誠和キャピタルの口コミ&評判!審査ハードルは?現金化までの期間は?

誠和キャピタルの口コミ&評判!審査ハードルは?現金化までの期間は?

一言でファクタリング会社といってもさまざま。

特にファクタリングのニーズが多いのは、資金繰りが安定しない起業したての法人や個人事業主、中小企業や零細企業などです。

そうした企業の場合、クライアントや取引先の都合で入金が遅れ、急に資金繰りが苦しくなることも少なくありません。

こんなときに頼りになるのが、大手に比べて信用が低い企業でもファクタリングできて、即日現金化してくれるファクタリング会社です。

そんなファクタリング会社を探している方におすすめなのが、誠和キャピタル。

今回は、誠和キャピタルの口コミ&評判をご紹介しましょう。

この記事を読めば、誠和キャピタルのファクタリングをより詳しく知ることができます!

 

↓↓ クリックするとすぐに口コミを確認できます ↓↓
≫ すぐに「誠和キャピタル」の口コミをみる

 

誠和キャピタルの基本情報

誠和キャピタルの基本情報

まずは「誠和キャピタル」の基本的な情報について紹介していきます。

以下にすぐ確認できるよう、表としてまとめておきますので、サッとでも目を通していきましょう。

  誠和キャピタル
企業 独立系
種類 2社間/3社間
融資期間 最短即日
最小利用可能額 30万円
最大利用可能額 5,000万円
手数料
赤字決算
償還請求権
個人事業主
担保・保証人 不要

上表を見ていただくとわかるとおり、「誠和キャピタル」は30万円の少額ファクタリングであっても、しっかりと実施してくれるのが特徴です。

確かに大手などの大型ファクタリングには向きませんが、中小規模の事業者であれば、心強い味方となりそうです。

さて次からは、いよいよ本題の口コミについて見ていきます。

しっかりと自身の求めるファクタリングかを見極めていってくださいね!

誠和キャピタルの良い口コミ&評判

誠和キャピタルの良い口コミ&評判

まずは誠和キャピタルの良い口コミ&評判からご紹介します。

良い口コミより、悪い口コミが知りたい!

という方は、先に以下より確認してみてください。

≫ 先に「誠和キャピタル」の悪い口コミを見る

最短即日で現金化!

最初にご紹介する誠和キャピタルのいい評判は、最短即日で現金化できること。

ファクタリングを必要とする方のなかには、取引先の都合などの不可抗力によって資金繰りが苦しくなり、即日で現金が必要になることも少なくありません。

そうしたとき、即日で現金化できるファクタリング会社は経営者にとって心強い味方になります。

誠和キャピタルを利用し、即日対応でファクタリングしてもらえた方の口コミをご紹介しましょう。

「即日で現金化可能なファクタリング会社を探していました。

Google検索したときに一番上に表示されたので、軽く評判をリサーチしてから申し込みましたが、誠和キャピタルさんは評判通りの好対応。

ファクタリングは初めてでしたが、意外とスムーズに利用できたので、またの機会があれば誠和キャピタルさんを使わせていただきたいと思います」

「営業実績が予想を大きく下回り、資金繰りができなくなったので誠和キャピタルを利用しました。

子会社がお世話になっていたこともあり、即決で誠和キャピタルに依頼。

即日対応可能ですが、申込日時の問題で翌日に振り込まれました。

余裕を持って現金が必要になる1週間前に依頼しましたが、即日現金化が必要な方は注意したほうがよさそうです」

2番目の口コミのように、翌営業日でないと振込対応できない場合もあるようなので、急ぎのファクタリングの場合は注意しましょう。

審査ハードルが低い

次にご紹介する誠和キャピタルのいい評判は、審査ハードルの低さ。

誠和キャピタルの場合、他社で断られた売掛金でも利用実績があります。

そのため、ファクタリング会社の審査基準としてはハードルが低い方と言えるでしょう。

赤字決算ながら、誠和キャピタルでファクタリングできた人の口コミをご紹介します。

「赤字決算を理由に3社でファクタリングを断られていました。

期日も迫り途方に暮れていたときに某ブログで存在を知ったのが誠和キャピタルです。

赤字決算を伝えても問題ないとおっしゃっていただき、心の底から安堵したのを覚えています。

このときには期日3日前まで迫っていましたが、即日対応していただいたおかげでなんとか間に合わせられました」

赤字決済のほかにも、債務超過や税金滞納中、設立直後の企業などでも、誠和キャピタルならファクタリングしてもらえることがあります。

債権譲渡登記なしでファクタリングできる場合も

ファクタリングをする場合、2社間ファクタリングでは債権譲渡登記が必要なことが一般的です。

しかし、誠和キャピタルでは相談すれば、債権譲渡登記なしでファクタリング可能な場合もあります。

債権をファクタリング会社に譲渡することで取引先に与える影響に不安がある方は、誠和キャピタルで相談するのがおすすめです。

誠和キャピタルを利用し、実際に債権譲渡登記なしでファクタリングした方の口コミをご紹介しておきます。

「今回が初めてのファクタリングです。

ファクタリングの実態を掴めておらず、債権譲渡登記で取引先にどのような影響を与えるのかがわからなかったため、債権譲渡登記なしでファクタリングできないか相談しました。

担当のAさんに相談した結果、債権譲渡登記なしでファクタリング。

おかげで取引先にばれることもなく資金調達できました。Aさんにはとてもお世話になり、感謝してもしきれません」

誠和キャピタルの悪い口コミ&評判

誠和キャピタルの悪い口コミ&評判

続いて、誠和キャピタルの悪い口コミ&評判についてもご紹介します。

良い点と悪い点の双方を天秤にかけて、しっかりと判断していきましょう!

では早速、悪い口コミを紹介していきます。

ホームページ上の情報が少ない

最初にご紹介する誠和キャピタルの悪い評判は、ホームページ上の情報が少ないこと。

ホームページ上の情報が少ないので、不明点は電話で直接聞き出す必要があり、手間がかかります。

また、ホームページの企業情報も決して詳しく記載されているわけではないので、信頼に足る企業かどうか判断するのが難しいのもデメリットのひとつ。

ホームページ上の情報が少ないため、利用に迷った方の口コミをご紹介します。

「ファクタリングはそれなりに大きなお金が動くので、信頼に足る企業かどうかはかなり重要なポイントです。

誠和キャピタルはホームページ上の情報が多くないので、最初に見たときはどちらかというと不信感を抱きました。

最終的にビジネス仲間の友人に相談したときに誠和キャピタルをすすめられたので利用しましたが、彼の推薦がなければ恐らく他社を利用していたかと思います」

ファクタリング可能額が少ない

続いてご紹介する誠和キャピタルの悪い評判は、ファクタリング可能額の少なさ。

誠和キャピタルのファクタリング対応金額は、30~5,000万円です。

よく言えば小口のファクタリングも可能ですが、上限5,000万円はいささか物足りません。

5,000万円までのファクタリングに不満を感じた方の口コミをご紹介します。

「6,000万円が必要でした。他社で断られ続けたのでもうだめかもしれないと思ったところで見つけたのが誠和キャピタルです。

最後の望みをかけて駆け込みましたが、最大5,000万円しかファクタリングできないと知って諦めました。

最終的に他社で引き受けてもらえましたが、1億円近いファクタリングができれば文句なしです」

「2回で計9,000万円を誠和キャピタルさんのファクタリングで現金化してもらいました。

サービスはとてもよく、リピートしたいのですが、事業を拡大するにあたって最大5,000万円がネックかなと思います。

初回で5,000万円が必要になったときも上限ギリギリだったので、これ以上規模を拡大して多額が必要になると、誠和キャピタルさんではファクタリングしてもらえないはずです。

過去2回の対応もとてもよかったので、個人的には次のファクタリングもお願いしたいのですが…」

ファクタリング会社の中では5,000万円は少額の部類です。

とはいえ、誠和キャピタルは中小企業や零細企業、個人事業主を主なクライアントとしている独立系のファクタリング会社。

5,000万円より高額でのファクタリングが必要な場合は、より高額のファクタリングを主に扱うノンバンク系のファクタリング会社をあたるといいでしょう。

新しいファクタリング会社で口コミなどユーザーの情報が少ない

次にご紹介する誠和キャピタルの悪い評判は、企業として新しいこと。

誠和キャピタルの創業は2018年と、ファクタリング会社のなかでも、かなり後発の部類です。

そのため、絶対的なユーザー数は他社に比べると少ないといえます。

絶対的なユーザー数が少ないということは、インターネット上に出回る口コミや評判はもっと少ないといえるでしょう。

ファクタリング会社を選ぶときは、信頼できるかどうかを重視する方が多いなか、情報がなければユーザーを取りこぼす可能性があります。

実際に新しい企業であることや情報の少なさを理由に誠和キャピタルの利用を諦めた人の口コミをご紹介しましょう。

「起業家仲間とファクタリング会社の話になったときに誠和キャピタルのことを知りました。

彼女がかなり誠和キャピタルを高く評価していたので調べてみたものの、情報が少なくて実際に使ってみようという気にはなりませんでした。

自分で調べたところ創業1年ほどの新興企業だと発覚。

自分はお金に関することはある程度実績や歴史が確かなところに依頼することにしているので、しばらく誠和キャピタルを依頼することはないと思います」

「転職前の企業で使用実績があったので今回も誠和キャピタルでファクタリングしようと試みましたが、上司の許可が下りませんでした。

理由はインターネット上で公開されている企業情報が少ないこと。

わたしが誠和キャピタルでファクタリングしたことがあるとはいえ、会社として許可できないとのことでした。

また、登記を少し調べたところ2018年に設立されたばかりとのこと。『新しい会社=ダメ』ではないにせよ、不透明なところが多いのが不安だと言われました」

手数料が明記されていない

最後にご紹介するのは、手数料が明記されていないこと。

誠和キャピタルの利用可能額は30~5,000万円と幅広く、金額や諸条件によって手数料は変わります

しかし、誠和キャピタルの利用手数料はホームページ上に明記されていません。

そのため、電話で問い合わせて確認する必要があります。

忙しいビジネスマンからすれば、資金繰りで大変なときにわざわざファクタリング手数料について電話をしなくてはいけないので、手間がかかるのはマイナスです。

「初めてのファクタリングでしたが、誠和キャピタルのおかげで資金を間に合わせられました。

担当のBさんにも親切にしていただき、債権譲渡登記なしでファクタリングできたのもよかったです。

唯一難点をあげるとすれば、手数料がホームページに載ってないことでしょうか。

今回は期日まで余裕がある状態でのファクタリングだったので電話で問い合わせましたが、急に資金が必要になったときはわざわざ電話をかける時間ももったいないので、誠和キャピタルは候補から外れてしまう気がします。

手数料が載っていないのは機会損失にもなりかねないので、ホームページに明記した方がいいと思いました」

≫ 「誠和キャピタル」の良い口コミも見る

総合的な誠和キャピタルの口コミ&評判

総合的な誠和キャピタルの評判は悪くありません。

口コミで多かったデメリットは、ホームページ上での情報の少なさに集中。

2018年設立の新しい企業なので、口コミなど利用者の体験談が少ないのは致し方ないところです。

しかし、誠和キャピタルのホームページに載っている情報が少ないことから、債権や現金をやり取りするパートナーとしては不安を覚える方も少なくありませんでした。

そのため、なかには本人は利用経験があっても、上司の許可が下りないという口コミも。

他社で断られてもファクタリングを諦められない方におすすめ

その一方で、他社で断られた売掛債権でもファクタリングできる審査の柔軟性や即日現金化、債権譲渡登記なしでのファクタリングが可能なことなど、メリットは多数あります。

取引先の事情に巻き込まれるなど、自社に原因がなく急に資金繰りが苦しくなることも少なくない中小企業や零細企業にとって、即日でファクタリングできるのは大きな魅力です。

特に他社で断られた売掛債権も現金化できるのは大きなポイントで、どうしても現金化が諦めきれない方は、誠和キャピタルをファクタリングの選択肢に入れるのがおすすめ。

≫「誠和キャピタル」の公式HPを見てみる

誠和キャピタルじゃ難しい?比較されやすいファクタリング会社3選

ここでは、「誠和キャピタル」について、

対応がむずかしいかな・・・
ちょっとイメージと違ったな・・・

といった方のために、比較されやすい(もしくは解決できそうな)ファクタリング会社を3社をほど挙げておきます。

早速、特徴を押さえながら、一つ目ずつ確認してみてくださいね!

1:即日入金対応の「アクセルファクター」

アクセルファクター

申込み対象者 法人 or 個人事業主
取引タイプ 2社間 or 3社間
取扱額 30~3,000万円
手数料 2~20%
審査スピード 最短即日
審査通過率 93%

「アクセスファクター」は、「誠和キャピタル」と同様で、小口取引を専門としているのが特徴です。

取り扱い規模としては、最大3,000万円と「誠和キャピタル」よりも、さらに小口となります。

そのため、家族経営のような小規模事業者であったとしても、丁寧に対応してもらえるのです。

また小規模ビジネスでは、手元のキャッシュが少なく、緊急で資金が必要となるケースも多くなるもの。

「アクセスファクター」では、そうしたケースでもしっかりと対応できるように、即日入金へのこだわりを強く持っているのです。

「誠和キャピタル」は優良ですが、もし事業年数をネックに感じるのであれば、このファクタリング会社も検討してみるといいでしょう。

 公式HPを見てみる 

口コミや評判を見てみる

2:信頼性抜群の「MI Vision」

MI Vision

申込み対象者 法人 or 個人事業主
取引タイプ 2社間 or 3社間
取扱額 130~7,000万円
手数料目安 10~20%
審査スピード 約3日
審査通過率 要問合せ

「MI Vision」は、審査スピードこそあまり早くありませんが、90日先までの将来債権についても買取を行うなど、柔軟性が高いファクタリング会社となります。

また「MI Vision」には、事業再生士や社労士、税理士といった有資格者が在籍

そのため、ファクタリングを実施しておしまいではなく、その後の資金繰り面でも専門的な目線で、的確にアドバイスを行ってくれるのです。

この点については、口コミでも触れられていました。

「今までいろいろなファクタリング会社に相談しましたが、事業内容をいまいち理解していない方も少なくありませんでしたが、「MI Vision」は違いましたね。

事業内容を理解するだけでなく、的確なアドバイスをしてくださり、資金不足を解消してくれました」

ただし審査については、売掛先との取引年数が2年以上など、少々ハードルが高めの印象もあるため対象者は限られてしまうでしょう。

自身が対象であるなら、「MI Vision」が心強い味方となってくれそうです。

 公式HPを見てみる 

口コミや評判を見てみる

3:審査通過率98%の「ビートレーディング」

おすすめファクタリングビートレーディング

申込み対象者 法人 or 個人事業主
取引タイプ 2社間 or 3社間
取扱額 制限なし
手数料目安 2%~
審査スピード 即日〜3営業日
審査通過率 98%

「ビートレーディング」の特徴はなんといっても、98%もの方が審査に通るという間口の広さでしょう。

それでいて取引額についても、特に制限が設けられていないため、長い付き合いができる点も魅力となります。

手数料については、「2%~」となっていますが、平均的にはおおよそ15~17%と考えておいた方がいいでしょう。

とはいえ、この手数料の平均は、独立系ファクタリング会社では安めの設定でもあります。

そういった背景も影響しているのか、「迷うならビートレーディング」といわれるほど。

契約の方法についても、対面や出張だけでなく、遠方に事務所があり利用しづらい方のために「郵送」という手段も設けています。

現段階でどれにすべきか決めかねているのなら、「ビートレーディング」を有力候補としてもいいでしょう。

 公式HPを見てみる 

口コミや評判を見てみる

誠和キャピタルは情報が少ないが実績は確か

今回は、誠和キャピタルの口コミ&評判をご紹介しました。

誠和キャピタルは確定債権があれば、会社を設立したばかりでも赤字決算でもファクタリングに応じてくれることが多いです。

会社設立直後や赤字決算などの資金繰りが安定していない時期の企業にも手を差し伸べてくれるファクタリング企業は、会社経営者の心強い味方です。

ファクタリング会社選びで迷ったら、ぜひ誠和キャピタルを利用して、スムーズな資金調達をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)