不動産業界に強い転職エージェントおすすめ17選を比較!選び方や注意点も

不動産業界に強い転職エージェントおすすめ17選を比較!選び方や注意点も

不動産業界は、新卒採用同様に転職市場でも人気の高い業界のひとつです。

しかし、数えきれないほどの転職エージェントがあり、どれを利用すればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産業界に強い転職エージェントのおすすめをご紹介しましょう。

↓↓クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「不動産業界に強い転職エージェントのおすすめ」を見る

 

未経験から不動産業界への転職におすすめの業種は?

未経験から不動産業界への転職におすすめの業種は?

まずは、未経験から不動産業界に転職する方に向けて、おすすめの業種を3つご紹介しましょう。

賃貸仲介営業

まずは、「賃貸仲介営業」。

街中の店舗での接客が主な仕事です。

来店したお客様にヒアリングして物件を提案したり内見に同行したりします。

また、物件のオーナーや管理会社との連絡も賃貸仲介営業の役目といえるでしょう。

不動産の売買営業

次に、「不動産の売買営業」。

不動産業界の激務のイメージは、この業種の印象によるところが大きいです。

歩合制で、高額な物件の取引を成功させれば一件の契約で一般サラリーマンの年収以上の報酬を手にするのも可能。

そのため、ハードな仕事ではありますが、同時に夢のある仕事ともいえます。

管理会社勤務

最後に「管理会社勤務」。

テナントの入退手続きや家賃の集金代行など、マンションやビルの管理業務を主に担います。

設備の維持管理や清掃業務といった仕事も、管理会社勤務が担う仕事です。

厳しい競争やノルマはないので、安定して長く働きたい方におすすめ。

不動産業界に強い転職エージェントの選び方・注意点

不動産業界に強い転職エージェントの選び方・注意点

ここからは、不動産業界に強い転職エージェントの選び方や注意点をご紹介しましょう。

エージェントが得意な業態と転職を希望する業態が一致しているか?

不動産業界に特化している転職エージェントでも、不動産業界のすべてに強みがあるとは限りません。

たとえば、不動産建設業にあたるデベロッパーやゼネコンに強みがある転職エージェントもあれば、販売業や管理業に強みを持つ転職エージェントもあります。

広い不動産業界のなかでどんな仕事がしたいのかを考え、働きたい業態に強みを持つ転職エージェントを探しましょう。

求人数は?

求人数が多ければ多いほど、理想の求人を見つけやすくなります。

不動産業界の求人は非公開求人に含まれていることも多いので、複数の転職エージェントに登録して使いながら転職エージェントを絞っていくのがおすすめです。

業界に精通した担当者は?

転職エージェントのなかには、不動産業界に精通した担当者がいることも。

さまざまな業種がある不動産業界なので、あなたが転職したい業種の経験を持つ担当者がいるかどうかも、確かめられれば事前に確認しましょう。

おすすめの不動産業界に強い転職エージェント17選

ここからは、不動産業界に強い転職エージェントのおすすめをご紹介しましょう。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界最大手の「リクルートエージェント」。

不動産業界に特化していないながら、不動産業界の取扱件数は公開求人だけで約20,000件にのぼります。

不動産業界専任のキャリアアドバイザーがいるのも特徴で、書類や面接の対策で徹底的に転職活動をサポート

47都道府県すべての求人を取り扱い、面談拠点も全国各地にあります。

リクルートエージェントの信用をもって、大手の求人も数多く保有。

業界でキャリアアップを目指す方はもちろん、未経験から不動産業界にチャレンジしたい方にもおすすめの転職エージェントです。

≫ 公式HPを見てみる

2:マイナビエージェント

マイナビAGENT

「マイナビエージェント」は、第二新卒など20代の転職に強みを持つ転職エージェントです。

不動産業界専任のキャリアアドバイザーからの転職支援を受けられるのは、リクルートエージェントと同じ。

しかし、リクルートエージェントに比べると、優良中小企業の求人が多めです。

転職先の企業規模や知名度にこだわりがない方や、初めての転職活動という方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

3:doda(デューダ)

doda転職エージェント

不動産業界だけで10,000件以上の求人を保有するのが「doda(デューダ)」。

転職エージェントというと担当者から求人の紹介を受けるイメージが強いですが、dodaでは求職者自ら求人を探して応募するのも可能です。

また、求職者が登録したプロフィールを公開すれば、興味を持った企業からアプローチを受けられるスカウト機能も搭載しています。

面談拠点も全国に構えているので、地方に住んでいる方で転職活動のサポートを受けやすいのは大きなメリットといえるでしょう。

スマートフォンアプリを使えば、スマホからでも転職活動しやすいのもおすすめポイントです。

≫ 公式HPを見てみる

4:いえらぶ不動産転職

いえらぶ不動産転職

不動産業界に特化している転職エージェントが「いえらぶ不動産転職」。

いえらぶ不動産転職は、業界トップクラスの知名度や人気を誇ります。

来社不要キャリアアドバイザーのサポートを受けられるのは、いえらぶ不動産転職の大きな特徴といえるでしょう。

メールや電話、LINEなどでやり取りできるため、現職と並行して転職活動する方にもぴったり。

いえらぶ不動産転職を利用して転職先が決まると、最大10万円の祝い金がもらえるのもメリットです。

≫ 公式HPを見てみる

5:JACリクルートメント

JACリクルートメント

ハイクラス向け求人に特化した転職エージェントとして有名な「JACリクルートメント」。

若手向きのマイナビエージェントとは逆に、30代以降で業界経験者のミドル層やエグゼクティブ層におすすめです。

他社に比べると求人数は約400件と少ないものの、外資系やグローバル企業に強みを持つのがJACリクルートメントの特徴。

不動産に精通したキャリアコンサルタントによるサポートを受けられるのも、見逃せない点です。

そのため、スキルに自信があって年収アップを目指す方なら、まず登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

6:パソナキャリア

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、他社に比べて女性の転職支援に強みを持つ転職エージェントです。

不動産業界に特化してはいないものの、不動産業界に特化したキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をサポート。

パソナキャリアは40年以上の歴史を持つ老舗で、キャリアカウンセリングの質のよさに定評があります。

そのため、女性はもちろん、男性でも自信を持って転職活動を進めたい方にぴったり。

パソナキャリアで転職した人の7割が年収アップに成功しているのも、パソナキャリアをおすすめする理由のひとつです。

≫ 公式HPを見てみる

7:不動産Career

不動産Career

「不動産Career」は、不動産業界に特化した転職エージェントです。

取り扱い求人数は約5,800件と多く、豊富な求人からあなたに合った求人を見つけられます。

転職サイトと転職エージェント両方の側面を持ち合わせているのが、不動産Careerの特徴。

自分で求人を探してもいいし、コンサルタントから紹介を受けるのも可能です。

また各コンサルタントが、自分の得意分野を持っているのも、不動産Careerの大きな特徴といえます。

「大手不動産担当」や「不動産ベンチャー担当」、「未経験の第二新卒担当」など、求職者ひとりひとりに合った担当者がサポートしてくれるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

8:type転職エージェント

type転職エージェント

東証一部上場・株式会社キャリアデザインセンターの運営する転職サービスが「type転職エージェント」。

対応地域は一都三県だけで、面談は東京都のみです。

しかし、地域を絞っている分、豊富な知識やノウハウがtype転職エージェントの強みになっています。

そのため、一都三県で不動産業界への転職を考えている方なら登録しておきたい転職エージェントです。

20代から30代のミドル層の転職に強みがあり、専門に特化したキャリアアドバイザーによる丁寧なカウンセリングに定評があります。

転職活動自体が初めての人はもちろん、不動産業界未経験の方にもおすすめの転職エージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

9:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

世界中に拠点を構えるグローバルな転職エージェントとして知られる「Spring転職エージェント」。

本社がスイスにある外資系転職エージェントで、外資系やグローバル企業への転職も得意です。

不動産業界に精通したコンサルタントが転職サポートをしてくれるのはもちろん、一人のコンサルタントが求職者と企業の双方とやり取りをします。

そのため、ミスマッチが起こりにくいのが大きなメリット。

また、Spring転職エージェントは登録した転職希望者と一度は面談をする方針を取っている転職エージェントとしても知られます。

そのため、他の転職エージェントで登録を断られてしまった経験がある方にも、Spring転職エージェントはおすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

10:建設WALKER

建設WALKER

「建設WALKER」は、不動産業界以外にも建築や土木などに特化した転職エージェントです。

アドバイザーは不動産業界の転職事情に精通したプロフェッショナルばかり

そのため、未経験からの不動産業界への転職にもおすすめです。

また、建設WALKERの大きな特徴として、資格から求人を絞り込めることがあげられます。

珍しい特徴で、他の転職エージェントではせいぜい「宅地建物取引士(宅建)」くらいでしか絞り込めません。

しかし、建設WALKERなら「1級建築施工管理技士」や「1級管工事施工管理技士」で求人を絞り込めるので、自身のスキルをより活かせる職場を見つけられるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

11:不動産キャリアエージェント

不動産キャリアエージェント

「不動産キャリアエージェント」は、不動産業界に特化した転職エージェントです。

取り扱う求人は、誰もが知っている大手企業からベンチャー企業までさまざまで、従業員50~300名の中小企業が全体の過半数を占めます。

そのため、社内の激しい競争に揉まれるより中小の優良企業でマイペースに働きたい方に不動産キャリアエージェントはおすすめです。

取り扱い求人の過半数が年収600万円以上なので、年収アップを狙いたい方や30~40代のハイクラス求人を探している方にも不動産キャリアエージェントは向いています。

≫ 公式HPを見てみる

12:ビズリーチ

ビズリーチ

「ビズリーチ」は、ハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

不動産業界に特化しているわけではありませんが、不動産業界の保有求人は約1,100件

ハイクラス求人に特化しているため、不動産業界内の業種に関係なくマネージャー職や管理職の求人が充実しているのが特徴です。

前職(現職)の年収に応じて利用できる有料プランもあり、有料プランに登録すると非公開求人にリーチ可能

今までのスキルに自信があるミドル層やエグゼクティブ層の方は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

≫ 公式HPを見てみる

13:サンライフ・クリエイション

サンライフ・クリエイション

三井不動産グループ100%出資の転職エージェントが「サンライフ・クリエイション」です。

三井不動産グループを中心に、不動産や建設業のほかに金融業の求人も取り扱っています。

オフィスワークの職種の求人が豊富で、特に事務職の求人に注力。

公開求人数は非公開ですが、三井不動産グループの安心感は大きなメリットといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

14:エンエージェント

エン エージェント

人材業界大手のエンジャパンが運営する転職エージェントが「エンエージェント」。

利用者満足度は約98%と非常に高く、面談前の性格診断テストが人気を博しています。

性格診断テストの結果をもとにコンサルタントがアドバイスをするので、自分の強みや弱みを明確にしたうえで転職活動の方向性を決められるのは大きなメリットです。

特に初めての転職活動をする方や、不動産業界未経験の方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

15:エリートネットワーク

エリートネットワーク

「エリートネットワーク」は、厚生労働省から職業紹介優良事業者に認定されている転職エージェント。

約20,000社ある人材紹介会社のなかで、わずか43社のみに認定している優良企業の証です。

不動産業界に特化しているわけではありませんが、2,000社以上の不動産業界の求人を取り扱っています。

知名度は高くないものの、従業員の多くがリクルート出身なので、転職活動のノウハウや業界知識は申し分ありません。

≫ 公式HPを見てみる

16:SFX Management(エスエフエックス マネジメント)

SFX Management(エスエフエックス マネジメント)

「SFX Management(エスエフエックス マネジメント)」は、不動産業界と金融業界のハイクラス求人を専門に扱う転職エージェント。

そのため、不動産投資ファンドへの転職を考えている方なら、必ず登録しておきたい転職エージェントです。

ただし、ハイクラス求人に特化しているため、まったくの業界未経験では求人を紹介してもらえない場合もあります。

そのため、不動産業界経験者または金融業界出身の方など、利用者を選ぶ転職エージェントといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

17:不動産&建設転職エージェント

不動産&建設転職エージェント

「不動産&建設転職エージェント」もまた、不動産業界に特化した転職エージェントとなっています。

また同社では、全国2,600を超える事業所が掲載されている「リビングマッチ(価格比較サイト)」を運営しており、不動産に対する知識やノウハウも十分

その蓄えられたノウハウをもとに、転職希望者のサポートを手厚くフォローできるわけです。

さらに「不動産&建設転職エージェント」では、面倒な「履歴書」「職務経歴書」を自分で一人で作る必要はありません

専任のキャリアアドバイザーが一緒になって、徹底サポートしながら作成してくれます。

面談も柔軟で土日や夜間にも対応しているので、未経験だけでなく、時間に忙しい転職希望者の方にも必見の転職エージェントとなるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

おすすめの不動産業界に強い転職エージェント17選の比較表

  アプリ タイプ 公開求人数 面談拠点
Android iOS
リクルートエージェント 総合 ※約20,000件 全国
マイナビエージェント × × 総合 ※約100件 全国
doda 総合 ※約13,700件 全国
いえらぶ不動産転職 × × 特化 約3,800件 東京都
JACリクルートメント × × 総合 ※約400件 全国
パソナキャリア 総合 ※約4,600件 全国
不動産Career × × 特化 約5,800件 東京都、大阪府
type転職エージェント 総合 ※約100件 東京都
Spring転職エージェント 総合 ※約2,400件 東名阪
建設WALKER × × 特化 約200件
不動産キャリアエージェント × × 特化 非公表 東京都、大阪府
ビズリーチ 総合 ※約1,100件 東名阪、福岡県
サンライフ・クリエイション × × 特化 非公表 東京都
エンエージェント 総合 ※約2件 東名阪、福岡県
エリートネットワーク × × 総合 ※約2,100件 東京都
SFX Management × × 特化 非公表 東京都
不動産&建設転職エージェント × × 特化 700件 東京都

※不動産業界の求人のみ

未経験でも不動産業界への転職を成功させるためのコツとは

未経験でも不動産業界への転職を成功させるためのコツとは

ここまでで、不動産業界に強い転職エージェントのおすすめを紹介してきましたが、未経験が不動産業界へ転職を成功させるには、実はコツもあります。

ここでは、そのコツについて3つほど紹介しておくので、サッとでも一読しておきましょう。

では早速、進めていきます。

事前に不動産系の資格を取得しておく

不動産業界へ転職するのなら、不動産関係の資格は取得しておく方が、明らかにベターとなります。

たとえば、「宅地見物取引士」「不動産実部検定」などは、不動産業界では重宝する資格となるでしょう。

というのも、不動産に関する説明を顧客に行う場合、宅地見物取引士の資格保持者である必要があるなど、いくつか決まり事があるため。

こうした決まりを考えれば、資格を有していることは、独占的に仕事を行えるわけですから、不動産会社側からしても欲しい人材となるわけです。

事前に知識を養うという意味でも、資格は取得しておくようにしましょう。

「聞くスキル」が重要だと知ろう

不動産の中でも、とくに営業担当として立ち回る場合では、「聞くスキル」がかなり重要となってきます。

顧客の要望や悩みをどれだけ引き出すことができるのか、これが契約を上手く進めるためには必要不可欠となるのです。

そもそも、ガンガン営業トークを進めてしまう営業マンでは、顧客もその勢いに引いてしまいます

丁寧に誠実に、購入理由などを探る姿勢で、顧客に話してもらう雰囲気づくりを心がけましょう。

これは面接時にも伝わる言動となりますので、念頭においておくことをおすすめします。

体力面も精神面もタフさが必要だと心得る

基本的に不動産業への転職は、間口が広くはなっていますが、反面ですぐにやめてしまう方も少なくありません。

これらの原因のひとつとしては、「仕事内容が思っていたよりもハードだった」というような、イメージ違いとなります。

自身の希望する職種では、どういった1日を過ごすのか、そのひとつひとつの仕事内容の詳細はなんなのか、こういった点も事前にしっかりと把握しておくようにしましょう。

これらについは、転職のプロであるエージェントの方に相談してみるのが良いかもしれません。

不動産業界に強い転職エージェントを活用して転職を成功させよう

今回は、不動産業界に強い転職エージェントのおすすめをご紹介しました。

複数の転職エージェントに登録して使いながら転職エージェントを絞っていくのがおすすめです。

転職エージェントを活用して、憧れの不動産業界に転職しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)