた後最終的に開業をするなどさまざまな働き方があります。

年齢制限があるわけでないので、自分の体力と相談しながら仕事をできるのも魅力的です。

勤務医として経験を積んでから開業するのが一般的です。勤務医と開業医では給料に違いがありますが、医師全体として月収は91万円、年間賞与は77万円で平均年収は1170万円にもなるといわれています。

Tips

「医師」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「m3.com CAREER(エムスリーキャリア)」をチェック

 

大学教授

小学校や高校と違い、大学教授の資格や免許はありません。

しかし専門知識を必要としており、博士号が必要になります。

 

最初は講師として働き、教授までステップアップしていくことになります。

40代を超えてから大学教授になるケースが多いですが、60歳を超えても現役であるケースが多いのが特徴です。

大学教授になれれば月収は67万円、年間賞与は290万円で年収1,100万円以上の高収入が約束されます。

 

Tips

「大学教授」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「 BIZREACH(ビズリーチ)」をチェック

 

弁護士

弁護士も他の医師などと同じように、資格を取得するまでが大変です。

また実際に勤め始めてからも弁護士によって報酬はぴんからきりまであります。

中には多額の報酬を受け取っている弁護士も多くいます。

 

弁護士になるのも大変ですが、弁護士になってから実績を作っていくのも大変です。

Tips

「弁護士」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「 弁護士転職.com 」をチェック

高等学校教諭

高校の教師になるためには、大学で必要な単位を修得したあと教育実習を修了した時点でうけられる1種免許状が必要になります。もしくは大学院で単位を取得するか、学校教育として勤務したあとに取得できる専修免許状が必要になります。

 

報酬は特に私立は学校によっても大きく変わってきます。

 

薬剤師

第1段階では、薬学、薬理学・毒物学、医学用語、臨床薬理学、薬物動態学、薬力学の6科目が出題されます。

第2段階は、第1段階と同じです。

第3段階は、例外なくすべての薬剤師が受験します。

受験者は第3段階の受験資格を得るために、試験に合格しなければなりません。

 

資格を得ると薬局はどの街にもあり、比較的働きやすい環境にあります。

報酬面でも安定しており、おすすめの職種です。

 

大手総合商社

商社とくに大手総合商社はいつの時代も人気の就職先です。

給与が高いのはもちろん、大きなプロジェクトにかかわるチャンスがあります。

 

商社を希望している人の多くは、英語など外国語に強い人が多いため就職活動戦線を勝ち抜くためにも語学力が必要になります。

 

銀行・保険・証券会社

銀行や保険、証券会社を希望する理由として、待遇や業界の安定感をあげるケースが多いです。

また近年では働きやすさやワークスタイルを求めている人が多いのも特徴的です。

 

さらに知名度が高いのも大きなメリットでしょう。

そのため全体的に給与が高いことでも知られています。

平均年収の上位に多くの金融関連の企業がランクインしています。

マスコミ業界

マスコミ業界にはいろいろな業種があり、テレビや広告、新聞の他に出版会社もあります。

TBSホールディングスが平均年収が1,586万円であるなど、業界全体として収入が高い特徴があるのですが、しかし採用人数が少ないことでも知られます。

そのため就職をするには狭き門となるケースが多いです。

 

また採用者をみても、有名な大学を卒業しているケースが多いです。

学部としてはメディア関連の勉強をする社会学部などが有利になるケースがあります。

 

 

外資系コンサルタント会社

外資系コンサルタントは、企業ネットワークの問題点を見つけ出し、それを解決することを仕事としている人、というのが一番しっくりくる表現です。

 

外資系コンサルタントは、クライアント企業が最適な候補者を見つけ、企業ネットワークとの素晴らしい関係を築くためにコンサルタントがサポートするので、クライアントとの関係を発展させることもできます。また、コンサルタントは、クライアント企業の人事部に通常割り当てられている管理業務(毎年の税務申告書の提出や準備など)を担当することもできます。

 

大卒の女性が稼げる仕事につくには?

大卒の女性が稼げる仕事につくためには、パイロットや医師、弁護士など資格や免許をとる方法があります。

また大手総合商社や銀行、保険会社など平均年収が多い企業に就職する方法があります。

またほとんどの企業で大卒のほうが初任給から高く稼ぐことができます。

 

まとめ

ここまで大卒の女性が稼ぐための方法をご紹介してきました。

外資系コンサルタントや金融系、マスコミなど平均年収が高い業界の多くは、大卒の方が報酬が高い、もしくは大卒しか採用していないケースもあります。

 

また近年では男性と変わらず稼ぐことができる職業が多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)