家で稼げる仕事とは?目標月収別のおすすめ在宅ワーク

職場の人間関係に疲れた、1人だけで働きたい、家で仕事をしなければいけない理由があるなど、家で稼げる仕事を探している方もいるでしょう。そこで、家で稼げる仕事、在宅ワークの種類や、月収目標に合わせたおすすめの仕事を紹介します。

家で稼げる仕事(在宅ワーク)とは

 

家で稼げる仕事とはどのような方法なのか、いくらくらい稼げるのかをチェックしてみましょう。

 

在宅ワークとは

家で稼げる仕事は在宅ワークと呼ばれており、wi-fi環境が整った家でパソコンを使って仕事をすることが一般的です。また、パソコンを使ったりインターネット環境がなかったりしても、内職で稼ぐことも可能です。

 

在宅ワークの収入

厚生労働省の発表によると、在宅ワークの1ヶ月あたりの平均収入は5万円以下が27.7%と一般的で、次に10から19万円が18.5%、6~9万円が18%です。9万円以下は45.7%と、高額な収入を得られるケースは少ないことがわかります。

参考サイト:厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」

在宅でできる仕事の種類(バイト・業務委託・起業)

在宅でできる仕事の種類はバイト、業務委託、起業の3種類が挙げられます。バイトはパソコンを使用する業務のほか、テストの添削や採点、翻訳、オペレーターなどが挙げられます。業務委託は雇用契約をせずに個人で仕事を受ける働き方です。起業は会社を設立するためハードルが高いものの、大きな収入を得られる可能性があります。

 

家で稼げる仕事(月収5万円をめざそう)

 

家で稼げる仕事には沢山の種類があるため、目標月収に合わせて選ぶ方法がおすすめです。初めて家で仕事をする方におすすめの、目標月収5万円の仕事を紹介します。

 

フリマアプリ

フリマアプリは、無料で会員登録できるサービスです。出品して品物が売れれば、販売手数料を差し引いた金額が利益になります。

 

アンケート・商品モニター

アンケートモニターはサービスや製品を使ってアンケートに答えて、報酬をもらう仕事です。報酬は各サイトのポイントで付与されることが一般的で、ポイントを換金して収入を得ます。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、メールや電話で利用者からの問い合わせに対応します。メールだけの対応は家で稼げる仕事なので、主婦の方や副業で行なっている方も多いです。

 

データ入力

データ入力は、住所録や製品のデータなどをエクセルに入力することが一般的です。また、インタビューや会議の文字起こしもデータ入力と呼ばれることがあります。

 

内職

内職には様々なものがありますが、登録した会社から送られてくる内職キットを組み立てる仕事が一般的です。なかには厳しいノルマを設定している会社があるため、応募条件やノルマの有無、報酬やペナルティをしっかり確認しましょう。

ハンドメイド販売

ハンドメイドが得意な方は、自分が作った作品を販売して稼ぐことが可能です。ネットショップで販売したり、フリマアプリやハンドメイド商品を専門に扱うサイトに出品すると良いでしょう。

日本最大級のハンドメイドマーケット「minne」は初心者でも登録料無料・月額無料で簡単に出品できます。ものづくりに関心が高いユーザーが集まりますのでご自分のハンドメイド作品を売りたい方は必ず登録してみてください。

 

駐車場貸出

土地を持っている場合は、駐車場として貸し出すことで収入を得られます。大通り沿いや観光地であれば、高い収益を得られることもあるでしょう。

特におすすめなのが「特P」。手数料は業界最安値の30%ですのでご自宅の駐車場が空いている時だけ貸し出したいという方におすすめです。

家で稼げる仕事(月収10万円をめざそう)

次に、目標月収10万円の仕事を紹介します。

 

Webライター

Webライターは、インターネットサイトや企業のコラム、アフィリエイトサイトの記事を作成する仕事です。クラウドソーシングでは未経験でも応募できる案件がたくさんあるため、文章を読むのが好きな方や書くのが好きな方はチャレンジしてみましょう。

まずはクラウドソーシングに登録して実績を上がることがwebライターで稼ぐのには必要でしょう。

「クラウドワークス」は最大手のクラウドソーシング会社で案件数も多いためご自分にあったお仕事を見つけられるはずです。

 

ブログアフィリエイト

自分でブログを立ち上げて記事を執筆し、広告収入で稼ぐ方法です。家で稼げる仕事ですが、wi-fi環境さえあれば場所を問わず仕事ができます。

動画編集

動画編集の仕事は、テロップや音声を入れたり動画の構成を作ったりします。YouTuberからの依頼のほか、結婚式で流す映像、サービスや商品のPR動画などを作ります。

 

せどり

商品を安い値段で仕入れて、オークションサイトやフリマアプリ、ネットショップで販売する仕事です。自宅でも商品を仕入れたり出品作業ができたりするため、家で稼げる仕事としておすすめです。

 

家で稼げる仕事(現在20万円をめざそう)

家での仕事に慣れてきた方は、20万円を目指せる仕事にチャレンジしてみましょう。

 

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサービスやホームページのデザインをする仕事です。また、企画や設計といったコーディングをすることもあります。

 

システムエンジニア

システムエンジニアは、仕様書を作るなどシステム開発をする仕事です。専門知識は必要ですが家で稼げる仕事で、ある程度の収入を得られるでしょう。

 

プログラマー

プログラマーは、仕様書をもとにプログラミングをする仕事です。会社に勤めるケースが多いですが、近年では自宅で仕事をする方も増えています。

ネイリスト

ネイリストはサロンで勤務することが多いですが、経験を積んで顧客を獲得すれば独立し、家で仕事をすることも可能です。ただし、ネイリストは資格を取る必要があるため、準備期間は必要です。

 

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、専用のソフトを使って印刷物をデザインしたり、入稿データを作ったりする仕事です。デザインが好きな方、ものづくりが好きな方に向いています。

 

オンライン講師

オンライン講師は、習字や英会話、料理など得意分野の講師をする仕事です。自宅で開業する方もいますが、オンラインで講座を開いて集客すれば家で仕事ができるでしょう。

 

まとめ

 

家でできる仕事のひとつに企業がありますが、起業するためにはバイトや業務委託をするよりも準備期間が必要で、経営のノウハウも身につける必要があります。そのため、バイトや業務委託で稼ぐのがおすすめです。目標月収別の仕事のなかから気になる仕事や自分に向いていると感じるものにチャレンジして、家でお金を稼ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)