40代向け転職サイトおすすめ18選を比較!40代向けの特徴や選び方も紹介

40代向け転職サイトおすすめ18選を比較!40代向けの特徴や選び方も紹介

転職を考えるきっかけは人によってさまざま。

40代で転職活動を始めると、20~30代向けの求人の多さに面食らってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、世の中には40代など経験豊富な人材を欲している企業は多く、そうした求人を豊富に扱う転職サイトも少なくありません。

そこで今回は、40代向け転職サイトのおすすめ17選をご紹介します。

40代向け転職サイトの特徴や選び方も紹介するので、40代で転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「40代向け転職サイトのおすすめ」を見る

「40代向け転職サイトおすすめ18選を比較!40代向けの特徴や選び方も紹介」のリード文直下のイラスト

40代向け転職サイトとほかの転職サイトの違いは?

40代向け転職サイトとほかの転職サイトの違いは?

まずは、40代向けの転職サイトとほかの転職サイトの違いをご紹介します。

違いを知るだけで、登録すべき転職サイトの方向性が見えてくるでしょう。

基本的には即戦力採用

40代向けの転職サイトの特徴として顕著なのは、基本的に経験者の即戦力採用を前提としていること。

つまり、

「40代から心機一転して新しい職種で働き始めたい」

という方向けの求人は、残念ながらかなり限られてしまいます

それなりの実務経験やスキルがある人を探しているので、そもそもの求人数も他の転職サイトに比べると少ないといえるでしょう。

管理職採用も多い

40代の転職者に求められるのは、即戦力だけではありません。

チームリーダーや課長、部長などとして部下をまとめてきたマネジメント能力を求めていることが多いです。

特に外資系であれば、管理職採用も見込めるでしょう。

年収は高めの傾向にある

転職後の年収は前職の給与水準を汲んで判断されることが多いので、転職に伴って年収アップする場合も少なくありません。

そのため、提示する年収に見合う人材かを判断するので、転職活動自体はシビアになりがち。

採用になっても条件に見合わない人材だと判断されれば、求人に提示されていた年収や前職の年収より給料水準が下がる可能性もあります。

スカウト(ヘッドハンティング)機能つきの転職サイトが多い

40代向けの転職サイトの傾向として、スカウト(ヘッドハンティング)機能つきの転職サイトが多いです。

これらは転職サイトに登録している求職者情報を見て、興味を持った人に企業側がオファーをする形式のこと。

求職者が転職を希望する企業からスカウトされるのが一番ですが、どんな企業に自分のニーズがあるのか、自分のスキルや経歴でどれだけの条件を提示されるのかなど、市場価値を把握するにも役立ちます。

40代向け転職サイトの選び方・注意点

40代向け転職サイトの選び方・注意点

ここからは、40代向け転職サイトの選び方や注意点をご紹介します。

総合型か?特化型か?

転職サイトには、大きく分けて総合型特化型があります。

総合型はあらゆる職種や業界を網羅したもの、特化型は特定の業界や職種などに特化したもの

どちらがいい、どちらが悪いというわけではありませんが、エンジニアなどの専門職の場合は特化型の方が多くの求人を見つけられます。

40代をターゲットにしたキーワードがあるか?

40代をターゲットにしたキーワードが転職サイト上にあるかどうかも、選び方のひとつ。

たとえば「40代が活躍」や「エグゼクティブ」、「子育てママ」などです。

逆に「未経験歓迎」「第二新卒可」などのキーワードが躍る転職サイトの場合、20代をターゲットにしている可能性が高く、40代を欲している企業の求人は見つけづらくなります。

スカウト機能はあるか?

スカウト機能の有無も、40代向けの転職サイトを選ぶうえではチェックしたいところ。

自分からアプローチしなくてもスカウトが届くので、転職先探しの視野を広げられます。

転職エージェントと併用できるか?

転職サイトの運営企業のなかには、転職エージェントを運営している企業もあります。

たとえば、「リクナビ」(転職サイト)と「リクルートエージェント」(転職エージェント)の運営元はリクルートです。

同じ企業が運営している転職エージェントがあれば、併用すると転職活動の幅が広がるでしょう。

複数の転職サイトに登録する

40代向けの求人は、求職者に対して少なく、少ない牌を多くの転職希望者で奪い合うことになります。

いい求人を逃さないためにも、よりいい求人を見つけるためにも、複数の転職エージェントに登録しましょう。

最初は多めに登録し、利用しながら転職サイトを絞るのがおすすめです。

40代向け転職サイトおすすめ18選を比較

ここからは、40代向け転職サイトのおすすめをご紹介します。

dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ

「dodaエグゼクティブ」は、「バイト探しのan」などでお馴染みのパーソルキャリアが運営する転職サイト。

エグゼクティブとあるように、管理職や即戦力となるミドル層の求人に注力しています。

基本的に提示される年収は800万円以上で、幹部層や各種責任者ポジションの求人も充実。

転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーは、エグゼクティブ層専任なので、話が噛み合わないなどのストレスを抱えることなく転職活動に臨めます。

≫ 公式HPを見てみる

パソナキャリア

パソナキャリア

人材大手のパソナが運営する転職サイトが「パソナキャリア」。

東名阪を中心に、年収600万円以上の案件を数多く取り揃えています。

派遣のイメージが強いパソナですが、実は転職サービスにもいち早く注力していて実績は豊富です。

パソナキャリアは利用者の過半数が転職未経験なので、初めての転職でも安心して利用できます。

また、パソナキャリアで応募した企業に転職した人のうち、3人に2人が年収アップに成功したとの情報もあり、年収にこだわりたい方にもおすすめの転職サイトです。

≫ 公式HPを見てみる

JACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系やグローバル職に強みを持つのが「JACリクルートメント」。

管理職や役員、高いスキルを持ったスペシャリストなどの求人に強く、年収も600〜1200万と高めです。

海外拠点があるので、外資系や海外転職希望者は登録しておきたいところ。

利用者のおよそ3/4が35歳以上で、中高年層の転職希望者が多く利用する転職サイトといえるでしょう。

ただし、前職(現職)の年収が600万円に届かないと求人の紹介を断られてしまう可能性があるので、その点は注意が必要です。

≫ 公式HPを見てみる

リクナビNEXT

リクナビNEXT

業界最大手のリクルートが運営する「リクナビNEXT」。

40代のみならず、あらゆる層に向けた求人を掲載している転職サイトですが、40代向けの求人も豊富に取り揃えています。

業界最大手のリクルートとあって、地方の求人も豊富なので、特に地方在住で他の転職サイトで求人を見つけられない方は登録して損はありません。

≫ 公式HPを見てみる

ビズリーチ

ビズリーチ

「ビズリーチ」は、ヘッドハンティング機能つきの転職サイトとしては最大手。

ミドル・ハイクラス向けの求人に特化しています。

求人には誰もが知る大手企業のものや年収1,000万円越えのものも多く、転職でキャリアアップを狙う方は必ず登録しておきたいところです。

転職サイトは基本的に無料で利用できますが、ビズリーチには有料プラン(プレミアムステージ)が存在

有料プランになると、ヘッドハンターに相談できたり、無制限でスカウトを受信できたり、転職の幅が大きく広がります。

≫ 公式HPを見てみる

CAREERCARVER(キャリアカーバー)

キャリアカーバー

リクナビNEXTと同じリクルートが運営する、ハイクラスやエグゼクティブに特化した転職サイトが「CAREERCARVER(キャリアカーバー)」。

特徴的なのは、自分のヘッドハンターを自分で選べること。

一般的な転職サイトや転職エージェントでは、担当者を選べないため、担当者選びに関しては運としかいえません。

しかし、CAREERCARVERでは1,000人以上のヘッドハンターから自分の希望者を指名できるため、妥協することなく転職活動に臨めます。

≫ 公式HPを見てみる

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

「マイナビミドルシニア」は、40~60代向けの転職サイト。

運営会社はリクルートと並ぶ業界ツートップのマイナビです。

マイナビミドルシニアに登録されている求人は、「若くて40代」をターゲットにしているのが最大の特徴。

そのため、40代であれば基本的に年齢を気にすることなく応募可能です。

また、「ノック機能」と呼ばれる簡易応募機能がついているのも特徴のひとつ。

匿名で「年齢」「性別」「アピールポイント」だけを企業に送り、採用対象になるかどうかを確認できる機能です。

正式に応募したのに音沙汰がない、という事態を回避できるので、効率的に転職活動を進められます。

≫ 公式HPを見てみる

@Type

type

「@Type」は、20年以上続く老舗転職サービスの転職サイトです。

長い歴史で得た信用から、大手企業はもちろん中小の優良企業も多くラインナップされているのが特徴。

転職後の年収アップ率は7割以上と高く、収入を重視したい方にもぴったりです。

対応地域は全国ですが、求人の多くは一都三県に集中しています。

IT業界やメーカー、サービス業に強みがあるので、これらの業界で転職したい方におすすめの転職サイトです。

≫ 公式HPを見てみる

ワークポート

ワークポート

「ワークポート」は、ITやWeb、ゲーム業界への転職に強みがある転職サイト。

専任コンシェルジュによる手厚いサポートが人気の秘訣で、未経験からでも転職できるよう支援してくれます。

「eコンシェル」というスケジュール管理システムも評判がよく、面接スケジュールや応募した求人をまとめて管理可能

ハイクラス求人は少ないものの公開求人だけでも30,000件と豊富なので、短期決戦で転職先を決めたい方におすすめです。

≫ 公式HPを見てみる

レバテックキャリア

レバテックキャリア

エンジニアやクリエイターに特化した転職サイトが「レバテックキャリア」。

IT系・クリエイティブ系に特化した転職サイトとしては大手で、これらの業界に転職を希望する方は確実に登録しておきたい転職サイトです。

キャリアコンサルタントも業界や技術に精通しているため、スキルや実務経験を的確に把握し、Githubなどのポートフォリオ添削もしてくれます。

求人の60%以上が年収700万円以上なので、キャリアアップだけでなく収入アップを狙いたい方にもおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

女の転職@type

女の転職type

40代に限らず、女性向けの求人に特化しているのが「女の転職@type」。

非正規雇用も多い女性の求人ですが、女の転職@typeに登録されている求人の9割以上は正社員雇用または正社員登用を前提にしたもの。

結婚や出産で職歴にブランクがある女性向けの求人も多く取り揃えています。

求人を絞るときに「時短勤務可」や「残業少なめ」などが選べるので、小さい子供がいる女性でも仕事を見つけやすいです。

≫ 公式HPを見てみる

ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービス

「ハローワークインターネットサービス」は、ハローワーク(公共職業安定所)の求人をインターネット上で確認できるサービス。

厚生労働省が運営する転職サービスなので、求人数は全体で100万件オーバーと他を圧倒します。

大手企業の求人は少ないものの、中小企業や地方の求人が非常に豊富なので、大きな駅に出なくても地元で通いやすい職場の求人が見つかりやすいでしょう。

ハローワークインターネットサービスでできるのは求人の閲覧だけで、応募するにはハローワークに足を運ぶ必要があるのはデメリットです。

≫ 公式HPを見てみる

enミドルの転職

ミドルの転職

35歳以上のミドルに特化した転職サイトが「enミドルの転職」。

求人数は公開求人だけでも10万件以上と非常に豊富で、スカウト機能もついています。

職種や業種はもちろん、ポジションなども指定できるので、理想的な求人を見つけやすいのが特徴。

年収1,000万円以上の求人も少なくありませんが、未経験者向けの求人は少なく、即戦力採用中心です。

そのため、enミドルの転職は自身のキャリアにより一層磨きをかけたい方におすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

リブズキャリア

リブズキャリア

女の転職@type同様、女性の転職に特化しているのが「リブズキャリア」。

女の転職@typeに比べると、キャリアに重点を置く女性向けの求人が多い印象です。

フレックス勤務や時短勤務を認めている求人も多く、ライフイベントと家族、自分のキャリア、どれも諦めたくない女性にぴったり。

リブズキャリアに登録するには年収400万円が必須条件なので、その点だけ注意してください。

≫ 公式HPを見てみる

ランスタッド

Randstad

オランダ発祥の世界最大級の転職サイト「ランスタッド」。

海外転職や外資系転職に強みがあり、英語だけでなく語学力に自信がある方や、グローバル環境で活躍したい方におすすめの転職サイトです。

業界としてはメーカーや金融、医薬系に強みがあります。

ランスタッドに登録されている求人のうち、年収800万円以上の求人は8割以上

求人数自体は多くありませんが、ハイクラス転職を希望する方なら登録しておきたい転職サイトです。

≫ 公式HPを見てみる

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

世界中に拠点を持つ人材派遣会社のアデコが運営する「Spring転職エージェント」。

求職者の職種や専門性に合わせてチームを組み、全力で転職をサポートしてくれます。

求人の紹介だけでなく面接対策や条件交渉まで、キャリアアドバイザーが幅広く支援するので、初めての転職活動でも安心して利用可能です。

また、すべての登録者と一度は面談する方針を打ち出しているので、他社の登録を断られたことがある方にもおすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

From40(フロム40)

From40(フロム40)

40~50代の転職に特化した転職サイトが「From40(フロム40)」。

年収600万円以上に特化したエグゼクティブ向けの求人もあり、年収アップを狙い方に向いています。

スカウト機能もついているので、自分の市場価値を把握するにも役立ちます

求人は全国に対応していますが、関東の求人が多数なので、特に関東地方在住の方におすすめ。

≫ 公式HPを見てみる

Geekly(ギークリー)

GEEKLY

ITやWeb、ゲーム業界に特化した案件を扱う「Geekly」。

これらの業界メインの会社と深いつながりをもっているため、各社の雰囲気や働き方の特徴などの情報も所有

一般的な転職サイトとの差をつけています。

また、10,000件を超える非公開求人やGeeklyだけの案件も扱っているので、他では見つからなかった自分に合った求人が見つかるかもしれません。

ITやWeb、ゲーム業界に転職を考えている40代の方は、1度どういった求人があるのか確認してみると良いでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

40代向け転職サイトの比較表

公開求人数 アプリ スカウト エリア
Android iOS 国内 海外
dodaエグゼクティブ 約81,000件 全国
パソナキャリア 約41,000件 全国
JACリクルートメント 約3,000件 × × 全国
リクナビNEXT 約42,000件 × 全国
ビズリーチ 約127,000件 全国
CAREERCARVER 約63,000件 × × 全国
マイナビミドルシニア 約3,000件 × 関東 ×
@Type 約2,000件 全国
ワークポート 約30,000件 × 全国
レバテックキャリア 約7,000件 × × × 関東、関西、九州 ×
女の転職@type 約600件 全国
ハローワーク

インターネットサービス

約1,224,000件 × × × 全国 ×
enミドルの転職 約108,000件 全国
リブズキャリア 約2,000件 × × 全国 ×
ランスタッド ※約1,000件 全国
Spring転職エージェント 約18,000件 全国
From40 約18,000件 × × 全国 ×
Geekly 約10,000件 × × × 全国 ×

△:系列サービスのアプリはある
※:ハイクラス転職のみ

40代の転職がうまくいくための抑えるべき3つのこと

40代の転職がうまくいくための抑えるべき3つのこと

40代で転職をする場合、失敗してしまうと年収が下がってしまったり、今後の人生に響いてしまうこともあるでしょう。

そんなことにならないためにも、今までの経験やスキルを活かせる転職先を選ぶことが重要です。

ここでは、40代の転職がうまくいくための抑えるべき点を3つほど紹介していきます。

転職活動前に、1度は目を通しておきましょう。

条件にこだわりを持ちすぎないこと

1つ目の抑えるべき点は、「条件にこだわりを持ちすぎないこと」です。

40代の求人数は、実際のところ多いとはいえないでしょう。

そのため、好条件の案件には多数の応募者が集まり、競争率が高くなることは言うまでもありません。

もし、自分自身の経験やスキルに自信があったとしても、それを上回る人材もいる可能性は否定できないといえます。

このことから、条件にこだわりを持ちすぎてしまうと、転職活動が長引いてしまってタイミングを逃してしまったり、転職自体が失敗に終わってしまうこともあるでしょう。

40代で転職をする方の中には、条件や今よりも高い年収や現状と同様の年収を求めている方がいるかもしれません。

しかしこの場合、企業へプラスのイメージを与えることが難しくなります。

転職先では、どんな即戦力となれるのかを重要視した方が転職はうまくいくでしょう。

マネジメント力があることを伝えること

2つ目の抑えるべき点は、「マネジメント力があることを伝えること」です。

40代の転職案件の多くは、これまでみてきたように、幹部候補や管理職になります。

そのため、企業からはマネジメント力を持ち合わせていることは重要視されるでしょう。

面接時には、しっかりとアピールしていきたいところです。

しかし、もしマネジメントの経験がない場合は、チームを率いた経験や管理した経験などをアピールしていくといいでしょう。

他にも、管理職で求められるコミュニケーション能力やリーダーシップを持っている点を伝えるといい印象を与えられます。

希望の年収に至らない場合は他のチョイスを考慮すること

3つ目の抑えるべき点は、「希望の年収に至らない場合は他のチョイスを考慮すること」です。

もしも、現在の職場の年収に不満を抱いていたり、転職活動を行っていて現在のよりも年収が下がってしまうことで悩んでいる場合は、他の選択肢に目を向けてみてもいいかもしれません。

ここでおすすめするのが副業です。

今の時代、本業の他に副業で稼いでいる方は珍しくありません。

また、副業がうまくいった場合は、副業を本業として働く選択肢もあるのです。

転職にこだわり過ぎずに、自分の可能性を広げてみてはいかがでしょうか?

稼げる副業おすすめ40選!選び方や注意点も詳しく解説稼げる副業おすすめ40選!選び方や注意点も詳しく解説

40代向けに特化した転職サイトを活用して転職を成功させよう

今回は、40代向け転職サイトのおすすめをご紹介しました。

40代向けの転職サイトなら、今までの経験を認めて自分を必要としてくれる求人に出会える可能性は高くなります。

40代向けの転職サイトを活用し、理想の転職先を見つけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)