50代女性が稼げる仕事ってある?

50代女性の中には子育ても落ち着き、もう1度仕事で社会貢献したいけれど自分にも稼げる仕事はあるのか不安だという人も多いでしょう。

この記事では50代女性が稼げる仕事とはどのようなものかから仕事に就くコツまで詳しく解説します。

50代女性が稼げる仕事とは


日本では少子高齢化や働き方へのニーズの多様化という課題があり、その解決のために働き方改革を進めています。

働き方改革では多様な働き方を選択できる社会の実現を目指しているため、今後は50代女性が稼げる仕事の種類も増加していくことが見込まれるのです。

さまざまな仕事の中から50代女性が稼ぎやすい仕事を7つご紹介します。

参考:厚生労働省「働き方改革の実現に向けて」

サービス業

主婦として家事を長く続けてきた人はホールスタッフ・キッチンスタッフなどのサービス業ですぐに経験を活かせます。

家事でマルチタスクを行ってきた強みがあることから、本来の業務をしながら接客もこなすなど幅広く活躍することができるでしょう。


コールセンター

若い人には難しい落ち着いた穏やかな話し方や、細やかな対応に自信があるならコールセンター業務がおすすめです。

困っているお客様の課題解決のお手伝いをする仕事のため、1つ1つの仕事にやりがいを見出しやすいのと、課題が解決できればお客様に直接感謝されるのがコールセンターで働くメリットだと言えるでしょう。


梱包・軽作業

手先の器用さに自信があるなら梱包や軽作業をするのも良いでしょう。

ラッピングなどのスキルが高ければさらに活躍できるのがメリットです。


家事代行

家事が好きで料理・掃除・洗濯などの腕に自信があるなら家事代行サービスで働くのがおすすめです。

共稼ぎ家庭や育児中の家庭などからのニーズが高いため、自分の経験を活かした細やかなサポートができるでしょう。


清掃業

掃除が好きで良く家でもやっているなら、清掃業で働くとスキルが活かせます。

ビルの共有スペースや企業の事務室などをきれいにする仕事なので、感謝されることが多いでしょう。


介護職

資格を取得して長く働きたいなら介護職の需要が高くおすすめです。

高齢者の方の生活の質を高めるためのサポートを行うのでやりがいがあり、介護を受ける本人だけではなく家族からも感謝される仕事です。


調理補助

料理で人を喜ばせたい人は調理補助の仕事に就くと、スキルを活かしながらさらに料理の腕を磨くことができるでしょう。

メニューのレパートリーが増えるだけではなく、時短の技術なども身に着けられるため家庭でもすぐに役に立ちます。


50代女性が稼げる仕事につくポイント


50代女性が稼げる仕事に就くために、就職活動前の準備段階で行っておきたいことを3つご紹介します。


資格にとらわれない

50代女性が仕事を探す際、ブランクを気にするあまり多数の資格にチャレンジしようとする場合があります。

「資格取得マニア」という言葉もありますが、資格はあくまでも希望の職種に就くための手段であり、資格を取得するのが目的ではないということを忘れてはいけません。


体力に合う仕事を探す

50代は女性にとって子育ての終了や親の介護の始まりといったライフステージの変更に差し掛かる年齢でもあるため、自分自身の体力に合った職種を探すことを心がけましょう。

その日1日の仕事が終わると疲れ切って何もできないといった状態ではなく、心身ともに「心地よい疲れ」を感じている程度であれば家でもまだ少しがんばれるのではないでしょうか。

就職活動前に自分の体力を把握し、残業も含めてどのくらいの仕事量に耐えられるのかをイメージしておくことが大切です。


条件を確認しておく

50代女性が気持ちよく働くためには、自分はどのような条件で働きたいのかを明確にしておくことが大切です。

具体的には優先したい条件を勤務時間、給与、通勤時間などさまざまな勤務条件の中からピックアップし、譲れる条件と譲れない条件をはっきりさせておくのです。

求人をかけている企業とのミスマッチを防ぐためにも、自分の望む働き方をしっかりと決めておきましょう。

50代女性が稼げる仕事につくには


50代女性が給与面で少しでも有利な条件の仕事に就くために、心がけておきたいことを3つご紹介します。

パソコンスキルを身につけておく

50代女性の中にはあまりPCに触れたことのない人もいるかもしれませんが、稼げる仕事に就くには配属された部署で足を引っ張らない程度のPCスキルが必要だという意識を持っておくと良いでしょう。

なぜなら現在企業のほとんどがDX(デジタルトランスフォーメーション=ITの活用を通じた組織改革)に取り組んでいて、PCスキルの全くない人に1から仕事を教える余裕はないためです。

Word、Excelへの入力やファイルをPDF化しパスワードをかけてメール送信するなど、企業において日常的に行う必要のあることは身に着けておきましょう。


今までの経験をアピール

50代女性が稼げる仕事に就きたいなら、その仕事で活かせる経験やスキルを整理しアピールしましょう。

例えば調理補助の仕事に就きたい場合、ただ料理が好きと伝えるのではなく、時短のための工夫や栄養学の観点からどのような点に気を付けて献立を考えているのかなどその仕事に役立つスキルを具体的に伝える工夫をするということです。


自分の強みを見つける

50代女性が稼げる仕事に就きたい場合に限ったことではありませんが、自分の強みを見つけてそれをアピールできる人は就職・転職どちらの市場においても希望の仕事に就きやすいと言えるでしょう。

企業がほしいのは売上や利益を生む人材のため、利益を生める強みやスキル、経験を持った人材は少し多くお金を支払ってでも働いてほしいためです。


まとめ


50代女性が稼げる仕事とは今までの人生経験の中で得た強みやスキルを活かせる仕事だということがわかりました。

これからの人生を生き生きと過ごすためにも、ぜひ自分の特技や好きなこと、スキルを見直し自分に合った仕事を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)