給料ファクタリングおすすめ3選!口コミから調査した選び方や注意点も解説!

給料ファクタリングおすすめ3選!口コミから調査した選び方や注意点も解説!

さまざまな事情で急な出費が発生することは少なくありません。

しかし、散財したときや大きな買い物をしたときに限って出費は重なるもので、お金が足りなくて困ったことがある方は多いのではないでしょうか。

そんなときに、給料日前に給料を現金化できる方法として注目されているのが、給料ファクタリングです。

今回は、おすすめの給料ファクタリングをご紹介します。

口コミから見た選び方や注意点も解説するので、給料日前はいつもギリギリでやりくりしている方は必見です!

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「給料ファクタリングのおすすめ」を見る

 

もくじ

給料ファクタリングは給料日前に給料を現金化する仕組み

そもそもファクタリングとは、売掛金を支払い前に現金化する仕組みのこと。

給料ファクタリングにおける「売掛金」は、支払いが確定している給料のことを指します。

働いている人は労働の対価として給料を受け取るため、「給料をもらう権利」があり、給料ファクタリングではこれを「給与債権」と呼ぶことが一般的。

給料日前に給料債権をファクタリング会社に売ることで、給料債権の販売価格を現金として得るのが給料ファクタリングの仕組みです。

給料ファクタリングには2社間取引と3社間取引がある

給料ファクタリングには2社間取引と3社間取引がある

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引があります。

給料ファクタリングは、法人をターゲットにしたファクタリングにおける2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを、個人に置き換えるだけです。

それぞれの違いやメリットとデメリットをご紹介するので、自分にあった方で給料ファクタリングをしましょう。

2社間ファクタリング:給料ファクタリング会社と利用者だけで行う

2社間ファクタリングは、給料ファクタリング会社と利用者だけで行うファクタリングです。

2社間ファクタリングの流れ

2社間ファクタリングの流れは、次の通り。

2社間ファクタリングの流れ
  1. 利用申し込み・審査
  2. 給料ファクタリング会社と利用者で契約成立
  3. 利用者に給料ファクタリング会社が給与相当額を振り込む
  4. 利用者に勤務先が給与を振り込む
  5. 給料ファクタリング会社に利用者が給与相当額を振り込む

勤務先に給料ファクタリングはバレないが、手数料が高め

2社間ファクタリングの場合、給料ファクタリング会社への給与債権譲渡を勤務先に告知する必要はありません。

つまり、勤務先の知らない間に給与債権が譲渡され、給与債権を持たない利用者に給料が支払われることになります。

勤務先との関係に支障をきたす恐れがある場合は、2社間ファクタリングのほうがいいでしょう。

2社間ファクタリングのデメリットは、手数料の高さ。

2社間ファクタリングをする場合は、概して10%以上の手数料がかかります。

3社間ファクタリング:給料ファクタリング会社と利用者、勤務先で行う

3社間ファクタリングは、給料ファクタリング会社と利用者、そして利用者の勤務先で行うファクタリングです。

3社間ファクタリングの流れ

3社間ファクタリングの流れは、次の通り。

3社間ファクタリングの流れ
  1. 利用者(あなた)が勤務先から給料ファクタリングの同意を得る
  2. 利用申し込み・審査
  3. 給料ファクタリング会社と利用者、利用者の勤務先で契約成立
  4. 利用者に給料ファクタリング会社が給与相当額を振り込む
  5. 給料ファクタリング会社に利用者の勤務先が給与相当額を振り込む

手数料は低いが、勤務先に給料ファクタリングが知られてしまう

3社間ファクタリングのメリットは、手数料の低さ

ただでさえお金がなくて給料ファクタリングをするのに、手数料が多すぎれば意味がありません。

多額の現金を手元に残したい場合は、3社間ファクタリングのほうがいいでしょう。

3社間ファクタリングのデメリットは、勤務先に給料ファクタリングが知られてしまうこと。

勤務先も当事者になるため、給料ファクタリング会社への給与債権譲渡を勤務先に告知しなければいけません。

勤務先との関係が悪化する恐れがあるため、3社間ファクタリングを検討するときは慎重に勤務先と話し合う必要があります。

2社間取引と3社間取引の違いまとめ表

さてここでは、ここまでの紹介した内容をもとに、以下に表としてまとめておきます。

両者の特性を理解して、状況によって上手く使い分けるようにしておきましょう。

給料ファクタリング 2社間 3社間
勤務先への通知 なし あり
手数料 高い 安い
給料ファクタリング会社への入金 利用者(あなた) 利用者の勤務先

また、ファクタリング会社によっては、2社間取引と3社間取引の両方に対応している場合もあれば、片方のみしか対応していないというケースもあります。

それらは各社の公式HPで公開されていることがほとんどですから、事前に調べておくと良いでしょう。

給料ファクタリングのメリット

給料ファクタリングのメリット

まずは、給料ファクタリングのメリットをご紹介します。

主なメリットは以下の通りです。

  1. フリーターやアルバイトでも利用可能
  2. 勤務先にばれたり信用情報に傷が付いたりする心配がない
  3. 金融ブラックでも利用可能
  4. 即日現金化できる
  5. 勤務先の倒産による給料未払いを防げる

では順に解説していきます。

1:フリーターやアルバイトでも利用可能

ちなみに、給料ファクタリングは基本的に正社員を対象にしていますが、派遣やアルバイト、パートも給料ファクタリング会社によっては利用できます。

カードローンやキャッシングは正社員でないと難しいことも多いので、これらの方法を利用できない方には給料ファクタリングがぴったり。

また、専業主婦や専業主夫など、働いていない方でも配偶者の債権を譲渡して給料ファクタリングするのは可能ですが、配偶者本人の同意が必須です。

給与債権さえあれば給料ファクタリングはできます。

逆にいえば、就職は決まっているけど給料をもらっていない学生などは給料ファクタリングを利用できません。

2:勤務先にばれたり信用情報に傷が付いたりする心配がない

2社間ファクタリングの場合、勤務先にファクタリングがばれることはありません

審査の過程で、利用者が本当に審査書類に記載した企業に在籍しているかを調べる「在籍確認」が行われることはあります

しかし、給料ファクタリング会社だとばれないように確認してくれるので安心です。

また、ファクタリングはローンやキャッシングではありません。

これらのような金融機関からの「借入」ではなく、自身が所有する債権の「売買」なので、信用情報に傷がつかないのが給料ファクタリングのメリット。

住宅ローンや自動車ローンなど、高額のローンを抱えている方でも信用情報に傷つけることなく資金調達できます。

3:金融ブラックでも利用可能

ファクタリングは借入ではないため、信用情報のチェックがなければ金利もありません。

そのため、信用情報に傷がついている人でも給与債権さえあれば給料ファクタリング可能です。

究極の例としては、多重債務や自己破産などでいわゆる「金融ブラック」になり、金融機関の融資を受けられない方でも給料ファクタリングを利用できます。

4:即日現金化できる

給料ファクタリング会社の多くは、即日現金化に対応しています。

給料ファクタリング会社ごとに、当日中の現金化に対応できる期限が決まっているので、その時間までに手続きを済ませましょう。

冠婚葬祭などで急にお金が必要になるときでも、すぐに資金調達可能です。

5:勤務先の倒産による給料未払いを防げる

最後は少しイレギュラーなメリットですが、勤務先の倒産による給料未払いを防げるのも給料ファクタリングのメリットです。

勤務先の業績が傾いている場合、給料ファクタリングで現金化すれば、現金を獲得可能。

実際に勤務先が倒産して給料が支払われない状態でも、利用者は給料ファクタリング会社から責任を問われずに済む場合もあります。

それは、「償還請求権なし」の給料ファクタリング会社を利用する場合。

「償還請求権」は勤務先が給料を支払えなくなったとき、利用者に債権額の支払いを請求できる、給料ファクタリング会社の権利です。

償還請求権を放棄している給料ファクタリング会社が多いものの、念のため必ず確認しましょう。

給料ファクタリングのデメリット

給料ファクタリングのデメリット

続いて、給料ファクタリングのデメリットをご紹介します。

主なデメリットは以下の通り。

  1. 手数料が高く、場合によっては消費者金融の方が安く済む場合も
  2. 給料ファクタリングで買取対象になるのは基本給のみ
  3. 正社員でも審査に落ちる可能性はある
  4. 法人向けファクタリングに比べて悪徳業者が多い
  5. 3社間ファクタリングの場合、勤務先との関係が悪化する可能性も

ではこちらも、順に解説していきます。

1:手数料が高く、場合によっては消費者金融の方が安く済む場合も

給料ファクタリングのデメリットは、手数料の高さ。

場合によっては消費者金融の方が安く済む場合もあります。

たとえば、基本給が20万円で、返済期間3ヶ月の場合。

給料ファクタリングの手数料が10%だとすると、2万円が手数料になるので調達できるのは18万円です。

年利20%の消費者金融の場合、返済期間が3ヶ月なら年利は1/4の5%で済むので、利息は1万円

その結果、19万円が手元に残ります。

ただし、メリットで紹介した通り、給料ファクタリングなら信用情報に傷がつきません

資金調達したい金額や信用情報とのバランスを見て、どちらを利用するかを検討しましょう。

  給料ファクタリング 消費者金融
給料(基本給) 200,000円
返済期間 3カ月
手数料・金利 手数料・10% 年利・20%
手数料 20,000円
利息 10,000円
調達可能額 180,000円 190,000円

2:給料ファクタリングで買取対象になるのは基本給のみ

給料ファクタリングで買取対象になるのは基本給だけというのも、大きな注意点です。

残業手当や休日手当、賞与などは給料ファクタリングの対象外になります。

毎月の収入として確実に見込める基本給だけが給料ファクタリング対象になるので、

「手取は50万円だけど基本給は10万円で、40万円は手当」

という場合、給料ファクタリングの上限は10万円になるので、注意しましょう。

賞与も基本給を基準に計算されるので、手当で給料が嵩増されている企業は要注意です。

3:正社員でも審査に落ちる可能性はある

給料ファクタリングの審査対象は、勤務先の経営状況です。

そのため、いくら正社員で役職があっても、勤務先の経営状況が悪ければ審査に落ちる可能性はゼロではありません。

逆にいえば、派遣やアルバイトでも勤務先の経営状況がよければ、給料ファクタリングの審査に通る可能性は十分にあります。

4:法人向けファクタリングに比べて悪徳業者が多い

給料ファクタリングを利用するとき、最も注意が必要なのは給料ファクタリング会社選びです。

法人向けのファクタリングは、ここ数年で知名度を飛躍的に上げ、多くの企業が新規参入しました。

優良企業ばかりではなく、闇金のようなファクタリング会社や債権譲渡をしたきり給与相当額を支払わないで音信不通になるファクタリング会社もあります。

法人向けのファクタリング以上にニッチで、債権などの法律知識に乏しい利用者が多い給料ファクタリングは、悪徳業者にとっては格好の餌食です。

そのため、悪徳業者に給与債権を騙し取られるくらいであれば、信用情報に傷をつけても大手の消費者金融を利用したほうが安心といえます。

5:3社間ファクタリングの場合、勤務先との関係が悪化する可能性も

3社間ファクタリングの場合、勤務先との関係が悪化する可能性があります。

債権譲渡の同意を勤務先に得るのは、3社間ファクタリングにおいて避けて通れないため、金欠であることがばれてしまいます。

3社間ファクタリングでは、勤務先が給料ファクタリング会社に給料相当額を直接入金するので、単純に手間がかかるのがデメリット。

他の従業員と同様に利用者の口座に振り込めばよかった給料を、わざわざ給料ファクタリング会社に支払わなければいけないからです。

手間がかかる以外にも、お金にルーズで管理できない人という印象を勤務先に与えることは避けられません。

特に従業員が少ない家族経営のような企業だと、私的事情で査定に影響を及ぼす可能性は十分考えられます。

どうしても勤務先に知られたくなければ、2社間ファクタリングを選ぶしかありません

給料ファクタリングの選び方

給料ファクタリングの選び方

次に、給料ファクタリングのメリットとデメリットをご紹介します。

選び方1:給料ファクタリングを取り扱う会社の企業情報は?

給料ファクタリングを取り扱う会社の企業情報を必ず確認しましょう。

代表者名や資本金、会社住所など、細かくホームページに記載されている企業は信用できます。

住所として記載されているところに本当にオフィスがあるか、Google Mapなどで確認するのもおすすめです。

逆に、基本的な情報すら開示されていないファクタリング会社は、悪徳業者の可能性があるので、利用しないようにしましょう。

選び方2:給料ファクタリングサービスの口コミ&評判は?

給料ファクタリング会社の口コミ&評判を必ず調べましょう

開業したての給料ファクタリング会社など、情報が少なすぎるところは避けるのが無難

口コミ&評判は口コミサイトだけでなく、巨大掲示板などを参考にするとリアルな情報を得られることも多いです。

選び方3:ホームページに誤解を与える表現はないか?

ホームページに記載されている情報に誤解を与えるものがないかを確認しましょう。

たとえば、給料ファクタリングは給与債権の「売買」なので、「借金」ではありません。

しかし、勤務先から給料が支払われたあと、給料ファクタリング会社に給料相当額を支払うのを「返済」と記載していることがあります。

この場合、給料ファクタリング会社がファクタリングを正確に理解していない可能性があるため、その給料ファクタリング会社の利用は避けた方がいいでしょう。

給料ファクタリングの注意点

給料ファクタリングの注意点

給料ファクタリングの注意点は次の通りです。

給料ファクタリングは法的にグレー

最後に、給料ファクタリング自体が法的にグレーな存在であることは念頭に置きましょう。

もちろん現時点で、給料ファクタリングは違法ではありません。

しかし、本来は法人向けのサービスで、法的に無知なことにつけこんで法外な手数料を要求することもあります。

利息制限法によって、消費者金融などは年利20%が上限になっていますが、ファクタリングは借入ではないため、この法律が適用されません

そのため、20%以上の手数料を請求し、利用者が契約を断ろうとしたら勤務先への口外をちらつかせるなど、闇金さながらの手口でファクタリングさせる給料ファクタリング会社もあります。

非常に高いリスクを伴う行為なので、給料ファクタリングを利用するときは、慎重になりすぎるほど慎重に給料ファクタリング会社を選びましょう

給料ファクタリングおすすめ3選

ここからは、おすすめの給料ファクタリングを3つご紹介します。

1:七福神

七福神

まずご紹介するのは、「七福神」。

法人向けのファクタリングも行っている企業で、口コミ&評判でも断トツの人気を誇ります。

ホームページの内容は充実していて、運営会社の情報はもちろん、採用情報まで掲載

給料ファクタリング会社の情報量としては十分といえるでしょう。

七福神での給料ファクタリングに必要な書類は、次の3点です。

  • 住基カードや免許など顔写真付の身分証明書
  • (社会)保険証
  • 直近3ヶ月分の給料明細または、給料口座の通帳ページ

給料ファクタリングの最大手!夕方まで即日現金化に対応

七福神は、給料ファクタリングの最大手です。

在籍しているのは、ファクタリング案件の経験が豊富な専門スタッフのみ

ファクタリングを熟知したプロ目線でのアドバイスがもらえるので、お金の知識がない人でも安心して利用できます。

土曜日以外は祝日も営業していて、初回利用なら19:00(日曜日は18:00)までに申し込めば当日中に着金可能

リピーターなら20:00までが当日着金の対象なので、退勤後でも十分間に合います。

七福神の口コミ&評判

七福神の口コミ&評判を2つほどご紹介します。

「過去の自己破産でブラックリストに入っているため、金融機関を利用できずに困っていました。

居酒屋と道路工事のアルバイト生活なので利用できるか不安でしたが、20分ほどで審査が終わって拍子抜け。

居酒屋アルバイトの休憩中に申込から審査まで終わり、退勤時には入金されていたので驚きました」

「地方の零細企業に勤めているので利用できるか不安でしたが、申込から入金までスムーズでした。

サービスも対応もよく、最初に提示された手数料のまま現金化。

見覚えのない料金の上乗せはありませんでした」

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判も見る

2:ファクタル

ファクタル

続いてご紹介するのは、「ファクタル」。

2019年5月に法人登記されたばかりの、給料ファクタリング会社としてはかなり新しい部類に入ります。

ファクタルでの給料ファクタリングに必要な書類は、次の3点です。

  • 住基カードや免許など顔写真付の身分証明書
  • (社会)保険証
  • 直近2ヶ月分の給料明細または、給料口座の通帳ページ

審査は最短30分!通勤時間中に審査結果がわかる場合も

熊本県の企業ですが、インターネットで全国対応しています。

社会保険への加入が利用条件で、逆に社会保険に入っていれば雇用形態は非正規でも利用可能です。

ファクタル最大の魅力は、最短30分という審査時間の短さ

13:00までに申し込めば当日中に入金されるので、急にお金が必要になったときに重宝します。

ファクタルの口コミ&評判

ファクタルの口コミ&評判を2つほどご紹介します。

「遠方の親戚に不幸がありましたが、手元に現金がなく、信用情報に傷があるのでクレジットカードも利用できずにいました。

そこで通勤電車のなかでファクタルに申し込んだところ、入金を確認したのは勤務中最初のタバコ休憩。

その日は午後休をとって地元に帰り、親戚とちゃんとお別れできました」

「家にいてほしいと夫が言うので働いていませんが、夫の稼ぎでは生活費が足りないことも。

クレジットカードは使いたくないので、ファクタルで給料ファクタリングをしてもらっています。

給料以上の金額はファクタリングできないので、カードのように使いすぎないのもメリットです」

≫ 公式HPを見てみる

3:Wallet Link

Wallet Link

最後にご紹介するのは、「Wallet Link」(ウォレットリンク)です。

運営会社は、2016年設立の株式会社アクアバレー。

WalletLinkでの給料ファクタリングに必要な書類は、次の3点です。

  • 住基カードや免許など顔写真付の身分証明書
  • (社会)保険証
  • 直近2ヶ月分の給料明細または、給料口座の通帳ページ

在籍確認はあるが、電子契約書でオンライン完結できて便利

WalletLinkでは審査時に在籍確認が行われますが、在籍確認で勤務先に給料ファクタリングがばれたという口コミは確認できません。

そのため、給料ファクタリングを知られたくない人でも安心して利用できます。

申込はインターネットで24時間受け付けていて、LINEでも申込可能。

必要書類は画像化してオンラインで送り、電子契約書で契約するため、スマホひとつで資金調達できます。

WalletLinkの口コミ&評判

WalletLinkの口コミ&評判を2つほどご紹介します。

「転職と引っ越しを一度にしたら、貯金がほぼゼロに。

クレジットカードもタイミング悪く紛失中だったのでWalletLinkを利用しました。

LINEで申し込めるので友達とやり取りをする感覚で簡単です」

「カードの利用額が上限を超えたときに海外出張が決定。

勤務先には立替を依頼しにくく、法人カードの利用もできなかったのでWalletLinkを利用しました。

在籍確認があると言われて不安でしたが、勤務先は何も知らないみたいで安心です」

≫ 公式HPを見てみる

おすすめ給料ファクタリングの比較表

◎:必須、○:いずれか一点 七福神 ファクタル Wallet Link
種類 2社間 2社間 2社間
即日入金の期限 19:00※1 13:00 15:00
手数料 10%~ 10%~
必要書類 顔写真付き身分証明書
社会保険証
直近2ヶ月分の給料明細※2
直近3ヶ月分の給料明細※2
給料が入金された通帳ページ※2

※1リピーターは20:00。
※2 オンライン通帳のスクリーンショットでも可。

給料ファクタリングの審査が通らない共通点

給料ファクタリングの審査が通らない共通点

審査が比較的ゆるいといわれている給料ファクタリングですが、中には審査が通らない方もいるのが現状です。

そこでここでは、そんな審査に通過できなかった方達の共通点を3つ紹介していきます。

これから給料ファクタリングを検討している方は、サッとでもここの内容に目を通しておきましょう。

では早速始めていきます。

給料が手渡しの場合

共通点1つ目は、給料が手渡しの場合です。

この理由としては、法人口座がないことで企業としての信用が確認できないため。

一般的に、企業としての実態が不明な場合、法人口座開設を銀行側が許してくれないものです。

具体的に例を挙げると、反社会的勢力の一員の可能性があると、ファクタリング会社側に判断されてしまうわけですね。

もしもそんな人と関わってしまったら、大きなトラブルにつながる可能性が高いので、給料ファクタリング会社も審査を通すわけにはいかないでしょう。

そのため、給料が手渡しの場合は、審査が通らない場合が多いのです。では、共通点2つ目を見ていきましょう。

ウソの情報で申請する

共通点2つ目は、ウソの情報で申請するということです。

利用する方の中には、お金を少しでも手元に欲しいという理由で、住所をウソの場所で登録する方もいます。

しかし、ウソの情報を登録したところで、必ず給料ファクタリング会社にばれてしまうものです。

それどころか、今後の利用にも響いてしまうでしょう。

また、本人確認書類の住所と本所在地が一致しない場合も、審査が通らないことがあります。

それだけではなく、申請情報に不備があった場合も、審査が通らない理由の1つとなるので注意が必要でしょう。

在籍確認ができなかった場合

最後の共通点3つ目は、在籍確認ができなかった場合です。

在籍確認は、多くの給料ファクタリング会社が行います。

また、電話で確認を取るため、もしも電話に出なかった場合は審査に通過できない可能性が高くなるのです。

そのため、忙しい会社や人手が足りていない会社は、注意が必要になります。

ただし、在籍確認の電話をかける時間帯は指定することもできるので、不安な方は前もって伝えておきましょう。

そうすることで、審査を通過できないとという最悪のケースを免れることもできます。

この3つの審査が通らない方たちの共通点を知っておくことで、審査を通過できるように、注意することもできるでしょう。

給料ファクタリングはしっかりとリサーチしてから活用しよう

今回は、おすすめの給料ファクタリングをご紹介しました。

安心して利用できる給料ファクタリング会社はまだまだ少ないのが現実。

給料ファクタリング自体の歴史が浅いこともあり、口コミが少ないことも珍しくありません。

給料ファクタリングが必要になったときは、石橋を叩いて壊すくらいの気持ちで各給料ファクタリング会社を検討し、信用できる給料ファクタリング会社を利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)