転職エージェントおすすめ26選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?

転職エージェントおすすめ26選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?

20代の1/3が転職しているといわれるこの時代。

終身雇用が当たり前の価値観がある30代以上にも、転職経験者は増えています。

転職するときに一番大事なのが、求人を見つけること。

求人を見つけられなければ面接にも行けないし、内定も取れません。

求人を見つける方法として、利用者が増えているのが転職エージェントです。

そこで今回は、転職エージェントのおすすめをご紹介します。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「おすすめの転職エージェント」を見る

「転職エージェントおすすめ18選を比較!選び方や注意点、転職サイトとの違いは?」のイラスト

もくじ

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

まずは、転職エージェントを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット1:自力では見つけられない非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用する最大のメリットは、非公開求人にアクセスできること。

求人には、求人サイトや求人冊子に出ているような「公開求人」と、一部のエージェントなどにしか公開されない「非公開求人」があります。

非公開求人は公開求人に比べて条件がいいことが多いのですが、誰でも見られるようになっていないため、自力ではアクセスできません

その点、転職エージェントを利用すれば、そういった非公開求人を見つけることができるため、よりいい条件で転職しやすくなります。

メリット2:年収などの条件交渉をしてもらえる

もうひとつのメリットは、年収などの条件交渉をエージェント側に依頼できること。

年収や労働条件の交渉に、苦手意識を抱いている方も多いのではないでしょうか。

せっかく内定をもらっても、年収の交渉をしたら転職先に悪い印象を与えないだろうかと考えてしまい、交渉できずにいる方も少なくありません。

その点、転職エージェントを利用すれば、交渉はエージェントに任せられます

もちろん、エージェントに任せれば必ずしも希望が通るわけではありませんが、プロに任せることでよりスムーズに交渉可能です。

メリット3:転職サイトと一緒に登録すれば転職活動がよりスムーズに

転職エージェントの多くは、エージェントの他に転職サイトを運営しています。

たとえば、「マイナビエージェント」に対する「マイナビ転職」や、「リクルートエージェント」に対する「リクナビNEXT」です。

利用する転職エージェントと同系列の転職サイトを利用すれば、転職がよりスムーズになります。

たとえば、エージェントの面談で「年収500万円以上」と言えなかった場合。

転職サイトの検索条件に「年収500万円以上」を含めていれば、エージェント側も隠れた要望に気づき、その条件を加味した求人を紹介できます。

デメリット1:転職エージェントを介して企業とやり取りするので時間がかかる

デメリットは、転職を希望する企業とのやり取りは、必ず転職エージェントを介するので、時間がかかること。

面接の結果ひとつでもエージェント越しに連絡を受けるので、直接やりとりすればすぐの連絡にも時間がかかります。

とはいえ、直接やりとりをするとエージェントが内容を把握できず、トラブルが起きたときに求職者を守れません。

そのため、転職エージェントを使う限り、このデメリットには目をつぶるしかないでしょう。

デメリット2:担当者との相性が合わないこともある

もうひとつのデメリットは、エージェントの担当者との相性。

相性がよければいいのですが、相性が悪い場合、希望する求人を紹介してもらえない場合があります。

担当者を変えられるエージェントなら、担当者を変更するのも手段のひとつです。

≫ すぐに「おすすめの転職エージェント」を見る

転職エージェントの選び方&注意点

転職エージェントの選び方&注意点

ここからは、転職エージェントの選び方と注意点をご紹介します。

複数の転職エージェントに登録する

まず、複数の転職エージェントに登録しましょう。

理由は、エージェントごとに扱う求人が異なるからです。

たとえば、求人数10万件の転職エージェントと、3万件の転職エージェントがある場合。

求人数3万件のエージェントで扱う、すべての求人を10万件のエージェントで扱っているとは限りません。

極端なことをいえば、一件も求人が重複していない可能性すらあります

その場合、求人数10万件のエージェントだけに登録していると、3万件のエージェントの求人と出会うチャンスを逃していることになるんです。

3万件の非公開求人のなかに理想の求人があるとすれば、登録しなかったことで、その求人とは出会えないまま転職活動は終わってしまいます。

こうした事態を避けるためにも、複数の転職エージェントに登録しましょう。

すべての求職者に適した万能な転職エージェントはない

また、すべての求職者にぴったりの万能な転職エージェントはありません。

99人が絶賛しても、残りのひとりには酷評される可能性もあります。

そして、そのひとりはあなたかもしれません。

ひとつの転職エージェントだけに頼っていると、転職活動そのものがストレスになってしまいます。

ストレスなく転職活動を行うためにも、複数の転職エージェントへの登録は必須といえるでしょう。

自分の現状や要望は細かく正確に伝える

転職エージェントを利用する場合、前職または現職の収入や転職理由、転職先に求める条件などは細かく正確に伝えましょう。

前職や現職での条件がよければ、よりよい転職先を見つけやすいのはひとつの事実ですが、嘘をつくのは絶対にやめましょう

企業とのミスマッチを起こりにくくするためにも絶対厳守

また、要望を細かく伝えすぎて損はないので、細かく伝えましょう。

すべての条件を満たす求人は紹介できなくても、可能な限り条件に見合う求人をエージェントは探してくれます。

可能な限り具体的に要望を伝えるのは、転職を成功させる大きな秘訣です。

頻繁に求人を紹介してくれるか?

どの転職エージェントでも、登録してから一週間ほどで最初の連絡が来ます。

簡単なヒアリングを行ったあと、ネット上や面談で求人をいくつか紹介してもらえますが、それが最初だけなのか、継続的に求人を紹介してもらえるのかは大きなみきわめポイントといえるでしょう。

「個人情報を渡しただけ」なんてことにならないように注意

なかなか求人を紹介してもらえず、個人情報を渡しただけになってしまうと、時間の無駄になってしまいます。

何度か聞いても求人を紹介してもらえなければ、思い切って退会するのもひとつの手段といえるでしょう。

ただ、本当に紹介できる求人がない場合もあります。

ニッチな業界での転職を目指している場合、そもそもの求人数が少ない可能性も少なくありません。

また、未経験の業界に転職したいのにハイクラス向けのエージェントに登録しているなど、登録している転職エージェントと転職希望条件にミスマッチが発生している場合もあります。

そのため、転職エージェントに登録する前に、自分が希望する求人を紹介してもらえるエージェントかどうかはよく検討しましょう。

対象別!転職エージェントおすすめ26選の比較一覧表

ここからは、対象別に転職エージェントのおすすめをご紹介します。

以下に必要情報をまとめておきますので、候補を絞る込む際にでもお役立てください。

※対象名をクリックすると、各詳細項目へとジャンプできます。

おすすめ対象 サービス名 拠点 面談 転職サイト
平日18:00以降 土曜日 日曜日 祝日
全員
 
 
リクルートエージェント 15都道府県16拠点 要相談 リクナビNEXT
doda転職エージェント 11都道府県11拠点 ~20:30 × × doda
パソナキャリア 6都府県6拠点 ~21:00 × ×
マイナビエージェント 国内72拠点海外2拠点 12:00~20:00 10:00~19:00 マイナビ転職
type転職エージェント 1都1拠点 要相談 転職type
第二新卒

20代向け

マイナビエージェント 国内72拠点海外2拠点 12:00~20:00 10:00~19:00 マイナビ転職
就職カレッジ 5都府県8拠点 × × × ×
就職Shop 7都府県10拠点 ~18:30 × × ×
女性全般向け type女性の転職エージェント 1都1拠点 要相談 女の転職type
LiBzPARTNERS 1都1拠点 要相談 LiBzCAREER
morecareee 1都1拠点 要相談
30代向け アイデムスマートエージェント 3都府県3拠点 要相談 イーアイデム
エンエージェント 4都府県4拠点 要相談 エン転職
Spring転職エージェント 3都府県3拠点 要相談

40代・50代向け
JACリクルートメント 13都府県13拠点 要相談
From40 要相談
マイナビミドルシニア 1都1拠点 要相談
IT系向け レバテックキャリア 4都府県4拠点 要相談 ×
TechClipsエージェント 1都1拠点 要相談
Geekly 1都1拠点 要相談
看護師向け
看護のお仕事 10都府県12拠点 要相談
看護roo! 5都府県5拠点 要相談
医療WORKER 14都府県14拠点 要相談
ハイクラス向け JACリクルートメント 9都府県9拠点 要相談
クライス&カンパニー 1都1拠点 要相談
Randstad 24都道府県58拠点 要相談

ここまでで、ある程度候補は絞り込めたでしょうか?

次からは、各対象向けにわけて、それぞれの詳細について紹介していきます。

では順に確認してみましょう。

みんな登録するべき!総合転職エージェントおすすめ5選

まずは、どんな条件の転職希望者も登録して損がないエージェントを紹介します。

いずれも人材業界の超大手なので、求人数が豊富なのが特徴です。

これらのエージェントの転職サイトは、新卒就活でも大々的に展開していたサービスの転職バージョン。

そのため、特にはじめて転職する方はこれから紹介する3つのエージェントに登録しておくのがおすすめです。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

まずご紹介するのは、リクルートエージェント。

求人数は公開・非公開合わせて30万件を超え、各業界に精通したアドバイザーが支援してくれます。

独自サービスとして、転職支援サービスに申し込むと詳しい企業情報を提供

自力で企業分析するだけではわからない、選考のポイントや社風などが丸わかりです。

転職支援実績No.1の転職エージェントなので、転職経験に乏しい方は登録して損がないエージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

2:doda転職エージェント

doda転職エージェント

doda転職エージェントは、求職者との対面サポート中心のキャリアアドバイザーと、企業の採用担当と直接コミュニケーションをとる採用プロジェクト担当のダブルサポートが強みです。

企業目線での欲しい人物像を提供しながら、転職をサポート。

土曜日も面談可能で、19:00スタートまで受け付けています。

そのため、現職と並行して転職活動をする多忙な方でも安心して利用可能です。

≫ 公式HPを見てみる

3:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、平日21:00まで面談可能な転職エージェント。

激務から逃れて、私生活を充実させたい方の転職活動にぴったりです。

休職者が働きたい業界の事情や、仕事内容に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポート。

そのため、未経験の業界へのチャレンジでもキャリアアドバイザーを通して働くイメージを持てるので、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

≫ 公式HPを見てみる

4:マイナビエージェント

マイナビAGENT

マイナビエージェントもまた、有名な転職エージェントのひとつです。

その求人数も豊富で、非公開求人がほとんどを占めているため、他サイトよりレアな求人に巡り合える可能性も高いでしょう。

なにより、未経験者歓迎の求人数も多いため、異業種にチャレンジしたい方にもおすすめといえます。

また在籍するキャリアアドバイザーは、顔が公開されており、業界ごとに専任分けがされている点も魅力。

その業種に対する経験や知識も豊富なので、相談事もしやすいのではないでしょうか?

まずは、そんなキャリアアドバイザーたちを眺めてみるのも良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

5:type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、総合満足度代2位を誇る転職エージェントとなります。

その満足度は87%と、9割近い人が納得しているという実績。

またマイナビ転職エージェントと同様で、抱える求人の大半が非公開求人となっている点も見逃せないポイントでしょう。

在籍するキャリアアドバイザーは、各業界ごとに専任があり、利用者の市場価値をしっかりと見極め相手企業と年収の交渉まで行ってくれます。

こういった背景も満足度として繋がっているのでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

みんな登録するべき!総合転職エージェントの比較表

  リクルートエージェント doda転職エージェント パソナキャリア マイナビエージェント type転職エージェント
拠点 15都道府県16拠点 11都道府県11拠点 6都府県6拠点 国内72拠点海外2拠点 1都1拠点
面談 平日18:00以降 要相談 ~20:30 ~21:00 12:00~20:00 要相談
土曜日 要相談 10:00~19:00 要相談
日曜日 要相談 × × 要相談
祝日 要相談 × × 要相談
転職サイト リクナビNEXT doda マイナビ転職 転職type

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

第二新卒・20代向け!転職エージェントおすすめ3選

次に、第二新卒や20代向けの転職エージェントをご紹介しましょう。

新卒就職後数年で転職する第二新卒や20代も、転職業界の需要が多くなっています。

第二新卒の定義は拡大傾向にあり、20代なら新卒と同じルートで就職できる場合も。

なかには、フリーターや就労経験のない人などを積極的に支援してくれるエージェントもあります。

未経験歓迎求人も豊富なのがこの市場の特徴です。

1:マイナビエージェント

マイナビAGENT

マイナビエージェントは、先にご紹介したとおり総合的におすすめのエージェントでもありますが、20代の転職にも強みを持ちます。

求人の80%が非公開求人で、日本人なら誰もが知る大手企業の求人も多数。

第二新卒や未経験歓迎の求人も多く、求人数も多いので、キャリア最初の転職におすすめです。

またマイナビエージェントでは、大手企業からベンチャー企業など、各社とも太いパイプを形成。

つまり初めての転職であっても、豊富な情報提供やアドバイスにより、心細くなることなく転職活動ができるわけです。

まずは公式HPから、概要を掴んでみると良いでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

2:就職カレッジ

就職カレッジ

就職カレッジは、17~34歳に特化した転職エージェントです。

フリーターや第二新卒、未経験など業界経験が浅い人を中心にサポートしているので、特に他業界への転職におすすめです。

就職カレッジ最大の特徴は、未経験者を採用したい優良企業約20社を集めた集団面接会。

書類選考なしでいきなり面接からスタートでき、最短2週間で内定をもらえます。

≫ 公式HPを見てみる

3:就職Shop

就職Shop

就職Shopは、リクルートエージェントと同じリクルートグループの転職エージェント。

未経験者向けの正社員求人に特化していて、利用者の約9割が20代です。

男性は営業職、女性は事務職に就く人が多く、就職Shopはこれらの職種で転職希望する方に向いています。

就職Shopの場合、書類選考なしで最初から面接に進めるのも特徴のひとつです。

≫ 公式HPを見てみる

第二新卒・20代向け!転職エージェントの比較表

  マイナビエージェント 就職カレッジ 就職Shop
拠点 9都道府県10拠点 5都府県8拠点 7都府県10拠点
面談 平日18:00以降 ~20:30 × ~18:30
土曜日 × ×
日曜日 × × ×
祝日 × × ×
転職サイト マイナビ転職

※ △:拠点による

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

20代に強い転職サイトについては、以下の記事でも紹介されています。

大手案件を取り扱うサービスも紹介されていますので、一読しておきましょう。

20代向け転職サイトおすすめ15選を比較!選び方や注意点は?20代向け転職サイトおすすめ15選を比較!選び方や注意点は?

女性向け!転職エージェントおすすめ3選

次にご紹介するのは、女性向けの転職エージェントです。

男性の育休取得なども進んでいますが、まだまだ女性が育児を担うことが多いので、子育てに協力的な転職先を探している女性は少なくありません。

女性向けの転職エージェントの求人には、育児休業や時短勤務の利用を積極的に支援している企業が多数。

出産を機に退職する方も、将来を見据えて育児しやすい環境で仕事をしたいと考える方も、女性に強い転職エージェントの利用はおすすめです。

また、化粧品売り場の美容部員など、女性に特化した求人を探している方も、女性向け転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

1:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化したエージェントです。

キャリアカウンセリングは年間5,000人以上、転職支援は年間数百名の実績があります。

女性向けの転職エージェントとしては老舗の部類に入り、転職サービスの「女の転職type」と併せて使えばより効率的に転職可能。

面接対策のひとつとしてメイクアップサービスがあります。

プライベートと異なるオフィスメイクに自信がない方や、普段お化粧をしない方は、ぜひ利用してみてください。

≫ 公式HPを見てみる

2:LiBzPARTNERS

LiBzPARTNERS

LiBzPARTNERSは、女性ならではのキャリアプランニングを踏まえて転職支援をするエージェントです。

出産などの働きづらい期間を乗り越え、女性がひとりの働く人間としてのキャリアを作るために、LiBzPARTNERSでは柔軟な働き方を提案しています。

コミュニケーション能力など、現場から離れても衰えないスキルを活かした求人が多く揃っているのが特徴。

キャリアカウンセリングで来社する必要はありません

電話で完結するので、忙しい女性に時間を取らせないのもおすすめポイントです。

≫ 公式HPを見てみる

3:morecareee(モアキャリー)

morecareee(モアキャリー)

morecareee(モアキャリー)は、2018年にできたばかりの新しい転職エージェント。

新しいサービスというと不安に感じる方もいるかもしれませんが、人材会社大手・ネオキャリアのサービスなので、安心して利用可能です。

女性の転職に特化したサービスで、経験豊富なキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

アドバイザーは女性が多く、実際に転職や子育てを経験している方がいるので、女性ならではの理由でのキャリアチェンジでも安心して利用できるエージェントです。

≫ 公式HPを見てみる

女性向け!転職エージェントの比較表

 

type女性の転職エージェント LiBzPARTNERS morecareee
拠点

1都1拠点 1都1拠点 1都1拠点
面談 平日18:00以降 要相談 要相談 要相談
土曜日 要相談 要相談 要相談
日曜日 要相談 要相談 要相談
祝日 要相談 要相談 要相談
転職サイト 女の転職type LiBzCAREER

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

女性に強い転職サイトについては、以下の記事でも紹介されています。

女性ならではの転職のコツも紹介されているので、一読しておきましょう。

女性から人気がある転職エージェントおすすめ10選を比較!賢く選ぶには?女性から人気がある転職エージェントおすすめ10選を比較!賢く選ぶには?

30代向け!転職エージェントおすすめ3選

次にご紹介するのは、30代向けの転職エージェントです。

30代になると、20代までに築いたキャリアが転職にも影響してきます。

20代までに培った専門性を理解できる転職エージェントが必要です。

1:アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、人材大手のアイデムが経営する転職エージェント。

ポジションサーチ型」という独自のスタイルで企業を紹介します。

求職者が「こうなりたい」と自覚しているキャリア像だけでなく、本人が気づかない潜在的なポイントも捉えるため、求職者にぴったりの求人を紹介可能。

30代になって、20代までのキャリアを振り返ることが多くなった方は、アイデムスマートエージェントを一度利用してみてはいかがでしょうか。

≫ 公式HPを見てみる

2:エン エージェント

エン エージェント

「エン エージェント」は、エングループが運営する転職エージェント。

職務経歴やキャリアビジョンだけでなく、人柄まで徹底的に深く掘り下げるスタイルが「エン エージェント」の特徴です。

自分の家族が転職するときと同じようにサポートする」という理念のもとで支援してくれるので、本当の家族にすら話しづらい事情も話せてしまいます。

企業の求人データを多く保有していても、案件ごとに追加でヒアリングを実施してくれるので、いつでも新鮮な企業情報を手に入れられるのもエン エージェントのメリットといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

3:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、アデコグループの転職エージェント。

30代になって、今までの経歴を活かしてキャリアに磨きをかけたい方におすすめのエージェントです。

専門分野に精通したコンサルタントが担当するので、業界における求職者の市場価値を正確に判断できます。

また、Spring転職エージェントでは求職者担当と企業担当にスタッフを分けず、ひとりのコンサルタントが両者を相手取るスタイル

そのため、求職者への企業情報も企業への求職者情報も正確に伝達可能です。

≫ 公式HPを見てみる

30代向け!転職エージェントの比較表

 

アイデムスマートエージェント エンエージェント Spring転職エージェント
拠点

3都府県3拠点 4都府県4拠点 3都府県3拠点
面談 平日18:00以降 要相談 要相談 要相談
土曜日 要相談 要相談 要相談
日曜日 要相談 要相談 要相談
祝日 要相談 要相談 要相談
転職サイト イーアイデム エン転職

※ △:拠点による

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

30代向けの転職サイトについても確認したいという方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

選び方も掲載されているので、自分に合ったサイトが、より見つけやすくなります。

30代向け転職サイトおすすめ19選を比較!賢く利用するには?30代向け転職サイトおすすめ19選を比較!賢く利用するには?

40代・50代向け!転職エージェントおすすめ3選

30代に続いて紹介するのは、40代・50代向けの転職エージェントのおすすめです。

40代・50代にもなると、社会から求められるスキルは当然高くなりますが、だからといって転職自体が絶望的なわけでもありません。

確かに20代や30代と比べれば、転職できる企業数は少なくはなりますが、募集しているところではしっかりと募集されています。

では、こちらも早速、順にみていきましょう。

1:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代~50代に対象を絞った転職エージェントで、取り扱う案件は外資系やハイクラスのものとなります。

そのため、以降で紹介する2社の転職エージェントと比較すると、難易度は高めとなるでしょう。

とはいえ取り扱う案件の質はよく、経験とスキルがある40代・50代の方なら、多いに活用できる転職エージェントでもあります。

正しく転職希望者の市場価値を認識し、その価値に沿った案件を紹介してくれるため、年収アップも期待できるかもしれません。

ただし、市場価値がそこまで高くない場合では、紹介される案件もないといえます。

ご自身に経験やスキルがあり、今後もキャリアアップしたい方は、ぜひ挑戦してみると良いでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

2:From40

From40(フロム40)

From40は、先ほど紹介したJACリクルートメントとは異なり、「スキルや経験に自信がないな・・・」という方に特におすすめの転職サイトとなります。

コチラは、担当者がついて転職支援をするタイプではありませんが、スカウト機能を活用すれば後は待つだけで、なんと85%もの確率でオファーが来るとのこと。

これなら、これまで手間だった転職活動も、効率的に進めることができますね!

また年齢不問の未経験求人も多く取り揃えているため、異業種にチャレンジできる環境もあります。

経験やスキルに自信がない方はもちろん、スキルを積みたい方も、一度どういった案件があるのか目を通してみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

3:マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニアは、40代から60代のミドル世代に特化した転職エージェントとなります。

さすがはマイナビグループとあり、抱える案件の幅は膨大。

未経験歓迎の案件から管理職クラスの案件まで、幅広い業種と職種が並びます。

もちろんそのどれもが、ミドル世代のためだけの案件。

もちろん、きめ細やかなサポートもあるため、転職に不安を感じている方も安心して利用できるでしょう。

大手ならではの安心感を求める方は、マイナビミドルシニアがおすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

40代・50代向け!転職エージェントの比較表

 

JACリクルートメント From40 マイナビミドルシニア
拠点

14都府県14拠点 -1都1拠点
面談 平日18:00以降 要相談 要相談 要相談
土曜日 要相談 要相談 要相談
日曜日 要相談 要相談 要相談
祝日 要相談 要相談 要相談
転職サイト

※ △:拠点による

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

40代・50代向けの転職サイトについても確認したいという方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

選び方も掲載されているので、自分に合ったサイトが、より見つけやすくなります。

40代向け転職サイトおすすめ18選を比較!40代向けの特徴や選び方も紹介40代向け転職サイトおすすめ18選を比較!40代向けの特徴や選び方も紹介 50代向け転職サイトおすすめ8選を比較!転職成功のコツも必見50代向け転職サイトおすすめ8選を比較!転職成功のコツも必見

IT業界向け!転職エージェントおすすめ3選

続いて、IT業界に特化した転職エージェントをご紹介します。

IT業界は経理などの一部を除いて専門職ばかりのため、業界に特化した転職エージェントが多数。

常に技術刷新を続ける業界なので、エージェントの担当者がどれだけ最新情報をキャッチアップしているかも、いいエージェントを見分けるひとつの試金石といえるでしょう。

1:レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニア、デザイナーの転職に特化したエージェント。

専門性の高いIT各分野に精通したアドバイザーが、正確に求職者のスキルを把握し、年収アップと転職先の内定に尽力します。

無料の転職相談会を実施しているので、とりあえず自分の市場価値を知りたい方や、転職しようか迷っている方も登録するのがおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

2:TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

TechClipsエージェントは、ITエンジニアに特化した転職エージェントです。

最大の特徴は、現役エンジニアによるカウンセリングを受けられること。

IT業界に詳しい人材業界のスタッフではなく、現場でITエンジニアとして活躍し続けるコンサルタントからカウンセリングを受けられるのは、大きな強みといえるでしょう。

また、TechClipsエージェントでは年収500万円以上の求人が多いのも魅力です。

≫ 公式HPを見てみる

3:Geekly

GEEKLY

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

非常に高度な専門スキルが求められるこれらの業界に特化していて、Geeklyを使って転職先から内定を得た人の75%が年収アップに成功しています。

転職エージェント登録から内定まで平均約2ヶ月といわれるなか、Geeklyでは半分の約1ヶ月で転職を終える人が続々。

求職者への求人紹介段階から、ミスマッチが少ない証拠といえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

IT業界向け!転職エージェントの比較表

  レバテックキャリア TechClipsエージェント Geekly
拠点 4都府県4拠点 1都1拠点 1都1拠点
面談 平日18:00以降 要相談 要相談 要相談
土曜日 要相談 要相談 要相談
日曜日 × 要相談 要相談
祝日 × 要相談 要相談
転職サイト

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

ITに特化したエージェントについては、以下の記事でも紹介されています。

自分自身に合ったエージェントを見つけて、より良い案件と出会う確率を高めていきましょう。

ITに強い転職エージェントおすすめ16選を比較!最適なのは?ITに強い転職エージェントおすすめ16選を比較!最適なのは?

看護師向け!転職エージェントおすすめ3選

続いては、看護師向けの転職エージェントのおすすめを紹介していきます。

こちらも需要が高い職業のひとつ。

そして、一般企業とは少々異なるため、転職を成功させたいなら転職エージェントの利用は必須ともいえる職業でもあります。

では、こちらもおすすめを3つほど見ていきましょう。

1:看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は、看護師が転職する際にまず外せない転職エージェントのひとつです。

というのも、取り扱う求人の数は業界最大級となっており、全国の約12万もの医療機関の案件を保有しているため。

ここまで豊富な案件を保有しているとなれば、お宝案件も期待できるのではないでしょうか?

また、在籍するキャリアアドバイザーは業界に精通したプロばかりで、丁寧に転職に向けてサポートしてくれます。

各医療機関の内情にかかわる情報や評判も、サポートでは教えてくれ、しっかりと転職先を吟味することもできるでしょう。

看護師の転職なら、看護のお仕事は外せない転職エージェントとなります。

≫ 公式HPを見てみる

2:看護roo!

看護roo!

看護roo!の魅力は、なんといっても支持率が高く、満足度もかなりの高い数値となっていることでしょう。

その数値は、なんと96.2%となっており、サポート面でも優秀なのがこの数字からわかります。

転職を成功させるために、プロのキャリアアドバイザーが親身にヒアリングしてくれ、また書類の添削から面接練習までもサポート。

さらには、ネット上で見つからないような、内部情報や入職した方の口コミまでも教えてくれる徹底っぷりとなっています。

もし、手厚いサポートを受けたいのなら、看護roo!が心強い味方となってくれるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

3:医療ワーカー

医療WORKER

医療WORKERは、4年連続で支持率No1を集めるほど、長期的にサポートの充実度が高い転職エージェントとなります。

医療WORKERのサポートは、完全専任制でキャリアアドバイザーがつき、転職希望者を入社後もサポートしてくれるほど充実。

丁寧なヒアリングはもちろん、出張面談や面接同行(条件交渉も含む)、入社後の相談にも応じてくれる体制があるのです。

そのため、満足度も非常に高く、なんと97%という驚異的な数字に。

もちろん、取り扱う案件も質の高いものが多く、また独自案件も豊富に所有しています。

1人の転職が不安な方はもちろん、レア案件と巡り合いたい方も、医療WORKERはおすすめの転職エージェントとなります。

≫ 公式HPを見てみる

看護師向け!転職エージェントの比較表

 

看護のお仕事 看護roo! 医療ワーカー
拠点

10都府県12拠点 5都府県5拠点 14都府県14拠点
面談 平日18:00以降 要相談 要相談 要相談
土曜日 要相談 要相談 要相談
日曜日 要相談 要相談 要相談
祝日 要相談 要相談 要相談
転職サイト

※ △:拠点による

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

看護師向けの転職サイトについても確認したいという方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

選び方も掲載されているので、自分に合ったサイトが、より見つけやすくなります。

看護師向け転職サイトおすすめ15選を比較!本当に使えるサイトは?看護師向け転職サイトおすすめ15選を比較!本当に使えるサイトは?

エグゼクティブ・ハイクラス向け!転職エージェントおすすめ3選

最後に、エグゼクティブ・ハイクラス向けの転職エージェントをご紹介します。

エリート人材や高年収の案件だけでなく、海外転職やマルチリンガル転職の支援も積極的なところが多いです。

また、企業からオファーが届くヘッドハンティングスタイルを採用しているエージェントが多いのも、エグゼクティブ・ハイクラス向けの特徴です。

これらの転職エージェントは、基本的に年収500万円以上がひとつの基準です。

1:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日経転職エージェント

このバックボーンから、イギリスやドイツ、アジアなどの現地企業や外資系企業への転職実績が豊富です。

ビジネスレベルの英語力を求められる英文レジュメ作成のアドバイスがもらえる転職エージェントはまだ希少な存在。

そのため、グローバル転職を選択肢に入れている方は登録して損がないエージェントです。

≫ 公式HPを見てみる

2:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、30代のマネージャークラス以上におすすめの転職エージェント。

クライス&カンパニーのコンサルタントは、国内外のキャリアコンサルタント資格を持ち、年間100時間以上の研修で日々経験を積んでいます。

求人はコンサルティング業界とIT業界が中心ですが、マネージャー以上の経営幹部クラスの求人がメイン。

若手の転職と異なり、即戦力採用となるこのクラスの転職では、タイミングも重要です。

そのため、転職を考えていない時期からクライス&カンパニーに登録し、中長期的なキャリアプランを描くのがおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

3:Randstad

Randstad

Randstadは、外資系企業への転職に強みを持つ転職エージェントです。

世界39の国と地域に拠点を置くグローバルネットワークを活かした求人が特徴。

求人の多くは非公開で、Randstadを介さないとなかなかたどり着けない優良企業にもアプローチできます。

求人の8割が年収800万円以上なのも、魅力のひとつです。

≫ 公式HPを見てみる

エグゼクティブ・ハイクラス向け!転職エージェントおすすめ3選

  JACリクルートメント クライス&カンパニー Randstad
拠点 9都府県9拠点 1都1拠点 24都道府県58拠点
面談 平日18:00以降 要相談 要相談 要相談
土曜日 要相談 要相談 要相談
日曜日 要相談 要相談 要相談
祝日 要相談 要相談 要相談
転職サイト

>> 条件別比較一覧へ戻る <<

Tips

エグゼクティブ・ハイクラス向けの転職エージェントについては、以下の記事でも紹介されています。

通常の転職とは、毛質がことなりますので、はじめての方はまっさらな気持ちで一読しておきましょう。

ハイクラス・エグゼクティブ人材向け転職エージェントおすすめ13選を比較!ハイクラス・エグゼクティブ人材向け転職エージェントおすすめ13選を比較!

転職を成功させるためのポイントとベストな時期とは

転職を成功させるためのポイントとベストな時期とは

ここまでで、おすすめの転職エージェントをタイプ別に分けて紹介してきましたが、転職を成功させるためには、自分自身でとあるポイントについても押さえておくべきでしょう。

ここでは、そのポイントについてベストな転職タイミングも含めて、3つほど紹介していきます。

ぜひ念頭に置いてみてくださいね!

年代や性別によって面接でのアピールポイントは変わる

自身の属性に合った転職エージェントを選ぶことはもちろんですが、面接でのアピールの仕方も属性によってことなります。

たとえば20代であれば、未経験業種への転職だとしても、極端な話で熱意だけで採用というケースもあるでしょう。

しかし30代以上ともなると、熱意だけで採用されるのは難しくなり、加えて保有スキルや経験など、即戦力も求められるようになります。

その場合では、「自身の保有するスキルによって、その会社で何ができるのか」という点も明確にしておかなくてはなりません。

また女性であれば、「今後結婚や出産ですぐにやめるのではないか」といった不安を与えてしまうケースもあるでしょう。

このケースでも、「〇年は仕事に専念します」「結婚後も仕事は続けます」といった具合に、辞めない姿勢をアピールするのが第一になるのです。

自身の属性や、企業の求める自分物像を照らし合わせながら、アピールする方向性の決定をしていきましょう。

条件を明確かつ最小にする

転職を検討している方は、少なからず現状に不満を抱いているわけで、次の転職先には今よりもいい条件を求めたくなるものです。

この点については、とくに問題ありません。

問題となってしまうのは、その条件の数が多すぎる点です。

あれもこれもという状態では、希望に合う転職先候補が見つからないだけでなく、転職タイミングも逃してしまうでしょう。

条件を決めるのであれば、以下の3つを軸に最小にとどめておくべきです。

  • 絶対避けたい条件
  • 絶対叶えたい条件
  • 妥協してもいい条件

これらを明確にしておくことで、専任エージェントが案件を探しやすくなることはもちろん、自身にとって予定していなかった掘り出し案件に巡り合う可能性も出てくるかもしれません。

がちがちの数多い条件は、自分の視野を狭め転職の成功率を下げてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

転職にベストなタイミングを把握しておく

転職をするのなら、ベストなタイミングについても把握しておくべきでしょう。

ちなみに中途採用の求人が豊富になるのは、「2月~3月」と「8月~9月」となっています。

このタイミングで中途採用求人が増えるのは、4月の新卒入社や10月入社後の教育コストを下げる目的があるため。

なるべく多くの求人から選びたいのなら、こうした時期にエントリーするのがいいでしょう。

また手続きなどの面倒を避けたいのなら、年内に転職をするほうがよくなります

とくに年末調整前に前社退職し無職で年越ししてしまうと、確定申告も自力で行う必要が出てくるのです。

こうしたエントリー時期を見越して、転職活動はしていくようにすると、よりスムーズとなります。

転職エージェントを活用してスムーズに転職を成功させよう

今回は、転職エージェントのおすすめをご紹介しました。

各転職エージェントには強みや特徴があり、自分の現状や希望する転職先に合ったエージェントへの登録が必須です。

また自身に合うキャリアアドバイザーを見つけるためにも、複数の転職エージェントに登録するのも得策でしょう。

自分に合った転職エージェントを活用して、新しいキャリアの第一歩を踏み出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)