ファクタリングは投資に向いている?他の資金調達の手段と徹底比較

ファクタリングは投資に向いている?他の資金調達の手段と徹底比較

企業を経営するうえで、さまざまな投資を行う必要があります。

いざ投資をするとき、思うように資金を用意できないことも少なくありません。

そんなときの資金調達方法として注目されているのが、ファクタリングです。

本体は企業の資金繰り改善を目的とした事業ですが、投資費用の資金調達方法としてファクタリングを選択する方も増えています。

そこで今回は、ファクタリングが投資目的の資金調達方法として向いているかどうかをご紹介しましょう。

他の資金調達方法との比較もするので、投資目的の資金調達方法としてファクタリングに興味を持っている経営者は必見です!

そもそも投資とは?

そもそも投資とは?

まずは、そもそも投資がどんなものかを改めて紹介しましょう。

投資とは、将来的により大きな利益を回収するために資金を投じること。

大きな利益を回収できるかはわからないものの、その可能性にかけて財を投じます。

ちなみにビットコインやFXなど、よりリスクが高くギャンブル的要素もはらむものは、投資と分けて「投機」と呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

ファクタリングにおける「投資」は主に3種類

ファクタリングにおける投資には、主に3種類があります。

「IT投資」と「設備投資」、「人材投資」です。

それぞれがどんなものなのか、順番にご紹介しましょう。

IT投資

IT投資とは、情報技術の効果的な利用や組織の情報化を目的に行う投資です。

インターネットの普及によってIT業界以外でもIT技術は無視できない存在となり、IT技術の活用は各企業の大きな課題となっています。

ITに関係ない業界でも、パソコンで顧客情報や勤怠、給与などを管理するのは当たり前です。

そのため、パソコンのセキュリティーやデータベースの保守・運用など、ITを通じた情報管理の重要性が日々高まりつつあります。

請求管理・採用管理などの業務自動化システムの導入は、IT投資の最たる例といえるでしょう。

設備投資

設備投資は、建物や機械など、会社経営に必要なものを揃えること。

基本的には建築物や機材などへの投資を指しますが、「設備投資」は幅広く使える言葉です。

会社設備に投資することで作業効率を向上させたり、人材コストを削減したりすることで、会社に利益をもたらすと考えます。

そのため、広義ではオフィスの壁紙の貼り替えやウォーターサーバーの導入なども設備投資といえるでしょう。

人材投資

人材投資は、時間やお金といったコストを人材育成に充てること。

たとえば、新卒採用で入社した社員が4月に出せる利益はほぼゼロです。

しかし、給料は支払われます。

たとえば新卒社員の月給が20万円として、最初は20万円が赤字。

しかし、新卒社員研修を実施して新卒入社の社員が月30万円の利益を出せるようになれば、毎月10万円が投資のリターンとして得られ、ゆくゆくは入社当初のマイナスも回収できます。

ただし、いつまで経っても月10万円しか利益を産めないかもしれないし、月50万円の利益をもたらす社員が退職する可能性もあるので、リスクはゼロにできません

投資資金調達目的でのファクタリングは賛否両論

投資資金調達目的でのファクタリングは賛否両論

投資資金調達を目的としたファクタリングには、賛否両論あります。

どちらが正しい、どちらが間違っているということはなく、目についたのがファクタリングのメリットかデメリットかの違いです。

賛成派の意見と反対派の意見を順番にご紹介します。

賛成派:現金化スピードが速い

ファクタリング最大のメリットは、現金化スピードの速さです。

他の資金調達方法ではどうしても時間がかかってしまいますが、ファクタリングなら最短即日、遅くても3~4日のうちにまとまった資金を調達できます。

昨今はビジネスの流れが速くなり、意思決定のスピードが今後のビジネスを大きく左右することも少なくありません。

急に大きなビジネスが舞い込み、すぐに決断をしないといけないときに資金不足を理由にその誘いを断るのは非常にもったいないことです。

対応の素早さはクライアントからの信用に直結するので、ビジネスチャンスを拡大するためにも、ファクタリングは有効な投資資金調達手段のひとつといえるでしょう。

賛成派:現金化しやすい

銀行融資など他の資金調達方法に比べ、ファクタリングは審査に通りやすく、現金化しやすい資金調達方法といえるでしょう。

ファクタリングでは、売掛債権の確実性や売掛先企業の信用が重視されます。

そのため、銀行融資など他の資金調達方法で行われる信用調査が行われないため、他の資金調達方法で審査に通過できない方でもファクタリングなら審査に通過する可能性は高いでしょう。

実際に、債務超過や赤字決算、税金滞納などがあってもファクタリングで資金調達を成功させた実績を持つ企業は多数存在します。

そのため、投資目的の資金調達でも現金化の確実性を考慮したとき、確実に現金化できるファクタリングの方が他の資金調達方法よりも魅力的に感じる方は少なくありません。

賛成派:財務コンサルティングを活用可能

ファクタリング会社の多くは、ファクタリング事業と並行して財務コンサルティング事業を行っています。

ファクタリングは元々資金繰りに苦しんでいる企業向けのサービスなので、ファクタリング利用者は会社のキャッシュフローなどに困っている場合が少なくありません。

そのため、ファクタリング会社と併せて財務コンサルティングを利用すれば、財務のプロから投資に関するアドバイスをもらえます。

ファクタリングもコンサルティングも、利用者の業績向上を目的にした事業なので、積極的に活用しない手はありません。

ファクタリングをすれば財務コンサルティングは割引料金で利用できるところもあるので、個別に財務コンサルティングを利用するより経費を抑えられます。

反対派:高額な手数料を払ってまで債権を早期現金化する必要はない

ファクタリングを投資資金調達目的で利用することへの反対意見として最も多いのは、高額な手数料を払ってまで債権を早期現金化する必要はないというもの。

ファクタリングには手数料が発生し、売掛債権の1〜20%ほどが手数料になります。

手数料にこれだけ差があるのは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングなどによる違いです。

しかし、年率に換算すると手数料は跳ね上がり、手数料が100%を越えることも少なくありません。

その手数料額を払ってまで獲得したい投資案件なのか、再考の余地があるといえるでしょう。

闇金と変わらない手数料を払ってまで投資すべき、と判断されることはそう多くありません。

そのうえ、3社間ファクタリングの場合は売掛先企業に売掛債権の譲渡を承諾してもらわなくてはいけないため、今後の信用問題に発展する恐れもあるでしょう。

反対派:ファクタリング利用で今後の融資で不利になる可能性がある

また、ファクタリングを利用することで、今後の融資で不利になる可能性を指摘する声もありました。

基本的に、ファクタリングは資金調達方法において最終手段として考えられるものです。

銀行融資の審査に落ち、ビジネスローンの審査に落ち…と審査難易度を下げたのちに行きつくのがファクタリング。

そのため、過去にファクタリングの利用が知られると、

ファクタリングに頼らなくてはいけないくらい資金繰りが厳しいんだ

と思われてしまい、今後の銀行融資などの審査に通らなくなってしまう恐れがあります。

基本的にファクタリングは信用情報に傷がつかないため、2社間ファクタリングなら自分から口外しない限りは外部にファクタリングはバレません。

注意

しかし、債権譲渡登記の概要記録事項証明書や決算書をチェックされる場合、銀行融資やカードローンの審査などでファクタリングがバレる可能性はあるので注意しましょう。

投資資金調達目的でおすすめのファクタリング会社3選

ここまでで、投資資金の調達目的でファクタリングを活用法についてみてきました。

ここでは、投資用途としておすすめの優良ファクタリング会社を、3つほど挙げて紹介していきます。

ファクタリングには、悪徳業者も少なからず存在しているため、しっかりと優良企業かどうかは見抜いていくことが大切です。

では早速、ひとつ目から基本情報とともに紹介していきます。

審査通過率が優秀な「ビートレーディング」

おすすめファクタリングビートレーディング

申込み条件 法人・個人事業主
対応取扱額 上限・下限なし
手数料の目安 2%~20%
入金スピード 即日〜3営業日
取扱い取引タイプ 2社間 / 3社間

「ビートレーディング」は、ファクタリングを希望するのなら、まず検討したいファクタリング会社となります。

というのも、ビートレーディングの審査通過率は98%にものぼり、それでいて手数料平均が15~17%ほどと、相場より格安に設定されているため。

また最短即日で入金してくれるスピード感もあれば、選択肢として持っておかない手はないでしょう。

契約する際の手間にもビートレーディングでは配慮がされており、対面以外に「郵送」や「出張」という方法も選択できます。

これであれば、時間がない方はもちろん、遠方の方でも利用ができますね。

もしどれにすべきか悩んでいるのなら、まずビートレーディングへ相談してみると良いかもしれません。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

信頼に重きを置く「トップマネジメント」

トップマネジメント

申込み条件 法人・個人事業主
対応取扱額 ~3億円

※1社あたり1億円まで

手数料の目安 1%~
入金スピード 即日
取扱い取引タイプ 2社間 / 3社間

「トップマネジメント」の魅力は、なんといっても親身さと信頼に重きを置いている姿勢でしょう。

ファクタリング会社は、先述したとおり悪徳業者も少なからず存在します。

そのため、どうしても不安に感じる方が少なくありません。

しかしトップマネジメントでは、所属する担当者の顔をしっかりと公開し、着実に信頼と実績を積み重ねています。

その実績は、なんと4万5千件と、かなりの数にのぼるのです。

さらに、ファクタリングで取り扱う業種も多岐にわたり、その専門性も十分。

安心してファクタリングを利用したい方や、親身に相談に乗ってほしい方は、「トップマネジメント」へ掛け合ってみると良いでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

手数料がかなり良心的な「OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)

申込み条件 法人・個人事業主
対応取扱額 上限・下限なし
手数料の目安 2~9%
入金スピード 即日
取扱い取引タイプ 2社間

最後に紹介する「OLTA(オルタ」)は、徹底的にムダな工程を省いた、クラウド型ファクタリングとなっています。

そのため、人件費を抑え垂れていることもあり、ファクタリング取引にかかる手数料は業界最安水準

2社間取引であっても、手数料が一桁で収まるファクタリング会社はそうありません。

また、契約時の手間もかなり楽になっており、郵送する手間もないのです。

必要書類は、WEBからサクッとアップロードでき、即日振込にも対応

ただし、必要書類は少々多めですので、この点はしっかりと準備した上で活用しましょう。

それをクリアすれば、手数料をかなり抑えることができます。

≫ 公式HPを見てみる

≫ 口コミや評判を見る

Tips

もし、ここで紹介した以外のファクタリング会社も見てみたいという方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

ご自身の目で、じっくりと見極めてみてください。

ファクタリング会社おすすめ25選を比較!騙され知らずで安全に資金調達しようファクタリング会社おすすめ25選を比較!騙され知らずで安全に資金調達しよう

他の資金調達手段は?

他の資金調達手段は?

では、ファクタリング以外の資金調達手段はどうでしょうか。

ひとつずつ順番に比較しましょう。

銀行融資

銀行融資は、とにかく低金利で資金調達が可能なのが大きなメリットです。

金利はほとんどの場合5%以内なので、元手を大きく減らすことなく資金調達できます。

銀行融資のデメリットは、融資までの時間が非常に長いのと、どの企業でも利用できるとは限らないこと。

融資額の下限も高く、小口融資はまず審査前に断られてしまうので、投資内容や投資金額を選ぶ資金調達方法といえます。

500万円の融資を受け付けている銀行はかなり希少で、一般的に1,000万円から、多ければ億単位の融資が可能です。

とはいえ、銀行融資を一度受けられると、今後の資金調達で大きく有利に働くことは間違いありません。

「この企業は銀行が融資するほど信用に足る企業」とみなされるからです。

ビジネスローン

ビジネスローンは、事業資金の調達を目的とした無担保ローンのこと。

基本的に用途は自由なので、ビジネス用途であれば投資資金にも利用できます。

金利は銀行融資に比べると高く、貸金業法の上限ギリギリまで。

とはいえ、手数料はファクタリングに比べればかなり良心的です。

加えて、ビジネスローン事業を運営する企業のほとんどはノンバンク系といわれる企業で、銀行融資ほどではありませんがそれなりの信用はあります。

そのため、ビジネスローンは銀行融資の審査に落ちた企業が、次に融資先とするのがビジネスローンです。

ビジネスローンは法人向けのサービスで、個人事業主は利用できないので注意しましょう。

ビジネスローンおすすめ20選!個人事業主&法人に融資元を紹介ビジネスローンおすすめ20選!個人事業主&法人に融資元を紹介

不動産担保ローン

不動産担保ローンは、その名の通り不動産を担保にしたローンのこと。

マンションなどの建造物や土地が担保対象となるのが一般的ですが、担保対象の不動産の定義はもちろん、条件もさまざまです。

たとえば本人名義の不動産のみが対象の場合や家族などの他人名義の不動産も対象の場合もあります。

基本的に用途は自由ですが、投資を含む事業資金に充てられるかどうかは、不動産担保ローン次第です。

法人が利用できるかどうかも不動産担保ローンによって異なるので、事前に確認しましょう。

借入しやすさや手数料などの基準は、ビジネスローンと同等もしくはやや厳しい程度です。

不動産を担保に出している分、手数料はビジネスローンより低めといえるでしょう。

法人向けの不動産担保ローンおすすめ9社を比較!選び方や注意点も法人向けの不動産担保ローンおすすめ9社を比較!選び方や注意点も

カードローン

審査通過後に発行されるカードを利用し、銀行口座と同様に融資額の範囲内で自由に現金を引き出せるのがカードローンです。

ビジネスローンのうち、カードローンの形態を採用しているものは「ビジネスカードローン」とも呼ばれることも。

銀行融資はもちろん、ビジネスローンの審査に落ちた企業がカードローンを利用するため、社会的信用はそれらより低くなります。

ファクタリングに比べると、カードローンの手数料は低く審査は厳しめです。

手数料は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで発生する手数料の下限程度にとどまります。

審査難易度は、ビジネスローンや不動産担保ローンに比べると緩く、個人事業主でも利用できるカードローンは少なくありません。

カードローン事業は、主に個人向けのため、投資資金の調達を目的にカードローンを使う場合は、ビジネスカードローンを探すのがおすすめです。

金利は、締日時点での未返済額に対して発生します。

法人カードローンおすすめ比較ランキング10選!その選び方を解説法人カードローンおすすめ比較ランキング10選!その選び方を解説

ファクタリングとその他の投資資金調達方法との比較表

  手数料、金利 審査難易度
ファクタリング 2社間 20~300%/年 ★☆☆☆☆
3社間 10~70%/年 ★★☆☆☆
銀行融資 1~10%/年 ★★★★★
ビジネスローン 3~18%/年 ★★★★☆
不動産担保ローン 3~15%/年 ★★★★☆
カードローン 10~20%/年 ★★★☆☆

ファクタリングから投資金を得てしっかりとチャンスを掴もう

今回は、ファクタリングが投資目的の資金調達方法として向いているかどうかをご紹介しました。

投資目的の資金調達方法としてファクタリングを利用するには、メリットもデメリットもあります。

もし資金調達のスピードや審査通過率の高さを重視するなら、ファクタリングで投資資金を調達するのがおすすめです。

また、企業の信用を重視し投資に緊急性がなければ、ファクタリングで投資資金を調達するのは再検討してもいいでしょう。

自分の企業にどちらがより適しているかを見極め、正しくファクタリングで投資資金を調達してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)