無能でも稼げる仕事の特徴は?未経験や無資格でもできる仕事10選

無能だから給料が良い仕事に就けない、就職もできない、お金は稼げないなど、諦めている方もいるのではないでしょうか。

しかし、無能でも稼げる仕事はたくさんあります。また、自分に向いた仕事を見つけたり考え方を変えたりすることで収入を上げることも可能です。
そこで、無能でも稼げる仕事の特徴や、おすすめの仕事を紹介します。

無能でも稼げる仕事の特徴

無能でも稼げる仕事には、いくつかの共通点があります。そこで、無能でもできる仕事の特徴を簡単にチェックしておきましょう。

 

資格や経験がなくてもできる仕事

無能でも稼げる仕事は、資格や経験がなく、未経験でもできる仕事が挙げられます。事務職や営業職などがあり、職種や業種を限定しなければ、経験がないことが不利にはならないでしょう。
また、資格や経験があれば100%採用されるわけではないため、資格が経験にとらわれずに仕事を探すことが大切です。

 

専門的なスキルが必要ない仕事

資格や経験がなくても働ける仕事が多いため、専門的なスキルや知識も不要です。
未経験者を採用する会社が多く、入社後にマニュアルを覚えれば仕事ができます。

 

年収が上がらず低い

無能でも稼げる仕事は、平均年収が300万円から、高くても500万円代の仕事が多いです。知識や経験が問われず誰でもできるため、収入が上がらない傾向にあります。

 

誰でもできる仕事なので将来が不安

無能でも働ける仕事は資格や経験が不要なため、誰でもできます。将来はAIが仕事をする可能性もあり、仕事がなくなるかもしれません。

 

無能でも稼げる仕事10選

 

無能でも稼げる仕事のうち、特におすすめの仕事を紹介します。

工場作業員

工場のなかでも、ライン作業を担当する場合は黙々と同じ作業をするだけなので、仕事のやり方さえ覚えてしまえば無能でも稼げる仕事だといえます。また、寮がある会社が多いため、家賃を抑えたい方にもおすすめです。

 

清掃員

清掃員の仕事は、商業施設やホテル、オフィス、病院、住宅などで掃除をする仕事です。清掃員は学歴や資格を問わず、体力があれば年齢制限も設けていない会社が多いです。

 

販売員・飲食店スタッフ

販売員は、接客やレジでの会計、品出しや在庫を管理するなどの仕事が一般的です。専門スキルや知識がなくても働けます。

飲食店スタッフは、注文を取ったり料理を運んだり、片付けをしたりなどの作業が一般的です。ただし、販売員も飲食店スタッフも、接客スキルやコミュニケーションスキルは必要です。

 

ドライバー

ドライバーは荷物を運ぶ仕事であり、トラックの運転ができれば無能でも稼げる仕事です。長距離トラックのドライバーは給料も高い傾向にあります。

 

警備員

警備員は、ビルや商業施設で働き、不審者が入らないよう警備を行います。巡回したり決められた場所に立っていたりするだけであり、頭を使う必要はありません。

 

ポスティング

ポスティングは、チラシを配る仕事です。街頭でチラシを配布するだけではなく、マンションやアパートのポストにチラシを入れる仕事もポスティングと呼ばれます。

 

配送スタッフ

配送スタッフは、宅配便を個人の自宅や店舗、会社などで届けます。普通免許があり、指定の研修を受ければ無能でも稼げる仕事です。

 

新聞配達

新聞配達は、新聞を配達するだけではなくチラシを折り込んだり、トラックから荷物を降ろしたりといった仕事もします。自転車やバイクを運転できれば、未経験でも働けます。

 

建設作業員

建設作業員は、重機の運転や資材を運ぶといった力仕事がメインです。道路やダム、河川のほか、電気やガス、水道、通信設備など公共の工事を担当するケースもあります。

 

引越し作業員

引越し作業員は、ダンボールや家財、家電などを運ぶため体力が必要な仕事です。坂道や階段を上ることもあり、体力だけではなく慎重さも求められます。

 

無能でも自分に向いた仕事をみつけよう

 

無能でも自分に向いている仕事に就ければ、能力を発揮できます。そこで、無能だと感じている方が仕事を探す際のポイントを紹介します。

 

スキルや資格を身に付けよう

資格を取得したり、ひとつの仕事で一定のスキルを身につけたりすると専門性が身につくため給料が上がる可能性があります。
さらに、就職や転職をする際にも、スキルや資格があると有利になるため、給料や待遇が良い会社で働ける可能性があるでしょう。

就職に有利な資格についてはこちらの記事を参考にしてみてください。ご自分にあった資格を習得して就職や転職に役立てましょう。

自己分析をしてみよう

自分は無能だと考えていても、自己分析をして考え方を変えることによって長所を見つけられる可能性があります。
例えば、コミュニケーションスキルが低いから無能だと考えている方は、1人で淡々と作業をするのが得意だということです。

作業効率が上がらないと考えている方は、1つの作業を行う集中力があるということであり、飽きやすい方は創造性がある仕事が向いていると考えられます。

 

転職サイトで自分にあった仕事をみつけよう

転職を検討している場合は、キャリアアドバイザーがいる転職サイトを利用するのがお勧めです。自分は無能だと考えていても、実際に転職活動をしてみて第三者からアドバイスをもらうと、すぐに長所を見つけられることもあります。

転職活動のプロであるキャリアアドバイザーにサポートをしてもらうことで、自分にはどのような仕事が向いているのか明確にできたり、自分に合った仕事を見つけられたりするでしょう。

まとめ

 

自分は無能だからと諦めて仕事を探すのではなく、自分の長所を見つけ、自分にできる仕事や向いている仕事を探すことが大切です。
無能だからと諦めず、考え方を変えて自分の長所を見つけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)