転職エージェントを複数利用するコツとは?メリット・デメリットも紹介

転職エージェントを複数利用するコツとは?メリット・デメリットも紹介

「転職エージェントは複数利用するほうがいい」という話を聞いたことがありませんか?

なかには、もうすでに複数の転職エージェントを利用している方もいるかもしれません。

複数利用すると転職活動に有利なメリットがたくさんあるので、これから利用し始める方もぜひ複数社に登録することをおすすめします。

しかし、実はメリットばかりではありません

逆にデメリットもあるので、複数利用するとどのようなリスクがあるのかをきちんと踏まえた上で複数社を上手に活用することが大切です。

そこで、ここでは転職エージェントを複数利用するコツを徹底解説。

選び方のポイントも合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしながら転職活動をスマートに進めていきましょう。

もくじ

そもそも転職エージェントの役割とは

そもそも転職エージェントの役割とは

まずは、転職エージェントが行っているサービス内容について確認しておきましょう。

転職エージェントの役割は企業と求職者とをマッチングさせることで、登録をすると主に以下のサポートを受けられます。

(サポートその1)求人情報の紹介

メインとなるサポートは、転職希望者の条件にマッチする求人情報の紹介です。

サイト上で求人検索できるサービスを設けているところが多く、なかにはサイト上には載せていない非公開求人を多数保有しているエージェントもあります。

ちなみに、非公開求人には有名企業や好待遇案件など、条件の良い求人が多く見られます。

会員にならないと出会えない案件なので、転職エージェントを利用する大きなメリットといえるでしょう。

(サポートその2)キャリアアドバイザーとの面談

転職エージェントに登録すると、ひとりひとりに専任のキャリアアドバイザーが付くケースが一般的です。

業界や業種、企業情報に精通しているスタッフが多く、自分に合う業界や業種は何か、自分のキャリアプランに適しているのはどのような企業なのかなどを相談できます。

また、転職活動のノウハウも熟知しているため、特に転職活動を始めて行う方にとっては心強い存在です。

このキャリアアドバイザーのサポートこそが、転職成功の秘訣といっても過言ではありません。

(サポートその3)企業との日程調整

すべての転職エージェントに共通するサポートではありませんが、なかには企業との日程調整を代行してくれるところもあります。

選考や面接、入社日などの日程を企業に交渉してもらえるので、自分からはなかなか言い出しづらい場合に大変便利です。

また、日程調整だけでなく、給与や待遇の交渉を行ってくれるエージェントも

もしもそのようなサポートを希望する場合には、事前に確認の上で転職エージェント選びをするとよいでしょう。

(サポートその4)書類添削や面接対策

こちらも転職エージェントによりますが、書類添削や面接対策を行っているところも存在します。

書類添削では、履歴書や職務経歴書など応募の際に必要な書類に関して、書き方のコツをレクチャーしてもらえます。

面接対策としては、志望企業の特徴を踏まえた上でどのような質問が来るのかを予想し、受け答えを練習するスタイルが一般的です。

特に初めて転職活動をする場合は、書類の書き方や面接での対応に不安を感じる場合もあるでしょう。

その点を転職エージェントにサポートしてもらうことで、自信を持って活動を進められます。

(サポートその5)アフターサポート

転職エージェントのなかには、転職活動中のサポートだけでなく転職先が決まったあとのサポートにも力を入れているところもあります。

たとえば、現職を円満退職できるようにフォローしてくれるエージェントや、転職先にて業務を開始してからも定期的に状況を確認してくれるエージェントなど。

アフターサポートが整っていると、より安心感の高い転職を実現できるでしょう。

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントの魅力をご紹介したところで、ここからが本題です。

「転職エージェントは1社ではなく複数利用するとよい」といわれる傾向がありますが、その理由としては主に以下の3つが挙げられます。

  1. たくさんの求人情報をチェックできる
  2. 自分に合うエージェントを選べる
  3. さまざまな視点からアドバイスを得られる

具体的にどのようなことなのか、詳しく見ていきましょう。

1:たくさんの求人情報をチェックできる

転職エージェントは各社が共通して所有している求人情報のほかに、そのエージェントしか取り扱っていない独占求人や、表では公開していない非公開求人を所有しています。

つまり、1社ではなく複数社の転職エージェントを利用することによって、そういった独占求人や非公開求人に多く触れられるというわけです。

自分の希望条件にマッチする求人に出会うためには、なるべく多くの求人情報を閲覧する必要があります。

効率的で満足のいく転職を目指すために、転職エージェントは複数登録するべきといえるでしょう。

2:自分に合うエージェントを選べる

一口に転職エージェントといっても、その種類や特徴はさまざまです。

エージェントごとに得意分野やキャリアアドバイザーの質に違いが見られるため、複数登録するほうが自分に合うエージェントを選びやすくなります。

特にキャリアアドバイザーとの相性は、転職活動を大きく左右する重要なポイントです。

複数登録して、さまざまなタイプのキャリアアドバイザーと出会うことで、自分と相性の良いアドバイザーを見極めやすくなるでしょう。

3:さまざまな視点からアドバイスを得られる

キャリアアドバイザーには、さまざまなバックグラウンドがあり、それによって業界や業種に関する知識や経験、転職活動におけるノウハウなど、持っているスキルが異なります。

そのため、複数のアドバイザーの考え方やアドバイスを参考にするほうが、ベストな判断を下せる可能性が高まるのです。

また、転職エージェントによってサポート内容が異なるため、複数登録することでサービスの良いとこ取りができるというメリットも。

A社では書類の書き方におけるアドバイスを、B社ではキャリアアップの相談をというように、各社において蓄積されているノウハウを上手に取り込みながら転職活動を進められます。

転職エージェントを複数利用するデメリット

転職エージェントを複数利用するデメリット

転職エージェントを複数利用すると多くのメリットがありますが、掛け持ちすることによるデメリットについても事前にきちんと把握しておきましょう。

何気なく複数の転職エージェントを利用して、後々後悔することになるリスクを回避するためです。

デメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  1. スケジュール管理や連絡が大変
  2. 迷いやすい
  3. 同じ案件に応募する危険性がある

それぞれのリスクに関して以下で詳しくチェックして、転職エージェントを複数利用するスタイルがご自身に合っているかどうかをしっかりと見極めてみてください。

1:スケジュール管理が大変

複数の転職エージェントを利用して転職活動を進める場合には、利用している数だけキャリアアドバイザーとの面談回数が多くなります。

また、企業面接など選考の日程が増えたり、場合によっては複数の企業で日程が重なってしまったりするケースもあるでしょう。

もちろん、しっかりとスケジュール管理ができればまったく問題ありません。

しかし、うまくいかずに面接をドタキャンするなど企業に迷惑がかかってしまうと、失礼な印象を与えて選考に響く恐れがあります。

2:迷いやすい

複数のキャリアアドバイザーに相談できることはメリットである半面、まったく異なるアドバイスをされて戸惑う可能性もあります。

あまりに多くの意見に耳を傾けてしまうと、最終的にどうしたらいいのか迷いやすくなるのです。

3:同じ案件に応募する危険性がある

「そんなことはありえない」と思われるかもしれませんが、複数の転職エージェントを利用している場合に、同一の企業に応募してしまうケースはないとは言い切れません。

万が一そのような事態になった場合、それぞれの転職エージェントからの信用を失うだけでなく、応募先企業にも悪い印象を与えることになるでしょう。

転職エージェントを複数利用する4つのコツ

転職エージェントを複数利用する4つのコツ

デメリットもあるとはいえ、転職エージェントを複数利用するメリットはぜひとも活かしたいところです。

そこで以下でご紹介する3つのコツを意識しながら、複数のエージェントを上手に使いこなしていきましょう。

(コツその1)最終的に1社~2社に絞る

スケジュール管理が難しいデメリットを考慮すると、やみくもにたくさんのエージェントを利用することは得策とはいえません。

そのため、まずはいくつかの転職エージェントに登録して実際に利用してみて、最終的には1社~2社に絞り込む方法をおすすめします。

(コツその2)複数の転職エージェントを利用している旨を伝えておく

複数の転職エージェントを利用していることは、あらかじめ各アドバイザーに伝えることが大切です。

言いづらいと思われるかもしれませんが、転職エージェントを複数利用することはもはや一般的なことなので、安心して打ち明けるようにしましょう。

そのように伝えておくことで、もしも選考の日程が重なってしまった場合に話がしやすくなります。

また、ほかのエージェントも掛け持ちしていると伝えることで、「ほかのエージェントに取られないように」と担当アドバイザーがより熱心に動いてくれるというメリットもあります。

(コツその3)スケジュール管理を徹底する

やはり、複数利用するからにはスケジュール管理は徹底しましょう。

間違っても同じ日程にダブルブッキングすることがないように、ひとつひとつの選考日程をきちんと把握しておくことが重要なポイントです。

もしも管理に自信がない場合には、複数のエージェントを利用することは避けるほうがよいでしょう。

早い段階から信頼できる1社に絞り、慎重に転職活動を進めていくことが大切です。

(コツその4)内定後に他社のキャリアアドバイザーの意見も聞く

利用している転職エージェントの中で内定をもらった場合は、他社のキャリアアドバイザーの方にその旨を伝えるのもいいでしょう。

もしそれを聞いたキャリアアドバイザーが、内定した案件よりも良い条件の案件を持っていれば、その案件をあなたに提示してくれるかもしれません。

それにより、たしかに転職活動の時間は延びてしまうかもしれませんが、生活費や時間にゆとりがあるのなら、試してみても良い方法でしょう。

もちろん、案件の乗り換えをするのなら、内定辞退の旨をハッキリと伝えなくてはなりません。

複数の転職エージェントを上手に選ぶポイントは?

複数の転職エージェントを上手に選ぶポイントは?

なかには、「複数利用したいけれどどのように選んだらいいのかわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

せっかく選ぶなら、転職活動を有利にサポートしてくれる優良なエージェントを選びたいものです。

そこで、最後に転職エージェントを上手に選ぶポイントをチェックしておきましょう。

求人数が多い転職サイトは必ず登録する

転職エージェントを選ぶ際には、取り扱っている求人数に注目しましょう。

求人数が多いということは選択肢がたくさんあることになり、ご自身の条件に合ったエージェントを見つけやすくなります。

求人数をチェックするときは、特に「非公開求人数」の多さに目を向けることがポイントです。

非公開求人には優良案件が多い傾向があるため、なるべく豊富に取り扱っているところを選ぶことをおすすめします。

総合型だけでなく特化型も利用する

転職エージェントには大きく分けると「総合型」と「特化型」があり、複数利用する場合にはどちらの種類も取り入れることが大切です。

ちなみに、総合型と特化型の違いについては以下をご参照ください。

総合型の特徴 さまざまな業界や職種の求人を取り扱っている
特化型の特徴 特定の業界における専門性が高い求人を取り扱っている

総合型には案件数が多くさまざまな求人に触れられますが、特定の業界に弱い傾向があります。

一方で特化型では各業界に特化した求人情報やアドバイスを得られますが、全体的に案件数が少ないケースが多く見られます。

このように総合型と特化型とではメリット・デメリットが異なるため、両方利用することでそれぞれのメリットをうまく取り入れ、デメリットをカバーすることが可能です。

転職エージェントを複数利用する際は、総合型なのか特化型なのかという点にも注目しながら選ぶようにしましょう。

転職の肝!悪いキャリアアドバイザーの見極め方は?

転職の肝!悪いキャリアアドバイザーの見極め方は?

転職エージェント会社の案件数やフォロー体制がどんなに良くても、あなたと直接やり取りをするキャリアアドバイザーがダメでは、成功する転職活動も成功しません。

せっかく複数の転職エージェントに登録し、それらを有効活用しようとしているのですから、その効果が半減しないようにキャリアアドバイザーもしっかりと見抜くようにしましょう。

ここでは、最低限確認しておくべき、悪いキャリアアドバイザーの特徴を紹介しておきます。

では早速、ひとつ目から確認していきましょう。

希望条件を無視した案件ばかり紹介をしてくる

案外ダメなキャリアアドバイザーとして多いのが、ノルマ達成だけが目的となってしまったパターンです。

このパターンに該当する場合、そのキャリアアドバイザーの方は、ヒアリング時もあまり転職希望者の話を聞いてくれないことがほとんどです。

また寄り添ったような言動もなく、一方的に案件を紹介してくるでしょう。

もちろん、そこで提示される案件は、理由もなく希望に沿っていないものばかり。

初回のキャリアカウンセリングで、このような態度が現れた場合は、担当をすぐにでも変えてもらうよう依頼しましょう。

上から目線や強引な紹介をしてくる

転職希望者が横柄な態度をとるのも問題ですが、それはキャリアアドバイザーにも言えたことです。

とくに「紹介する」という立場上、勘違いをしてしまうキャリアアドバイザーの方も、少なからずいるもの。

この場合では、転職希望者としっかりと向き合うことができず、希望条件もあまりくみ取ってはくれない可能性もあります。

とくに問題なのは、そうしたキャリアアドバイザーの場合、対応が雑になってしまうケースもあることでしょう。

案件を強引に紹介してきては、その答えを急がせることもあるかもしれません。

この場合、ノルマ優先で転職希望者は二の次となっていますので、キャリアアドバイザーを変更してもらうか他の転職エージェントへ移った方がよさそうです。

業界の知識が薄い

自分自身のキャリアプランや職場に対する希望条件を、正しくくみ取ってもらうには、キャリアアドバイザーの業界に対する知識が必要不可欠です。

これがIT系や医療系などの専門職の場合では、より外せないポイントともなるでしょう。

また転職先候補の情報に乏しい場合も、企業の実態が正しく把握できないため、内定後のアンマッチを引き起こす可能性があります。

キャリアカウンセリングの際は、アドバイザーにカンタンな業界用語を交えた質問をし、業界知識レベルを計るのも良い方法です。

また案件が紹介された際も、不安に感じる点はしっかりと質問をし、その受け答えにも注目しましょう。

もし、あまりに言葉に詰まるのなら、業界知識のある方に担当してもらえるよう依頼を検討したほうがいいかもしれません。

複数利用で検討したいおすすめの転職エージェント5選

ここまでで、転職エージェントを複数利用する際のコツについて紹介してきました。

とは言っても、実際にどこの転職エージェントを利用すれば良いのか、迷う方は多いのではないでしょうか?

そこでここでは、特徴別に代表的でおすすめできる転職エージェントを5つほど紹介しておきます。

では早速、ひとつ目より見ていきましょう。

外せない転職エージェントの「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

まず一つ目に紹介するのは、知名度抜群の「リクルートエージェント」となります。

この転職エージェントでは、全国に30万を超える案件を抱えており、非公開案件も実に多く持つのが強みです。

また総合型の転職エージェントではありますが、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、転職希望者のキャリアプランをしっかりと汲み取ってくれる体制がここにはあるのです。

さらに「リクルートエージェント」では、これまで積み上げてきたノウハウやルートをもとに、各企業の詳細情報も提供支援

自分自身だけでは知り得なかった情報を、マルッと教えてくれます。

それもあり、転職支援実績では、なんと1位を獲得。

どこにすればいいのかわからない方は、まず登録すべき転職エージェントとなりそうです。

≫ 公式HPを見てみる

20代におすすめの「マイナビエージェント」

マイナビAGENT

次に紹介するのは、多くの20代に支持されている「マイナビエージェント」です。

「マイナビエージェント」では、20代にぴったりな、チャレンジ要素のある案件や未経験案件などを多く抱えています。

そういった特性もあってか、レア案件の数も豊富なのが特徴。

それに比例し、非公開案件の数も多いため、競合他社と差別化もできるようになっています。

在籍するキャリアアドバイザーもそれぞれに強い業界があり、専任となってあなたをフォロー。

業界知識も豊富なため、異業種チャレンジをしたくなったとしても、的確なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

転職の良い相談役を求めるなら、「マイナビエージェント」がおすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

30代におすすめの「エン エージェント」

エン エージェント

30代におすすめの「エン エージェント」は、CMでもお馴染みのエングループが運営

転職希望者一人一人にキャリアアドバイザーがつくので、手厚いサポートを受けることができます。

30代ともなると、それなりに転職への悩みも多いもの。

しかし「エン エージェント」では、人柄などの深い部分までも注目し、家族の転職を支えるように希望者の転職もサポートする体制を整えているのです。

転職エージェントの中には、機械的なヒアリングで淡々と進行することも多い中、こうした取り組みのある転職エージェントは貴重ではないでしょうか?

また規模の大きな転職エージェントというだけあり、保有する企業情報も膨大

いつでも鮮度の良い情報を手に入れられる点も、魅力のひとつなるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

IT職におすすめの「レバテックキャリア」

レバテックキャリア

もしIT業界への転職を希望しているのなら、「レバテックキャリア」は外せない選択肢となります。

「レバテックキャリア」は、ITエンジニア、デザイナーの転職に特化しており、転職希望者の年収が上がるようにサポートもしてくれるのです。

またこの転職エージェントは、実は15年ものノウハウがある歴史ある企業。

それゆえ、抱える案件も非公開案件や重要ポジション案件まで、幅広く取り扱いがあるのです。

所属するキャリアアドバイザーは、業界への知識レベルも高く、的確に転職希望者のスキルや強みを汲み取ってくれます。

気になる方はまず、無料相談会から顔を出しみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

女性におすすめの「LiBzPARTNERS」

LiBzPARTNERS

最後に紹介する「LiBzPARTNERS」は、女性に特化し、ならではの悩みを汲み取った上で転職サポートをしてくれる転職エージェントとなります。

それゆえ、柔軟な働き方ができる案件を豊富に取り揃え、女性でもしっかりとキャリア形成が図れるよう、しっかりとサポートしてくれるのです。

また子育てにひと段落した女性が、仕事へと復帰する際のキャリアも徹底サポート

ブランクがあっても、しっかりと活躍できる場が、「LiBzPARTNERS」にはあります。

気になる方は、気軽にできる電話で、転職の相談をしてみると道が開けるかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

Tips

以下の記事では、特徴別におすすめの転職エージェントを、より詳しく紹介しています。

サッとでも目を通しておき、手札を増やしておきましょう。

転職エージェントおすすめ26選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?転職エージェントおすすめ26選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?

複数の転職エージェントを使いこなして転職を成功させよう

複数の転職エージェントを利用することで、広い視野のなかで転職活動が進められることはもちろん、エージェントが他社との競争を意識してやる気を出してくれるというメリットも期待できます。

ただし、スケジュール管理面などのデメリットもあるので、リスクもきちんと踏まえた上で複数のエージェントを活用することが大切です。

ここでご紹介したポイントを意識しながら、複数のエージェントを使いこなして満足の転職を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)