ウィットの口コミ&評判!小口でもOKなファクタリング会社って本当?

ウィットの口コミ&評判!小口でもOKなファクタリング会社って本当?

売掛債権の売却によって資金調達できるファクタリング。

利用者は中小企業や個人事業主が中心です。

しかし、中小企業や個人事業主が利用する売掛債権は少額なことが多く、少額の売掛債権は大手のファクタリング会社では取り扱ってくれないことも。

小口債権のファクタリングにおすすめなのがウィット

ウィットなら30万円からファクタリング可能です。

そこで今回は、ウィットの口コミ&評判をご紹介します。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「ウィット」の口コミも見る

ウィットの基本情報

ウィットの基本情報

まずはウィットの基本的なサービス情報をご紹介します。

サクッと確認できるように、表としてまとめておきますので、概要をつかんでいきましょう。

 企業名 ウィット
企業の種類 独立系
ファクタリングの種類 2社間
融資期間 最短即日
最小利用可能額 30万円
最大利用可能額 500万円
手数料
赤字決算
償還請求権
個人事業主
担保・保証人 不要

さて、上表を見ていただいてもわかる通り、利用可能が30万円~500万円と小規模から中規模クラスの取引がメインであることがわかります。

また個人事業主の方でも利用できるような体制となっており、他社ではじかれてしまうような案件にも対応できるということが、この基本情報からもうかがえますね!

では次からは、いよいよウィットの口コミについて紹介していきます。

早速進めていきましょう。

ウィットの良い口コミ&評判

ウィットの良い口コミ&評判

まずはウィットの良い口コミ&評判をご紹介します。

先に悪い口コミから確認したいという方は、以下のボタンよりジャンプしてくださいね。

≫ 先に「ウィット」の悪い口コミを見る

500万円以下の小口ファクタリングを専門に扱う

ウィットは、500万円以下の小口ファクタリングを専門に扱うファクタリング会社。

500万円以下の小口ファクタリングは、ファクタリング会社大手で断られることもあるなか、債権額が小さい中小企業や個人事業主の痒い所に手が届くと評判です。

「インポート家具のセレクトショップを経営しています。

トレンドに沿った家具を仕入れていますが、人気ブランドやヴィンテージの家具は仕入単価が高く、資金繰りが悪化していました。

海外企業は入金がスケジュール通りにならないことも多く、家具ひとつの仕入れで経営が立ちいかなくなることもあり得ます。

今回も例外ではなく、資金繰りに困っていたところにウィットさんを知ってメールしたところ、翌朝いちばんに担当者から電話が来ました。

話を聞いていただき、ファクタリングできました。

120万円と少額だったのでファクタリングは知っていたけど資金調達は無理だと思っていたので、とても助かります」

「ウェブメディアのディレクションをしています。

取引先が倒産し、そこの社長と連絡がつかなくなったため、原稿料がもらえなくなりました。

外注さんにすでに執筆していただいた記事の原稿料は40万円弱。

たまたま設備投資の費用を支払ったばかりで現金は底をついていました。

40万円のファクタリングなんて無理だと思っていましたが、顧問税理士に相談したところウィットを教わり、駆け込みました。

50万円の債権を38万円で買い取っていただき、なんとか外注さんの原稿料を間に合わせられました」

最短2時間で現金化

ウィット最大のメリットは、最短2時間で現金化できること。

必要書類は以下の4つ。

  • 会社の説明資料
  • 身分証明書
  • 売掛金を証明する書類(請求書など)
  • 入出金を確認できる書類(通帳の写しなど)

これらはメールで提出するので、PDFや画像ファイルを用意したりスキャンしたりしましょう。

メールでの提出となりますので、画像かPDFにしておいて下さい。

メールで申し込んだあとに担当者から電話がかかり、ヒアリングを受けます。

書類提出後に審査があり、審査結果に応じた条件が提示されるので、契約に至ればあとは入金を待つだけ。

「最短2時間の審査と聞いたため、依頼しました。

朝オフィスに着いてすぐ問い合わせの電話をして、書類を準備しました。

入金を確認できたのは14:30です。

そのときは特別急いでいたわけではありませんでしたが、当日中に入金されたのはびっくりしました。

14:30なので銀行での出金もできて助かりました」

「自社開発の商品がヒットし、原料費の支払いに困っていました。

従業員10人ほどの小さな町工場なので金融機関を頼るには借入額が少なすぎるし、そもそも金融機関は融資までの時間も長いです。

他のファクタリング会社にも相談しましたが、法外な手数料を取られるのでやめました。

地元工務店の集まりで相談したときに仲間のひとりから勧められたのがウィットでした。

非対面式なので仕事の合間に電話でき、書類提出は若手に手伝ってもらいながらなんとか当日中に資金調達できました」

非対面でファクタリング可能

ウィットのファクタリングは電話やメールだけで完結

面談の必要がなく、ファクタリング会社のスタッフの出張費を追加で支払ったり都心まで出向いたりする必要がありません。

「電話とメールだけで完結すると聞き、ろくに口コミも調べずにウィットに電話しました。

対面してはいませんが電話口でも誠実に対応していただけたのがわかります。

悪いこともしっかり伝えてくれるので好感が持てました。

取引先にファクタリングが知られることもなく、とても重宝しています」

「愛媛県だったので、ファクタリング業者が近くありませんでした。

来店不要で小口ファクタリングを得意にしているウィットを起業仲間に教えてもらって利用。

本当に対面不要で資金調達できました。書類を送ったりする必要はあるので、なんだかんだ手続きに時間はかかります。

それでもわざわざ東京や大阪まで行ったり、ファクタリング会社のスタッフに来てもらったりするのに比べたら、かなり楽でよかったです」

赤字決算でも利用可能

ウィットのファクタリングは、赤字決算でも利用可能

ウィットの審査で重視するのは、銀行など金融機関の信用情報ではなく、売掛先の企業だからです。

「『古都』と呼ばれて観光地としても人気のエリアにオフィスを構えていることもあり、以前から建物の老朽化が気になっていました。

せめて内装だけでもきれいにしたり、耐震工事もしたりしなきゃと思っていたところに大型台風が突撃。

隙間風が吹いたり雨漏りしたりするようになったので、さすがにリフォームせざるを得ない状況になりました。

赤字なので公的機関や銀行の融資は受けられません。

そんなときにウィットを知り、連絡したところすぐに対応していただきました」

「起業から赤字決算続きで、銀行融資もビジネスローンも門前払い。

従業員は自分ひとりだし潮時かな…と思っていたときにウィットを知りました。

ビジネスセミナーで知り合った人たちに廃業の報告を始めたとき、『ウィットでファクタリングできるならやった方がいいよ』と教えてくれる人がいたので、ダメ元で相談しました。

廃業寸前の経営状況なので取り分は少なかったですが、どこに行っても断られていた資金調達をあっさりできました」

個人事業主でも利用可能

ファクタリングは売掛債権を買い取るシステムです。

そのため、売掛債権があれば個人事業主でもファクタリングできます。

「香川県で塗装業を営んでいる個人事業主です。

急遽300万円が必要だったのでファクタリングを検討しました。

非対面で完結する一点でウィットを選びましたが、正解でした。

東京や大阪まで行かずに済むのでただでさえ不足している資金をすり減らさなくて済みます。

あと、個人事業主というだけで資金調達手段は限られるので、ウィットのような地方在住にも個人事業主にもやさしいファクタリング会社は本当に重宝します」

「個人事業主でもファクタリングできるところを探しまわっていましたが、門前払いが続きました。

その理由はただひとつ、わたしは開業届未提出で、白色申告の個人事業主だからです。

インターネットで虱潰しに個人事業主でもファクタリングできるところに相談していて、その過程でたどり着いたのがウィットでした。

ウィットでは白色申告と打ち明けてもファクタリングに応じていただき、感謝しています。

さすがに手数料は高かったですが、資金調達できないよりはましです」

ウィットの悪い口コミ&評判

ウィットの悪い口コミ&評判

続いて、ウィットの悪い口コミ&評判をご紹介します。

良い面と悪い面の双方を天秤にかけながら判断していきましょう。

3社間ファクタリングに対応していない

ウィットは2社間ファクタリングに特化しており、3社間ファクタリングには対応していません

3社間ファクタリングは、売掛先企業にファクタリングを通知するのがデメリットですが、手数料が低いため急ぎではないけど多額の資金調達をしたい方には人気です。

「ウィットは個人事業主時代にファクタリングを何度か利用したことがありました。

法人化の手続きにそれなりの費用を使ってしまい、キャッシュが足りなくなったので今回もウィッシュでファクタリングすることにしました。

支払いまで少し余裕があったので、より手数料の低い3社間ファクタリングをしようとしましたが、まさかの非対応。

2社間ファクタリングでファクタリングしましたが、3社間にも対応していただけると嬉しいです」

「友人がウィットなら安全にファクタリングできると言っていたので、ウィットを利用しました。

今回売却した債権はわたしにとってのビジネスの父的な存在だったため、資金状況を随時相談していたし、先に了承をとっていたので3社間ファクタリングをするつもりでした。

しかし、ウィットでは3社間ファクタリングをやっていないとのこと。

小口ファクタリングでも数%の手数料の差は決して小さくありません」

手数料の上限がわからない

ウィットのホームページには、手数料の上限が記載されていません

「30万円を95%でファクタリングした実績がある」との記載はあるものの、手数料5%で誰でもファクタリングできるわけではなく、特に上限がわからないのは不安材料といえるでしょう。

「ウィットのホームページに記載されている債権の95%を買い取った実績があるという文言に惹かれ、ウィットの利用を決意。

赤字決算は創業まで遡っても経験がないし、決して経営状況が悪いわけでもありませんでしたが、手数料は10%ほど。

他社に比べたら安いのかもしれません。

しかし、5%に惹かれた立場としては高い印象です」

「手数料の上限が書いていないのは、不親切だと思いました。

確かにファクタリングは利用者の信用情報を見るわけではないので、経営状況などに応じて確実に買取額を回収できるような利用料を設定する必要があるのは分かります。

しかし、上限を書いていないと利用する側は2~3割近くファクタリング会社側に持って行かれるのではないかと不安になるのではないでしょうか。

弊社のファクタリングはそこまで手数料が高くなりませんでしたが、手数料の明記は判断基準のひとつになるのではないでしょうか」

非対面で完結するので対応が機械的に感じることもある

多忙な経営者や遠方に拠点がある企業から、大好評の非対面完結ファクタリング

しかし、非対面であるが故のデメリットを指摘する声も。

「小口のファクタリングも可能と聞いてウィットを選びました。

即日現金化できたし便利なのはよかったですが、対応に機械的なものを感じました。

塩対応と言うほどではないものの、対応は比較的あっさりしていて、物足りなかったです。

念のために書いておきますが、特に対応が杜撰だったとかではありません」

受付時間は日中のみ

最後に、ウィットの受付時間は09:00~18:00の9時間のみ。

最近は24時間365日対応しているファクタリング会社もあるため、そうした企業に比べると対応時間が短く感じるとの声もありました。

「受付時間は9時から18時までなので、24時間営業のファクタリング会社に比べると、若干不便さを感じます。

もちろん、深夜に対応してもらえたところで入金は翌営業日になってしまいますが、思い立ってすぐ行動に移せるかどうかはスタートアップだとかなり重要です」

≫ 「ウィット」の良い口コミも見る

総合的なウィットの口コミ&評判

総合的なウィットの評判は、高評価が目立ちました。

非対面完結は、特に東京や大阪などの大都市以外に拠点を置く企業から人気でした。

自分が都心に出向くにもファクタリング会社のスタッフに出張面談してもらうにも、それなりの費用が発生していたため、数万円でもお金が浮くのはメリットとの声が相次ぐ結果に。

ウィットは中小企業や個人事業主のファクタリングにぴったり

また、並んで多く聞こえたのが小口ファクタリングを評価する意見です。

30万円から500万円と、大手では取り合ってくれない額をファクタリングできます。

このことからも、ウィットは売掛金が全体的に低めの傾向にある中小企業や個人事業主に、おすすめのファクタリング会社です。

≫ 公式HPを見てみる

ウィットとよく比較される小口ファクタリング会社3選

ここまでで、ウィットの口コミや評価について見てきました。

ここでは、ウィットが「イメージと違う」といった方のために、よく比較されるファクタリング会社を3社ほど紹介しておきます。

では早速、それぞれの特徴を確認していきましょう。

1:アクセルファクター

アクセルファクター

申込み対象者 法人・個人事業主
取引可能額 30~3,000万円
手数料 2~20%
対象取引 2社間 / 3社間
スピード 即日~

アクセルファクターもまた、小口専門のファクタリンング会社となります。

その額もウィットと同様に30万円からとなっており、中小規模の事業者にとっては、候補として考えておきたいひとつとなるでしょう。

またアクセルファクターの場合、その審査の通過率は93%と高めなのも魅力です。

それでいて最短で即日対応もできるので、急いでいる方にも申し分はないでしょう。

とにかく急ぎでどうにかしたいという方は、まず電話で相談してみるといいです。

いざ契約となった場合は、「電話・メール・郵送」での対応となるため、手間もそうかかりません。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

2:えんナビ

えんナビ

申込み対象者 法人・個人事業主
取引可能額 30~3,000万円
手数料 5%~
対象取引 2社間
スピード 即日~

えんナビでは、徹底した管理のもと取引が行われ、スピード感についても即日資金化ができるなど申し分がありません。

もちろん24時間365日いつでも対応してもらえるので、いざという時には心強い味方となるでしょう。

そういった背景もあってか、えんナビ利用者の満足度は93%とかなりの高評価。

これなら安心して利用できそうですね!

また気になる手数料については、「よくある質問」ページに以下のような回答が掲載されていました。

現在、他社で利用中ですが利用することは可能ですか?

可能でございます。現在ご利用のところよりも手数料が低い自信がございます。気軽にお問い合わせください。

この回答を見るに、他社の手数料を提示すれば手数料について交渉することができそうですね!

いま、乗り換えを検討している方や、他社を利用中で不満なる方は、一度えんナビに相談してみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

3:OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)

申込み対象者 法人・個人事業主
取引可能額 約30万円~

※明確な記載なし(実績の下限価格を記載しています)

手数料 2~9%
対象取引 2社間
スピード 即日~

最後に紹介するOLTAは、2017年にリリースされたばかりの新しいファクタリングサービスとなります。

またこのファクタリングサービスは、クラウドファクタリングという新しい形式。

つまり、すべてがオンライン上で完結してしまうという、次世代型のファクタリングとなっているのです。

これは、ファクタリングの手続きにあまり時間をかけたくない事業者にとって、かなりの魅力となるのではないでしょうか?

またなにより、手数料が他社と比較しても、かなり格安であることもポイント。

この手数料は、すべて込みのものとなっており、その上で2~9%に設定されているのです。

これは業界トップクラスの安さといえるでしょう。

だからと言って「あやしい」ということもなく、パートナー企業は名の知れた大手銀行ばかり。

用意すべき必要書類は少々多い印象ではありますが、それらを用意できる方は、大きな助けとなるでしょう。

まずは公式HPを確認することをおすすめします。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

ウィットは中小規模事業者の心強い味方!

今回は、ウィットの口コミ&評判をご紹介しました。

ウィットは赤字決算や個人事業主でも利用可能で、小口ファクタリングが得意。

さらに非対面完結ということで、多くの中小企業や個人事業主におすすめです。

ウィットでファクタリングをして、資金難を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)