メンターキャピタルの口コミ&評判!赤字決算や税金滞納でもファクタリングできるって本当?

メンターキャピタルの口コミ&評判!赤字決算や税金滞納でもファクタリングできるって本当?

ファクタリングを利用するのは、資金繰りに苦しんでいる企業。

資金繰りに苦しんでいれば、決算が赤字だったり他の支払いで忙しくて、税金を滞納してしまったりすることも少なくありません。

しかし、赤字決算や税金滞納が見られると、ファクタリングや融資で門前払いになることも少なくありません。

そこでおすすめなのが、メンターキャピタル。

メンターキャピタルは、赤字決算や税金滞納でもファクタリングできると評判のファクタリング会社です。

そこで今回は、メンターキャピタルの口コミ&評判をご紹介します。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「メンターキャピタル」の口コミも見る

メンターキャピタルの基本情報

メンターキャピタルの基本情報

まずは、メンターキャピタルの基本的なサービス情報をご紹介します。

どういった特性があるのか、下表を参考にその概要をつかんでいきましょう。

 企業名 メンターキャピタル
企業の種類 独立系
ファクタリングの種類 2社間
融資期間 最短即日
最小利用可能額 30万円
最大利用可能額 1億円
手数料 5~20%
赤字決算
償還請求権
個人事業主
担保・保証人 不要

さて、上表を見ていただくとわかる通り、小規模なファクタリング取引から大規模ファクタリング取引まで、幅広く対応していることが分かります。

また個人事業主の方でも利用できるなど、多くの方に利用しやすいように配慮されているのもポイントでしょう。

ただし、基本的には取引先に通知をしない2社間ファクタリングのみとなります。

そのため、取引先にファクタリング利用を通知してファクタリングしたい方は、他のファクタリングサービスを選ぶ必要があるでしょう。

さて次からは、いよいよメンターキャピタルの口コミについて紹介していきます。

良い面と悪い面の双方を知って、しっかりと見極めてみてくださいね!

では進めていきます。

メンターキャピタルの良い口コミ&評判

メンターキャピタルの良い口コミ&評判

まずはメンターキャピタルの良い口コミ&評判をご紹介します。

もし悪い口コミや評判を先に見たい場合は、以下のボタンからジャンプして確認してみてくださいね!

≫ 先に「メンターキャピタル」の悪い口コミを見る

最短即日での現金化

メンターキャピタルでファクタリングをするメリットとして多くの人があげたのは、その取引スピード

最短即日で現金化をすることができます。

「電話で問い合わせた当日には担当者と会って面談をし、翌日には資金調達できました。

おかげさまで、不渡りを回避できて首の皮が繋がりました。

単純にファクタリングをして終了ではなく、担当者の方に同行していただいたおかげで金融機関から高額の長期融資を受けられるようになりました。

ありがとうございました」

「メンターキャピタルに問い合わせをした翌日、わが県の県庁所在地まで来てくれました。

ファクタリング自体初めてで、わからないことや不安もありましたが、丁寧に説明くれた担当者に誠意を感じてその場で審査申込。

東京から離れた遠方からの高額ファクタリングの相談にもかかわらず、スピーディーに対応していただきました。

そのおかげで、面談の2日後には3,500万円の調達に成功。

メンターキャピタルのおかげで取引先の信用を失わず、今も取引先とはうまくやっています」

30万円から1億円まで、幅広い額のファクタリングに対応

メンターキャピタルのファクタリングの特徴は、なんといっても幅広いファクタリング対応金額。

下は30万、上は1億円なので、中小企業や大手企業までさまざまな企業がファクタリングを利用できます。

「どうしても50万円が必要でした。

50万円なんて小口ファクタリングを引き受けてくれるところはほとんどなく、途方に暮れていたところで見つけたのがメンターキャピタルさんです。

すがる思いで相談したところ、50万円でもファクタリングできると知って、急いで審査書類を揃えました。

無事に60万円を手にすることができ、感謝しています」

「ファクタリングは初めてでしたが、4,000万円の売掛債権を買い取ってもらいました。

比較的手数料も安く、資金繰りのアドバイスをもらったりファクタリングを再利用したり、長くお付き合いさせていただいています。

起業仲間の数人にもメンターキャピタルをおすすめし、気に入ってもらっています」

経営状態に応じて柔軟な対応をしてくれる

メンターキャピタルでは、顧客の経営状況に応じて柔軟な対応をしてくれるのも、人気の理由のひとつです。

「メンターキャピタルを含め、何社かに見積もり相談に行きました。

メンターキャピタルではファクタリングしたあとの資金繰りを試算し、必要な額を逆算してくれました。

他の企業の対応が悪かったわけではありませんが、メンターキャピタルの誠実な対応に感動し、残りの面談予約を入れていたファクタリング会社はキャンセルしてその場でメンターキャピタルに申込。

必要な資金を調達できただけでなく、取引先からの信用が高まり、高額案件の受注に成功しました。

その結果、資金繰りが改善したのでファクタリングにはしばらくお世話にならなくてよさそうです」

「明日倒産というところまで経営が悪化した状態でファクタリング会社を利用することに。

どのファクタリング会社がいいかはまったく調べず、たまたまオフィスの近くにあったメンターキャピタルに飛び込みました。

見放されてもおかしくない経営状況でしたが担当者は真摯に話を聞いてくれ、事業を続けるためにどの順番で支払いを進めるべきか、優先順位をつけてくれました。

それと持ち合わせの売掛債権に応じてファクタリング額を決め、初の資金調達が終了。

それ以降も地道に通いながらファクタリングを続け、ようやく黒字になりました。

もう少し資金繰りが安定したら、寂しいですがメンターキャピタルからも卒業できそうです」

24時間365日、全国に対応可能

メンターキャピタルは24時間365日いつでも利用可能なファクタリング会社です。

地方でもどこでも、全国対応可能なのもメンターキャピタルの人気を支える理由のひとつ。

「北海道に住んでいるため、全国対応できるファクタリング会社を探していました。

たまたま目にしたメンターキャピタルが評判よさげだったので申し込んだところ、わざわざこちらまで来てくれました。

わたしも札幌までは出ましたが、新幹線や飛行機に乗るのに比べたらずっと楽。ファクタリングもできたし感謝しています」

「月末間際の深夜に唐突に得意先から電話がかかってきて、支払いを先延ばしにしてほしいと言われました。

大口だったので断れませんでしたが、末日に従業員への給料の支払いがあり、あてにしていた資金が得られなくなりました。

困り果ててインターネットで資金調達方法を探していたところに見つけたのがメンターキャピタルです。

深夜でも対応しているので相談でき、給与支払い日の前日には資金調達できました。

深夜でも対応していただけて助かりました」

赤字決算や税金滞納があっても利用できる

赤字決算や税金滞納など、他社では断られるような経営状況でも、メンターキャピタルならファクタリング可能。

「未納の税金を支払うためにファクタリングを利用しました。

返済後の資金繰りについてアドバイスをいただいたことで好印象を抱いたのが、メンターキャピタルさんに決めた理由です。

無事に滞納していた税金を納め、銀行融資を受けられるようになりました。

その後は税金も期日中に納められるようになっています」

「赤字決算と債務超過のダブルパンチで、金融機関の融資は軒並み断られていました。

『ここで断られたら個人でローンを組むしかない』と背水の陣でメンターキャピタルに向かったところ、ファクタリングさせてくれるとのこと。

頼みに行ったこちらがびっくりしたくらいです。

おかげさまで個人の信用情報に傷がつかずに済みました」

個人事業主でも利用可能

個人事業主でもファクタリングできるのは、メンターキャピタルの大きなポイント。

ただし、売掛先も個人事業主の場合はファクタリングできないので注意しましょう。

「個人事業主でもできるファクタリングだと聞いて、メンターキャピタルを利用しました。

売掛金は500万円でしたが、450万円で買い取ってもらえたので満足です。

スタッフさんの対応も親切で、また機会があったら利用したいと思います」

新規事業の開業資金調達にも利用可能

ファクタリング会社には、業歴が利用条件になっているところも少なくありません。

しかし、メンターキャピタルは新規事業の開業資金調達を目的としたファクタリングにも利用可能です。

「新規事業資金の調達で日本政策金融公庫なども考えましたが、いずれも条件が合わなくて断念。

メンターキャピタルでは新規事業の開業資金を目的としたファクタリングもできたので、おかげさまで事業を始められました。

業歴1年未満の方にもおすすめです」

ホームページから無料査定できる

メンターキャピタルのホームページでは、買取希望額などの無料査定ができます。

「買取希望価格」と「翌月売掛金額」、「債権の内容」と、その他必要事項を記入すればOK。

スピード査定を希望する場合は、すべての項目を入力してください。

「いざというときのために見積もりをとったりシミュレーションをしたりして、いいファクタリング会社を探しています。

メンターキャピタルはホームページで無料査定ができるので、とても助かりました。

もちろん、面談に進んで詳しく状況を離せば無料査定と異なる結果が出ますが、それでも電話相談などの手間が省けていいと思います」

メンターキャピタルの悪い口コミ&評判

メンターキャピタルの悪い口コミ&評判

続いて、メンターキャピタルの悪い口コミ&評判をご紹介します。

悪い点も確認して、納得した上でメンターキャピタルのファクタリングを利用しましょう。

ではこちらも早速、確認してみてくださいね!

3社間ファクタリングに対応していない

メンターキャピタルは2社間ファクタリングに特化していて、3社間ファクタリングには対応していません

3社間ファクタリングは売掛先企業にファクタリングを通知するのがデメリットです。

しかし、その代わり手数料が低いため、資金調達のスピードより資金調達額を重視したい方に人気があります。

「メンターキャピタルのファクタリングは親会社に勧められました。

売掛先も親会社なので、3社間ファクタリングで高めに買い取ってもらうつもりでいたところ、3社間には対応していないと言われてしまいました。

親会社の人に3社間ファクタリングのことまで聞かなかったのは迂闊としか言いようがありませんが、3社間ファクタリングにも対応してくれると嬉しいです」

「2社間ファクタリングで何度かメンターキャピタルにお世話になっています。

3社間ファクタリングの存在を知ってからは3社間ファクタリングにすれば取り分が多くていいなと思っていました。

しかし、メンターキャピタルでは3社間ファクタリングはやっていないとのこと。

自社で取り扱っていなくてより利益が低くなる方法をわざわざ紹介するわけないですもんね…」

ファクタリング手数料の上限が20%と高め

メンターキャピタルの手数料は、5~20%

下限の5%が適用されればファクタリング会社のなかでは低めといえますが、上限の20%が適用されると売掛債権の1/5が手数料として持って行かれる計算です。

「メンターキャピタルのファクタリングを利用したところ、手数料が17%かかると言われました。

今回は800万円の売掛債権全額をファクタリングするので、手数料だけで136万円引かれた計算です。

もっと時間があれば手数料が低い他社に行ったんですが…」

GWと夏季休暇、年末年始は各10日ほど休業

最後にご紹介するのは、メンターキャピタルは年3回長期休暇があること。

GWと夏季休暇、年末年始は各10日ほどの休みをとっています。

たとえば、以下通り。

  • 年末年始:2018年12月29日~2019年1月6日(9連休)
  • GW:2019年4月27日~2019年5月6日(10連休)
  • 夏季休暇:2019年8月10日~2019年8月18日(9連休)

メールやFAX、ホームページの問い合わせフォームは休業中も利用可能ですが、返信は休業明けになるので、注意しましょう。

「『みんなが休んでいる間に手を動かそう』と思い、年末年始も休みなく働いていました。

年明けすぐに得意先に挨拶に伺う際にかかるお金を調達しようと思ったところ、翌日から年末年始の休業に入ることが発覚。

休みは長めで、働く側の労働環境としてはいいんだろうなと思いましたが、ちょっと不便でした。

夏休みやGWも休みになるので、休業期間前後のファクタリングは余裕を持った方がいいです」

≫ 「メンターキャピタル」の良い口コミも見る

総合的なメンターキャピタルの口コミ&評判

総合的なメンターキャピタルの評判は、高評価が相次ぎました。

特に高評価だったのは、経営状況に応じた柔軟な対応。

ただファクタリングで利益を得るだけでなく、利用者の資金繰り改善に向けた最善策を考えてくれると好評でした。

資本金は4,000万円とファクタリング会社としては多めで安心

また、メンターキャピタルは資本金が4,000万円と、ファクタリング会社として多めなのが、安定した経営の証拠としてファクタリング会社選びの決め手になったという人も少なくありませんでした。

デメリットにあがった長期休暇も、10日ほど休んだところで資金繰りに困らないことの裏返しになるため、逆に評価する声も。

≫ 公式HPを見てみる

メンターキャピタルとよく比較される3社間取引もOKな3社とは

ここまでで、メンターキャピタルの口コミや評価について見てきました。

ただ、メンターキャピタルが「ちょっと違うな・・・」と感じた方も中にはいたでしょう。

そこでここでは、メンターキャピタルとよく比較されるファクタリング会社を3社紹介していきます。

基本情報もまとめていますので、サッとでも目を通しておきましょう!

1:トップマネジメント

トップマネジメント

申込み対象者 法人・個人事業主
取引可能額 ~3億円※1億円まで / 社
手数料 1%~
対象取引 2社間 / 3社間
スピード 即日~

トップマネジメントといえば、担当するスタッフの顔が公式HPで公開されており、信頼感を売りにしたファクタリング会社となっています。

これは悪徳業者が少なからずいるファクタリング業界で、優良企業を見極める良い判断材料となるのではないでしょうか?

またトップマネジメントの強みは、もちろんこれだけではありません。

トップマネジメントはすでに10年の実績があり、その累計買取額はなんと100億円にまでなります。

件数でいえば4万5,000件と、かなりの総数だということが分かりますね。

これだけ長期間も利用され続けるのは、積み上げてきたノウハウや情報量、そして何よりも信頼感なのでしょう。

またトップマネジメントでは、事業資金についてのアドバイスも行ってくれるプロも紹介してくれます。

安心感が欲しいのなら、トップマネジメントは良い選択となりそうです。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

2:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント

申込み対象者 法人・個人事業主
取引可能額 30~5,000万円
手数料 3%~
対象取引 2社間 / 3社間
スピード 即日~

ジャパンマネジメントは、小規模から中規模までのファクタリング取引をメインとしており、最短即日でファクタリングを実施してくれます。

もちろん2社間と3社間の両方に対応しており、それ以外にも医療報酬債権や介護報酬債権の買取も行っているなど、幅広い業種の方が利用できるでしょう。

またジャパンマネジメントのファクタリングでは、ノンリコースといって取引先が万が一倒産などをしたとしても、その支払いを利用者が立て替える必要もありません。

対応エリアは、九州地方と関東地方に限られてしまいますが、もしそのエリアに事務所がある方は、一度公式HPに目を通してみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

3:ビートレーディング

株式会社ビートレーディング

申込み対象者 法人・個人事業主
取引可能額 ~3億円※1億円まで / 社
手数料 1%~
対象取引 2社間 / 3社間
スピード 即日~

ビートレーディングの魅力は、なんといってもその買取率。

驚くことに、98%もの確率で売掛債権の買取を実施してくれるのです。

これはかなり高めの数字なので、他社でファクタリング取引をするのが不安な方は、ビートレーディングを検討してみると良いでしょう。

また魅力はコレだけでなく、必要な書類はたったの3つ

それでいて最短即日に資金調達ができ、低い手数料で利用できるとなれば、選択しない手はないのではないでしょうか?

ビートレーディングでは、通常のファクタリング以外にも医療報酬や介護報酬にも対応しています。

どれを選ぶか迷っているのなら、最有力候補となるファクタリング会社といえそうです。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

メンターキャピタルは親身に相談に乗ってくれる優良企業

今回は、メンターキャピタルの口コミ&評判をご紹介しました。

メンターキャピタルは安定した経営基盤もあり、債権を売り渡す相手としては信用できるといえるでしょう。

ぜひメンターキャピタルでファクタリングをして、根本からの資金繰り改善を目指していきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)