本当に稼げる在宅ワークって?本業・副業、起業向けの在宅ワークを詳しく紹介

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、働き方が大きく変化しています。また今は経済的にも先行き不透明な時代です。そのような状況下で昨今、在宅ワークが注目されています。しかし、「在宅ワークで稼げるのか?」「どのような稼ぎ方があるのかわからない」といった方も多いと思います。

そこで今回の記事では、稼げる在宅ワークを詳しくご紹介します。在宅ワークのメリットデメリットも解説するので、「働き方を変えたい」「副業で在宅ワークを始めたい」という方はぜひ参考にしてください。

 

本当に稼げる在宅ワークとは?どれくらい稼げる?

 

在宅ワークは仕事の種類や時間によって稼げる額が変わります。本業の場合は月10~50万円程度稼ぐことが可能です。本業というのは、個人事業主として独立して仕事をするケースを言います。もちろん経験年数やスキルによって大きな差が出てくるため、経験年数が浅く、スキルが少なければ10万円程になりますが、スキルをつけて経験を積めば月100万円以上稼ぐことも可能です。

副業の場合は、会社員が帰宅後の隙間時間や休日に取り組むため、短時間になります。そのため稼げる額は少なくなります。副業からスタートして経験を積んだのち本業にするといったケースも多いです。

中には、「在宅ワーク=稼げない」といったイメージをもっている方も多いと思います。というのは、かつては「在宅ワーク=内職の仕事」だったからです。確かに以前の在宅ワークの多くは内職仕事ばかりでしたが、現在はインターネットを利用した仕事が増えており、報酬が高いものが多いです。
また、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトが増えたおかげで、誰でも手軽にスタートできるようになっています。
特に経験年数や高いスキルが求められるITエンジニアやイラストレーター、ライター・編集者は、単価が高い案件も多くるので稼げる在宅ワークであると言えます。

 

本業向けの稼げる在宅ワーク

ここでは本業向けの在宅ワークについて紹介します。

 

Webエンジニア

Webエンジニアとは、インターネットブラウザから操作できるWebシステムやWebアプリケーション、ソフトウェアなどの開発に関わるエンジニアを言います。案件の単価は50万円程度から80万円に至るまで幅広いです。平均年収は500万円程度となっており、稼げる在宅ワークと言えます。

 

システムエンジニア

システムエンジニアのも在宅ワークで稼げる仕事のひとつです。システムエンジニアとはクライアントにヒアリングを行い、システムの設計・開発・テストを行う仕事です。単価は50万円以上のものも多くあり、平均年収は500万円程度です。
しかし中には1000万円以上稼ぐ人もいるので、実力次第で年収の額は大きく変わります。

 

プログラマー

主にシステムなどのプログラミングを行うプログラマーも在宅ワークで稼げる職業です。平均年収はシステムエンジニアと同じ500万円程度となっています。プログラマーに関しても個人の実力によって大きく報酬が変わります。500万円以上稼ぐプログラマーもいれば100万円前後になるプログラマーもいます。

プログラミングを習得するには独学ではなかなか難しいのでプログラミングスクールを検討してみるといいでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーはプログラミングの仕事以外にもコーティングを任されるので専門的な知識やスキルがあれば高い年収を稼ぐことができます。平均年収は500万円ほどと言われています。

Tips

「WEBデザイナー」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめ求人サイトなら・・・

 →「マイナビクリエイター」をチェック

コンサルタント

コンサルタントも在宅ワークで稼げる仕事です。案件を探す手段もクラウドソーシングサービスやフリーランスエージェントなどがあり、独立して在宅ワークをする敷居は高くありません。コンサルタントの年収は規模にもよりますが、経験が浅くても600~800万円は稼げるようです。戦略系コンサルタントになると年収3000万円以上稼ぐ人もいます。

 

副業向けの稼げる在宅ワーク

 

次に、副業向けの稼げる在宅ワークを紹介します。

 

Webライター

Webライターは副業向けの在宅ワークで稼げる仕事です。ITエンジニアのように特別なスキルがなくても始めることができるため、始めやすい仕事です。案件によって単価に差がありますが、こつこつ続けて経験を積めば、副業でも月10万円以上稼ぐことが可能です。

Tips

「ライター」で稼ぐ仕事が見つかるおすすめサイトなら・・・

 →「サグーワークス」をチェック

データー入力

データー入力も手軽に始められて、十分稼ぐことができる在宅ワークです。アンケート結果の入力やネットショップの商品情報の登録など、基本的なパソコンスキルがあればできるものが多いです。時給制の案件もあり、月収10万円以上稼ぐことが可能です。

 

イラストレーター

イラストレーターも稼げる副業向けの在宅ワークです。スマホのアプリアイコンの制作やネット上のヘッダー画像の制作などを行います。年収100~300万円以上稼ぐことができます。センスは必要ですが、特別な資格や知識などなく始めることができます。

在宅秘書

在宅秘書の業務も、副業として稼げます。会社に勤務する秘書と変わりません。クライアントによっては、時給制を取るようです。時給はおおむね900~1,200円ほどが主流になっています。

 

起業向けの稼げる在宅ワーク

 

次に起業向けの稼げる在宅ワークについて紹介します。

 

アフィリエイト

アフィリエイトは、主にインターネットを利用した広告宣伝によって収入を得ます。そのため、非常に実力差が出る在宅ワークと言えるでしょう。誰でも手軽に始めることができるのが魅力です。多くのアフィリエイターは月5万円ほどの収入と言われていますが、500万円以上稼ぐアフィリエイターも存在します。

Tips

「アフィリエイター」で稼ぐなら、まず登録すべきASPは・・・

 →「A8.net」をチェック

You tuber

今や小学生の将来の夢にも多く登場するYou tuberは、最も稼げる額が高い起業向けの在宅ワークと言えるでしょう。億単位を稼ぐYou tuberもいますが稀です。チャンネル登録者数1,000人でおおよそ2,000円~5,000円の広告収入が入ると言われています。手軽に投稿ができ副業として始める人は年々増えています。

投資家

投資家も手軽に始めることができて、場合によっては莫大な額の収入を得ることができる在宅ワークです。知識ゼロから副業で始めて月1000万円を超える利益を出している人も多いです。日々の投資に関する勉強が苦にならないという方にはおすすめの在宅ワークです。

 

飲食店

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、昨今多くの飲食店が厳しい状況にありますが、平時においては稼げる在宅ワークと言えます。個人経営の平均年収はおよそ560万~620万円と言われています。

 

サロンや教室

自宅サロンや教室も稼げる在宅ワークです。特にサロンの場合は物販の売上やや固定客の数が重要になってきますが、軌道に乗れば月収50万円も夢ではありません。

 

ネットショップ

ネットショップは誰でも在宅で手軽に始められます。商品にもよりますが、年商1億というネットショップも存在するように、上手く行けば大きな額を稼ぐことができます。

稼げる在宅ワークのメリットデメリット

 

在宅ワークのメリットは「場所を選ばず働ける」「自分のペースで働ける」「人間関係に悩まされない」という3点があります。通勤ラッシュや移動時間を考えず、自分のペースで仕事を進めることができますし、人間関係のストレスとは無縁です。これは在宅ワークの魅力でありメリットと言えるでしょう。

在宅ワークのデメリットは「仕事がなければ収入がない」「自己管理能力が必要」という点です。在宅ワークの場合、1か月後も同じ収入があるという保証はありません。そのため常に不安定な状況とも言えます。また、自由に仕事を進めることができる分、気を抜くとさぼりがちになりやすいです。プライベートと仕事の切り替えが難しいという点は、デメリットと言えます。

 

まとめ

 

今回の記事では、本当に稼げる在宅ワークについて「本業」「副業」「起業」という3つの視点から紹介してきました。稼げる在宅ワークの中には気軽始められるものも多くありました。今回の記事を参考に、興味ある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)